伊賀市への移住はどう?暮らし・仕事・住居・支援内容を解説|縁結び大学

この記事では、地方への移住を検討している方に向けて、三重県伊賀市の特徴や生活情報を紹介していきます。

伊賀市は「住みたい田舎ベストランキング」で5年連続県内1位を獲得しており、東海エリアでも上位に選ばれるほど人気のまちです。豊かな自然と生活の利便性をあわせ持つ暮らしやすさが魅力的ですよ。
※参考:伊賀市公式サイト

移住に関する相談窓口として「移住コンシェルジュ」が常駐しており、一人ひとりの相談に親身に応えてくれるのも、伊賀市が移住先に選ばれている理由のひとつです。

加えて、移住後には「移住者交流会」も開催され、同じ境遇・同じ趣味の仲間を作ることができます。移住者にとっては、とても心強いですよね。

今回は、そんな伊賀市で暮らす魅力をはじめ、伊賀市に移住した方の感想や移住体験ツアーなどの情報を、市役所の方に伺ったお話とあわせて紹介いたします。

伊賀市企画振興部地域創生課移住定住係の上村典子さん

三重県伊賀市の暮らし、3つの特徴

三重県伊賀市の暮らしの特徴

伊賀市は三重県の北西部に位置しており、名古屋や大阪、京都など大都市からのアクセスに優れています。また「伊賀流忍術」の伝承の地としても有名な伊賀市には、今なお、歴史文化が色濃く残っていますよ。

そんな伊賀市の特徴を3つ紹介します。

  • 特徴1:豊かな自然と暮らしやすい利便性をあわせ持つまち
  • 特徴2:移住コンシェルジュによる親身な移住サポート
  • 特徴3:大人気!魅力的な空き家がたくさん

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう!

特徴1:豊かな自然と暮らしやすい利便性をあわせ持つまち

伊賀市は周辺を山々に囲まれており、自然豊かな原風景をいつでも望むことができます。

自分で野菜を作ったり、庭で薪を割ってバーベキューをしたり、自然を全身で感じるためにハイキングしたりと、「これぞ田舎暮らし!」という移住者の願いを叶えてくれるまちです。

伊賀市の田植え体験
▲子どもと一緒に田植え体験に参加するのもいいですね。

市内は都会と比べて信号が少なく、渋滞がほとんどないので、バイクツーリングやサイクリングを楽しんでいる方も多いようです。

そんな伊賀市は「自然が豊かなこと」に加え、生活の利便性も兼ね備えているのが魅力です。中心市街地ではお店や病院など、生活に必要なものがほとんど揃っていますよ。

また伊賀市は、大阪・京都・名古屋の各都市部から車で約80分というアクセスの良さから、仕事の拠点としても人気があります。テレワーク移住の方や各地のイベントに出展されるような起業家の方にもおすすめの環境です。

実際に、都市部へのアクセスの良さからビジネスチャンスをつかんでいる起業家の方もいるようですよ。

特徴2:移住コンシェルジュによる親身な移住サポート

伊賀市には、移住希望者からの相談を受ける「移住コンシェルジュ」が常駐しています。

移住コンシェルジュとの移住相談の様子
▲"ぐるっと伊賀巡り"では移住希望先の学校の先生との面談などもできます。

伊賀市の移住コンシェルジュは、オンライン移住相談をはじめ、移住希望者の相談内容にあわせたオーターメイドの一日移住体験ツアー"ぐるっと伊賀巡り"を開催しています。

各相談者に寄り添ったサポートが受けられるため、移住に関することも気軽に相談できますよ。

  • 田舎暮らしに興味があるんだけど、どんな感じの生活になるんだろう?
  • 伊賀市に移住したいけど、まずはどうしたらいい?

このような漠然とした質問にも応えてくれます。もちろん、より具体的な質問でもOK。

  • 伊賀市にはどんな求人がある?
  • 空き家バンクに載っていた物件について知りたい。
  • 移住のときに利用できる支援制度を知りたい。

「学校給食の献立を知りたい」といった相談でも親身になって応えてくれますよ。

移住者の中には、移住コンシェルジュの懇切丁寧な対応に高い信頼性を感じ、伊賀市への移住を決めた方もいるようです。

伊賀市への移住に興味がある方は、ぜひ一度、伊賀市の移住コンシェルジュに相談してみてくださいね。

公式:伊賀市移住交流ポータルサイト(移住コンシェルジュ)

特徴3:大人気!魅力的な空き家がたくさん

伊賀市は、「住みたい田舎ベストランキング」で県内1位になっている実績があり、空き家物件も非常に人気です。伊賀市が運営している「伊賀流空き家バンク」では、新着物件はすぐに抽選になってしまうほどの人気ぶりですよ。

伊賀市にある古民家
▲古民家から比較的新しい空き家まで、幅広く掲載されています。

伊賀市の空き家を検討する際は、移住コンシェルジュに相談しながら、こまめに新着情報をチェックしてみてください。

また、伊賀流空き家バンクは「なかなか内覧に行けない」「内覧に行く前に、ウェブ上で部屋の状態などを詳しく知りたい」といった声に答えて、各部屋を360度撮影したバーチャル内覧や動画で物件の様子を確認できるホームページになっています。

事前に空き家の状態を詳しく確認できるので、イメージを合わせながら探すことができますよ。

空き家を取材している様子
▲掲載される空き家は、自治体の方が一軒一軒丁寧に取材しています。

このような細かな配慮も、伊賀市が移住者から選ばれているポイントではないでしょうか。伊賀市の空き家バンクは下記のホームページからご覧ください。

公式:伊賀市役所(伊賀流空き家バンク)

また、伊賀市では、移住の際に使える支援制度が用意されています。

支援制度 内容
移住促進空き家取得費補助金 空き家の取得費の1/2(上限30万円)を補助する。18歳未満の子どもが同居する場合や伊賀市の空き家バンクに登録されている物件の場合はそれぞれ5万円ずつ加算。(最大40万円)
木造住宅の耐震診断 昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅は、無料で耐震診断を受けられる。(条件あり)

伊賀市内の空き家に移住する際は、最大40万円の支援を受けられます。

さらに、空き家購入にあたって耐震性は気になるところですが、築年月によっては耐震診断を無料で受けられるという制度もありますよ。診断結果によっては、必要な耐震補強の工事費用を補助してもらえる場合もあります。

古民家暮らしを検討している方にとっては、このような伊賀市の支援制度は非常に魅力的ですよね。これらの支援制度の詳細は、下記のホームページをご確認ください。

公式:伊賀市役所(移住促進空き家取得費補助金)
公式:伊賀市役所(木造住宅の耐震化支援)

伊賀市の暮らしに関する情報

ここからは、伊賀市への移住を考えた場合、生活に必要となる情報を、いろいろなデータをもとに紹介します。

人口 約87,000人
病院 総合病院:2か所
病院・クリニック:約50か所
歯科医院:約30か所
学校 高校6校、中学校11校、小学校19校
文化・芸術 上野天神祭
勝手神社の神事踊
芭蕉祭
上野城薪能
伊賀焼
食べ物 伊賀牛
伊賀米
伊賀酒
伊賀豚
忍者うどん
かにやき
おしもん
娯楽 上野公園
俳聖殿
伊賀流忍者博物館
芭蕉翁記念館
伊賀焼伝統産業会館
伊賀の里モクモク手づくりファーム
島ヶ原温泉やぶっちゃの湯
大山田温泉さるびの
一乃湯

上野地区のあたりは、住宅やお店が集まる中心地になっているようです。利便性を重視する方は、上野地区近辺を選ぶといいですね。

また、伊賀市はその名の通り「伊賀流」の忍術が伝承された地として有名です。他にも、俳人・松尾芭蕉の生まれた地でもあり、多くの歴史が伝承されています。

伊賀市の忍者修行道場
▲市内には忍者修行が体験できる忍者道場があります。

伊賀上野城や、松尾芭蕉の生誕300年を記念して建てられた俳聖殿など、国の史跡や重要文化財に登録されている遺産もたくさんあります。

伊賀市の伊賀上野城
▲春になると桜の名所として、多くの方が訪れます。

上野天神祭は国の重要無形民俗文化財やユネスコ無形文化遺産に登録されており、伊賀の秋の風物詩ともなっています。住民総出で行われる上野天神祭には、毎年多くの方が訪れます。

また、令和4年11月には勝手神社の神事踊もユネスコ無形文化遺産に登録されました。

伊賀市の上野天神祭
▲上野天神祭の様子。目の前を通る大きな山鉾は迫力満点です!

【交通】通勤通学は電車でもOK!都市部へは車で80分

次に、伊賀市の交通に関する情報を紹介します。

交通 【電車】
・JR西日本:関西本線、草津線
・近畿日本鉄道:大阪線
・伊賀鉄道:伊賀線
【バス】
高速バス:関東方面、名古屋方面がある。
隣接都市 三重県:亀山市、津市、名張市
滋賀県:甲賀市
京都府:相楽郡南山城村
奈良県:奈良市、山辺郡山添村
都市部へのアクセス 大阪:車で約80分、電車で約1時間半
名古屋:車で約80分、電車で約1時間40分
京都:車で約80分、電車で約1時間50分

伊賀市は、電車が1時間に1本〜3本ほどあり、市内に駅が多いので、通勤や通学に利用することができます。また、市内には路線バスやコミュニティバスも運行しているので、中心市街地であれば車がなくても生活できるといえそうです。

とはいえ、伊賀市は広いので、電車やバスが通っていない場所もあります。自家用車があると買い物やレジャーに便利なので、運転免許を持っていない方はあらかじめ取得しておくとよさそうです。

また、伊賀市は大阪・京都・名古屋の3つの都市部まで車で約80分の場所に位置しています。仕事で各地へ移動する方やイベントに行くのが好きな方には活動しやすい環境です。

なかには「京都、大阪、名古屋方面それぞれに接続する駅や高速バスの停留所へのアクセスが良いので、移動にはほとんど鉄道や高速バスを利用している」という方もいました。

大きな都市では駐車場に困ることが多いので、高速バスや電車でもアクセスしやすいのは嬉しいですよね。

【仕事】いろんな分野の求人が多い

伊賀市の仕事に関する情報はこちらです。まずは、仕事選びの参考になる、伊賀市の平均世帯年収から見てみましょう。

平均世帯年収 約500万円

※参考:伊賀市の家計データ

2人以上の世帯における平均年収なので、家族で移住する場合には、世帯あわせてこのくらいの年収を目指すとよさそうです。仕事を選ぶときや、生活費を計算するときの参考にしてみてください。

▼伊賀市の求人数

求人数
伊賀市 約4,700件

※参考:求人情報サイト

都市部からのアクセスが良い伊賀市には、拠点を置いている企業がたくさんあります。また、観光地としても栄えていることから、求人数は約4,700件と豊富です。

農業やサービス業、製造業など、いろいろな分野の求人があるので、希望に沿った求人が見つけやすいはずですよ。

【住まい】賃貸も売買もたくさん!空き家は競争率高め

ここからは伊賀市の住まいに関する情報を紹介します。まずは、市内にどのくらい物件があるか見てみましょう。

賃貸物件 約680件
売買物件(空き家バンク) 約30件

※参考:賃貸物件情報の一例

賃貸・空き家バンクを問わず、伊賀市内の物件が多数掲載されていました。

伊賀市の空き家バンクにはこれまでも多数の成約実績があり、多くの移住者が利用しています。東海地方の移住地の中でも高い人気を博している伊賀市は、空き家バンク物件も大変人気があります。空き家の購入を検討している方は、伊賀流空き家バンクの新着情報をこまめにチェックした方がよさそうです。

空き家バンクの最新情報は下記のホームページからご覧ください。

公式:伊賀流空き家バンク(地域ブログ)
公式:伊賀流空き家バンク(物件情報)

また、伊賀市では、移住者が農業や野菜作りが始めやすいように、農地取得に関して特例が設けられています。

空き家を探していると、地目が「田」や「畑」となっている「農地」付きの物件をよく見かけますよね。家庭菜園や農業を始めたい方からすると、「広い土地が安く買えてラッキー!」と思うかもしれませんが、通常は農地購入にはさまざまな条件があり、一般の人は購入できません。

しかし、伊賀市では、気軽に家庭菜園が始められるように、空き家バンクの物件に付属している農地は1㎡から取得ができるように特例が設けられています。

農地の取得を諦めていた方は、伊賀市の空き家バンクを検討してみてはいかがでしょうか。詳しくは下記のホームページをご覧ください。

公式:伊賀市役所(空き家バンク付属農地取得支援)

伊賀市へ移住した人の体験談・感想

三重県伊賀市の移住者の声

実際に伊賀市に移住された方の声を紹介します。

  • お店や病院などの必要なものは揃っている。
  • 都会と違って広い園庭のある保育園や幼稚園が多い。子どもも登園を楽しみにしている。
  • 田舎すぎず、都会すぎない、ちょうどいいまち。
  • 観光に行った時に感じた「人の良さ」に惹かれて、伊賀市への移住を決めた。

「自然を感じられる」「都市部からのアクセスが良い」「生活に便利」といいことづくめな伊賀市ですが、それだけでなく、「住民の人のよさ」という点で移住を決める方も多いようです。

伊賀市のように伝統的なお祭りや歴史が継承され、住民みんなで地域を盛り上げているまちには、人柄のよい方や温厚な方が多いのかもしれませんね。

また、伊賀市では、移住者同士が交流・情報交換できる「移住者交流会」が年2回ほど行われています。空き家リフォームのやり方を共有したり、バイクツーリング仲間を作ったりと、移住者交流会をきっかけに友達や活動仲間を作った方も多いようです。

移住先で同じ心境の仲間や同じ趣味の仲間ができるのは、すごく心強いですよね。移住者交流会については下記のホームページで紹介されています。

公式:伊賀市移住交流ポータルサイト

そして伊賀市は、移住者同士の交流のきっかけになるよう、地域のイベントや移住者の活躍を紹介する「移住交流通信」を発信しています。

移住を検討している方にとっては、伊賀市の先輩移住者の声や感想として参考になりますし、移住後には「自分もこんな活動してみようかな!」「この移住者のお店に行って話を聞いてみたいな」と、刺激や交流のきっかけになりますよ。

移住を考えている方はぜひ見てみてください。

公式:伊賀市移住交流ポータルサイト(移住者交流通信)

伊賀市への移住のステップ

ここからは実際に伊賀市に移住したい方へ、具体的な移住までのステップを紹介します。

ステップ1:まずは気軽に「オンライン移住相談」から

記事の最初でも紹介した通り、伊賀市では移住に関することを相談できる専門家である「移住コンシェルジュ」が常駐しています。

伊賀市の地域創生課の相談窓口

伊賀市への移住に興味がある方は、まずはオンライン移住相談を活用してみてください。Zoomを使ったオンライン相談だけでなく、メールや電話での相談にも対応してもらえますよ。

移住コンシェルジュは親身になって相談に応えてくれると評判で、その丁寧な対応や信頼感から伊賀市への移住を決める方がいるほどです。

このあと紹介しますが、伊賀市にはおためし移住体験施設での宿泊費と体験プログラム費用を助成してくれる支援制度があります。

また、空き家の内覧や伊賀市の町並み見学を検討していた方も、まずはオンライン移住相談を利用するのがおすすめです。

オンライン移住相談の申し込みは、下記のホームページをご覧ください。

公式:伊賀市移住交流ポータルサイト(オンライン移住相談)

ステップ2:一人ひとりに合わせた移住体験ツアーに参加しよう

伊賀市では、移住について気になることや不安なことを解消するために、移住コンシェルジュが移住希望者一人ひとりに合わせた一日移住体験ツアー"ぐるっと伊賀巡り"を用意しています。

オンライン移住相談で伊賀市への興味が深まったら"ぐるっと伊賀巡り"に参加してみましょう。たとえば以下のようなツアーはいかがでしょうか。

  • 検討中の空き家周辺のスーパーや保育園などの生活環境について詳しく案内してもらうツアー
  • 伊賀市の絶景やアウトドアレジャーのスポットを中心に案内してもらうツアー
  • 学校や公園、病院など、子育て環境について紹介してもらうツアー

このように、移住コンシェルジュがあなたのためのツアーを用意してくれます。新しい土地に移住するときは不安なことが多いと思うので、"ぐるっと伊賀巡り"を通してしっかりと解消しておきましょう。

ステップ3:助成金を活用して「おためし移住」しよう!

移住を検討するために伊賀市に宿泊する際、おためし移住施設として登録された宿泊施設に宿泊し、体験プログラムを利用すると、宿泊費と体験費の半額(1泊あたり5,000円上限)を補助してもらえます。

利用には各種条件があるため、事前に担当課へ問い合わせるようにしましょう。

おためし移住施設利用促進助成金 おためし移住施設に登録された宿泊施設の宿泊費や移住体験プログラムの利用料金の1/2(1人につき1泊あたり5,000円が上限)を支援する。

おためし移住施設の「伊賀めぐみ草庵」
▲おためし移住施設の「伊賀めぐみ草庵」

おためし移住施設の「ゲストハウスDAIJI」
▲おためし移住施設の「ゲストハウスDAIJI」

せっかく伊賀市を訪れるなら、おためし移住施設を利用して、あなたの希望に合った体験プログラムを利用してみてくださいね。

おためし移住施設利用促進助成金の支給要件やおためし移住施設については、下記のホームページをご覧ください。

公式:伊賀市移住交流ポータルサイト(おためし移住施設利用促進助成金)

伊賀市への移住に関する問い合わせ

もし伊賀市への移住に関してわからないことがある方は、こちらへお問い合わせください。

担当課 伊賀市 企画振興部 地域創生課 移住定住係
住所 〒518-8501
三重県伊賀市四十九町3184番地
電話 0595-22-9680
FAX 0595-22-9672
お問い合わせ 伊賀市移住交流ポータルサイト
公式サイト https://www.city.iga.lg.jp/index.html