マッチングなし即メッセージ可な出会いサイト「ラブサーチ」使ってみた!

ラブサーチ開始!!

みなさん、こんにちは!

自らのモテなさ具合にうんざりしつつも本日もマッチングアプリを練り歩く千石慎一郎です。

>>マッチングアプリって何?って人はここ見てね

前回の記事では、Omiaiで見事に出会いを果たしましたが、結婚願望が強すぎの女性で温度差がかなりありました。今回は少し気分を変えて休憩をしたいと思います。

>>前回の記事はこちら

前回痛感したのはせっかく年下美人クリエーターを探して恋活して、せっかくクリエイターの女性と出会えても、マッチングできなかったらどうしようもないと言うことです。

ですので、マッチングした人としかメッセージを送れないアプリではなく、気に入った人にアプローチできるアプリはないものかと思案しておりました。

つまりマッチングしなくても、誰にでもメッセージを送れるアプリですね。しかし、私は基本的にマッチングできるアプリしか知りません。そういうアプリは果たしてあるものか。

探そうと思っていても今や婚活・恋活アプリ群雄割拠な時代。そう簡単に好みのアプリが見つかるとは到底思えません。サイトを調べるにしても量が多すぎます。

これはやはりナボタケ兄貴に聞くしかないでしょう!こういう時、いつも助け舟を出してくれていたナボタケ兄貴。きっと今回も妙案を思い付いてくれるに違いありません。

ナボタケ兄貴のおすすめのサイト!

ナボタケ兄貴のオススメサイト”ラブサーチ”

「いつも俺からはじまるんだな。たまには別のパターンを考えたらどうだ?」

いつも?俺から?ナボタケ兄貴、一体何を言っているんですか?皆目見当がつかないですよ。僕はいつもの通り、元気ですヨ?

「まあいい。で?Omiaiはどうだった?いい出会いはできたのか?」

Omiaiはナボタケ兄貴が言う通り、いいマッチングアプリでしたよ。ユーザーは多いですし、システムも単純明快でわかりやすく、操作もしやすかったです。

「ふふ、言ったであろう。今をときめくマッチングアプリだと、な!」

それで自分が思う通りの出会いができたんですが……ちょっと知り合った人が結婚願望強すぎで僕とかなりの温度差があったんですよね。

「それはマッチングアプリではよくあるパターンだな。いろんな女性がいる以上、それは避けては通れない道。お前も成長したではないか」

ありがとうございます。そこで、マッチングした人だけでなくいろんな人にアプローチできる出会いを見つけられるアプリはありませんか?

「ふむ。なるほどな。

ではラブサーチはどうだ?運営17年を超える、婚活・恋活サイトだ。SNS機能で自然な恋に発展しやすいと絶賛されている。

マッチングした人以外にもアプローチできるし、自分の行動一つ一つが出会いにつながるのだ。どうだ。うずうずしてこんか?」

え、ええ。なんだかうずうず、ワクワクしてきます!僕も成長したってことでしょうか!

「成長はさておき、今のお前はもっと色々なアプリを経験する必要があるとみた!今度は婚活・恋活アプリで人気急上昇中のラブサーチで箸休めをするがいい!」

ドドーン!と、ちょっと控えめな迫力を見せるナボタケ兄貴。まあ、今回は少しだけいつもの婚活・恋活を休めて、違うアプリで一旦休息をとってもいいかもな。

>>ラブサーチの詳細情報

ラブサーチ発動!ちょっと変わった登録に翻弄

出会い系アプリというジャンルに位置するラブサーチに初めて登録することになりました。今までは婚活サイトやマッチングアプリというジャンルのサービスを利用してきて、そこでは色々な女性と出会うことができました。

マッチングの必要がなく、直接メッセージを送れるというのは以前やったマッチングアプリの「match(マッチドットコム)」に近いかもしれません。しかし、マッチドットコムはくくりとしては婚活アプリなので、ラブサーチの出会い系アプリとはまた違う系列。

今回はラブサーチの「SNS機能」という一風変わった出会いをしてみようと思います。どういう感じなんでしょうか。インスタグラムとかフェイスブックみたいな感じなのかな?

自分がアップしたことをいいねして、そこから繋がる?でもそれじゃあ、既存のマッチングアプリと変わらないもんなあ。

じゃあ、掲示板に書き込んで、そこに書き込みがあった人に返信という一昔前のアプリ形式?それじゃあSNS機能とは呼べない気がするな。

考えていても始まらないので、早速はじめてみることにしました。一体どんなアプリなんだろう。ドキドキが止まりません!

登録開始

まずは登録をしてみましょう。ラブサーチ、とグーグル検索を行って、どれどれ……出てきた。ラブサーチ……これだな。

ラブサーチトップ画像

タップすると登録申請画面になります。後で修正できるみたいだから簡単に入力しておきましょう。ポチポチっと。

ううーむ。いつもならアプリのインストールからはじまるので、こんな感じでWEBから入力するのは慣れてないぞ。なんだか勝手が違います。

似顔絵選択画面に来たけど……なんだこりゃ。みんなイケメンすぎて似ている絵なんてないぞ。こんなところにも格差社会か。やるせない。

ラブサーチの似顔絵選択画面

しようがないので、一番無難なやつを選びます。本当に無難な絵。どうせ後から写真アップするから今はなんでもいいんだろうけど……自分を見透かされているようでなんだか不安な気分になります。

さて。妙にバリエーションが偏った似顔絵をなんとかクリアして、次に挑みます。次当たり、自己紹介かな?

確認メールが到着して、そのURLにアクセスすると次は支払い手続きに進みます。まずは支払いしないとメッセージも送れないかもしれないので、支払い手続きに移ります。

クレジットカードよし、支払いポチ、と。もう手慣れたもんで、簡単に支払いを済ませてしまいます。そう考えるとずいぶんデジタル社会に対応してきたな、と痛感。

そして「早速ラブサーチを始めよう!」の画面が表示され、ここから今回の恋活・婚活がはじまるんだなあとしみじみ思います。やってみるか!

まずは自分のプロフィールを完成させてしまいましょう。なになに……10の質問か。やってみよう!

<10の質問>

1.最近ハマっているものは?

2.最近どのようなことで笑った?

3.今行きたいところは?

4.朝ゴハンは、お米派?パン派?それとも〇〇派?

5.寝起きはどんな感じ?(機嫌が悪い、絶好調など)

6.行列が出来る人気のお店。並んで待つのは苦にならない?

7.自分から話すタイプ?話を聞くタイプ?

8.チャットアプリは使ってる?早めにID交換したい?

9.これまで好きになった人の共通点は?

10.付き合う上で譲れない条件は?

まず最近ハマってること……食べ歩きかな。最近どんなことで笑ったか……友人との電話かな。あいつあんなこと言ってくるなんて。今行きたい所?台湾だなあ。

次に朝ごはんはパン派、と。寝起きはどんな感じ?めっちゃ悪いです。本当、頭爆発しながら目がうつろだもんなあ。行列ができる店、並んで待つのは気にならないか?気になりません。というか、先日別府の寿司屋に1時間30分並んだばかりだもんな。

次に自分から話すタイプ?それとも話を聞くタイプ?そりゃあ、話すタイプですよ。イケメンじゃないので相手の話を聞くだけじゃ満足してもらえません。

そしてチャットアプリは……自慢にもなりませんが4種類以上使ってます。仕事でもプライベートでも。これまで好きになった人の共通点は一緒に居て居心地がいいかどうか

付き合う以上で譲れない点は……嘘をつくのはやめてほしい。小さな嘘でもいつか大きなトラブルになってしまうから……っと、これでいいかな。

よし!入力完了。これは新鮮で面白いぞ。後は職業のことを数点書いておこうっと。システムエンジニア……っと。OK。

後は好きなタイプだな。もちろん、一緒にいて落ち着く女性だな。話が得意でなくても、得意でもどちらでも構いません。体型は気にしない……と。

できたぞ!プロフィール充実度100%!これで準備は完了だな。後は相手を探してみようかな。

初めは年下女性で探してみて、慣れたらクリエイターさんを探すという感じでやってみよう。こういう作戦を考えておくのは婚活・恋活アプリでは有効です。相手はたくさんいますしね。

しかし、どのようにやり取りをするんでしょうか。今までなら相手を探していいね!やウインクを飛ばして、関心を持ったりマッチングしたら会話っていう流れでしたが……。全く未知の体験なので先が読めません。まずはお相手探しをタップしてみようかな。

ラブサーチ流お相手探しの方法!

ラブサーチはマッチングしなくてもメッセージが可能?

一体どういったものなんでしょうか。ワクワクしながらタップしてみるとそこには……!!いいね!というボタンが見えました。え?ちょっと?どういうこと?

ラブサーチは確かにいいね!が見える

聞いていた話ではマッチングするシステムじゃなく、メッセージをやり取りするシステムと聞きましたが……。ちょっとナボタケ兄貴に対し、疑惑の念を抱く僕。

おいおい、1日10回ってこれじゃあただのマッチングアプリじゃないですか!僕は騙されてしまったのでしょうか!?

兎にも角にもまずは検索をしてみます。すると似顔絵や写真の方が検索されます。こういう出会いも新鮮だなー。

そうして試しに女性のプロフィールを開いて、いいね!をしてみます。すると、小さく「メッセージ」と書いてあります。これは一体なんなのでしょう。

ラブサーチのメッセージは目立たないところに背景色と同じ色でひっそり

恐る恐る開いてみたらどうやら1500文字以内でメッセージを送れるらしいです。なるほど!僕はこれでようやくこのラブサーチのシステムを理解しました。

ラブサーチのメッセージ送信画面

これはいいね!を送り合うのではなく、メッセージから始められるシステムです。なのでマッチングは関係なくメッセージが送れるという利点があります。ということは、いくらでもチャンスを作れます。

可愛い人や絶対アプローチしたい人はメールの内容を上手く送れば、やり取りできるかもしれないのです。ですが、同時にメールの内容を上手く書く必要があります。

このラブサーチで問われるのはメールのセンス!メールのセンスがなければ全く出会いが発生せずに終わる可能性大です。

メールの送り方は後で書くとして、まずは検索からマスターしてしまいましょう。検索を極めないと対象の女性を探すことができません。誰にでもメールが送れる以上、対象の女性探しはとても重要になってきます。

とはいえ、検索の方法は簡単です。他のサイト同様、検索の条件を入力して行くだけです。最初は年齢や現住所で大きくくくって、どんな女性がいるか見てみるのもいいかもしれませんね。

またラブサーチは似顔絵を推奨しているのか、写真が無い人も多く見られます。こういう文化なのかもしれませんねえ。似顔絵があるとイメージがつきやすくて助かります。他のマッチングアプリでは写真なしって人が多かったからなおさらですね。

ラブサーチの特徴として、利用目的の中に束縛のない関係というのがあります。これってなんなんだろう……?なんだか大人な感じがします。

ドギマギしながらもちょっと検索をしてみると……キャア。本当に大人な関係だった!私達カップルと楽しい時間を体験しませんか?とか書いているし!こういう世界もあるんですね!

そういう形の出会いもできるのは面白いですよね。大人な関係って他のマッチングアプリではまず見ないです。そういう専門分野に特化しているので17年間も運営してこれたのかもしれません。どの世界でも差別化は大切ですからね。

新しい扉を開きつつも、ラブサーチがだんだんわかってきました。例えばクリエイターなら職業の専門職から検索すると表示されます。まあ、専門職と言っても色々あるので、その辺りはプロフィールを見ていきましょう。

年下で美人なクリエーターさんと出会いたい僕ですが、今回はあまりその条件ににこだわらなくてもいいかな、と思っているので自由にやりましょう。フリーダムですよ。自由は我にあり!

検索を使いこなすことができたので、次はメールをマスターして行きましょう!

メールを征しろ!目指せメールマスター!

ラブサーチで目指せメールマスター

メッセージのコツは運営側が記載してくれています。せっかくなのでまずはそれを踏まえてみましょう。基本を忠実にして、それから応用ですもんね。

  • 丁寧な言葉づかいを心がける
  • 挨拶を忘れない
  • 相手のプロフィールやブログの感想を入れる
  • 短すぎず長すぎない文章
  • 定型文にならないように心がける

なるほど。さすがよくわかってらっしゃる。基本はこれを踏まえたらバッチリでしょう。しかし、これだけではメールマスターには程遠いと思います。

まずは自分自身のテンプレートを作ってみて、それから何通か送ってみましょう。それで返事が返ってくる割合で文章の調整をして行きます。うん、それがマストだ。

と、いうわけでまずはこういうテンプレートを作ってみました。なるべく相手のプロフィールを読むようにして完全な定型文にならないように気をつけましょう。

はじめまして。福岡に住んでいる千石慎一郎といいます。

プロフィール見ましたが、(共通点)が趣味なんですね。

僕も(共通点)が趣味なんですよ。趣味の話が一緒にできたら嬉しいです。

テンプレート第一号です。まだまだメールマスターには遠い気がしますが、はじめとしてはまあまあの出来でしょう。これを10人ぐらいに送ってみましょう。

……。送信中……。

さて、様子を見ましょう。

目指せメールマスター、メッセージを工夫しよう!

結果は……惨敗。0通でした。今までにない屈辱!こんなのはじめて!

どのマッチングアプリも何かしらの反応はあったんですが、全く無かったことはありません。それだけメールからの出会いは難しいということでしょうか。

ですが、マッチングしていない人にもメールが送れるというのは、もちろん利点です。その利点を活かして、自分の好みの人にアタックできるのは素晴らしいことですよね。

なので逆に言えばメールさえ上手くなればいくらでもチャンスがあるということです!そう考えるとやる気が出てきたぁっ!もっといいメールを送るぞー!

まず前回の失敗を見直してみましょう。ナボタケ兄貴にも言われた「質問」が入っていません。女性はどういう風に返信していいかわからなくなり、それで返信する意欲がなくなってしまったのかもしれません。まずは簡単な質問で終わる、ということをやりましょう。

次にもう少し自分のことを書いてもいいかもしれません。せめてどういう職業をしているかぐらいは書いておいて、相手に安心感を与える必要があるかもしれません。なので職業も追加。

一言、メッセージをしませんか?という疑問文も入れておいたほうが親切かもしれません。いきなり「~できたら嬉しいです」と送られてきても戸惑ってしまいます。なので、疑問文も追加。

そして出来たメールの雛形がこれです!これを相手のプロフィールを見ながら修正していきます。これをテンプレートにするのはよくありません。あくまで相手のプロフィールを見ながら臨機応変に変えていくのがコツです。

〇〇さん、はじめまして。千石慎一郎といいます。

プロフィールを見ていいなと思い、メッセージを送りました。福岡市内でエンジニアをしています。〇〇さんは(共通点)がお好きなんですね。

僕も(共通点)が好きで、最近(共通点)をしました。〇〇さんは最近(共通点)をされましたか?よかったらメッセージをしませんか?よろしくお願いしますね。

さあ、メッセージの準備もできました!後は再度10人にメールといいね!を送りましょう!どういう反応が返ってくるか楽しみですよ!

メッセージ準備よし!送信開始!!ヒアカムザニューチャレンジャー!

ラブサーチで初メールがキターーーーーーー!

メッセージも準備できたことですし、早速10人にメッセージを送りました。それぞれ年齢・タイプが別な10人。結果はどうなったでしょうか……。

結果、2人から返信をいただく結果となりました!キターーーーーーー!やったぜ!メールマスターに一歩近づいたぞ!

まずは1人目、看護師の「まな」さん(31)。

プロフィールは以下の通りです。

福岡市で看護師をしています。

前彼とお別れして、もう1年になろうとしていて、友達がココを紹介してくれたので登録してみました。

前の彼氏が一回り歳上だったので、あまり年齢は気にしませんが、優しく引っ張ってくれる方がタイプです。

なるほど。前彼と別れて始めたパティーンですね。しかも前の彼氏が一回り年上ときたら、アラフォーの僕にもチャンスはありますね。

看護師さんは忙しく、なかなかメッセージが続かない場合が多いのですが、この出会いを大切にしていきたいですね。

来たメッセージはこんな感じです。

千石慎一郎さん、はじめまして!まなと言います。

メッセージありがとうございます。私も旅行好きですー!旅行の話とかできたらいいですね!最近、友人と大分県に行ってきました。楽しかったですー。

これからよろしくお願いしまーす。

2人目、会社員の「のりぴー」さん(31)

プロフィールはこの通り。

1. 利用目的は?(友達探し・恋人探し・オフ会等)⇒恋人探し

2.会うペースは早く?ゆっくり?⇒どちらでも

3.希望する男性の年齢は?⇒28歳から38歳

4.相手の住まいの許容範囲は?⇒九州

5.あなたがよくするファッションは?⇒カジュアル

6.甘えたい?甘えられたい?⇒甘えたい

7.付き合ったら毎日連絡を取りたい?⇒相手の負担にならない程度

8.彼氏の服装はどんな格好が好き?⇒カジュアル

9.デート費用は男性に全額負担を希望する?⇒たまには出します

10.こんな男性は苦手、または嫌いと思う事は?⇒記載なし

※最後に一言

たくさんのメール、お待ちしてます(*´ω`*)

ギリギリ希望の男性の年齢には入っていないのですが、まあメッセージをいただけたので今回は特例でOKといったところでしょう。大丈夫大丈夫。

しかも僕の格好はどカジュアルなので、相手の好みにストライクなはず!基本、シンプルな格好を心がけていますもんね。

デート費用はたまにだしてくれるそうですよ。毎回全部出せ!って人が目立つ中、なかなか気の利いた人じゃありませんか。

来たメールはこうでした。

はじめまして!のりぴーと言います!

メッセージ、ありがとうございました!

四国いいですよね。私も行ってみたいと思っています。

できたら旅トークしていきたいですね。

よろしくお願いします!

以上!メールをちゃんと考えて送ったら2人とやり取りがはじまりました。やったぞ!

ラブサーチ前半戦の印象発表!

さて!ラブサーチをある程度扱ってみて、いろいろ思うところがありました!そういうことをこれから前半戦の締めくくりということで発表していきたいと思います。

ラブサーチにはどういう女性が多い?

ラブサーチには普通の出会いを求める人もいれば、友達を探している人もいます。ちょっぴり大人の出会いを探している人もいます。

そこら辺は普通のマッチングアプリとは違うのかな、と思います。そもそもマッチングアプリではなく、出会い系アプリと言った方がしっくりくるシステムですしね。

ラブサーチの女性を見ての感想

ラブサーチ検索結果

基本的にみんな若い人が多いです。20代前半から20代後半がたくさん集まっていて、それから30代、40代とちらほら集まっている感じです。

なので若い子との出会いを求めたい!と思っている人には、ピッタリですよ。若い子が多いので、上手くアプローチしてみてください。

写真掲載はあまり多くないみたいですね。みんな似顔絵を使っています。似顔絵でも相手のイメージが湧くので問題はないのですが、やっぱり贅沢を言えば写真がみたいな、と考えてしまいます。

ラブサーチ、今の所どんなイメージ?

まずいいね!システムは一応存在していますが、あまり影響力はありません。それならいいね!を送って、それからメッセージを送ったほうがよっぽど効果大です。

確かにマッチングしなくて女性と話す機会があるのはとても大きいです。なので、好みの相手にアプローチすることができます。

しかしその分、メッセージのセンスが問われます。ただメッセージを送っただけでは、絶対に女性から返信はないでしょう。

しっかり相手のことを考えて、ただのテンプレートにならない工夫をして初めてアプローチができるのかな、と思いました。

ラブサーチ前半戦 まとめ

はじめは使い方がわからずに困惑しましたが、やりはじめたら意外とわかってきて、使えるようになりました。今までの経験が役に立ったのかも。

メッセージをしっかり送れば、ちゃんと反応もありますし、なんと言ってもマッチングせずにメッセージが送れるのが大きいです。上手くメッセージを用意して、アプローチしちゃいましょう。僕もそうしていますよ!

ライトな付き合いを求める人には向いているんじゃないでしょうか。こういう形の出会いも楽しいと思いますし、一つの手段ですよね!

以上!

>>千石のラブサーチ体験談第2話⇒準備中

>>ラブサーチを女性が使ってみた体験談

年下女性と出会いたい人は以下の記事も参考になります

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓
計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

千石慎一郎

ブサメン39歳。気づけば40代間近、焦り始めて婚活を始めるもうまくいかず…。ナボタケ兄貴にアドバイスをもらいながら奮闘中。