【恋愛相談】彼氏の女友達が多いのが悩み…。嫉妬・不安・やきもち


質問者

付き合っている人は女友達が多い

23歳/女性


23歳女性です。付き合っている人は、女友達が多いのがすごく悩みです。
浮気を疑うわけではないのですが、普通に女の子とご飯を食べに行ったり、大勢の中の一人でも女性がいるとすごく気になってしまいます。
浮気は絶対にしないからと言っているのですが、すごく不安になってしまうのでとても苦労しています。

行かないでほしいのが事実なのですが、行ってほしくないということができずにすごく悩んでいます。
男性の中に女性が一人でもいてご飯を食べに行くときは、必ず言ってから行くようにしてねと約束してくれたのですが、約束したはずなのにめんどくさがって言わなかったりするのですごく不満です。

後になって女性がいたことを知るので、聞いてないと思うとすごく怒ってしまうのが悩みです。気にしない方法があるのか、彼氏が女性とご飯を食べに行かなくなるような方法があれば教えて欲しいです。

公認アンサー
ゆきうさぎ
回答者

相手のことを信じてあげることが1番の気にならない方法です


私も20歳の頃に顔良し性格良しの、いわゆる「モテる男性」とお付き合いしていました。一つ上の職場の先輩でしたが、半年ちょっとお付き合いしていました。

当時、彼の地元のメンバーが10人程度いて、その中の約半数が女性だったんですよね。正直、最初は飲みの場に女性がいるというのはいい気はしなかったです。酔った勢いで…なんてことも考えられますもんね。

でも、ある日「紹介したいから嫌じゃなかったら飲み会に来てくれないか」と誘われ、断る理由もなく参加したんです。すると全然想像していた感じではなく、本当に友達としての仲の良さが伝わってきました。男女の仲はあまり信じていなかったのですが、そんな固定概念を崩されたかのような衝撃でした。

結果、付き合っていた期間は全く浮気などありませんでした。彼も私が不機嫌になったりしないことを分かっていたので飲み会に女友達が来ることも嘘つかずにキチンと伝えてくれました。時々誘ってくれたりもしました。

女友達が多いから浮気をする確率が上がるというわけではありません。何より、男性は束縛されるのを嫌がる方はかなり多いです。それは浮気がしたいからではなく、信用してもらえていないことに対して嫌がるのです。信用されればされるほど、裏切るのが心苦しくなり浮気をする率も減ります

逆に疑われたり常に監視されていると疲れてしまい癒してくれる別の女性が魅力的になり浮気してしまう…なんてこともあります。監視や束縛などの行動がプラスに働くことは滅多にありません。

相手のコミュニティの幅を狭めることは彼にとっても、あなたにとっても気持ちいいことではないと思います。お互い異性と二人きりで出かけるのはナシね、くらいはいいと思いますけどね。

あなたの彼は他の誰でもないあなたと付き合っているのです。まずはその事に自信を持ちましょう。そして、浮気の可能性がないと思うならキチンと相手の言葉を信じてあげてください。

それでもどうしても不安なら、1度一緒に連れていってもらって自分の目でどんな感じなのか確かめるのもアリかもしれませんね。

公認アンサー
小鳥遊(たかなし)
回答者

ちゃんと指摘するということの難しさ

こんにちは。34歳非モテ系独身男の小鳥遊(たかなし)です。「モテる男になってみたい」そんなことを思っていた時期もありますが、今では「モテなくてもいいから、大切な人が欲しい」という切実な願いに代わってきました。これこそが歳を取るということなのかもしれません。

私自身は全くご質問者様の彼のような、ちやほやされる経験はありませんが、男友達にそっくりな人がいます。友達同士ですので、彼女には言わないようなかなり「本音」な話もよくします。

もしかしたら、この回答を読んだら、ご質問者様ちょっと不安になってしまうかもしれません。ですが、強く「真実を知りたい」と思うなら、私の友人の話はヒントになると思います。

友人はいわゆる、女好きです。しかし、だれでもいいというわけではなく、理想は高かったと思います。そのため、自分好みの人と出会うにはいろいろな人と出会う必要があり、合コンや友人の紹介、同級生などいろいろな出会いの場に顔を出していました。彼女はもちろんいます。

一度私も「彼女がいるのになぜそんなに出会いを求めるのか」と聞いたことがあります。彼の場合、刺激を求めていて、常に新しい女の子と恋愛をしていたいということでした。けれども、まったく彼女がおらず一人は寂しいので、なるべく寛容な子や自分から別れると言わないような子を彼女しているようでした。

どの程度のことが浮気かという定義にもよりますが、彼女以外の女の子と普通に肉体関係は持っていました。当然、嘘をついていたこともあります。なぜこんなにはっきり言えるかというと、彼のアリバイ工作に私が加担していたからにほかなりません。

「ごめん、今日お前と飲んでたことにしといて」というセリフを何回聞いたかわかりません。彼女からそのことについて、私が問いただされたことはありませんのできっとばれていないのでしょう。

きっとご質問者様はこのようなことを聞くとさらに不安になってしまいますよね。ただ、彼は何かを疑われるには十分な状況があるというのは間違いないことでしょう。

「疑ってしまう気持ちをなくす」というのはかなり難しいことだと思います。考えられるのは、「疑ってしまう気持ちを持ちながらも付き合う」または「彼の行為についてはっきりするまで話し合う」かのいずれかです。どちらが良くてどちらがいけないということはないと思いますよ。

もし、彼が私の友人のような人だったら、おそらく彼が変わるのはかなり困難なことだと思います。友人とはもう20年ほどの付き合いになりますが、中学の時からほとんど行動パターンが変わっていません。最近は歳を取ったのでかなりモテなくなってきましたが、それでも生き方を変えない以上はかなり根深いものがあるのでしょう。

ただ、そういうことを「許してくれる」もしくは、「不機嫌になれば追及することをやめる」からこそ彼は、このようなことを繰り返すとも言えます。

残念ながら友人は「ちゃんと指摘してくれる彼女」とはしっかり向かい合えなかったからこそ今のような状態になっています。そのような彼女とはことごとく別れてしまいました。

もし、その時にちゃんと指摘してくれる彼女と向かい合えていたならば、きっと彼女をとっかえひっかえすることもなく幸せな家庭を築いていたことでしょう。

彼とちゃんと付き合いたいのであれば「別れを覚悟で、彼の行動を指摘する必要」があると思います。もし、彼がご質問者様を大切に思っているのならば、きっと向かい合ってくれると思いますよ。

ただ、実際別れる可能性もかなりありますので、指摘せずに疑う気持ちを持ったまま付き合い続けることも考えられる選択肢の一つだと思います。

私は非モテなので偉そうなことは言えませんが、いつかはどちらかを選択する必要があると思います。

公認アンサー
クロース
回答者

彼に恋人として選ばれた自分に自信を持て!


わたしはクロース学長、モテるテクニックを日々探求し続けている恋愛マスターだよ。

このお悩み、よくよく見ると2つの問題にわかれているな。

1:彼氏に女友だちが多いのが気になる
2:ひとりでも女子がいる場に行くなら自分に必ず申告して欲しい

ハッキリ言おう。この彼氏がどうして君と付き合っていられるのか、正直私としては不思議なくらいだ。むろん、彼が浮気性というのなら君の言うこともわかるさ。

だが、普通に人付き合いをしているだけの彼に、いちいち誰と会うか報告して欲しいとか、言わなかったら怒るとか、面倒くさいと彼が思うに決まっている。君が悪い。

ただし、君もどこかでそれをわかってるんだね。だから、悩んでいるわけだ。彼の行動を束縛してしまいたくなる、女性がひとりでも近くにいると思うと胸も張り裂けんばかりに狂いそうになる、そんな自分をもてあましているのかもしれない。

知り合いの男性にも似たようなタイプがいた。男女の立場が逆だがな。食事に行き、レストランでイケメンのボーイとにっこり笑いながら雑談しているのを見ただけで逆上しそうになる、と頭を抱えていたっけな。

その彼に私はこう言った。

「彼女を信じられないのか」

と。即座に彼は答えた。信じてる!でも他のオトコと話していると不安で仕方ない、とね。彼は信じているとは言うものの、自分と彼女の結びつき自体を不安視して、信じられなかったんだ。相手に対する信頼感とは、裏返せば「相手と自分の関係に対して自信があるかないか」でもあるんだ。

さて、最初の2つの問題に戻ろう。つまり、だ。君が取るべき行動は

  • 彼氏の行動を束縛するのをやめること
  • 自分は人気者のカレに愛されている彼女なんだと自信をもつこと

よく言われるが、追いかけすぎると逃げたくなるのは、これは恋愛テクニックの真実である。だから、相手を君の側にひきつけておきたいのなら、余計に束縛してはいけない。

そしてもっと、自分に自信を持とう。どうやら、友だちが多い素敵なカレじゃないか、そのカレは君を好きになり、君を恋人として選んだんだ。自信を持って笑顔でいればいいだけだ!

ひとつだけ忠告しておく。カレが女友だちと食事に行かない方法なんて、もしあったとしてもだ、実行しないほうがいい。それが効果的であったとしても、一時期だけだ。やがて君の目を盗んで会うようになる。君のことが重荷になり、うざったくなったら、恋の終わりは目に見えている。

それより笑顔でいることだよ。君に恋をして、君を好きになったのは確かなんだから。ドーンと大きく構えていこうじゃないか。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック