島県福島市の移住生活情報

【福島市・移住】住みよさランキング上位の常連!子育て・仕事も魅力の移住先|福島県

この記事では、福島県の県庁所在地でもある「福島市」での暮らしや移住者向けの助成・支援情報をご紹介します。

都市暮らしと田舎暮らしのいいとこ取りができる点が注目され、「住みやすい街」として人気の福島市。そんな福島市に移住するとしたらどんな暮らしになるのか、福島市で暮らす魅力や、移住で失敗しないためのコツ、住まいや仕事の情報など、移住に役立つ情報をまとめています。

また、福島市の魅力について知り尽くしている福島市役所の安齋さんにお話を伺い、福島市のリアルな情報も教えていただきました。

福島市役所・市民・文化スポーツ部定住交流課・副主査 安齋健太さん

「住みよさランキング」上位に常連の福島市

福島県内で見る福島市の場所
▲福島県の北部に位置する福島市。

福島県の県庁所在地・福島市は、人口約28万人で、福島県内3位の規模の街。県庁所在地であるため交通網が発達しており、また駅前にはスーパーやドラッグストア、家電量販店など、日常生活に必要な店舗もたくさんある便利な都市です。

一方、少し離れれば、西は吾妻連峰、東は阿武隈高地に囲まれた自然豊かな街でもあります。

そんな福島市の「都市の便利さもありながら自然を感じられる点」が注目され、「住みよさランキング(東洋経済新報社)」では、毎年上位にランクインしているんですよ。

安齋さんのアイコン
安齋さん

福島市に移住された方は、令和2年からの1年間で3.6倍に増えています*。東京や千葉などの首都圏からの移住者も多く、移住した人の約85%が40代以下です。
*市の窓口を通じて移住した人の数

ここからは、そんな福島市の魅力についてご紹介します。

都市部・首都圏へのアクセスは抜群

福島市を走る私鉄・福島交通飯坂線

福島市は車社会のため、生活するには車があった方が便利ですが、私鉄が2路線あり、中心市街地など、公共交通機関が発達している地域であれば、車がなくても生活は可能です。実際、市街地とベッドタウンとの往復や近隣の街への移動には、私鉄を利用する方が多いようです。

また、福島市には、東北新幹線の停車駅「福島駅」があるため、近隣都市や首都圏へのアクセスは抜群です。新幹線を使えば、仙台まではわずか25分、東京駅までは最速1時間20分で行くことができます。

近年この首都圏へのアクセスの良さが注目され、首都圏で働く人が、会社のリモートワーク制度を活用して移住するケースも増えてきています。首都圏への日帰り出張も十分に可能な距離のため、福島市に暮らしながら、月に数回出勤するのも現実的な範囲ですよ。

安齋さんのアイコン
安齋さん

実際、移住者の中には会社のテレワーク制度を使って移住元からのお仕事を福島市でもそのまま続けるかたもいらっしゃいます。令和3年度でいうと、254世帯中12世帯がテレワークでの移住となっています。

その他、市内には高速道路のIC(インターチェンジ)が4つあるため、市内のどの地域からも車でスムーズに関東や東北各所へ移動できます。例えば、仙台なら車で約1時間20分、東京までも約3時間30分で移動可能なので、子どもが小さくて新幹線での移動が難しいファミリー世帯でも、無理なく都市部へ行って楽しむことができますよ。

仙台-福島駅は新幹線でわずか25分!

都市暮らし+田舎暮らしのいいとこ取り

福島市の中心部。程よく都会で便利
▲福島市の中心部。程よく都会で便利!

都市としての利便性と自然豊かな暮らしの両方が叶うのも、福島市の魅力です。

田舎暮らしや子育てにぴったりの“のどかな田園風景”が広がるゆったりとした住宅地から車で15分ほど行けば、街なかへ移動できます。中心部には商業施設や飲食店が複数あり、買い物やデート・街歩きにぴったり。駅前エリアには県庁・図書館・美術館などもそろっており、生活に不便はありません。

また、市内には整備された公園がたくさんあり、自然に囲まれながらゆったり過ごしたり、スポーツを楽しむこともできます。子どもが喜ぶ遊具付きの公園もたくさんあるため、子どもを遊ばせる場所にも困りませんよ。

あづま総合運動公園の銀杏並木
▲福島市の西エリアにある、あづま総合運動公園では、こんな美しい光景も見られます。

【福島市に移住した人の声】
緑が多くて公園も比較的多いことが何よりのメリットです。人口はそれほど多くないし、また少なくもなく、ちょうどよいと感じています。県庁所在地で行政的な機関はそろっているので、いろいろな手続きには困りません。

採れたてフルーツが身近な果物の宝庫

福島市の特産品・桃

福島市内では、さくらんぼ・桃・梨・ブドウ・りんごなどの農家がたくさんあり、旬の季節にはスーパーにたくさん並びます。

特に桃においては、スーパーに限らずさまざまな場所で購入できます。例えばJAの直売所では、規格外の桃が1箱(5kg)1,500円程度で販売されていたり、無人販売所では1袋100円程度で販売されていたりします。
参考:福島市観光ノート

都内だと高級なフルーツを奮発しなくても気軽に食べられるのは、産地ならではの魅力ですね。

安齋さんのアイコン
安齋さん

福島市の家計における桃への支出は全国1位(年間6,858円)で、市民はみんな桃好きです。ちなみに福島市民は、採れたての「固い桃」を好む人が多いようです。

温泉好きは嬉しい!市内の温泉地は3つ

福島市の土湯温泉街

福島市には、中心部から車で30分以内で行ける個性豊かな温泉が3つ(飯坂温泉・土湯温泉・高湯温泉)あります。それぞれ泉質も異なるため、市内の温泉めぐりも暮らしの楽しみになりそう。

観光用の温泉旅館やホテルはもちろんですが、市民が気軽に通えるリーズナブルな公衆浴場が複数あります。公衆浴場の入浴料は200〜500円なので、日常的に利用できますよ。

公衆浴場・あったか湯
▲公衆浴場の1つ「あったか湯」。数百円で雪見風呂が叶うなんて贅沢!

さらに、移住者には嬉しい特典もあります。対象となる条件がいくつかありますが、条件に当てはまれば、市内4つの公衆浴場の入浴料が最長3年間無料になる「湯めぐりパスポート」がもらえます

福島市が参加する移住フェア等を訪れた方や定住交流課に継続して移住相談を行った方などが対象になるそうなので、移住を検討する場合は、ぜひ一度移住ワンストップ相談窓口を利用してくださいね。詳しい条件は市の公式サイトをご確認ください。

▼湯めぐりパスポート進呈の条件はこちら
福島市公式サイト「湯めぐりパスポート」

子育て世代の移住者多数!特徴5選

福島市内の公園で遊ぶ子どもたち

福島市には子育て支援が多様にあるため、子育て世代の移住先としても人気が高まっています。福島市の子育て支援には大きく5つの特徴があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴1:切れ目のない子育てサポート!

妊娠中から育児期まで、ママパパお子さんに寄り添う相談窓口が多様。保健師など専門のかたのほか、地域のボランティアなどが育児に寄り添ってくれます。移住で知り合いがいない中での子育てにも安心です。

特徴2:安心な預け先の充実

働くママパパ向けに、待機児童解消に向けて取り組んできた福島市。安心して子どもを預けられる認可保育所などが充実しており、2021年から2年連続で保育所等待機児童数0人を達成しています。

特徴3:特色ある教育の支援

「特色ある幼児教育・保育プロジェクト」を通して、恵まれた自然環境を生かした活動など、特色ある教育・保育に取り組む幼稚園や保育施設が多数あります。

特徴4:医療費などの支援

福島市では子育ての経済的負担の支援も充実しています。

  • 18歳までの医療費無料
  • 保育料・学童保育利用料の軽減
  • 給食費の負担軽減 など

特徴5:福島市子どものえがお条例

2021年6月に「福島市子どものえがお条例」がスタート。地域みんなで子どもを大切に応援する条例です。こうした条例を策定し、市全体で子育てを応援してくれるのも子育てファミリーには嬉しいところですね。

これまで紹介した5つの特徴を含め、福島市の子育て・教育に関する詳しい情報は以下のポータルサイトに掲載されています。子供連れでの移住をお考えの方は、事前にチェックしてみてくださいね。

「福島市子育てポータルサイト」はこちら→

安齋さんのアイコン
安齋さん

18才以下のお子さんがいる子育て世代の移住者も増えており、これまでに33世帯が移住されました。(市の窓口を通じて移住した人のうち)

住居:まずは駅近の賃貸物件がおすすめ

福島駅
▲福島駅の近くが移住生活スタートに便利

実際に移住するとして、自分の暮らしにピッタリな物件があるのか気になりますよね。調べてみたところ、福島市内には賃貸物件がたくさんあるので、住まいで困ることは無さそうです。

安齋さんに移住者向けのおすすめエリアを聞いてみたところ、移住してすぐの生活拠点なら、マンション・アパートの多い福島駅の近くか、南福島駅(東北本線)の近くがおすすめだそうです。

福島駅なら徒歩10分圏内にアパート・スーパー・ドラッグストアがそろっています。南福島駅周辺にもどれもありますが、徒歩20分ほどかかるものもあるので、自転車があると便利そうです。

安齋さんのアイコン
安齋さん

まずはアパートなどでしばらく住んでみてから、好みの地域に家を持つかたもいらっしゃいますよ。

それではここからは、賃貸と購入する場合に分けて、家賃や物件の相場などをご紹介します。

家賃相場はファミリー向けで6〜7万円

移住してすぐの生活拠点におすすめということで、福島駅・南福島駅近くの賃貸物件を調べてみました。

気になるのが賃貸物件の充実度と家賃相場ですが、福島駅の近くで1,300件ほど、南福島駅の近くは200件ほどの賃貸物件があります(市内全域だと2,000件以上)。これだけあれば、自分のこだわりたい条件にあった物件も探しやすいですね。

また家賃相場は、一人暮らし用のワンルームや1Kのお部屋は4~5万円、ファミリー向けの2LDKで6〜7万円です。東京都の家賃相場8〜9万円と比較すると、約半分で暮らせます*。
*参考:福島市移住応援サイト「東京23区・横浜市との比較」より

この他、市内には移住希望者向けの市営住宅もあり、一般の賃貸物件よりも費用を抑えて暮らすこともできます(家賃:1.5万円〜3万円程度*)。
*参考:福島市公式サイト「移住希望者等向け市営住宅」より

ちなみに、福島市では、移住にかかる引っ越し費用の一部を補助する制度があります。最大10万円の支援が受けられるので、ぜひ対象条件などあわせてチェックしてみてください。

▼引っ越し費用の補助の詳細はこちら
福島市公式サイト「福島市新生活応援事業 移住準備支援金」

一軒家の購入は「空き家バンク」をチェック!

中古の一軒家を購入する場合、民間の不動産会社のほか、市の「空き家バンク」も利用できます。

物件の相場は、不動産情報サイトに掲載されている物件だと3LDKの平均価格で2,800万円ほどで、100件ほど掲載されています。一方、空き家バンクだと30件ほどですが、1,000万円台の物件が多く、中には500万円以下の物件もあります。

ちなみに、空き家バンクを購入して住む場合、リフォームが必要になるケースが多いですが、このリフォームにかかる費用は条件を充たせば福島県から補助が受けられます(最大250万円)。予算枠に限りがあるようなので、利用を予定している場合はしっかり相談してから進めてくださいね。

▼空き家バンクの物件情報はこちら
福島市「空き家バンク」

▼空き家リフォームの制度はこちら
福島県公式サイト「空き家対策総合支援事業」

仕事:求人情報多数。開業サポートも◎

いざ移住する場合に重要になるのが、仕事のこと。

福島市の平均世帯年収は472万円と、全国平均より30万円ほど低め(全国平均は503万円)*。1世帯あたりの年間支出額は平均185万円で、こちらも全国平均より2万円低いようです。
*参考:LIFULL HOME’S 住まいインデックス「福島市の家計データ」より

この暮らしを支える仕事がどのくらいあるか、具体的に見ていきましょう。

東京圏からの転職なら支援金もあり

求人情報サイト「indeed」で福島市内の正社員の求人情報を探してみると、8,500件以上の募集がありました。年収200万円前後の求人が最も多いものの、300万円前後で4,500件以上、400万円前後でも1,000件以上あります。

職種は一般事務から土木建設業、ドライバーなどもありますが、IT系企業からの募集も見られます。その他、軽作業など未経験でも応募できるものも数多くありますよ。

求人情報サイトindeed「福島市の正社員募集情報→

この他、現在東京圏(埼玉県、千葉県、東京都および神奈川県)にお住まいの方であれば、福島県の転職支援サイト「Fターン」もチェックしてみましょう。対象の企業に就職し福島市に移住した場合、単身なら60万円、家族なら100万円以上の支援金がもらえます

▼福島県の就職支援ウェブサイトはこちら
Fターン

▼東京圏からの就職・移住で支援金がもらえる制度はこちら
福島市公式サイト「福島市UIJターン移住支援金」

保育士さんには引っ越し費用を最大20万円補助

ちょっとユニークな就労支援として、福島市では、福島県外から転入して市内の認可保育施設、幼稚園、認定こども園で就労するかたに、引っ越しや住宅にかかる費用などを上限20万円を支援しています。

詳しくはこちら→

失敗しないコツを先輩移住者に聞いたみた

福島市には、すでに全国各地から移住した先輩移住者さんがたくさんいます。福島市移住応援サイトには、そんな先輩移住者さんの生の声が掲載されています。

移住者の方は、福島市で起業された方、農業を始められた方、転職された方、ご家族で移住された方などさまざまですが、皆さんが語られているのが、「ほどよく都会でほどよく田舎である福島市の住みやすさ」です。田舎だけど、少し車でいけば都会のような便利さもある、そこが魅力だとお話しされる方が多い印象です。

ここでは、先輩移住者さんが語られていた内容をもとに、「移住で失敗しないためのコツ」を紹介します。

コツ1:職があるうちに住まいを探す

いざ移住する時に重要となるのが、住まいと仕事ですが、どちらも今の仕事があるうちに探し始めるのが良いそうです。

当然といえば当然ですが、無職になってしまってからだと、家を借りるハードルがグンと上がってしまいます。そして悲しいことに、家がないと就職できないという負のループに陥ってしまいます。

実際、先輩移住者さんの中には、先に仕事を辞めてしまって、住まいと仕事探しに苦労したという方もいました。

そうならないためにも、まずは今の生活をしながら住まいと仕事探しを始めることは大切かもしれませんね。

コツ2:子育て世代はサポートを最大限活用

子育て世代の方が移住する場合、子育てのしやすさも重要ですよね。頼れる親戚や知人がいない中での子育ては想像以上に大変です。

夫婦共働きとなる場合はなおさらで、「仕事で遅くなるから保育園に迎えに行けない」「子どもが体調を崩したけど、今日はどうしても仕事を休めない」など誰かの手が必要となるケースは多いはず。

そんな時、先輩移住者さんたちは、24時間対応の託児所、市やNPO団体が運営するサポート制度を利用して、自分の代わりに子どものお迎えに行ってもらったり、看護師経験のある方に預かってもらったりしたそうです。

福島市は、子育て相談や預け先の充実に力を入れているため、まさに子連れ移住にぴったりの場所と言えそうです。

夫婦だけで子どもを育てるのは大変ですが、利用できるサポートはどんどん活用して、無理のない子育てをしましょう。

福島市の移住者向け支援・補助・助成情報

福島市の移住相談窓口で相談する様子

移住先からの支援や補助・助成も知っておきましょう。ここでは、福島市の移住者支援をご紹介します。

東京圏からの移住で最大100万円以上の支援金!

福島市への移住支援の目玉のひとつはこちら。東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県から福島市に移住し、要件に当てはまるかたは単身者60万、家族なら100万円以上の「福島市UIJターン移住支援金」が受けられます。

福島市内での就労・就職だけでなく、リモートワークでの移住者に向けた要件もあるので、ぜひ福島市ホームページで詳細を確認してみてください。

福島県の移住者支援情報

「福島市UIJターン移住支援金」詳しくはこちら→

引越し費用を補助してくれる「移住準備支援金」

移住の際の引越し費用の一部を補助する「福島市新生活応援事業 移住準備支援金」は、対象経費(引越費用)の2分の1の額(最大10万円)が支援されます。

「福島市新生活応援事業 移住準備支援金」詳しくはこちら→

その他の福島市の移住支援情報

福島市には、これまで紹介した経済的な支援のほか、先輩移住者に移住における心配ポイントを相談できる「移住応援サポーター制度」や、移住に関する相談をワンストップで受け付ける「移住ワンストップ窓口」などもあります。移住者を支援する体制が充実しているのが分かりますね。

福島市の移住者向け支援リストはこちら→

お得なおためし移住がおすすめ

福島市への移住が気になるかたにおすすめしたいのは、「プレ移住サポート事業」。福島市での暮らしを体験でき、さらに最大39,000円が助成される、お得なおためし移住制度です。

福島市内の所定の民泊に宿泊し、リアルな福島暮らしを体験するかたに、1泊1人あたり3,000円を上限に1人最大39,000円の助成金が受け取れます。

福島市の移住体験で宿泊できる民泊施設
▲宿泊する民泊施設はこんなにおしゃれ!

滞在中は近隣のスーパーで買い物をしたり、自転車で行ける距離の確認や、学校や保育所の見学、街歩きやイベントへの参加、テレワーク体験などができます。農業を希望するかたには、農家さんでの就農体験プランも!

▼プレ移住制度の使い方の例などが紹介されています
福島市移住応援サイト

街めぐりアテンド隊が特別な市内案内

また、希望されるかたには、福島市の「街めぐりアテンド隊」による、ひとりずつの希望に寄り添うオーダーメイド市内案内(無料)も可能です。「街めぐりアテンド隊」の職員のかたに、家族構成や移住後に叶えたいことなどを伝えると、それに応じたプランや行先、車による案内をしてもらえます。

自分で調べるだけではわからない、現地ならではの発見や、実際に生活しているかたの視点での情報は移住検討にきっと役立ちますよ。

街めぐりアテンド隊・移住体験の詳細はこちら→

移住者向けのセミナーやイベントも開催中

福島市への移住を検討するかた向けのセミナーやイベント、就労に関する相談会なども随時行っています。

▼開催情報はこちら
福島市の移住応援サイト「ふくがましまし ふくしまし」

移住に関する問い合わせ

移住体験などに興味が出てきたら、まずは福島市役所定住交流課の移住ワンストップ相談窓口に問い合わせてみてください。目的や理想のライフスタイルをしっかりヒアリングした上で、あなたにぴったりの提案やアドバイスをしてもらえますよ。

「まだ移住するとは決めていないけど…」という段階での相談も歓迎してくれますので、ぜひ気軽に問い合わせてみてください。

福島市役所・移住ワンストップ相談窓口
電話番号:024-572-5451
受付時間:8:30〜17:15
オンライン移住相談
問い合わせフォーム:パソコン・スマホ携帯電話

安齋さんからのメッセージ

安齋さんと移住相談窓口のみなさん
▲安齋さん(一番左)を始め、みなさん優しい笑顔で相談にのってくれますよ。

移住を考えるにあたり、住居や仕事、子育てに関することなどさまざまな不安や壁を乗り越えなければならないと思います。そんな不安を少しでも軽くし、福島市で理想の生活が送れるよう全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

市では、さまざまな支援策を用意して移住を検討されている方のお力になりたいと考えています。これらを活用しながら、福島市へのを前向きに考えていただけたらうれしいです。

▼こちらにもメッセージが掲載されています
福島市役所「移住相談スタッフからごあいさつ」

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック