岡山県勝央町で暮らす良さとは?移住のための仕事・住居・支援情報

この記事では、地方移住を検討している方に向けて、岡山県勝央町(しょうおうちょう)で暮らす魅力を紹介します。

勝央町は、自然豊かで時間の流れがゆったりしていて過ごしやすいだけでなく、下水道などのインフラもしっかり整い生活しやすいのが魅力のまち。子育てもしやすいことから、ファミリーでの移住もおすすめです。

さらに、就農支援が手厚いため、農業に興味がある人は要チェックの移住先ですよ。

この記事では、勝央町の移住促進担当である三雲さんにお話を伺いながら、岡山県勝央町の特徴や暮らしの情報を解説していきます。

勝央町役場で働く三雲さん

勝央町で暮らす魅力は?3つの特徴を解説!

岡山県勝央町:暮らしの特徴

勝央町には豊かな自然も生活の便利さもあり、子育て支援も充実しているため、若い世代も暮らしやすいまちです。また、就農支援が充実しているため、就農を希望している方も移住先として検討してみる価値がありますよ。

そんな勝央町への移住におすすめな人の特徴は、次の通りです。

  • 自然に囲まれた土地で暮らすことに憧れはあっても、都会暮らしが長くて移住をためらっている人
  • これから子育てを始める若い世代の人
  • 農業初心者だけど、就農を希望している人

それでは、なぜこのような方におすすめなのか、その理由となる特徴を解説していきます。

特徴1:自然豊かで街からも近く、便利に暮らせる!

勝央町の田園風景

勝央町は自然が豊富でありながらも、都市機能がある街から近く、便利に暮らせるまちです。インターネット環境などのインフラも充実しているので、不便を感じることは少ないでしょう。

勝央町は、低い山に囲まれた盆地の真ん中にあります。視界を遮るものが少なく空が広いのが特徴で、月の出入りは息をのむほど美しいですよ。町内には田園が広がり、穏やかな日本の原風景を楽しめます。

水も美しく、6月ごろにはヘイケボタルやゲンジボタル、ホソベニホタルなど、さまざまな種類のホタルが見られます。「自然が豊かだからこそ多くの虫も生息している」という点はあらかじめ考慮しながら、移住を検討してみてくださいね。

勝央町内を流れる滝川に生息するホタル
▲勝央町内を流れる滝川を飛び交うホタル

このような自然に囲まれながらも、勝央町はさまざまな都市から近く、都市機能を享受しやすい点も大きなメリット。中国自動車道が町の真ん中を通っており、京都や大阪、神戸まで1時間から2時間ほどで行けます。町の真ん中には高速バス停があるため、高速道路の運転に苦手意識を持っている人でもお出かけしやすいですよ。また、岡山空港まで70分で行けるため、帰省にも便利です。

ちなみに、近隣の観光地としては津山城や那岐山、奈義町現代美術館、湯郷温泉などがあり、それぞれ車で30分ほどで行けます。休日には観光やレジャー、ショッピングなど、お出かけの選択肢がたくさんあるのが嬉しいですね。

さらに、岡山県で第三の規模を誇る津山市までは、町内から車や町内のJR勝間田駅から20〜30分ほどで行けます。津山市にはイオンモールがあるので、買い物にも非常に便利です。津山市の求人を就職先の選択肢にすることもできますし、津山市の企業に勤めながらテレワークすることもできます。津山市には救命救急センターや産婦人科・小児科病院も多くあり、子育てに対する医療体制にも心配ありません。

そして町内においては、全域に下水道やインターネット光回線が通っており、スーパーなどの買い物施設や医療施設など生活に必要な施設が一通りそろっています。

町が半径5km圏内におさまる「コンパクトシティ」なので、移動もしやすく用事をサッと済ませられるのも魅力です。町内の端から端まで、車に乗ればなんと15分で移動できるんです。

このように、勝央町は自然が身近にありながら便利に暮らせるまちです。「自然に囲まれた生活に憧れてはいるものの、都会暮らしが長いために移住になかなか踏み出せない」という人にとっては、もってこいの移住先ではないでしょうか。

特徴2:出会いから結婚、子育てまでサポート体制が充実!

きんとくんと子どもたちが触れ合っている様子

勝央町は、男女の出会いから結婚、子育てまでサポート体制が充実しているため、若い世代にとって暮らしやすいまちです。さっそく支援内容の一部を紹介していきます。
※詳細は必ずご確認ください。

▼男女の出会いに関する支援制度

概要
勝央町おかやま縁結びネット会員登録助成金 「おかやま縁結びネット」への入会登録料(1万円/2年間)を全額助成してもらえる。
マリッジサポート勝央 マリッジサポート勝央は相談料・登録料無料で、勝央町結婚支援員から結婚をサポートしてもらえる。

>>男女の出会いに関する支援制度の詳細はこちら

▼結婚に関する支援制度

概要
勝央町結婚祝い金 勝央町結婚支援員の仲立ちで結婚した夫婦か「マリッジサポート勝央」に会員登録し結婚した夫婦は、1組につき5万円を祝い金として受け取れる。
勝央町結婚新生活支援事業補助金 町外から引っ越して勝央町に住む場合、新生活に関する費用を最大で20万円補助してもらえる。

>>結婚に関する支援制度の詳細はこちら

▼子育てに関する支援制度

概要
第3子以降の保育料無償化 子供が3人以上いる多子世帯は第3子以降の保育料が無料。
勝央町誕生祝金 出産祝金として3万円を受け取れる。
乳幼児医療費給付 18歳までの子どもの医療費自己負担分が無料。
チャイルドシート助成金 チャイルドシート購入時に、1万円を上限に助成金を受け取れる。(1回限り)
勝央町通学自転車購入助成金 勝央町に在住する中学生は、自転車の購入費として1万円の助成金を受け取れる。
ファミリー・サポート・センター 会員になれば、子育てに関する援助を受けることが可能。(例:子どもを預かってもらったり、保育園への送迎をしてもらったりなど。)利用料金は1時間あたり500円から。

>>子育てに関する支援制度の詳細はこちら

このように見ると、子育て支援が特に充実していることがわかります。18歳未満の高校生の子どもの医療費自己負担が無料な点は、これからお金が必要になる子育て世帯にはかなりありがたいですよね。

さらに、結婚だけでなく出会いに関する支援制度も手厚い点は驚きではないでしょうか。上記の支援制度を活用すれば、無料で婚活をスタートできます。特に、「マリッジサポート勝央」を利用すれば結婚支援員から直接サポートが受けられるので、信頼できる人と出会える可能性が高まりそうです。

このように勝央町は、若い世代にとって暮らしやすい支援制度が整ったまちです。

特徴3:新たに農業を始めやすい環境!

きんとくんがぶどうを収穫している様子

勝央町は、ぶどうの一種である「ニューピオーネ」をはじめ、白桃やいちご、梨、栗、黒大豆、アスパラなど特産物が多数で、農業が盛んなまちです。そんな勝央町は、新たに農業を開始するための支援体制が充実しています。

まず、「就農促進トータルサポート事業」によって桃やぶどうの研修体制が整備されています。実際に農家を訪問したり、研修を受けながら知識を得たりすることが可能なので、農業初心者でも就農しやすい環境です。

さらに新規就農者は以下のような支援制度を活用できます。
※詳細は必ずご確認ください。

▼新規就農者への支援制度

概要
就農準備資金 研修機関で研修を受ける人は、1年で150万円を最長2年間受け取れる。
経営開始資金 認定新規就農者は、1年で150万円を最長3年間受け取れる。
経営発展支援事業 認定新規就農者は、機械導入費などを上限1,000万円(補助率3/4以内)支援してもらえる。
早期経営確立支援事業 農業体験研修・実務研修で就農した人は補助率3/4以内、上限1,000万円(経営開始資金の交付者は500万円)、就農後1年間、以下の費用を助成してもらえる。
  • 農地の賃貸料
  • 土作りの資材費
  • 住宅の賃貸料
  • 空き家・中古農業施設などの修繕費

>>新規就農者への支援制度における詳細はこちら

このように、就農前の研修段階から就農後まで一貫してサポートしてもらえるのがわかります。

特に、研修をしている段階で「就農準備資金」として年間150万円を受け取れれば、金銭的な負担が大幅に少なくなるのではないでしょうか。研修中は収入が減ってしまい不安を感じることもあるかもしれませんが、就農準備資金を活用すれば農業を学ぶことに集中できそうです。

勝央町は、新たに農業を始める人へ向けたサポート体制が充実しているので、新規就農のための一歩を踏み出しやすいはずです。

岡山県勝央町の暮らしに役立つ情報

勝央町にある出雲街道

勝央町へ移住する魅力を知っていただいたところで、次は移住後に役立つ生活情報をご紹介していきます。まずは以下の表をご覧ください。

気候 1月:平均気温1.7℃
8月:平均気温25.6℃
人口 総人口10,923人(2022年12月1日現在)
面積 54.05㎢
人口密度 203人/1㎢
病院 17か所
学校 県立高校:1校、公立中学校:1校、公立小学校:2校
イベント 金時祭、勝間田天神祭、諏訪神社、かたくりまつり、かつたっ子フェスティバル
交通 【鉄道】
勝間田駅、西勝間田駅

【道路】
■中国自動車道:勝央SA、勝間田BS
■美作岡山道路:勝央IC
■国道179号、国道429号

【高速バス】
中国ハイウェイバス(西日本ジェイアールバス、神姫バス)
・津山駅-ユニバーサルスタジオジャパン
・津山駅-京都駅

【路線バス】
美作共同バス、中鉄北部バス、美作市営勝田バス、なぎバス、勝央町ふれあいバス
近隣都市 津山市、美作市、勝田郡奈義町、久米郡美咲町

このように見ると、勝央町は人口密度が低く、のびのびと暮らしやすいまちであることがわかります。勝央町の人口密度は、100m四方に2人ほどと都会と比べて低めなので、喧騒とは無縁の生活を送れるはずです。

また、勝央町は大雨で洪水になる可能性が低い地域です。実際、洪水ハザードマップを見ると浸水が予想されるエリアが少ないことがわかります。災害リスクを減らすために移住を検討している人は、勝央町における洪水や地震といった災害リスクの情報を集めてみてはいかがでしょうか。
※参考:岡山県勝央町公式サイト「勝央町ハザードマップ」より

気候については、8月でも平均気温がそこまで高くならず、暮らしやすいといえます。勝央町役場の移住相談担当の三雲さんによると、夏は日中を除いてはクーラーをつける必要がなく、扇風機だけで過ごせるんだとか。

冬の雪もそこまでは積もらず、交通に大きな支障はないそうですが、車のスタッドレスタイヤは必要です。勝央町で生活する上では車が必須になるので、その点は必ず考慮して移住を検討してくださいね。

そして、坂田金時終焉の地として知られる勝央町では、毎年10月に金時祭りが開催されます。花火大会やパレード、ふるさと総踊り、勝央金時太鼓の演奏が行なわれ、非常ににぎやかな雰囲気です。

勝央町の雰囲気を知るためにも、移住の検討段階でお祭りなどのイベントに参加することをおすすめします。

多くの人で賑わう金時祭り
▲多くの人で賑わう金時祭り

仕事:周辺自治体の求人も探すことで、多様な選択肢を手に入れられる

大手求人サイトで勝央町の正社員情報を探したところ、約800件の求人が見つかりました。
※参考:求人情報の一例

勝央町には上場企業が30社ほどあり、町内における求人の選択肢は十分にあるといえます。

勝央町役場の三雲さんによると、移住者には就農希望者が多いのだとか。就農の支援制度が充実していたり、農作物の栽培が盛んであったりする点が理由として挙げられるかもしれません。もし新規就農を希望しているようでしたら、先ほど紹介した「新規就農者への支援制度」などを参考にしてみてください。

また、20分ほどでアクセス可能な津山市へ通勤する人も多いそうですよ。ちなみに、大手求人サイトで津山市の正社員情報を探したところ、約5,000件の求人が見つかりました。
※参考:求人情報の一例

さらに車で15分の距離にある美作市における正社員の求人情報は、約1,300件でした。
※参考:求人情報の一例

勝央町はあらゆる場所へのアクセスが良好なので、周辺自治体での就職を選択肢に入れることができ、多くの求人を見つけられる可能性が高まります。

住まい:賃貸の需要が高く、特に南部の物件が人気

物件情報サイトで勝央町の物件を探したところ、以下の情報が見つかりました。

▼勝央町の物件情報

賃貸 約50件
売買 3件

※参考:賃貸物件情報の一例
※参考:戸建て物件情報(売買)の一例

売買物件は少なめですが、賃貸物件はかなりの選択肢があることがわかります。

勝央町役場の三雲さんによると、町内には工業団地があるため、転勤などで急に物件が空いたり埋まったりするそうです。勝央町の賃貸に住みながら、津山市や美作市へ通勤する人もいるそうですよ。駅や高速道路がある南部における賃貸の需要は高く、物件が埋まっていることも多いんだとか。

また、勝央町には空き家バンクもあるため、活用を検討してみましょう。賃貸物件だけでなく売買物件も見つけられます。

>>空き家バンクの物件情報はこちら

さらに、勝央町は住まいにおける支援制度も充実していますので、ご紹介します。
※詳細条件は必ずご確認ください。

▼勝央町の住まいにおける支援情報

概要
定住促進補助金 町内に定住するために空き家バンクの物件を購入または賃貸する場合、以下の金額を受け取れる。
  • 改修:最大70万円
  • 購入:最大100万円
新築住宅普及促進事業 移住するために住宅を新築、または建売住宅を購入した人は、1戸あたり20万円を受け取れる。
勝央町木造住宅普及促進事業 町内に新築の木造住宅を建てた人は、以下の金額を受け取れる。
  • 町内施工業者:1戸あたり30万円
  • 町外施工業者:1戸あたり20万円
勝央町定住促進空き家片づけ事業補助金 空き家に残っていた家財道具などを処分するための費用を、最大で10万円補助してもらえる。

参考:勝央町で田舎生活「定住、住まいに関する支援制度」より
参考:勝央町で田舎生活「空き家有効利用のため家財道具などの片づけを支援します!」より

これだけ住まいに関する支援制度が充実していたら、金銭的な負担も少なくなるため、移住後の生活基盤を築きやすいですね。

勝央町へ移住した人の声:自然を満喫しながら便利に暮らせる

岡山県勝央町:移住者の声

ここで、移住者でもある三雲さんからうかがったお話とあわせて、勝央町へ実際に移住した人の声をご紹介していきます。

  • 風景が美しく、空気が本当においしい。
  • 夜が静かで人が少なく、ストレスが全くない。
  • 子どもたちが素直で元気。知らない人にあいさつをしたり、川でザリガニをとって遊んだりしている。昔は当たり前にあった人間関係が、勝央町にはある。
  • 町の人は移住者に対して「ウェルカム」な雰囲気で、いい人が多い。
  • 18時には閉まる飲食店も多く、家飲みをすることが多い。家族との時間がたっぷり持てる。
  • 自然が豊かで生活に便利。インターチェンジが近くて交通の便もよく、生活インフラが整っている。
  • 子育てにうれしい支援が多く、子どもと一緒に遊ぶ時間が増えた。
  • 無料で入園できる農業公園、図書館、美術館、文化ホールがあり芸能・学術好きな人にも好評。

豊かな自然を満喫しながらも、生活インフラが整っていて便利に暮らせる点をメリットとして挙げる移住者が多くいました。やはり、都会暮らしが長いような人にもうってつけな移住先であることがわかりますね。

勝央町役場の三雲さんによると、まずは駅や高速道路に近く便利に暮らせる南部に住み、慣れてきたら田園風景が広がる北部へ移住するのがおすすめだそうです。北部は古民家好きの移住者が多く、南部は生活の便利さを優先する移住者が多いそう。

ライフスタイルにあわせて住む場所を選べるのも、勝央町で暮らすよさのひとつですね。

勝央町へ移住するための4ステップ

勝央町の金太郎像

勝央町への移住を具体的にしていくための方法を、ステップ形式で紹介していきます。

ステップ1:まずは移住相談窓口に相談

勝央町への移住に少しでも興味が出てきたら、町の移住相談窓口に相談してみましょう。移住に関する不安や疑問を相談することで、移住後の生活を具体的にイメージできますよ

インターネットなどで情報を収集するのも大切ですが、勝央町役場の方とお話しして生の情報に触れながら町を知ることも重要です。

>>移住相談窓口の詳細はこちら

ステップ2:勝央町へ実際に訪れてみよう

移住相談窓口に相談して、勝央町へ移住したい気持ちが強くなったら、今度は実際に町へ訪れてみましょう。町や人の雰囲気、住まい環境、教育環境、仕事環境などがよりリアルに理解できます。

その際は、移住に関する情報を提供してくれる「地域アドバイザー」と一緒に町内を巡るのがおすすめ。気になるポイントがあればすぐに質問できます。

さらにおすすめなのは「ちょっとついでに勝央町 見学ミニツアー」に参加すること。予約制で土日や祝日も対応してくれるので、観光がてら勝央町を見学してみてはいかがでしょうか。

家族や夫婦で参加できるので、休日の楽しい思い出になることでしょう。ツアーの詳細は問い合わせてみてくださいね。

ステップ3:お試し住宅で勝央町の「暮らし」を体験してみよう

移住を決断する前の最終ステップとして、お試し住宅に滞在して勝央町の「暮らし」を実際に体験してみましょう。交通費と寝具、消耗品、食材だけ用意すれば、すぐに暮らし体験ができます。

勝央町にはお試し住宅が3棟あり、滞在できる期間は3日以上180日以内です。なんと使用料は無料なので、移住すべきかどうか、時間をかけて慎重に考えられます。ちなみに、ここまでの長期間にわたって無料でお試し住宅を利用できる自治体は、全国的に見てもかなり珍しいです。

もし、移住する決断ができたのであれば、就職活動や住居探しの拠点としての利用も可能です。半年ほどお試し住宅に滞在して、空き家を探す人が多いそうです。

2022年12月現在は、お試し住宅は全て埋まっている状態なので、お試し住宅を利用したい人は常に募集をチェックしておきましょう。希望者が多い場合は抽選になります。

>>お試し滞在施設の詳細はこちら

ステップ4:移住を決断したら支援制度の活用を

勝央町への移住を決断したのであれば、使用できる支援制度は活用し、移住の金銭的な負担を減らしましょう。勝央町の移住に役立つ支援制度は以下の通りです。
※詳細条件などは必ずご確認ください。

▼移住に役立つ支援制度

概要
勝央町運転不安解消事業 町内の自動車学校が行う「ペーパードライバー講習」の受講料を、5時限分を限度に、支払った額の2分の1を助成してもらえる。
勝央町光ブロードバンド基盤整備費補助金 光回線接続工事に関する費用を、最大で3万円助成してもらえる。
勝央町移住支援金 東京圏からの移住者は、以下のように移住支援金を受け取れる。
  • 世帯での移住:100万円
  • 単身での移住:60万円

参考:岡山県勝央町公式サイト「運転になれんちゃい」より
参考:岡山県勝央町公式サイト「光インターネット回線の開通工事に係る補助金の申請受付について」より
参考:勝央町で田舎生活「勝央町移住支援金」より

インターネットや車の運転に関する支援制度があり、生活の基盤を築くための支援制度が充実していることがわかりますね。特に勝央町での暮らしに車は必須なので、ペーパードライバー講習の受講料を助成してもらえるのはありがたいのではないでしょうか。

空き家バンク登録情報やお試し住宅の募集情報も自動配信される「メール配信サービス」への登録もお勧めです。

勝央町への移住に関するお問い合わせ

勝央町から見える夕陽

担当 総務部 元気なまち推進室
電話番号 0868-38-3111
FAX 0868-38-3120
受付時間 8:30~17:15
公式サイト http://teiju.town.shoo.lg.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック