栃木県日光市で暮らす良さとは?移住のための仕事・住居・支援情報

「空気の美味しい田舎に住みたい」「いつでも温泉を楽しみたい」「観光地で新たなビジネスをはじめたい」という方は、栃木県日光市への移住を考えてみてはどうでしょう?

栃木の南西部に位置する日光市は、世界遺産「日光東照宮」や複数の温泉地があることで有名です。全国から観光客がやってくる観光地ですが、移住者の受け入れ態勢も整ったまちなんです。

自然環境と観光資源に恵まれているので、のんびりとした田舎暮らしができるのはもちろん、それらを利用して新たなビジネスを立ち上げることも夢ではないかもしれません。

この記事では、日光市地域振興課の齋藤さんから伺ったお話をもとに、日光市の特徴とその魅力をご紹介します。

お話ししてくれた齋藤さんの顔写真

日光市の暮らし3つの特徴

日光市の暮らしの特徴イメージ

貴重な文化遺産と豊かな自然が根付く日光市には毎年たくさんの観光客が訪れます。世界遺産や温泉など、有名な観光スポットをいつでも満喫できるのが日光暮らしの魅力です。

気が向いた時に温泉に入ったり、山登りをしたり、趣味やアクティビティを楽しんだり…。のんびり気ままな田舎暮らしができます。

移住・育児支援も充実し、それらを利用しやすくする工夫もあるので子育て世帯に優しいのもポイント。日光の歴史と自然を感じながら家族でのびのびと暮らせますよ。

特徴1:有名な温泉がたくさんある

鬼怒川温泉街の様子

日光市には川治温泉や鬼怒川温泉など、全国的にも有名な温泉地が点在しています。温泉が好きで移住された方も多く、中には好きが高じて温泉地で働いている方もいるほど!

また「鬼怒川ラインくだり」や「戦場ヶ原のハイキング」など、壮大な自然を利用したアクティビティも盛んです。市内で山の自然を満喫できるので、キャンプ好きの方にも注目されています。

>>日光市の自然・アクティビティについてはこちら

特徴2:充実した子育て支援の数々

地域子育て支援センターの様子

高校生までの医療費無料を県内で初めて導入した日光市では、子育てに関する支援も充実!日光の恵まれた自然環境のもと、子どもがのびのびと過ごせる環境が整っています。

▼日光市の子育て支援(一例)

制度 内容
妊産婦医療費助成制度 妊産婦の方の医療費(健康保険適用分)を市が助成
すくすく赤ちゃん券 1歳未満の子どもを養育する方に、子ども1人当たり3万円分の「すくすく赤ちゃん券」を支給
第2子以降の保育料負担軽減 保育園・幼稚園の保育料が第2子は半額、第3子以降は無料になる

また、子育て支援情報をチェックできる「日光市 ニコニコ子育て応援サイト」や、各種制度を分かりやすくまとめた「子育てガイドブック」など、豊富な支援制度を利用しやすくする工夫があるのも嬉しいポイントです。

公式URL:「日光市 ニコニコ子育て応援サイト」「子育てガイドブック」

特徴3:県内や都内へのアクセスが良好

紅葉の日塩もみじラインの様子

買い物に関しては、日光市内のお店に加えて、今市エリアから車で30分と出かけやすい宇都宮市のお店を利用することもできます。選択肢が色々とあるのは嬉しいですよね。

また東京までは車でも電車(新幹線)でも2時間ほどですが、電車の乗り換えがたった1回で済むのも大きなポイントです。
※JR今市-東京駅。宇都宮駅でJR日光線から東北新幹線に乗り換え

東武下今市~浅草であれば乗り換えなしでアクセスすることもできます。

頻繁でなければ都内との往復も十分現実的です。東京圏でのお仕事を継続したまま日光に移住した方や、都内との二地域居住をする方もいますよ。

特徴の異なる5つのエリアが存在

日光市の略地図
引用:日光市移住サイト

複数の市町村が2006年に合併して現在の日光市になっているので、市内はエリアによって環境が大きく異なります。そのため温泉エリアや田舎暮らしエリアなど、同じ日光市内でもさまざまなニーズに応えられるようになっています。

エリア 特徴
今市エリア 首都圏とのアクセスが良好。人口の7割が住んでいる市街地。
日光エリア 数多くの歴史遺産があるエリア。自然豊かで空気がおいしい。
藤原エリア 川治温泉や鬼怒川温泉があるエリア。いつでも温泉が楽しめる。
足尾エリア かつて銅山として栄えたまち。日光エリアとは違った歴史風景が残る。
栗山エリア 温泉(秘湯)の多いエリア。自宅に温泉を引ける地域もある。

参考URL:「日光でくらす」

日光市での暮らしに関する情報

ここでは日光市での暮らしに関する情報をご紹介します。気候や病院、学校などの施設、娯楽などの情報を表にまとめたので、まずは以下をご覧ください。

気候 1月:平均気温−3.9°C
8月:平均気温18.8°C
※参考:気象庁ホームページ
人口 人口:77,546人
世帯:36,404世帯
(2023年1月時点)
※参考:日光市公式サイト
病院 病院・クリニック・薬局:126件
学校等 公立保育施設:12園
私立保育園:8園
私立小規模保育園:1園
私立認定こども園(保育部分):4園
私立幼稚園:3園
小学校:17校
小中併設校:6校
中学校:9校
高校:3校
特別支援学校:1校
子ども発達支援センター、子育て支援センターなど
歴史・文化 日光東照宮
日光二荒山神社
日光山輪王寺
足尾銅山
日光田母沢御用邸記念公園
日光金谷ホテル
温泉 鬼怒川温泉
川治温泉
湯元温泉
川俣温泉
湯西川温泉
奥鬼怒温泉
中禅寺温泉
奥日光湯元温泉
見どころ・娯楽 中禅寺湖
湯ノ湖
男体山
華厳の滝
明智平
龍王峡
鬼怒楯岩大吊橋
東武ワールドスクウェア
日光江戸村
太郎次郎一門の日光さる軍団
鬼怒川温泉オートキャンプ場
きぬがわ高原カントリークラブ
食べ物 ゆば
天然氷
たまり漬け
こんにゃく
しそ巻き唐辛子
そば
交通

【日光⇔宇都宮】
JR今市駅‐JR宇都宮駅
車:約40分
電車:約40分(JR日光線)

【日光⇔東京】
JR今市駅‐東京駅
車:約2時間(東北自動車道経由)
電車:約2時間(JR日光線、東北・北海道新幹線)

下今市駅-浅草駅
電車:約1時間45分(東武特急)

近隣自治体 【栃木県】宇都宮市、鹿沼市、那須塩原市、塩谷郡塩谷町
【群馬県】沼田市、みどり市、利根郡片品村
【福島県】南会津郡南会津町、檜枝岐村

有名な鬼怒川温泉や川治温泉でリラックスしたり、奥日光の壮大な自然を満喫したりと、お休みの日も退屈することはないでしょう。ご家族でのびのびと過ごすのにもうってつけです。

湯ノ湖の湖面に映る紅葉の様子
▲日光市の西部にある「湯ノ湖」。三方を山に囲まれた、静かで神秘的な湖です

また移住を機に日光市の美味しい水や食材、空き店舗を活用してお店をはじめる方もいます。支援も充実しているので、移住を機に起業・創業を考えている方は要チェックです。

なお、日光は車社会です。生活に関しては車があると便利でしょう。

市内には、スーパーやホームセンターなどがそれなりに充実しているので、日用品で困ることは稀です。宇都宮市も近いので、そちらを利用しても良いですね。

仕事情報:市内の求人が豊富!テレワークの環境もバッチリ

大手求人サイトによると、日光市での求人は4,000件ほど、ハローワークでは500件ほどありました。市内の求人は十分な数があるほか、市外(とくに宇都宮市)の職場へ通う方も少なくありません。
※参考:求人情報の一例(2023年1月時点)

また、日光市はテレワークやワーケーションなど、「多様な働き方」の推進に力を入れています。市内には日光郷土センター「mekke」をはじめとしたコワーキング施設が充実しているほか、ワーケーションに関する助成金もあるんです!

制度 内容
日光市ワーケーション実施支援補助金 ワーケーション時の宿泊費やコワーキング施設の利用料の一部を補助

東京までは車でも電車でも2時間ほどなので、都内のオフィスに用事があるときでも素早く駆け付けられます。そのため東京でのお仕事を続けたまま日光へ移住する方も増えているのだとか。

公式URL:「日光市でテレワーク」

充実した起業・創業支援

自然豊かで観光資源に恵まれた日光市はビジネスチャンスも豊富!スタートアップを支援する総合窓口や起業サロン、各種補助金を用意して新たなビジネスに挑戦する人を応援しています。

▼日光市の起業支援(一例)

制度 内容
日光市起業・創業支援サロン 市内で起業を検討、あるいは起業して間もない方向けに、ビジネスセミナや先輩起業家・専門支援員によるアドバイスを実施
日光市空き店舗等対策家賃補助事業 市内の空き店舗を利用して事業を始める場合、家賃の一部を補助
商店リフレッシュ事業 市内の空き店舗を改装・改修して利用する際、その費用の一部を補助

日光での働き方は「十人十色」。先輩移住者の中には自身のアイディア・特技を活かしてさまざまなビジネスにチャレンジしている方もいらっしゃいます。

>>「日光でしごと」

住まい情報:十分な物件が存在!各種支援を活用しよう

大手物件情報サイトでは、日光市内の空き物件は100件ほど見つかりました。市内の物件数としては十分な数ですが、エリアごとのバラつきがあるので注意しましょう。
※参考:賃貸物件情報の一例

また日光市には「空き家バンク制度」があります。空き家バンクに登録された物件をホームページで閲覧できるほか、希望の条件に合った空き家が出た際には紹介してもらうこともできます。

いい物件はすぐになくなってしまうので、物件情報はこまめにチェックしておきましょう。

公式URL:日光市空き家バンク

なお日光市では住居取得に関するさまざまな支援制度を設けています。耐震診断費や住居改修費の補助もあるのでぜひ活用しましょう!

>>住宅取得等に関する支援制度

日光市に移住した人の声

移住者の声イメージ

ここで実際に日光市に移住した方の声をみてみましょう。

  • 自然いっぱいで、水と空気が綺麗!
  • のどかなまちなのでストレスを感じることが少なくなった
  • 人付き合いの距離感が適度で心地いい
  • 市や商工会議所からの支援が手厚く、スムーズな開業ができた

山間で空気が綺麗なので、普段の何気ない瞬間にも自然を感じて爽やかな気分になれるのが日光暮らしのポイントのようです。満員電車などのストレスもないので、みなさんのびのびと生活しています。

奥日光湯元温泉の星空
▲空気の澄んだ日光は星空が綺麗!

また日光市民はそれぞれの生活を営んでいる方が多いので、適度な距離感を保った人付き合いができるのも魅力的。田舎にありがちな「人付き合いの煩わしさ」に悩まされることは少なめです。

車があった方が便利

一方で以下のような声もありました。

  • 車が必要になることが多い
  • 冬場でとくに寒い日には水道管が凍ることもある
  • 場所によってはコンビニが少ない

市内の交通手段がやや少ないため、自家用車があると便利です。

お酒が好きな方は飲みに出ても帰りの手段が少ないので、不便を感じることもあるかもしれません。ただその分「おうち時間を満喫するようになった」という方も多いようです。

コンビニの少ないエリアもありますが、かえって「余計なものを買わなくなった」という前向きな意見もありました。

>>日光市移住者インタビュー

日光市への移住を考えている方へ

日光市移住促進ポータルサイトのイメージ

魅力溢れる地方移住ですが、「地方の田舎でのんびり過ごしたい」という漠然とした理由で移住を決めるのは危険です。移住してから「こんなはずじゃなかった」ということのないよう、しっかりと情報を集めて移住の準備をはじめましょう。

日光市は移住を検討する人向けのポータルサイトを運営しています。サイト内には「移住フローチャート」があり、移住までの基本的なステップが分かりやすくまとめられているので、まずはこちらを参照してみるといいでしょう。

▼日光市への移住ステップ

  1. 移住の目的をリストアップ
  2. 日光市の情報収集
  3. 仕事・住まい・学校探し

公式URL:「日光 移住フローチャート」

現地でイベント・セミナーに参加してみよう

日光市では移住に関するイベントやセミナーを開催しています。先輩移住者のリアルな声が聞けるので、情報収集と疑問解消が一度にできます。

各種イベントは東京都内やzoomで開催されます。なかなか現地に行けない方でも気軽に参加できるのが嬉しいポイント!移住はもちろん、二地域居住を考えている方もぜひ参加してみましょう。

>>移住イベント・セミナーについてはこちら

日光市役所への移住に関するお問い合わせ

担当課 日光市役所 地域振興課
住所 〒321-1292
栃木県日光市今市本町1
電話番号 0288-21-5147
対応時間 8:30〜17:15
(休日・祝日・年末年始を除く)
公式サイト 日光市移住サイト:https://nikko-iju.jp/
日光市公式サイト:https://www.city.nikko.lg.jp/