池田市への移住はどう?暮らし・仕事・住居・支援内容を解説

この記事では、地方移住を検討している方に向けて「大阪府池田市」での暮らしや移住情報をご紹介します。

大阪府の北西部に位置する池田市は、大阪都市部のベッドタウンとして人気を集めているまちです。梅田から電車で約20分、空港や主要幹線道路も整備された交通利便性の高いエリアである一方で、五月山(さつきやま)や猪名川(いながわ)といった豊かな自然にも恵まれています。

さらに注目したい点が、子育てしやすい環境が整っていること。3人目の子どもが生まれた際にダイハツの乗用車を無償で3年間レンタルできる「エンゼル車提供制度」や、1人目・2人目の子どもが生まれたら1万円、3人目以降は池田泉州銀行の5万円の積立式定期預金通帳をもらえる「エンゼル祝品支給制度」などの支援制度が充実しており、ゆとりを持って育児に臨めます。

今回は池田市役所のシティプロモーション課にお勤めの中村さんにお話を伺いながら、池田市での暮らし・仕事・住居・支援内容などを詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

本日お話を伺った方
男性スタッフのアイコン

池田市役所シティプロモーション課

中村 昌功さん

池田市の暮らしとは?主な3つの特徴をご紹介

大阪府池田市の暮らしの特徴イメージ画像

大阪府の郊外にあり、田舎過ぎず、都会過ぎない“ちょうどいい住環境”を有する池田市。ダイハツ工業の本社があるほか、現阪急阪神東宝グループの創始者である小林一三氏の事績を紹介する小林一三記念館や、カップヌードルミュージアム 大阪池田があることでも有名です。

そんな池田市には、主に次のような特徴があります。

具体的にどのような魅力を持つまちなのか、以下で詳しく見ていきましょう!

特徴1:大阪市内への交通アクセス抜群!空の旅も手軽に楽しめる

池田市においては、大阪都市部へのアクセスの良さが大変魅力的です。市内には阪急電鉄の「池田駅」と「石橋阪大前駅」があり、繁華街のある大阪梅田駅まで約20分で移動できます。

また、高速のICも複数点在していて車での遠出もしやすいほか、市域に位置する大阪国際空港へも阪急電車とモノレールで約20分。直通バスも出ており、北海道から沖縄まで全国の就航都市への旅行や出張を手軽に行えます。

男性スタッフのアイコン
中村さん

大阪国際空港の展望デッキでは、飛行機のダイナミックな離着陸を見学できます。また、空港内にはボーネルンドの遊び場やおしゃれなショップ・レストランなどの魅力的なスポットが多く、交通手段以外の用途で訪れる方も多いですよ。

公式:大阪国際空港

特徴2:山や川の自然が身近にあり、公園も充実

池田市は、大阪都市部にほど近いロケーションにありながらも自然が豊かです。市の北側には五月山がそびえ立ち、西側には猪名川が流れており、水と緑に囲まれた穏やかな暮らしが叶います。

なお、五月山の中腹には「五月山公園」があり、春は桜とツツジ、秋は紅葉を堪能できますよ。また、園内にある無料の「五月山動物園(※)」も名物スポットで、ウォンバットやワラビ-、アルパカなどの珍しい動物にも出会えます。
(※)2024年6月1日より、リニューアル工事に伴い一時閉鎖中

五月山動物園で暮らすウォンバットの「ワイン」
▲五月山動物園で暮らすウォンバットの「ワイン」は、2022年に『飼育下での史上最高齢』としてギネス世界記録の認定を受けています

公式:五月山公園
公式:五月山動物園

男性スタッフのアイコン
中村さん

五月山には初心者向けのハイキングコースも整備されており、四季折々に変わる美しい風景を眺めながら登山を満喫できます。

さらに、かつての地方豪族・池田氏の居城跡地に整備された「池田城跡公園」も自然に触れられるおすすめスポットです。園内には日本庭園や瓦葺きの茶室、やぐら風の展望休憩舎などが点在しており、市民の憩いの場として親しまれています。

池田城跡公園内の庭園の風景
▲池田城跡公園内の庭園にある池では巨大な鯉に餌やりを楽しめます

池田城跡公園内の展望休憩舎からの眺め(ビッグハープと五月山)
▲展望休憩舎からは、阪神高速道路の新猪名川大橋(通称:ビッグハープ)や五月山を一望できます

池田城跡公園内の展望休憩舎からの眺め(池田市街地)
▲展望休憩舎から望む池田市街地の景色も絶景です

公式:池田城跡公園

特徴3:地元企業も賛同!手厚い子育て支援が整備されている

池田市では「子ども・子育て支援日本一のまち」といったスローガンを掲げ、妊娠・出産・子育てに関する切れ目のない支援を展開しています。主な支援内容は以下の通りです。

エンゼル車提供制度 第3子以上を出産した家庭へダイハツの軽自動車1台を3年間無償貸与
エンゼル祝品支給制度 第1子および第2子には1万円、第3子以上には池田泉州銀行の5万円の積立式定期預金通帳を贈呈
出産・子育て応援交付金事業 出産応援ギフトとして妊婦1人あたり5万円、子育て応援ギフトとして新生児1人あたり5万円を支給
保育所等児童エンゼル補助金 ・保育所などに通う第3子以上の一部児童を対象に補助金を支給
・3~5歳児の第4子以上の一部児童を対象に、副食材料費に対する補助金を支給
幼稚園等児童エンゼル補助金 私立幼稚園等に通園する第4子以上の一部児童を対象に、副食材料費に対する補助金を支給

公式:池田市「子育て支援」

男性スタッフのアイコン
中村さん

池田市は全国でもいち早くタブレットや電子黒板を導入するなど、ICT教育を積極的に取り入れています。小・中学校の学力調査もほとんどの教科において全国平均を上回っており、魅力的な教育環境下で子どもを育てられますよ。

公式:池田市「全国学力・学習状況調査」

池田市の暮らしに関する情報

続いては、気候や病院、学校、交通など、池田市での暮らしに関連するお役立ち情報をまとめました。

気候 1月:平均気温6.2℃
8月:平均気温29.0℃
※参考:気象庁ホームページ(池田市内に観測地点がないため、近隣の大阪市のデータを参照)
人口 約103,000人(2024年2月時点)
病院・クリニック 約230院
学校 保育施設:27園
小学校:10校
中学校:5校
義務教育学校:1校
高校:5校
名所・観光 池田城跡公園、五月山公園、カップヌードルミュージアム 大阪池田など
行事
・イベント
池田五月山さくらまつり、石橋まつり、がんがら火祭りなど
交通 【空港】
大阪国際空港(伊丹空港)

【鉄道】
阪急電鉄「池田駅」「石橋阪大前駅」

【バス】
阪急バス
施設循環福祉バス「そよかぜ号」・「きぼう号」・「おでかけ号」・「やまばと号」

【道路】
中国自動車道「中国池田IC」
阪神高速11号池田線
五月山ドライブウェイ
国道171号・国道173号・国道176号・国道423号・国道477号など
近隣都市 大阪府豊中市・箕面市
兵庫県川西市・伊丹市

池田市には、池田駅周辺を中心としてスーパーやドラッグストア、コンビニなどの商業施設が点在しており、普段のお買い物に困ることはありません。ただ、百貨店やデパート、大型ショッピングモールなどは市内にないため、そういったスポットでのショッピングを楽しみたい場合は市外へ出向く必要があります。

男性スタッフのアイコン
中村さん

「石橋商店街」にも多ジャンルのお店が集結していて、お買い物におすすめです。

石橋商店街の風景
▲石橋商店街には飲食店も多く、夜には飲み屋街としてもにぎわっています

公式:石橋商店街

なお、池田市内は阪急バスが行き来しており、マイカーがなくても問題なく生活できる印象です。自転車での移動も便利ですが、坂道が多いため電動自転車があるとより快適に暮らせるでしょう。

仕事情報:池田市内・市外問わず求人が豊富

大手の求人サイトで池田市における「正社員の求人数」を検索したところ、4,000件ほどがヒットしました。市外も含めると40万件以上の求人が見つかったことから、市内・市外問わず仕事探しに困ることはなさそうです。

参考:求人情報の一例(池田市内)
参考:求人情報の一例(池田市から25km圏内)

男性スタッフのアイコン
中村さん

池田市内よりも、市外で働く方の割合のほうが少し多い印象です。新幹線や飛行機の利用もしやすいため、東京への出張が多い方にもおすすめのまちですよ。

なお、池田市における世帯年収の相場は502万円です。池田市で不自由なく暮らすための収入目安として、ぜひ参考にしてみてください。

参考:池田市における世帯年収の相場(一例)

住まい情報:賃貸・売買物件ともに充実。空き家バンク制度も利用可能

大手不動産情報サイトにて池田市の物件相場について調べてみたところ、賃貸住宅の場合はワンルームや1K、1DK、1LDKの間取りで5.5~7.8万円程度、2LDKで10万円程度、3LDKで13万円程度の物件が多数出回っていました。また、売買住宅においては数百万円~8,000万円台と幅広い価格帯で、予算に合わせた物件探しをしやすい傾向があります。

参考:池田市における不動産情報の一例

男性スタッフのアイコン
中村さん

池田市には空き家バンク制度が整備されており、タイミングが合えば空き家がリーズナブルに手に入ります。ご興味のある方はぜひ概要をチェックしてみてください。

公式:池田市空家バンク制度について

池田市への移住ステップ

池田市への移住を検討している方は、まずは下記の窓口へ相談してみるとよいでしょう。もし池田市を訪れたことがない場合は旅行で数日程度滞在し、市内をじっくりと探索して「池田市がご自身の移住先として適しているかどうか」を見極めてみてください。

男性スタッフのアイコン
中村さん

池田市にいらっしゃるなら、気候の良い春や秋がおすすめです。また、8月なら大規模な「猪名川花火大会」があるほか、10月には“ウォンバットの日”にちなんだイベントや“植木のまち”ならではの植木の祭典「BOTAFES」が名物なので、そういった行事の日程に合わせてお越しいただくと充実した滞在になると思いますよ。

2022年に開催されたBOTAFESの風景
▲「BOTAFES」には植物をテーマにした多彩なブースがずらり!ぶらぶらと見て回るだけでも楽しいです

公式:猪名川花火大会
公式:ウォンバットの日とは?
公式:BOTAFES

池田市への移住に関するお問い合わせ

池田市シティプロモーション課の窓口

担当課 池田市シティプロモーション課
住所 〒563-8666
大阪府池田市城南1-1-1
電話番号 072-754-6244
対応時間 平日8:30~17:15
公式サイト ▼公式サイト
https://www.city.ikeda.osaka.jp/index.html
▼シティプロモーションサイト
https://www.city.ikeda.osaka.jp/city/index.html