志布志市へ移住したら…失敗しないための暮らし・仕事・住居・支援情報

この記事では、地方移住を検討している方に向けて、鹿児島県志布志市(しぶしし)で暮らす魅力を紹介します。

志布志市は、海と山がそろって自然が豊かであることに加え、生活をする上でもとっても便利!結婚から出産、子育てまでの支援も充実しているので、ファミリー世帯にもおすすめの移住先です。

この記事では、志布志市役所の出水田さんと、志布志市移住・交流支援センターEsplanade(エスプラネード)の田川さんにお話を聞きながら、志布志市の特徴や暮らしの情報を解説していきます。

志布志市役所の出水田さんとEsplanadeの田川さん

志布志市の特徴、3つ

鹿児島県志布志市の暮らしの特徴

志布志市は、田舎と都会の両方のよさを兼ね備えた街です。あらゆる場所とのアクセスが良好であるため、買い物や就職などの選択肢も広げやすいですよ。

そんな志布志市への移住におすすめな人の特徴は次の通りです。

  • 今まで都会暮らししか経験がないけど、自然に囲まれた暮らしに憧れがある人
  • 山と海の両方の魅力を堪能したい人
  • おいしいグルメを日常的に味わいたい人
  • いろんな場所に出かけたい人
  • 子育ての負担を減らしたい人

それでは、なぜこのような方におすすめなのか、その理由となる特徴を解説していきます。

特徴1:山と海の恵みを味わいながら便利に暮らせる!

志布志市で栽培されているお茶

志布志市は山と海が両方あって自然豊かな街でありながらも、決して不便ではありません。国道沿いにはスーパーやコンビニ、ドラッグストア、日用品店など、生活する上で必要なものがそろっていて便利に暮らせます

「自然に囲まれた生活に憧れるけど、不便すぎるのはちょっと…」と感じている人や、今まで都市での暮らししか経験がない人にも移住しやすい街です。山や海の魅力を堪能しながら、きっと毎日を豊かに過ごせますよ。

海ではマリンスポーツや釣り、潮干狩りなどのアクティビティが楽しめるのに加え、雄大な志布志湾をバックにグランピングも楽しめます。山には、天然記念物である「ウスカワゴロモ」が生えているほど美しい清流や、360度の大パノラマが楽しめる「大谷山自然公園」があり、気軽な息抜き感覚で自然に触れられます。

そんな美しい自然に囲まれた環境にある志布志市だからこそ、農業や漁業、畜産業などの一次産業も活発です。特に、特産品である農作物や海の幸、お肉などの味は絶品。例えば、以下のような特産品があります。

しぶし茶 志布志市は、荒茶生産量鹿児島県内2位を誇り、「しぶし茶」としてブランド化に取り組んでいます。
「しぶし茶」最大の特徴は、お茶の品種が豊富なこと。様々な品種を調合することで、色・味・香りのバランスが取れた良質なお茶づくりを行っています。
背白ちりめん 志布志湾は、ちりめん(しらす)漁が盛んな地域です。志布志湾で獲れたちりめんは、背中が白いことから、背白ちりめんと呼ばれており、苦みが少なく、しらすの中でも最高級品とされています。
岩がき 夏に最盛期を迎える志布志湾の養殖岩がきは、大ぶりで海の滋養が凝縮されており、噛むほどに濃厚な旨味が広がります。海底のカゴの中でシングルシード方式と呼ばれる方法で育成し、一粒ずつ殻を磨き、手塩にかけて育てています。
夏そば 一般的なそばの収穫時期は11月頃ですが、志布志市は3月上旬に種をまき、6月上旬に収穫を迎える夏そばの栽培が盛んな地域です。
6月30日に市内神社にて行われる「夏越しの大祓い」にて、縁起物として振舞われ、その時期は市内飲食店においても夏の新そばを食べることができます。
うなぎ 志布志市は、日本でもトップクラスのうなぎの養殖量を誇ります。うなぎの稚魚(シラスウナギ)が捕れることに加え、霧島山系由来のミネラル豊富な地下水など、うなぎの養殖に最適な条件がそろっており、恵まれた環境で丹精こめて育てられています。
淡雪

いちごの生産量県内トップの志布志市で誕生した白いちご「淡雪(あわゆき)」は「さがほのか」の突然変異株であり、見た目も淡いピンク色で香りがよく、優しい甘みの品種です。希少価値が高く、”幻の白いちご”としてとても人気があります。

農産物は美しい地下水で育てられているので、都会で売られている農作物とは一味違います。また、黒潮海流に面した志布志湾で水揚げされる海産物は、ミネラルを豊富に含んでいて旨味がたっぷり。そして、澄んだ空気と美しい水で育てられた牛や豚の肉質は高く、驚くほどおいしいです。

市内の商店街や飲食店では、志布志市のおいしい特産品を一年中味わえます。豊かな自然が育んだ野菜やフルーツ、海鮮、お肉を新鮮な状態で毎日でも食べられるのは贅沢ですよね。

このように、志布志市で暮らせば、便利に暮らしながらも自然の恵みをたっぷり堪能できます。

特徴2:アクセスがどんどん便利に!

志布志港のフェリーさんふらわあ

志布志市はアクセスの利便性が高まっており、暮らしやすい環境がどんどん整っています。

例えば高速道路が開通し、さまざまな場所へ移動しやすくなりました。「東九州自動車道」のおかげで鹿児島市方面へ行き来がしやすくなり、「都城志布志道路」のおかげで宮崎県方面へのアクセスが向上しています。鹿児島市や宮崎県方面に実家がある人は、帰省にも便利ですよ。

さらに、「フェリーさんふらわあ」に乗って、大阪まで直接出かけることも可能です。夕方に志布志市港を出発すると、翌朝には大阪に到着します。

休日に家族でフェリーに乗って大阪へ出かけたら、ちょっとしたイベントのようで楽しいですよね。たとえば「金曜日の夕方に志布志港を出発して、土曜日は朝から夕方まで大阪で遊んでから船に乗り、日曜日の朝には志布志市に帰ってくる」といった休日も過ごせます。

また、志布志市は都市機能が充実した都城市や鹿屋市、霧島市とのアクセスも良好で、都城市や鹿屋市へは30分前後、霧島市へは約60分で行けます。志布志市内で生活に必要なものはほとんどそろいますが、それらの街へ出かければいろんなお店を巡れるので、ウィンドウショッピングなども楽しめます。

このように、志布志市はいろんな場所とのアクセスが良好であるため、帰省や旅行、買い物などあらゆる面で便利です。

特徴3:結婚から出産、子育て、教育までファミリー世帯にうれしい支援が充実

志布志市では、結婚から出産、子育て、教育までのサポートが手厚いので、ファミリー世帯が暮らしやすいのが魅力です。例えば、以下のような支援を行っています。

※詳細条件は必ずご確認ください

▼結婚

対象 概要
結婚新生活支援事業補助金 結婚生活を始める夫婦 引っ越し費用や家賃など新生活に関連する費用の補助が受けられる
(上限30万円)

参考:志布志市公式サイト「結婚新生活支援事業」より

▼出産

出産祝い金 子どもが生まれると祝い金が受け取れる
第1子・第2子:5万円
第3子:10万円
紙おむつの支給 出生届提出時に紙おむつ1パックがもらえる

参考:志布志市公式サイト「出産祝金を支給しています」より

参考:志布志市公式サイト「出生届出時のお祝いとして紙おむつを贈呈しています」より

▼幼児期

子どもの医療費助成 子どもが18歳になった後の最初の3月31日まで医療費の助成が受けられる。
病児保育事業 病児を預かって保育してもらえる。利用料金は1日1,000円。

参考:志布志市公式サイト「子どもの医療費を助成しています」より

参考:志布志市公式サイト「病児保育事業を行っています。」より

▼教育

学校給食補助 給食費が半額になるように補助が受けられる
バス通学支援 志布志高校へバス通学をする方は、定期券などの購入費を2分の1以内で補助してもらえる

参考:SHIBUSHI「ライフステージに合わせた支援」より

特に、子供が小さいうちのサポートが手厚いのが子育て世帯にはありがたいのではないでしょうか。子どもが小さいうちは育児にお金がかかるだけでなく、教育資金を貯めることも考えなければならないので、お金の心配はつきものですよね。しかし、出産祝い金をもらえたり、医療費の助成を受けたりすることで金銭的な負担も軽くなりやすいです

また、体調が悪い子どもを預かってもらえるのも、共働き世帯にも心強いですよね。移住先で家族や親せき、友人が近くにいない場合でも、1日1,000円で預かってもらえるのであれば、心理的な負担が少なくなるのではないでしょうか。

このように、志布志市では結婚から子育てまで支援が充実しているため、ファミリー世帯での移住にもおすすめです。

鹿児島県志布志市での暮らし

志布志湾の景色

志布志市の特徴を知っていただけたところで、次は移住にも役立つ志布志市での暮らし情報を解説していきます。まずは以下の概要をご覧ください。

気候 平均気温が17.1度と暖かく、過ごしやすい。雪はほとんど降らないが、降水量は多く、台風の時期には注意が必要。
人口 29,794人(令和4年9月30日現在)
病院 病院2か所、診療所(歯科診療所も含む)31か所
学校 ・小学校16校
・中学校5校
・高等学校2校
交通 ・船:フェリーさんふらわあ
・電車:日南線(JR九州)
・駅:大隅夏井駅、志布志駅
・一般路線バス:鹿児島交通
・高速道路:志布志IC、志布志有明IC、夏井IC(建設中)
・乗り合い送迎サービス:チョイソコしぶし
レジャースポット 志布志みなと見学会、松山城山レジャープール、志布志湾大黒イルカランド、ダグリ岬遊園地プール、ダグリ海水浴場、ダグリ岬遊園地、農Lifeいちごの村、有明農業歴史資料館(体験館)、加世田観光農園
イベント Shibushiぽっぽマルシェ、お釈迦まつり、新茶まつり、志布志みなとまつり、大隅の國やっちく松山藩「秋の陣まつり」
近隣都市 曽於市、曽於郡大崎町
宮崎県:都城市、串間市
インターネット環境 市内全域に光ファイバーが整備されている

このように見ると、気候も温暖で都市機能も備えており、レジャースポットも豊富にあるので、充実した生活をおくりやすい街であることがわかりますね。イベントも豊富で、一年を通して楽しむことができます。

お釈迦まつりで賑わう街
▲お釈迦まつりで賑わう街の様子

志布志みなとまつりの花火
▲志布志みなとまつりで打ち上げられる花火

また、暮らしていくためには自家用車を持つことをおすすめしますが、「チョイソコしぶし」という乗り合い送迎サービスを利用することもできます。事前に予約しておくことで、市役所や図書館などの施設や市内のバス停、駅にも行くことが可能です。

チョイソコしぶしは小学生以上の市民であれば誰でも会員登録でき、運賃は乗車距離にかかわらず1回の利用で一律200円です。

仕事:志布志港や農業に関連した求人が豊富

大手求人サイトで正社員情報を探したところ、約1,300件の求人が見つかりました。ハローワークインターネットサービスでは約500件の情報がありました。志布志市は、仕事の種類にこだわらなければ求人を十分に見つけることが可能です。

(※2022年11月現在、縁結び大学独自調べ)

求人内容としては、コンテナや物流、工業関係の仕事が豊富で、特に志布志港に関連した求人を多く見つけられます。船の清掃や志布志港の施設警備員などの求人がありました。

また、農業が盛んなので、農業関連の求人も多いのが特徴です。ピーマンを収穫する農業作業員やきゅうり栽培の農業作業員、茶園管理の求人が見つかりました。お茶を県内に配送する大型運転手の求人などもあり、農業が盛んだからこそ求められる仕事も多そうです。

さらに、30分前後で行ける都城市や鹿屋市、60分ほどで行ける霧島市における大手求人サイトの正社員求人数は以下の通りです。

  • 都城市…約5,000件
  • 鹿屋市…約3,100件
  • 霧島市…約5,100件

(※2022年11月現在、縁結び大学独自調べ)

このように近隣都市ともアクセスが良好であるため、求人の選択肢をかなり広げられます。

志布志市役所の出水田さんと、エスプラネードの田川さんによると、移住者は志布志市で就業する人が多いんだそうです。移住者にとって魅力的な求人を見つけられるはずなので、まずは求人情報もチェックしてみてくださいね。

住まい:移住者には戸建ての賃貸が人気。空き家バンクを活用しよう

物件情報サイトで、住まいの情報を探したところ、以下の情報が見つかりました。

賃貸 約20件
売買 約5件

(※2022年11月現在、縁結び大学独自調べ)

情報サイトは複数チェックすることをおすすめします。

また、空き家バンクを活用すれば住まいの選択肢がさらに広がるので、利用してみてはいかがでしょうか。空き家バンクの掲載情報は以下の通りです。

件数 価格帯
賃貸 3件 3.5万円程度
売買 8件 300万円から400万円

(※2022年11月現在、縁結び大学独自調べ)

修繕が必要になることもありますが、かなりリーズナブルな価格で住まいを探せそうですね。中には農地付きの売買物件もあり、家で野菜を育てたい人にはぴったりです。

志布志市役所の出水田さんと、エスプラネードの田川さんによれば、移住されるほとんどの人が賃貸の戸建を選ぶそうです。空き家バンクには賃貸の戸建て情報が掲載されていることもありますので、住まいを探すときには参考にしてみてくださいね。

志布志市に移住した人の声:自然も暮らしやすさもちょうどいい

志布志市の移住者の声

ここで、志布志市に移住した人の声を紹介していきます。移住に失敗しないためにも、先輩移住者の声を参考にしてみてくださいね。

  • 自然が豊かで、野菜やお肉が新鮮でおいしい。
  • ごみの分別に困っていたが、志布志の公式LINEで分別方法を教えてもらえるので助かっている。
  • ホタルが庭まで飛んでくるほど、水がきれい。
  • 自然豊かな環境で子どもたちがのびのびと育っている。
  • 田舎すぎず都会すぎず生活しやすい。

志布志市は、田舎すぎず都会すぎないため、生活がしやすい点を感想として挙げる移住者がいました。自然が豊かでありながらも利便性が高いのは、やはり移住者にとって大きな魅力のようです。

自然が豊富だからこそ、「子どもがのびのびと育つ」や「食べ物がおいしい」といった感想も聞かれます。都会と田舎の「いいとこどり」ができるのが、志布志市移住のメリットかもしれません。

ちなみに、移住者は東京や大阪、九州から移住してくる人が多いそうです。東京からの移住者はイベントをきっかけに、大阪や九州からの移住者は、さんふらわあや高速道路によって行き来が活発になっているから多いかもしれませんね。

志布志市へ移住するためのステップ

志布志市へ移住するための具体的な方法を紹介していきます。

ステップ1:まずは「エスプラネード」に移住相談

Esplanade(エスプラネード)の外観

「志布志市に住んでみたい!」と感じたのであれば、「Esplanade(エスプラネード)」に移住相談をしてみましょう。エスプラネードとは、志布志市から移住支援の業務を委託された民間の支援センターです。

行政が移住支援を行う場合、特定の民間企業を紹介できないこともあり、一人一人に最適な対応をすることが難しい場面もあります。それに対して、エスプラネードは民間だからこそ、移住希望者の要望を最優先した柔軟な対応がしやすいのが強みです。

「本当に暮らしやすいの?」「どんな就職先があるの?」「子どもの学校はどんな感じ?」など、不安や疑問をどんどん質問しましょう。

志布志市の現地見学を兼ねて、エスプラネードを直接訪れてみることはもちろん、オンラインでも移住相談にも対応してくれます。「いきなり現地に行くのはハードルが高い…」と感じる方は、まずはオンラインで移住相談に乗ってもらうのもいいですね。

公式:Esplanade

Esplanade(エスプラネード)の内観
▲Esplanade(エスプラネード)の内観

Esplanade(エスプラネード)のコワーキングスペース
▲コワーキングスペースもあり、会員になれば個人では1時間100円、占有の場合は1時間500円で利用できる

ステップ2:お試し移住体験ツアーに参加する

移住相談で移住に関する情報を集めたら、次はお試し移住体験ツアーに参加して移住後の生活をイメージしてみましょう。お試し移住体験ツアーとは、志布志市に滞在して生活を実際に体験できるツアーです。移住希望者の要望に沿ったオリジナルなツアーなので、移住後の暮らしを具体的に想像できるはずですよ。

日程は一泊二日か二泊三日で、参加費は2名までが無料です。(3人目から自己負担になります。)

過去の例を挙げると、農業に興味があるご夫婦は、農業公社でインターンシップをしたり、農家の方と交流したりしたそうです。

ツアーに参加すると、暮らしをイメージできるだけでなく、住民の方との交流を通して志布志市の「雰囲気」がわかります。人脈作りにもつながるので、志布志市への移住を真剣に考えるのであれば、参加してみることを強くおすすめします。

参考サイト:Esplanade「その土地に行って、見て触れて感じてみよう!」より

ステップ3:移住を決めたら支援の確認を

移住相談やお試し移住体験ツアーを通して、志布志市への移住を決断したのであれば、次は移住支援の確認をしましょう。移住にはお金がかかるので、できるだけ支援制度をうまく活用して負担を減らすことが大切です。

※詳細は必ずご確認ください

▼志布志市U・Iターン者支援事業

対象者 住宅を取得する移住者
補助金額 住宅取得経費総額5分の1以内
上限金額 新築または築後3年未満の建売住宅…40万円
(※市内の建築または不動産業者と契約している場合、10万円を加算)
中古住宅または築後3年以上の建売住宅の場合…30万円

最大で50万円もの補助金を受け取れるのは、経済的にもありがたいですよね。住宅を取得する際は必ず対象条件に当てはまっているかを確認しましょう。

参考サイト:Shibushi Life「【移住者向け】U・Iターン者支援事業補助金のご案内」より

▼東京圏移住支援事業補助金

対象者 東京圏から鹿児島県へ移住し、就職または起業した人
支援金額 世帯の場合:100万円
(※18歳未満の子供が一緒に移住する場合、1人当たり30万円を加算)
単身の場合:60万円

条件を満たした東京圏からの移住者は、100万円以上もの補助金を受け取れる可能性があります。対象条件や申請期間、申請方法を必ず確認して、確実に補助金を受け取りましょう。

参考サイト:Shibushi Life「東京圏移住支援事業補助金」より

鹿児島県志布志市への移住に関するお問い合わせ

車窓からの志布志湾の景色

問い合わせ先 Esplanade(エスプラネード)
志布志市移住・交流支援センター
住所 〒899-7103
鹿児島県志布志町志布志2丁目1-16
電話番号 099-401-0405
対応時間 9:00~17:00
公式サイト https://will424.com/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック