鹿児島県曽於郡大崎町への移住はどう?暮らし・仕事・住居・支援内容を解説

この記事では、地方移住を検討している方に向けて鹿児島県曽於郡大崎町(おおさきちょう)の特徴や暮らしに関する情報をご紹介します。

大崎町は鹿児島県の大隅半島にあります。南部に美しい海岸線を有し、北部に向かうにつれ広大な大地が広がる自然豊かなまちです。自然の恩恵を受けた大崎町では、美味しい食材が豊富に育まれています。

「SDGs」の取り組みにも積極的で、ごみのリサイクル率はなんと14回連続日本一です!※参照:資源リサイクル率14回日本一の町、大崎町へようこそ!

子育て環境・支援ともに充実しているため、若い世帯の移住者も増えているそうです。

今回は、大崎町役場の企画調整課に勤める中浜さんに聞いた話をもとに、大崎町の移住に役立つ情報をご紹介していきます。

大崎町企画調整課の中浜さん

大崎町での暮らし:5つの特徴

鹿児島県大崎町の暮らしの特徴

大崎町は鹿児島県の大隅半島にあるまちです。1年を通して暖かく過ごしやすいため、移住希望者からの注目を集めています。

南部は志布志湾に面しており、豊富な水産物が水揚げされ、北部にかけて広がる広大な畑地ではたくさんの農畜産物が作られるなど、大崎町は、まさに“食の宝庫”なんです!

そんな大崎町への移住に向いている方は下記のような希望をお持ちの方です。

  • 美味しい食材に囲まれて過ごしたい
  • きれいな海を気軽に見られる移住地が良い
  • 充実した支援のあるまちで子育てしたい
  • 環境に配慮したまちで暮らしたい
  • 移住先でマイホームを持ちたい

なぜ上記のような方に向いているのか、大崎町の特徴を交えながらご紹介していきます。

特徴1:食の宝庫!うなぎやマンゴー、ブロイラーなど特産品が勢揃い

大崎町には、豊かな自然環境から育まれた美味しいグルメが勢揃いし、食の宝庫とも呼ばれています。うなぎの養殖は日本でもトップレベルです。

大崎町で養殖されているうなぎの写真
▲天然の地下水で養殖されているうなぎは、大きくて身がふっくらしている。

うなぎだけでなく、甘さと酸味のバランスがほど良いパッションフルーツは生産量日本一、マンゴーは鹿児島県内での生産量が第1位なんですよ。参照:大崎町特産品

大崎町の特産品であるマンゴーの写真
▲「べっぴんマンゴー」「鉢入り娘」「夏姫」などのブランドマンゴーが有名。箱を開けたときの香りと濃厚な味わいが自慢。

また、飼育日数が少ないことで知られている「ブロイラー」も豊富に生産されています。

大崎町で育てられているブロイラーの写真
▲大崎町で育つブロイラーは、弾力と甘みを兼ね備えた贅沢な逸品。

水産物から農畜産物まで、世界に誇れる食材が豊富な大崎町は、食にこだわりのある方にもおすすめの移住地です。

特徴2:自然環境も豊富!白砂青松の美しい海岸線がある

大崎町の南部にある海岸線と海岸線に佇む人たちの写真

大崎町は、産卵のためにウミガメが上陸するほど、水質のきれいな海に面しています。およそ7kmほど続く白砂青松の美しい海岸線はいつ訪れても心癒されるスポットです。

また、全国的にもめずらしい競走馬の海岸調教を行うまちでもあります。海辺での調教は、馬の足腰が強くなることに加え、スピード強化にも効果的だそうですよ。

夕焼けの中で海岸調教中の馬と騎手

大崎町に移住すれば、美しい海をのんびりと眺められるのはもちろん、競走馬に出会える機会も得られます。

特徴3:地域全体で子育てを応援!大助かりな補助金制度もあり

大崎町にある大崎中学校では、保護者をはじめ地域の方や企業が協力して授業を行う「コミュニティスクール」による土曜授業(キャリア教育)を開催しています。

毎年1回開催される土曜授業では、JTBによるツアープランの作成、お菓子のパッケージ作り、新聞の作り方、手話講座など、多種多様な授業を行っています。企業の協力を通して、子どもたちが将来について真剣に考えることのできる興味深い取り組みですよね。

また、大崎町の魅力を再発見できる「大崎学」も特徴的な授業のひとつです。よこせ古墳の歴史や、リサイクルについてなど大崎町の歴史や文化のほか、今後の未来にも役立つSDGsについての授業も積極的に取り入れているそうです。

子どもたちの学びの場を、大崎町全体でサポートしている姿勢が伝わります。

子育てに関する支援をご紹介

大崎町では、18歳まで医療費が無料、小中学校でかかる給食費が約半額になるなど、子育て世帯に大助かりな支援を実施しています。

ほかにも下記のような支援や、助産師さんによる産後ケア、子育てに関する悩み、ひとり親家庭に向けた相談窓口なども設けています。

新生児祝い金 新生児ひとりあたり10万円のお祝い金を支給
不妊治療費助成事業 1回の治療につき20万円を支給
※1年度あたり2回・通算5年間

子育て支援についての詳細は下記URLよりご確認ください。

公式URL:子育て支援

特徴4:世界からも注目されるSDGsのまち!リサイクル率が日本トップレベル

大崎町は、「ごみのリサイクル率日本一」を14回にわたって獲得している環境に優しいまちです。上記でも紹介したように、中学校ではリサイクルの授業を取り入れるなど、大崎町の子どもたちが大人になった時、「SDGsのまち」で育ったことを誇れるような教育を行っています。

低コストで実現させた“焼却炉に頼らない”廃棄物処理「大崎リサイクルシステム」は、国内だけでなく、海外からも注目されています。今後も、大崎町の地球環境に配慮した取り組みから目が離せません。

大崎町に移住すれば、SDGsに大いに貢献することができるはずですよ。

特徴5:住宅取得なら大崎町!県内最大級の補助金サポートがある

大崎町が実施している環境配慮型住宅取得補助金を利用して建築された住宅

大崎町は、住宅を取得する際の補助金制度が充実しています。新築、中古物件に関わらず最大310万円の補助金が支給されるなど、サポートの手厚さは鹿児島県最大級です。

環境配慮型定住住宅取得補助金 住宅取得のためにかかった費用の5分の1を補助
■転入者の場合:最大310万円
■町内居住者の場合:最大305万円
結婚新生活支援事業補助金 大崎町で新たに生活を始める際の家賃や引っ越し費用を助成
1世帯あたり最大30万円

また、480平米173万円、坪単価約11,900円の宅地分譲地も整備中。分譲地は緑に囲まれた野方地区にあり、現在8区画を募集中だそうです。※2022年12月時点

公式URL:大崎町定住促進住宅用地(野方地区)

大崎町の暮らしに関する情報

大崎市にあるくにの松原
▲シーズン問わずアウトドア体験ができる「くにの松原」キャンプ場やプールなどがある。

ここでは大崎町での暮らしに役立つ情報をご紹介していきます。

天候 年間平均気温:17.1度
・8月の平均気温:26.7度
・1月の平均気温:7.2度
※参考:気象庁ホームぺージ/志布志気象観測所
人口 人口は12,398人、6,664世帯
(令和4年11月1日現在)
病院 病院・クリニック:4件
歯科:6件
教育 保育所:6所
幼稚園:1園
小学校:6校
中学校:1校
イベント 照日神社祭(荒佐まつり)
カヌー教室inくにの松原
かぶと虫相撲大会
ビーチスポーツフェスタ
野方ふるさと祭り
大崎町文化祭
ふれあいフェスタinおおさき
遊ぶところ くにの松原キャンプ場
潮干狩り
近隣都市 ・鹿屋市
・曽於市
・志布志市
・肝属郡:東串良町
アクセス 【鹿児島空港まで】
九州自動車道・東九州自動車道を使用して車で約60分

【鹿児島市内まで】
車と桜島フェリーを使用して約2時間
車と垂水フェリーを使用して約2時間
九州自動車道・東九州自動車道を使用して約1時間30分

大崎町や近隣市町には、スーパーやドラッグストアなどが点在しているため、生活に必要なものは比較的近くで手に入ります。

クリニックや歯科医院などはありますが、総合病院や眼科、皮膚科、小児科がないため、隣町へ行くこととなります。隣町といっても総合病院のある鹿屋市までは車で20分かからない距離です。

高速のインターチェンジが2つあり、都市部へもアクセスしやすい立地です。宮崎市の主要都市である都城市までは40分、鹿児島市までは1時間半ほどで到着します。

また、大崎町には、五穀豊穣を願って行われる「神舞」という伝統芸能も残っています。

大崎町の伝統芸能「神舞」の舞台
▲「神舞奉納」巫女さんによる優雅な舞や、たいまつを使って表現する迫力のある神舞は見物。

神舞が見られる「都萬(つま)神社神舞奉納」は、町内外からも多くの方が訪れる人気のお祭りです。

【仕事】求人数は多め。東京圏からの移住希望者必見の補助金制度あり

大手求人情報サイトで大崎町の検索をかけてみたところ、求人数は約600件がヒットしました。求人情報の一例

農業や漁業などの第1次産業が盛んなまちなので、町内での働き口が多いとか。

近年、若い方たちの中には、鹿屋市や志布志市など近隣の市町村に通勤している方もいるそうです。どちらも車で20分以内の距離なので、視野を広げて求人を探してみるのもおすすめです。

また、東京圏からの移住者に嬉しい補助金制度も実施しています。支給額は下記の通りです。

単身世帯の場合 60万円
ふたり以上の世帯の場合 100万円

※18歳未満のお子さんがいる場合は、ひとりに付き最大30万円の加算助成あり

対象者や条件に関しては、下記のURLをご確認ください。

公式URL:【東京圏から移住をお考えの皆様へ】移住支援金制度の御案内!

【住まい】空き家等バンクをチェック!リフォームにかかる費用の助成あり

大崎町では、空き家バンク制度も実施しており、売買だけでなく賃貸物件も数件あります。調べた時点では、木造平家のほか、更地、アパートやマンションの情報も掲載されていました。※2022年12月時点 

良い物件は、掲載した時点ですぐに決まってしまうことが多いので、随時チェックしておく必要があります。

公式URL:空き家等バンク

空き家物件を購入しリフォームする際は、下記の補助金制度をぜひ活用してくださいね。

空き家リフォーム促進補助金 空き家の修繕や改修にかかった費用の一部を補助:上限50万円

また、住宅取得に関しての手厚いサポートは記事内の上記で紹介しているので、今一度ご確認ください。

大崎町への移住に関する問い合わせ

大崎町役場・企画調整課で移住相談中の中浜さんと女性

大崎町への移住に興味を持った方は、移住に関する不安や気になる点をまずは相談してみましょう。お話をすることで、不安が軽減され移住への具体的なプランが見えてくるはずですよ。

担当課 企画調整課
住所 〒899-7305
鹿児島県曽於郡大崎町仮宿1029番地
問い合わせ 099-476-1111(代表)
公式サイト https://www.town.kagoshima-osaki.lg.jp/so_densan/kurashi/ijuteju/index.html

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック