滋賀県湖南市に移住したらどうなる?暮らしや仕事・住宅情報を解説

この記事では、地方移住を考えている人に向けて、滋賀県湖南市(こなんし)の特徴や生活情報をご紹介します。

湖南市は緑と水に恵まれたエリアであり、国宝・重要文化財を有する寺社も多数あるため、自然と歴史・文化に親しめるのが魅力です。

一方で市街地には普段の買い物に必要な施設がそろっています。電車や車を使えば、京都や大阪へもアクセスしやすいので便利ですよ。

今回は湖南市総合政策部の地域創生推進課で働く永井さんに、湖南市の魅力や仕事・生活に役立つ情報について詳しくお聞きしました。

湖南市総合政策部の地域創生推進課で働く永井さん

湖南市の3つの特徴

湖南市の暮らしの特徴のタイトル画像

湖南市は南北に山の自然が広がり、中央部を野洲川が流れる、緑と水に恵まれたエリアです。自然や文化が豊かでありながらも生活がしやすいため、子育て世代への人気が高いようです。

そんな湖南市は次のような特徴があります。

  • 自然と生活のバランスが取れたコンパクトシティ
  • 乳幼児・小中学生の医療費助成制度など、子育て支援が充実
  • 関西圏の主要都市へのアクセスが良い

それではあらためて、湖南市の特徴について見ていきましょう。

特徴1:自然と生活のバランスが取れたコンパクトシティ

湖南市の中央を流れる野洲川

湖南市は端から端まで車で30分ほどの広さです。その中にスーパーやコンビニ、病院などが数多くあるため、不便さを感じにくい「コンパクトなまち」だと言えます。

永井さん
永井さん

湖南市への移住者の方は「都会から離れて、自然に囲まれて暮らしたい。でも交通や買い物など便利なところが良い」といった希望から来られる方が多いんですよ。

コンパクトなまちながら、市内には国宝が3つもあり、奈良時代に創建された湖南三山(※)の紅葉など、風情ある風景を求めて移り住む人も少なくないそうです。※善水寺、長寿寺、常楽寺

湖南市にある善水寺
▲湖南三山の一つである善水寺。本堂は国宝に指定されている

湖南市にある長寿寺
▲湖南三山の一つである長寿寺。本堂が国宝に指定されている

湖南市にある常楽寺
▲湖南三山の一つである常楽寺。本堂と三重塔が国宝に指定されている

自然と歴史を感じながら日常生活を送りたい人には、絶好の土地ではないでしょうか。

特徴2:乳幼児・小中学生の医療費助成制度など、子育て支援が充実

湖南市内の保育の様子

近年、湖南市では特に待機児童対策に力を入れており、2年連続で待機児童ゼロを達成しています

また乳幼児・小中学生の医療費助成制度や、特定不妊治療の助成を行い、経済面からも出産・子育てを支援してくれるんですよ。

さらに子育て支援センター、ファミリー支援センターなどを充実させながら、結婚に伴う新生活の支援や子育て世代の交流ができるような環境を整えています。

湖南市で親子ヨガを楽しむ人々
▲「親子ヨガ」のイベントの様子

各種支援事業・制度については、以下の表や公式ページをご覧ください。

概要
特定不妊治療助成事業 特定不妊治療にかかる経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成
乳幼児・小中学生医療費の助成 健康保険に加入する乳幼児・小中学生や重度心身障害者(児)などの自己負担分の一部または全部を助成
子育て支援センター 親子で楽しく遊ぶ場や子育てに関する情報を提供
ファミリー・サポートセンター 子育ての手助けをしてほしい人とお手伝いしたい人の相互援助活動を有料で行う会員組織を運営
結婚新生活支援事業 新婚世帯に対して、住居費および引っ越し費用の一部(上限18万円)を助成

>>公式:湖南市(移住定住ガイド)

特徴3:関西圏の主要都市へのアクセスが良い

湖南市から電車や車を使えば、京都市内まで30分、大阪市内まで1時間ほどでアクセスすることができます。実際に京都へ通勤、通学している人も多いのだとか。

また新幹線を利用すれば約2時間30分で東京へ行くことも可能です。

日常生活は自然や文化が豊かな環境の中で過ごしつつ、都市部へも気軽に足を伸ばしたいという人にぴったりの土地だと言えるでしょう。

湖南市の暮らしに関する情報

桜が見ごろを迎えたじゅらくの里
▲桜が見ごろを迎えた「じゅらくの里」の風景

では次に、湖南市の暮らしについての情報を見ていきましょう。

気候 1月:平均気温3.1度
8月:平均気温26.7度
※湖南市内に観測地点がないため、直近の東近江地点を参照
※参考:気象庁ホームページ
人口 人口:54,663人
世帯:24,748世帯
(令和4年12月1日現在)
病院 病院・クリニック:26件
歯科:13件
学校

幼稚園:私立2園
保育所:公立1所、私立10所
こども園:公立3園、私立5園
小学校:9校
中学校:4校
高等学校:2校
特別支援学校:1校
専修学校:1校

文化・芸術 【祭礼行事】
・勧請縄吊(1月:東寺、西寺)
・鬼ばしり(1月:長寿寺、常楽寺)
・斎神社例祭(4月29日:菩提寺)
・ぼんのこ・へんのこ祭り(7月:平松・松尾神社)
・白餅(8月:妙感寺)
・ゑびす祭り(7月:下田)
・愛宕祭り(7月23日:石部)

【イベント】
・さくら祭り(4月)
・湖南市夏まつり(8月)
・石部宿まつり(10月)
・東海道ウォーキングみちくさコンパス(11月)
食べ物 地酒:香の泉(竹内酒造、石部中央)、御代栄(北島酒造、針)
農産物:下田なす、弥平唐辛子
伝承食:いもつぶし(石部宿)
交通 【鉄道】
市内の中心駅:甲西駅
JR西日本草津線:三雲駅 - 甲西駅 - 石部駅

【バス】
・滋賀交通:JR野洲駅(野洲市)から、湖南市北西部の菩提寺、北山台
・水口(甲賀市)方面へ行くバスもあり
・市北部を通る名神高速道路菩提寺PAに、京都と名古屋を結ぶ高速バスが停車
・湖南市コミュニティバス(めぐるくん)

【高速道路】
名神高速道路:菩提寺PA
見どころ 【寺社】
湖南三山(善水寺、長寿寺、常楽寺)、石部十五社愛宕、湖南雨乞い三社(龍神、八大龍王神、多度神社)、白山神社、吉御子神社、ほか多数。

【自然】
平松のウツクシマツ自生地(天然記念物)、弘法杉、臥龍の森など。

【旧跡】
磨崖不動明王、三雲城跡、天保義民碑(近江天保一揆)

【資料館など】
東海道石部宿歴史民俗資料館、石部宿場の里

【レジャー】
十二坊温泉ゆらら、野洲川親水公園、じゅらくの里
近隣都市 野洲市、栗東市、甲賀市、蒲生郡竜王町

気候は滋賀県内で比較すると寒暖差が少ないほうで、雪は年に数回降る程度だと言います。

地域のお祭りやイベントも盛んに行われているので、季節の移ろいや伝統的な文化を感じることができますよ。温泉などのレジャー施設もあって、さらに自然を満喫できます。

湖南市夏祭りの打ち上げ花火
▲湖南市夏祭りを彩る、華やかな打ち上げ花火

湖南市にある二坊温泉の露天風呂
▲十二坊温泉の露天風呂では、市内の美しい自然を満喫できる

二坊温泉ファミリーキャンプ場
▲十二坊温泉にはオートキャンプ場も併設されている

湖南市の観光スポットやイベントについては、湖南市観光協会が運営するサイト「ぶらりこなん」でまとめて紹介されています。

>>ぶらりこなん(湖南市観光協会)

また「湖南市YouTube公式チャンネル」では、湖南市のさまざまな特徴や生活の風景にふれることができるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

>>湖南市YouTube公式チャンネル

工業団地で求人多数。京都への通勤も便利

空から見た湖南工業団地

湖南市には県内最大級の湖南工業団地があり、「工業のまち」として発展しています。

こうした工業関連の求人が数多くあることもあり、大手求人サイトで湖南市の正社員求人を検索したところ約4,600件がヒットしました。
※参考:求人情報の一例

さらに湖南市が作成した「湖南市企業ガイド」では、求人サイトやハローワークに掲載されていないような求人情報・企業情報を調べることができます。

>>公式:湖南市企業ガイド

また京都へ通勤する人も多いことから、仕事が見つからなくて困るということはほとんどなさそうです。

湖南市地域創生推進課の永井さんによると、地域おこし協力隊の活動を通して起業した人もいるそうです。

なお湖南市では、創業支援事業計画に基づくワンストップ相談、新規就農者総合相談窓口、青年就農給付金事業などを行っていますので、興味のある人は下記の公式ページをチェックしてみてください。

公式:>>湖南市移住定住ガイド

市内の賃貸物件も多数あり!

湖南市の賃貸物件を大手物件情報サイトで検索したところ、約1,700件がヒットしました(2022年12月現在)。エリアや価格など、希望にあった場所を十分に検討することができそうです。

※参考:賃貸物件の一例

永井さん
永井さん

移住では、賃貸を選ばれる方が多いですね。空き家はあまり多くないのですが、興味のある方は「湖南市空き家バンク」から調べてみてください。

>>公式:湖南市空き家バンク

移住した人の体験談や声

湖南市への移住者の声のタイトル画像

それではここで、実際に移住した人の声を見てみましょう。

  • 野洲川周辺の雄大な田園風景や、どこまでも広がる空を見ながら、毎日を清々しい気持ちで過ごすことができています。もちろん生活インフラは十分に便利なレベルですよ。
  • 湖南市と京都を行き来しているのですが、まったく苦になりません。静かな生活の時間と、賑やかに楽しむ時間の両方を満喫しています。
  • 湖南市には個性的な史跡があり、歴史的にも重要なものが多いことに驚きました。まさに隠れた湖南市の魅力と言えるでしょう。
  • 移住してみると、いろいろと気にかけてくれるご近所さんなど、世代を超えて相談できる人たちができました。ほどよい距離感なので、暮らしやすいです。
  • 星がよく見えて、心地よい風の吹く土地です。本当にのびのびと暮らすことができています。駅が近いところに住んでおり、とても便利です。

移住した人の体験談を見ていると、野洲川や山を中心に広がる自然の風景や史跡に囲まれて、心穏やかに暮らしている人が多そうです

仕事や趣味などで京都を訪れる人が多いのも特徴です。少し都市部から離れて暮らしたいけど、仕事や遊びでは簡単に行ける環境が良い、という人に湖南市はぴったりのようです。

湖南市への移住に関するお問い合わせ

野洲川で釣りを楽しむ男性

湖南市への移住を本格的に検討したい人は、まずは一度、下記の湖南市の担当課へ問い合わせてみましょう。

担当課 総合政策部 地域創生推進課 企画調整・統計係
住所 〒520-3288
滋賀県湖南市中央一丁目1番地
電話番号 0748-71-2316
対応時間 8:30〜17:15
公式サイト https://www.city.shiga-konan.lg.jp/iju_konan/index.html

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック