ブサメン・千石慎一郎がスリランカでTinder体験!外国人と速攻出会えた話

スリランカでTinderを使ってきた!

マッチングアプリ大学千石慎一郎

世界を股にかけるアラフォーブサメン、千石慎一郎です。

今回は全世界で使用できるマッチングアプリ、Tinderをスリランカにて使用してみました。

全世界にて使用されているTinderというアプリをご存知ですか?最近は日本でも使用されることが多く、とてもユニークなマッチングができると話題になっています。

そのTinderを使って外国人と出会えるか、検証してみました。今回出張でスリランカに行くことがあったので、ちょうどいい機会です。

果たして外国人と出会えるのか?ちょこっと海外出張に行った時にいいタイミングで出会いが出来るのか、海外の人とのマッチング体験、デートまで行った時の実体験を今回綴ってみます!

ブサメンが海外でどのような出会いができるのか!みなさん、是非とも反面教師にしてください!

Tinderの特徴

Tinderの特徴

まずtinderとはどういうアプリなのかを知る必要があります。

Tibderは世界最大のマッチングアプリとされ、日本だけでなく世界中で利用されています。ユーザー数は3000万人と言われ、世界中どこに行ったとしても出会いを求めることができます!

基本的には使用が無料で、マッチングアプリによくあるメッセージの送信に課金が必要ということもありません

運営会社は世界中でマッチングアプリを多く運営するIACという会社で、ペアーズの運営であるエウレカもこのIACのグループの一員だったりします。ちなみに、マッチ(マッチドットコム)も同じIACが運営。それだけ聞くととんでもなく凄い運営会社みたいですよね。

他のマッチングアプリと違い、婚活というより恋活で、カジュアルな出会いを求める方におすすめです。例えば、海外旅行に行った時誰かと会ってみたいなあ、とか海外の人と出会ってみたいとかそういう用途にピッタリですね。

今回もそういう用途で使用してきました。

Tinderを使用するにあたって

まずは登録をしないといけません。登録にはFacebookのアカウントが必要です。とは言ってもFacebookに勝手に投稿されたりすることはありませんのでご安心ください。Facebookアカウントがない人は、電話番号での登録も可能です。

登録したらメインメニューから写真やプロフィールを入力します。これも簡単です。メインメニューの「情報を編集」をタップして写真を登録したり、プロフィールを入力したりします。

入力が終わったらメインメニューの「設定」をタップしましょう。表示対象を女性にして、距離を入力します。

Tinderは位置情報に基づいていて、今近くにいるユーザーが表示されます。まずは最長距離を入力して、“どのぐらいの範囲にいる人を表示するか”を決めましょう。100kmなどにすると海外ではその国以外まで表示される場合があるので10kmぐらいが適当でしょう

次に年齢の範囲を決めます。年齢が下は何歳、上は何歳と決めておけばその範囲の異性が表示されるようになります。自分のストライクゾーンを素直に入力するといいでしょう。

距離の単位はマイルではなくkmにしておきましょう。日本ではメートル法なのでマイルを使うとイメージがわかないと思います。

すべて入力が終わったらいよいよ使用です。

Tinderの使い方は実に簡単

使用するのは本当に簡単です。それはそれはビックリするぐらい。

Tinder真ん中の火のアイコン

メインメニューの真ん中の火のアイコンをタップすると近くにいるユーザーの写真が表示されます。

そのユーザーを気にいったら右にスワイプします(Like)興味がなければ左にスワイプします(Nope、Noという意味です)

Tinderの基本操作

もし相手もLikeをしてくれたらメッセージのやり取りが可能になります。本当これだけなんです。

気に入ったユーザーをどんどんLikeしていく。これだけです。相手も気に入ってくれたらマッチングしてメッセージ開始。

他のマッチングアプリと違い、Likeを送っても相手に通知が行くことはありません。なので、気兼ねなくLikeをすることができます。

もし本当にメッセージのやり取りがしたい人がいたらどうすればいいでしょうか。

そういう時に送るのがSuperLikeです。

SuperLike!!

ティンダーでSuperLikeをするとこうなる

SuperLike、名前からもうすでに凄いですよね。上にスワイプするとSuperLikeという特別なLikeを送ることができます。

これはLikeと違い、相手にLikeの通知が行きます。好意が伝わるので、相手がより自分を見てくれたり、興味を持ってくれるようになり、マッチングする確率が増えるのです。

ただし、このSuperLikeは一日1回しか送ることができません。もし2回以上SuperLikeが送りたいなら有料プランに登録する必要があります。

有料プランにするのは簡単です。

自分のプロフィール設定画面に移動して、真ん中にあるTinderPlusを取得するをタップします。

すると課金メニューに移動するので、そのまま設定を進めればTinderPlusが取得できます。TinderGoldという有料プランもありますが、まずはTinderPlusでいいかと思います

もし有料プランをやめたい場合は、AndroidならGooglePlayストアから更新をオフに、iphoneならitunes&AppStoreで自動更新をオフにすれば完了です

実際にTinderを海外で使ってみた!

日本で有料プランに登録をして、設定を行い、やってきましたスリランカ!!飛行機で8時間以上、時差も3時間30分もあります。今まで訪問した国の中では最大の時差です。

とりあえず滞在するホテルにはWIFIが無いのでガッツリと使用ができません。こういう状況でどこまで出会いを求めることができるでしょうか。

続々ヒットする外国人女性に驚き!!

取材用のスマホでさっそくTinderを起動し、近くの女性を検索すると続々とヒットします。イギリス人、アメリカ人、そしてスリランカ人、様々な女性が表示されます。凄い!!

Tinderで出会った外国人女性

今回の目的は出張で海外に来て、どれぐらいの外国人と出会えるかの実験なので、日本人以外をターゲットにしたいと思います

さあ、アラフォーブサメンが世界を舞台に勝負します!惨敗を期すのでしょうか!それとも出会えてなんかいい仲になったりするのでしょうか!

まず忘れてはいけないのが、このTinderは兎にも角にも写真の印象が第一ということです。相手の画面には自分の顔がバーンと表示されて、LikeかNopeに振り分けられます。写真が不味ければNope一直線です。

自分の写真を今一度修正して、いざ勝負。ばっちりとしたキメ顔です。まあ、ブサメンなのですが、清潔感はあるかな、ぐらいの勢いです。

検索するとイギリス人女性がヒットしました。スリランカは元々イギリスの植民地で、1948年に独立したという歴史があるので、国内には大勢のイギリス人がいるそうです。

その関係から第二外国語が英語だったりします。

そこで一つ問題が生じます。「僕、英語喋れないやん」

そうです。世界を股にかけるブサメン、千石慎一郎ですが、実は簡単な中国語しか喋ることができません。英語はほとんどわからないといっても過言ではありません。

しかしご安心ください。この近代社会、英語が喋れなくても外国人女性とのコミュニケーションがとれるようになっています。この「Google翻訳(GoogleTranslate)」さえあれば!!

昔、僕は英語が喋れないのに海外との窓口担当をやっていたことがあります。まあその頃は中国語を覚える前だったので少しは英語ができたのですが、中国語を覚えた途端トコロテンのように英語が抜け落ちてしまったのです。

閑話休題、英語が少ししかできないのにどうやって海外とやりとりをしていたかというと、エキサイト翻訳を使っていたのです。その頃はあまり翻訳の精度がよくなかったので「再翻訳」という英語から日本語に翻訳した文をもう一度英語に戻すというツールを多用していました。そうすることで文章がおかしくないか、ちゃんと意味が伝わるかを確認できます。

それで業務がなりたってて、実際にやり取りしている担当者に会った時、翻訳ツールを使っていると言ったら「本当かい?君の英語はわかりやすくて、そんな感じが全く無かったから驚きだよ!」と言われる程でした。なので、翻訳ツールの精度が上がっている昨今なら問題なくやり取りが出来るはずです。

英語の問題が解決したところで検索再開です。ヒットしたイギリス人女性をすかさずLikeします。さて、マッチングするかな?

国際交流に胸躍る!海外の人のメッセージはこんな感じ!

何回かLikeやNopeを繰り返しているとマッチングが成立して焦りました。これっていきなり成立するんですね。ドキドキしながらメッセージを送ります。

Hi.Nice to meet you.

英語ができる方からすれば、これは無いと思うかもしれないですが、これでいいんですよ。要はアプローチするかどうかです。英語が上手く話せないから…なんて恥ずかしがってたらチャンスを逃してしまいます

ですので、ベタな翻訳でもいいのでどんどん行きましょう。いちいち英語が上手く話せないから…とか言ってモジモジしててもそこには何も生まれません。ドーンと行きましょう!

相手はスリランカ人のLily。褐色でオリエンタルな雰囲気がする美女です。全く日本と違うマッチングにニヤけが止まりません。そうこうしている内に返信が来ました。

ティンダーで出会ったスリランカ人女性

Hi where are you from and what brings you to Sri lanka.

(意訳:こんにちは。どこから来ましたか?スリランカで何をしますか?)

おおう。本当に英語でメッセージが来た。わかっちゃいるけど、実際やり取りすると面白いなあ。

そこでLilyにすかさず返信を送ります。

I came from Japan.I am traveling in Sri lanka.

(意訳:私は日本から来ました。スリランカには旅行に来ました)

意味が通じればいいんですが…。いや、ここで失敗しても成功しても、読んでいる皆さんのお役に立てればいいんだ!成功したら、皆さんは続いて貰えばいい!そう思っていると返信が届きます。

Good.Hope you have a good time.what is your work?

(意訳:それは素敵ですね。私はあなたに素晴らしい時間を過ごしてほしい。あなたの仕事は何ですか?)

おおーー!ちゃんと通じてる!しかも素晴らしい時間を過ごしてほしいって言い回し、なんかいいなあ。海外に来た感じがする。

それからLilyとは何回かやりとりをしました。彼女とは空港で出会い、少し話をした後に別の国に出国することを聞いたので、お別れをしました。ありがとうLily!

Lilyとお別れした後も、Google翻訳をフル活用して色々な人と話をしました。Google翻訳、凄すぎる!!

そうこうしたら初の相手からのSuperLike。そのお相手はスリランカ人のVanessa。オリエンタルな雰囲気でこちらも美人。

異国でティンダーを使って出会ったvanessa

Hello 🙂

(意訳:こんにちはー)

何回か外国人とやり取りしているともう慣れてしまい、普通に返事ができるようになりました。そのやり方を残しておきたいと思います。

ワンポイントレッスン Tinderで翻訳をする場合

Tinderで翻訳をする方法

はい。ここではTinderで翻訳をする場合の説明をしたいと思います。

まず、Tinder上で相手のメッセージを長押しします。すると、「コピー」「いいね!」と表示されるので、コピーをタップします。

こうすると相手のメッセージを記憶することができます。そのまま、androidなら画面のメニューボタンをタップして、Google翻訳を起動します。

Tinderを使う場合はGoogle翻訳を同時に起動すると便利です。リアルタイムで会話ができますよ。

起動したら「テキストを入力」と書いている箇所を長押しして「貼り付け」ボタンを呼び出します。呼び出せたらGoogleTransrateの下にある←→をタップして、日本語から英語を訳するか、英語から日本語を訳するかを変更します。

今回は英語から日本語を翻訳してみます。

英語▼ ←→ 日本語▼

上記の様に表示されるはずです。

すると下のウインドウに翻訳された文章が表示されます。素晴らしい!

もし日本語から英語を翻訳したい場合は、

日本語▼ ←→ 英語▼

上記の様に表示しましょう。

そしてここがポイントなのですが、長文を打つ場合は句読点をつけて入力をします

例:私も会えて嬉しいです。あなたはどこに住んでいますか?

改行の代わりに句読点を打つことで文字が続きます。これで長文もバッチリです。後は会話を楽しむだけです。

急遽会うことになりドキドキ!果たして会話は成立するのか?

vanessaとマッチングして会話としてると、段々といい雰囲気になってきました。

Tinderで出会った女性vanessaとのやりとり

意訳を書くと読みづらくなるので、以降は意訳した文章で記載します。

スリランカはいい国でしょう?どう?シンイチローはスリランカが好きになった?

実にストレートにぐいぐい来ます。これは外国人ならではの感覚で、日本では味わえません。こっちもストレートに行きます。

スリランカは好きになったよ。人が優しいしね。世界遺産も凄く綺麗だった。食事も慣れてきたよ。

するとvanessaからこういう返信がありました。

今私はコロンボ(スリランカ一番の都市)に居るの。シンイチローはどこにいる?

どうやらvanessaはコロンボにいるそうです。ちょうど僕もコロンボに居たので、その旨を伝えることにしました。

僕もコロンボに居るよ。今はコロンボ3番かな?vanessaはどこにいる?

すると矢継ぎ早に…

私も3番にいるよ!ねえ、ちょっと会わない??

なんと!英語ができない僕が外国人とデートをすることになりました!一抹の不安はあるものの、断る理由はないので承諾することにしました。

vanessaと会ったコロンボ

Vanessaとはコロンボ3番(コロンボは市に番号がふられている)のカフェで会うことに。ドキドキしながらそのカフェに入ると、生vanessaが手を振っています。ワオ!

Shinichiro!Nice to meet you!と英語で話しかけてくるvanessaにJust a momentと切り出す僕。

ここで役に立つであろうと思うツールが、先程と同じくGoogle翻訳。なんとこのgoogle翻訳はリアルタイム翻訳が可能であり、会話ボタンをタップして「自動」ボタンを押すと、自動的に喋った言葉を英語、日本語と聞き分け翻訳をしてくれるのです

早速vanessaとGoogle翻訳を使って会話をしてみることに。

Google翻訳で、「これでお話しましょう」と喋ったら自動的に翻訳され、クスッとvanessaが笑みをこぼしました。どうやら理解してくれたようです。

ぎこちない会話だったかもしれませんが、色々なことを話しました。スリランカは女性の立場が弱いこと、日本はどんなところか、スリランカはどんなところか、vanessaは日本に行ってみたいということ、日本語に興味があること、気がつくとスマホの充電が10%を切っていました。

スリランカで女性と握手する時は浅めに握り、親指は手のひらに添えます。その国ならでわの挨拶を交わし、vanessaと再会を約束してお別れしました。

日本に帰国、Vanessaとはメッセージが続くのか?

日本に帰国して、気温の暑さを体感。汗を拭い、スマホでTinderを起動します。

日本に帰国したよ。

とvanessaに送信して帰路につきます。帰りのタクシー内でこのようなメッセージが届きました。

お疲れ様!帰国してもやり取りは続けようね!

そのメッセージを見て、少し嬉しくはにかみ、タクシーは家へ走っていきました。どうやら今年の夏はもう少し続きそうです。

外国人の会話傾向、スリランカ人はこんな感じでした

スリランカ滞在7日間中、結局10人の外国人とマッチングして、1人の女性と会うことができました。海外でこれはいい結果なのではないでしょうか。

全体的に外国人は感情表現がストレートです。嬉しい時には嬉しい!悲しい時には悲しいとダイレクトに言ってきます。

なので、こちらもダイレクトに感情を伝えることが大事です。日本では隠すことが美徳みたいな傾向がありますが、海外は相手に自分の気持ちをいかに伝えるかを大事にしている傾向があるようです。

一口に外国人と言っても、中華系、アジア系、ヨーロッパ系、アメリカ系と別れて、それぞれ傾向が違います。でも基本はダイレクトに伝えてくるところは同じでしょう。

スリランカ人も感情表現が素直です。会いたい時はすぐに会わない?と言ってきます。なのでこちらも会いたいならダイレクトに会いたいと言わないと駄目ですよ

また、スリランカ人は感謝のバリエーションが豊かです。あなたに感謝します、や、この時間に感謝します、など様々な感謝の形を表します。

これは仏教の教えであり、熱心な仏教徒であるスリランカの国民は基本、感謝の気持ちを忘れません。こちらも相手に習って様々なものに感謝してみましょう。普段あまりしないことなので、新鮮ですよ。

海外でも翻訳を使えば出会えます!一人旅にでかけた際は、Tinderを使い現地で出会いを求めてみるのもいいかもしれません。

まとめ

Tinderは海外で威力を発揮!

Tinderは結論から言うと日本よりも海外で威力を発揮するマッチングアプリです。

海外での普及率はとても高く、今回の出張でも様々な出会いを実現してくれました。これはTinderがなければ実現できなかったでしょう。

日本に返ってきてもやり取りは続けられますし、海外の友達や出会いを求める方には本当におすすめです。

英語ができない…って人もGoogle翻訳を使えば問題なくやり取りできます。実際会った時もGoogle翻訳を使えばなんとかなりますよ!vanessaとのやり取りもなんとかなりましたし!

一人旅だとしても、前述の通りTinderで相手を見つけてより良い旅にすることもできます。現地の人との交流は旅に厚みを出してくれます。

今回、僕は出張でしたがいい出会いをすることができました。出会いの確率で言えば、ガンガンアプローチをかければ50%~80%ぐらいの確率で相手を見つけられますし、そこから直接会うこともできるでしょう。

国際的な出会いを求めるならTinder!これは鉄板ですよ

千石慎一郎のアプリ体験談

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓
計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

千石慎一郎

ブサメン39歳。気づけば40代間近、焦り始めて婚活を始めるもうまくいかず…。ナボタケ兄貴にアドバイスをもらいながら奮闘中。