【飯豊町への移住】住み心地はどう?暮らしの特徴・仕事・支援情報|山形県

この記事では、地方移住を検討している方に向けて「山形県西置賜郡飯豊町(にしおきたまぐんいいでまち)」での暮らしについてご紹介します。

山形県南部に位置する飯豊町は、面積の8割以上を山林が占める緑豊かなまちです。主要産業である農業に関する支援制度が充実していることが大きな特徴で、農業にチャレンジしたい方、里山暮らしを楽しみたい方などから注目を集めています

また、子育てしやすい環境も整っているため、子育て世代の移住先としても人気です。地域の方による温かなサポートにも助けられながら、経済的にも精神的にもゆとりを持った子育てライフを目指せますよ。

今回は飯豊町役場・企画課総合政策室の地域おこし協力隊として移住定住コンシェルジュを務めていらっしゃる家財さんにお話を伺いながら、飯豊町の暮らしや移住に関する情報について詳しくまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

飯豊町役場・企画課総合政策室の地域おこし協力隊として移住定住コンシェルジュを務める家財さん

飯豊町での暮らしとは?主な3つの特徴をチェック

飯豊町の暮らしの特徴

水と緑あふれる飯豊町は、『日本で最も美しい村連合』の加盟地域のひとつです。

田園の中に屋敷林(やしきりん)を携えた屋敷が点在する「田園散居集落景観」をはじめ、町南部の山間にある中津川地区に広がる「里山風景・里山文化」、さらには日本百名山のひとつに数えられる「飯豊連峰」の3つが地域資源として認定されています。

観光資源も豊富で、温泉やトレッキング、キャンプ、山菜採り、マリンスポーツ、ウィンタースポーツといった幅広いジャンルのアクティビティを楽しめますよ。常に自然の恵みを身近に感じられるため、自然やアウトドアレジャーが好きな方にはたまらない土地です。

そんな飯豊町での暮らしが向いているのは、以下のような方です。

  • 自然に囲まれた生活がしたい
  • 農業にチャレンジしたい
  • 人付き合いが心地良い土地でのんびりと暮らしたい
  • 子どもをのびのびと育てたい

なぜ上記のような方に向いているのか、ここからは飯豊町での暮らしにおける主な特徴を3つご紹介します。

【特徴1】自然を身近に感じられる

飯豊町の田園散居集落景観

飯豊町の魅力としてまずご紹介したいのが、自然を身近に感じられることです。東北アルプスの異名を持つ飯豊連峰と、その美しい山々から流れ出る清流・白川との調和によって北欧のような景観が広がっており、四季折々の優美な景色を日々堪能できます

また、飯豊町南部の山間にある中津川地区に色濃く残る、昔ながらの里山風景・里山文化も魅力のひとつです。「中門造り(ちゅうもんづくり)(※1)」といわれる建築様式の家屋が点在しているほか、竹で作った笠骨に菅を縫い合わせる「菅笠(すげがさ)作り」も行われており、古き良き伝統や自然の大切さを体感できます。

(※1)母屋(おもや)に「中門」と呼ばれる突出部を持つ建築様式。内部は厩(うまや)で、先端に馬の出入り口を設けたスタイルが一般的

中津川地区の風景
▲清流が流れ、周辺を美しい山々に囲まれた中津川地区

白川湖の水没林
▲中津川地区にある白川湖にて4月中旬~5月中旬までの約1ヶ月間に見られる「水没林」

ちなみに飯豊町は山形県内有数の豪雪地帯で、地域によっては積雪が2~3メートルほどになることもあります。そのため冬の除雪作業は必須ですが、その分春の訪れが喜びになり、四季による景色の移り変わりを存分に満喫できますよ

なお、飯豊町のホームページには雪かき対策に関する情報が掲載されているほか、山形県が制作した『安全な雪下ろしガイド』では雪下ろしに必要な道具や注意点などが紹介されています。そういった情報や地域の方による温かなサポートに支えられながら、雪のある生活をたっぷりと楽しめることでしょう。

>>『安全な雪下ろしガイド』をチェックする

【特徴2】人付き合いが心地良い

飯豊町は人が温かく、地域のつながりが強いまちでもあります。

気が付くと玄関にお野菜が置いてあったり、「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」といった言葉を自然と掛けてくれたり。ほどよい距離感でいつも気にかけてくれるため、人と触れ合うことが好きな方にぴったりな場所です。

なかには「雪国での暮らしに馴染めるかどうか不安」と思う方もいるかもしれませんが、飯豊町なら移住後初めての冬をスムーズに迎えられますよ。町では移住者が集う「移住者交流会」を定期的に開催しており、その中で除雪道具や雪かきの仕方、雪囲い(※2)の講習など、雪対策に役立つ情報をたっぷりと得られます

(※2)雪によって庭の木が折れることを防ぐため、木板を組んで作る囲いのこと

>>過去に開催された「移住者交流会」のレポートをチェック!

もちろん近所の人も親身に教えてくれるので、雪対策に関する事前知識がなくても不安なく移住生活を楽しめるでしょう。

【特徴3】支援制度が充実している

多彩な支援制度を利用できることも、飯豊町での暮らしにおける大きな特徴です。

特に注目したいのが、令和3年4月1日から令和8年3月31日までの期間限定で設けられている「飯豊で幸せになる条例」。住宅取得や結婚・出産、子どもの進学など、人生の転換期においてさまざまな助成や支援を受けられます。

「飯豊で幸せになる条例」の具体的な内容は以下の通りです。

  • 住宅取得奨励:町内への定住を目的として住宅を新築または購入した方を対象に、30万円以上の奨励金を贈呈
  • 賃貸物件居住奨励:定住を目的として賃貸住宅へ入居した方を対象に、1ヶ月あたり1万円(または賃料のいずれか低いほう)を最長24ヶ月間贈呈
  • ときめき結婚祝:町内に在住の方が結婚してご夫婦で町内に住む場合、商品券3万円分を贈呈
  • すこやか出産祝:町内に在住の方が子どもを出産した場合、子ども1人につき祝金として5万円、祝品として5万円分の商品券を贈呈
  • めざみっ子入学祝・卒業祝:町内在住で町内の小・中学校に入学、または中学校を卒業する子どもを持つ保護者を対象に、商品券1万円分を贈呈
  • Iターン・Uターン奨励:町内への定住を目的としてIターン・Uターンした子育て世帯または新婚世帯を対象に、商品券10万円分を贈呈

>>「飯豊で幸せになる条例」の細かな概要について詳しくはこちら

また、飯豊町には上記のほかにもさまざまな助成制度があり、特に出産・子育てに関する支援が充実しています。詳しくは以下をご確認ください。

  • 出産支援給付金:飯豊町に生後最初の住民登録がされた新生児がいる世帯を対象に、新生児1人につき58,000円を給付
  • インフルエンザ予防接種助成事業:6ヶ月から中学3年生までのインフルエンザ接種費用のうち、1回2,500円を上限に2回まで助成
  • 医療費支援:出生から18歳に達した日以後の最初の3月31日までの間にある子どもの医療費をすべて助成
  • 入学祝品贈呈:入学時、小学校1年生には絵の具セット、中学校1年生には和英・英和辞典を贈呈など

ちなみに飯豊町には保育施設が5ヶ所あり、なかには延長保育や一時預かり保育に対応している施設もあります。子どもを預けやすく、仕事と子育ての両立がしやすい環境が整っているため、「移住後すぐに仕事を始めたい」とお考えの子育てファミリーにおすすめですよ

飯豊町の暮らしに関する情報

続いては、気候や病院、学校、交通など、飯豊町での暮らしに関連する情報をまとめました。

気候 年間平均気温:10.3℃
・8月の平均気温は23.2℃
・1月の平均気温は-1.2℃
※参考:気象庁ホームページ(最寄りの高峰地点を参照)
人口 約6,500人(令和4年10月末日時点)
病院 病院・クリニック:3件
学校 ・保育施設:3園
・小学校:4校
・中学校:1校
文化
芸術
【お祭り・イベント】
奉納獅子祭り
椿念仏踊り(町無形文化財指定)
中獅子踊り(町無形文化財指定)
めざみの里まつり
いいで黒べこまつり
白川ダムSNOWえっぐフェスティバル
全国白川ダム湖畔マラソン大会
中津川雪まつり
ヤハハエロ など
食べ物 米、米沢牛、どぶろく、アスパラガス、雪室じゃがいも
交通 【空港】
・最寄の空港:山形空港
・近隣の空港:新潟空港・庄内空港
【鉄道路線】
最寄り駅:JR米坂線「羽前椿(うぜんつばき)駅」
【バス】
・飯豊町デマンド交通システム「ほほえみカー」:乗合タクシー方式による送迎サービス
・高速バス「Zao号」新潟-山形間
娯楽 有名スポット:いいでどんでん平ゆり園・白川湖の水没林・飯豊少年自然の家・源流の森など多数
近隣都市 東置賜郡川西町
長井市
米沢市
西置賜郡小国町
福島県喜多方市

飯豊町は豪雪地帯に該当するため、冬になると雪が多く降る点をしっかりと心得ておきましょう。県道・町道はしっかりと除雪されますが、家の周りや私道は個人で除雪を行う必要があるため、スムーズに作業を行えるように除雪機を導入している家庭が多い印象です。

買い物事情としては、町内にある道の駅やスーパー、ドラッグストア、コンビニなどで食料品や日用品を購入する方や、車で10~15分程度の川西町や長井市にある店舗に出向く方などさまざまです。車で30分ほどの米沢市まで足を延ばせば、大型の衣料品店なども利用できますよ。

なお、町内の主な交通手段は車となるため、移住の際はマイカーを購入することをおすすめします。低価格で利用できる乗合タクシー方式の「ほほえみカー」も利用可能ですが、やはり車を所有しているほうが便利に生活できるでしょう。

ちなみに東京や仙台、新潟から飯豊町へのアクセスについては以下をご確認ください。

▼【鉄道を利用する場合】

東京から

東京-(山形新幹線:2時間30分)-赤湯-タクシー・車(30分)

仙台から 仙台-(仙山線:1時間)-山形-(奥羽本線:40分)-赤湯-(フラワー長井線:20分)-今泉-タクシー・車利用10分、またはバス利用-飯豊町(羽前椿駅)

(※2022年12月時点、縁結び大学調べ)

▼【車を利用する場合】

東京から 東京-(東北自動車道:3時間)-福島飯坂IC(東北中央自動車道)-(国道13号:50分)-米沢-(国道13号:15分)-赤湯-(国道113号:30分)-飯豊町
仙台から 仙台-(東北自動車道・山形自動車道:1時間)-山形-(国道13号:30分)-赤湯-(国道113号:30分)-飯豊町
新潟から 新潟-(国道7号・国道113号:2時間30分)-飯豊町

(※2022年12月時点、縁結び大学調べ)

仕事情報:置賜地域や長井市、米沢市も含めると豊富な選択肢あり

大手の求人サイトで飯豊町における「正社員の求人数」を検索すると、約750件がヒットしました。

※参考:求人情報の一例

飯豊町から30分圏内で通勤可能な東置賜郡川西町・長井市・米沢市も含めると約2,600件の求人が見つかり、ジャンルの幅も広がります。

※参考:求人情報の一例

また、飯豊町への移住を機にパン屋やコーヒーショップを始めるなど、起業する移住者も多くみられますよ。さらに「就農支援」が充実しているので、新規で農業にチャレンジする方も少なくありません

具体的には就農に興味がある方を対象にオーダーメイド型の農業体験を実施しているほか、以下のような補助制度が設けられています。

  • 家賃補助:新規就農(参入)者を対象に、賃貸住宅家賃の年間自己負担額の1/2または24万円のいずれか低い額を補助(3年以内)
  • 新規就農者支援:農業経営に必要な機械・設備の導入または軽微な農地改良にかかる費用のうち、経費の1/3または10万円のいずれか低い額を補助(青年等就農計画の認定期間内で3回まで)
  • Iターン就農ステップアップ支援:町外からIターンで就農し、10年以上専業で農業経営をし続けている方を対象に、農業経営に必要な機械・設備の経費における1/3または10万円のいずれか低い額を補助 など

>>飯豊町の就農支援について詳しくはこちら

なお、飯豊町で勤務する正社員の世帯年収相場は479万円です。「なるべく好待遇の求人を見つけたい」とお考えの方は、ぜひ年収相場との比較もしながら仕事探しを行なってみてください。

※参考:年収相場の一例

住まい情報:「定住促進住宅」や「空き家バンク」の利用がおすすめ

飯豊町で賃貸物件を探している場合は、「定住促進住宅」を利用するとよいでしょう。3DKの間取りの住宅を、家賃30,400円~38,000円で利用可能です。ただし、入居にはいくつかの条件があるため事前に確認してみてください。

>>飯豊町の定住促進住宅について詳しくはこちら

また、飯豊町にはリーズナブルな家賃で利用できる県営・町営住宅もあります。細かな利用条件が設けられているため、興味のある方は以下で概要をご確認ください。

>>飯豊町の県営・町営住宅について詳しくはこちら

もしも売買物件に興味をお持ちなら、「空き家バンク」をチェックしてみてはいかがでしょうか。部屋数の多いファミリー向けの物件が随時数件程度アップされており、ほとんどの物件が修繕なしでそのまま入居可能です。

>>飯豊町の「空き家バンク」について詳しくはこちら

なお、飯豊町には先述の「飯豊で幸せになる条例」のほかにも、移住時に利用可能な住宅支援が豊富に揃っています。ぜひご自身に合うものを見つけて活用してみてくださいね。

  • 住宅リフォーム支援事業:町が定める要件を満たして住宅のリフォーム工事を行う場合や木造住宅の耐震改修を行う場合に工事費を補助(例:町内業者施工の場合は工事費の20%、最大240,000円を助成)
  • 木造耐震診断士派遣事業:町が定めた要件を満たす木造住宅の耐震診断を行う場合、経費の90%を補助
  • 再生可能エネルギー設備導入補助事業:太陽熱利用装置や蓄電池設備、地中熱利用空調設備を導入する場合、経費の一部を補助 など

>>飯豊町の住宅支援について詳しくはこちら

ちなみに移住者が多く居住しているのは、里山の景観と文化が魅力的な中津川地区です。高齢者が多い中、近年は若い世代のご夫婦や子育てファミリーといった移住者が増えてきており、助け合いが生まれています。

単身の方の場合は、利便性の高い役場周辺のエリアで住まい探しを行う傾向がみられますよ。

飯豊町へ移住した方の体験談

飯豊町へ移住した方の体験談

ここでは、実際に飯豊町へ移住した方の声をいくつかご紹介します。

  • 自然や人の温かさを感じられる土地で、以前とは違う穏やかな日々にとても満足している
  • 自然豊かで美味しいものがたくさんあるので、毎日の食事がさらに楽しみになった
  • 雪かきや雪下ろしは大変だが、町中に広がる銀世界にいつも癒されている
  • 子育てや住まい、就労に関する支援が豊富に揃っており、経済的サポートを受けながらゆとりを持って生活できることがありがたい

飯豊町の暮らしに関して、「自然が美しい」「人付き合いが心地良い」といった意見が多く挙がっていました。雪対策についてはしっかりと心づもりをしておく必要がありそうですが、「ウィンタースポーツを手軽に楽しめる」「雪ならではの景観を満喫できる」などとポジティブな声も多い印象です。

また、さまざまな支援制度が揃っており、特に子育てファミリーや、移住を機に農業を始めた方から高い評価を得ています。

以上のことから、飯豊町は自然や人との触れ合いを楽しみたい方をはじめ、ゆとりを持って子育てしたい方、農業にチャレンジしたい方におすすめです。

飯豊町への移住に向けて行いたいこと【2STEP】

飯豊町への移住について本格的に検討している方は、ぜひ以下のステップを参考に計画を進めてみてください。

【STEP1】情報収集&相談

まずは、飯豊町の移住ポータルサイトなどで情報収集を行いましょう。さまざまな角度から飯豊町の特徴を探り、ご自身の希望条件にマッチする土地なのかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

もしも気になることがあったら、移住ポータルサイトの「お問い合わせフォーム」で質問するか、相談窓口である飯豊町役場・企画課総合政策室に電話で問い合わせてみてください。

>>移住ポータルサイトの「お問い合わせフォーム」はこちら

【STEP2】移住体験をしてみる

飯豊町には移住体験ができる「お試し住宅」があるので、飯豊町への移住を前向きに検討している方はぜひ利用してみるとよいでしょう。宿泊可能期間は1泊2日~6泊7日で、宿泊料は無料です。(寝具レンタル料別途あり:1組につき3,000円程度)

飯豊町のお試し住宅外観
▲お試し住宅は役場の近くにあり、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどにもアクセスしやすいロケーションです

飯豊町のお試し住宅内観
▲木の温もりを感じられる空間で、居心地抜群です!

>>飯豊町の「お試し住宅」について詳しくはこちら

また、タイミングが合えば、例年夏と冬に開催される2泊3日の「移住体験ツアー」に参加をするのもおすすめです。各回の定員は10名ほどで、女性が対象となっており、参加費10,000円のみで飯豊町の魅力をたっぷりと体感できます。

これまでに合計50名ほどが参加し、3名が実際に飯豊町への移住を決めたのだとか。地域の方や先輩移住者と交流できる貴重なチャンスなので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>過去に企画された移住体験ツアーの詳細はこちら

飯豊町への移住に関するお問い合わせ

飯豊町役場外観

担当課 飯豊町役場 企画課 総合政策室
住所 〒999-0604
山形県西置賜郡飯豊町大字椿2888
電話番号 0238-87-0521
対応時間 平日8:30~17:15
公式サイト https://iide-iju.com/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック