ブサメン39歳マッチドットコムでメッセージ攻略!最強のコツとは?(第3話)

matchでの婚活:兄貴からのアドバイス1

match(マッチドットコム)を始めたのはいいが、なかなか続けて返事を貰うことができない私ブサメンの千石慎一郎ですが、なんとかメッセージを切らしたくないとナボタケ兄貴に相談することにしました。

ナボタケ兄貴が家にやってきて少しの静寂…。コッチコッチと鳴り続ける時計。私が書いたメッセージを見せると大きくため息を漏らし、首を捻りました。

「いいか、慎一郎。お前は大事な事を忘れている。これではなんどやってもメッセージは返って来ないだろう」

え!?それは困ります。なんとかメッセージのやり取りをして仲良くなりたいのが本音、恥も外聞もなくしナボタケ兄貴に泣きつきました。

「メッセージを貰うコツというのがあってな。お前のメッセージはハッキリ行って一方通行だ。このメッセージじゃあ心に響かん。

じゃあ、どうすればいいかと言うのはだな。もっと自分の事を書くのだ!!」

熱をまとった声で断言するナボタケ兄貴。一体自分の事を書くとはどういう事なのか!?

前回の記事

千石慎一郎が失敗していた理由とは?

「いいか?相手はこっちの事を全く知らない状態。そんな相手には女性はみんな、必ず警戒するものなのだ。

そこで、もっと自分の事を書いて、私はこういう人ですというのをアピールしてやる必要がある!!それに気をつけながらメッセージを送ると返信率は上がるだろう!!」

なるほど。そうだったのか。いつもそういう事は気にせずに返信をしていた。

「それからもう一つ大切なことがある。いいか、メッセージには一回必ず質問を入れろ。疑問形で終わらせるのがベストだぞ!!

そうすれば相手も何を話していいか迷うことがなくなって、会話がスムーズになるだろう!初めての人と会話する時は疑問形を投げかけるのが基本だ!会話→疑問形→会話→疑問形で会話が盛り上がっていくのだ!ゆめゆめ忘れるなかれ!!」

ナボタケ兄貴のアドバイスを受け感銘を受けました。今まで返事が返ってこなかったのは会話が成立してなかったからなのかもしれません。まずは自分の事を話し、それで疑問形で話題を繋げていくことで話が盛り上がるというのでしょうか!

試したい!早速試したいです!!

そこで私はマッチドットコムのアプリを立ち上げ、すぐさまメールを打ち始めました。目指すは楽しい会話!!

ナボタケ兄貴のアドバイス「自分の事を書く、疑問形で終わらす」をやってみた結果

matchでの婚活アドバイスを活かせるか

前回メッセージを頂いたMgさんにナボタケ兄貴から貰ったアドバイスを注意しながら実践してみました。自分の事をちゃんと書きながら、相手に質問を忘れずに返信を書いてみました。

色んな場所に行っていますね。伊勢神宮はいつか行ってみたいと思ってる場所です。

僕は昨年の12月に香港、今年の2月に出雲大社、5月に能古島のバンガローに行ってきました。

本当は来月に釜山に行こうと思ってましたが、友人の都合で行けなくなってしまったんですよ。

海外にはよく行くんですか?

よし。ちゃんと自分の事を書きながら、最後は質問でまとめています。これで相手から返事が貰えるはず!!ドキドキしながらMgさんの返事を待ちました。

しかしひょっとしたら返信が来ないかも?もっと別の問題があるのかも?そう思いながらもナボタケ兄貴を信じて待ち続けた結果、返信をいただく事に成功しました!!

香港いいですね!ご飯美味しかったですか???言葉は英語ですか??

私は海外にはそんなに行けないのですが、なんだかんだで4年に1回ぐらい行ってるのかも?

ほとんどい垂れり尽くせりのツアーですけど。そうそう、去年は職場の研修でドイツにいきました。

ビールとポテト、美味しかったです(笑)

おお!続いた!!しかしこの人ドイツとか行ってて凄いなあ…と思いながらも、また質問と自分の事を混ぜながら返信を心がけてみました。ちゃんと自分の事を書きながら、そして疑問形で終わるように!

こんにちは。

香港はご飯が安くとても美味しかったです。さすが美食の街ですね。言葉は広東語だったので苦労しました。

ドイツのポテトとビール羨ましいです(笑)ドイツも行ってみたいんですよ。

4年に1回ぐらいなんですね。いつもお一人で行かれるんですか?

最後の疑問形が多分ナボタケ兄貴が言っていた会話の鍵なんだと思います。これで相手との会話が繋がります。

確かに質問ばかりじゃいけないという情報を目にしますが、しかし疑問形が全く無い文章ばかりでも駄目です。ハッキリ言って会話が続きません。

特に相手は気心がまだ知れない人なのです。そういう人と会話をする時は男性が気を使う必要があるのでしょう。

相手の返事を全てリベロの様に拾いながら、最後は確実に疑問形でパスを投げる。これがmatch(マッチドットコム)だけでなくマッチングアプリでの会話の基本なのでしょう。

さすがナボタケ兄貴だ!!

会話は続くよどこまでも、基本を大事にしたらここまで続いた

メッセージが続く様子

それから僕はナボタケ兄貴のアドバイスを参考にしながらMgさんと会話と続けてみました。勿論自分の事を話しつつ、相手に疑問形で質問をしながら。

こんにちは。

香港はご飯が安くとても美味しかったです。さすが美食の街ですね。言葉は広東語だったので苦労しました。

ドイツのポテトとビール羨ましいです(笑)ドイツも行ってみたいんですよ。

4年に1回ぐらいなんですね。いつもお一人で行かれるんですか?

こうやって送ったら即座に返事が来て大興奮です。全く来なかったのにこんなに続くようになるなんて!

こんにちは。香港やっぱり美味しいんですね~!羨ましい!

ドイツはミュンヘンに行ったのですが、割りと治安もよいようで歩きやすかったですよ。ノイシュヴァンシュタイン城もきれいでしたし!

海外に行くときはだいたいお友だちと行きます。日本語以外ほとんどしゃべれないので(^^;

〇〇さんは旅先では英語ですか??

ノイシュヴァンシュタイン城、昔聞いたことあるぞ。ドイツの古城だっけ。僕は英語を話せない旨をちゃんと伝えて返信をしました。

ミュンヘンは治安がいいんですね。ノイシュヴァンシュタイン城はドイツの観光地としてとても有名ですよね。機会があればドイツは行ってみたいです。

海外に行く時はお友達と行くんですね。僕も友達と行くことが多いです。感動とか共有できる人がいるのはいいですよね。

旅先では英語が使える所では英語で話しますが、あまり上手ではありません。中国語なら日常会話程度は話せます。

ドイツは何日間ぐらい行ったんですか?

何故か僕は中国語が日常会話ぐらいできるのでその旨を書きます。これは相手に拾ってもらえなくても構いません。むしろ今はメインのドイツの話や旅行の話で盛り上がりましょう!

去年のドイツは四泊六日です。

一応研修、の名のもとに行ったので自由時間はほとんどなかったのですが、視察先にBMWの工場見学があったし、食事も飲み物もすべて旅行に含まれていて全部美味しかったし、とーーーっても楽しかったです(^^)

友達も行く旅行が気楽だし楽しいことも倍楽しいし、いいですよね。

次はどこに行くか考えるのも楽しいですね!

研修旅行でドイツに行くなんて、この人実は物凄い人なのかもしれません。友達と旅行に行く旨を引き出したので、今度はそこから話を広げていきます。

こんにちは。
職場の研修って仰ってましたね。自由時間があまりないのは残念ですが、その中でも楽しめたみたいで何よりです。

食事や飲み物が全部含まれているとか最高ですよね。

友達と行くのは気軽でいいですよね。食べ歩きしたり地元のバーで飲んだりするのはやっぱり友人とが楽しいです。

国内の旅行もお友達と行かれるんですか?

最後に質問を投げかけつつ、ちゃんと会話を続けていきます。しばらくすると返事が返ってくるようになりました。

メッセージを切らさないためのアドバイスはこれだ

マッチで婚活兄貴からメッセージのアドバイス

返事が返ってくる様になったのはいいのですが、いつメッセージが切れてしまうかわかりません。そんな不安を抱えながらメッセージを交わすのは精神衛生上よろしくありません。

そこでもう一度ナボタケ兄貴に来てもらいアドバイスを受けることにしました。

「慎一郎、返事が来るようになったか。しかし、そこからが勝負だ。相手とちゃんと友達になれているかわからないからな!」

まずは仲良くなるきっかけとして友達になる事が大事な様です。

「相手と会話していて、あ、ここから仲良くなれそうだな、と思うきっかけが必ずあるはずだ。まずはそれを引き出すことだ。

それからメッセージを続けるコツは返信のタイミングだ!メッセージが長い人にはゆっくり返信した方がいいし、メッセージが短めの人には結構早く何度も返したほうがいい。

今回のお前の相手にはゆっくり時間を置いて確実に返信をするのだ!!」

Mgさんは結構長めの文章を送ってくれるので、ゆっくり確実に返信した方がいいんだな。もしこれがチャットみたいに短い人なら、もっと頻繁にメッセージを送らないといけないのか。さすがナボタケ兄貴だ!

そうこうしているとMgさんから返信がありました。アドバイスを参考にしながら、返信してみましょう。

こんにちは。
そうですね。国内旅行は友達と行ったり、親と行ったり、ひとりで行ったり、いろいろです。

ひとりで行くのは行き先に友達がいる場合がほとんどですが。。ひとり旅もされますか?

やはり長めに連絡をくれます。なので僕もなるべく相手が拾いやすくメッセージを送ろうと思います。

こんばんは。
行き先に友達がいるのは安心しますよね。そこに行っても一緒に話したり過ごしたりできますから。

僕は一人旅もしますよ。
とは言っても別府とか長崎とか近場が多いです。ふらっと行って帰ってこれるぐらいの距離が丁度いいんですよ。

旅行とかされる場合、お休みは取れるんですか?

こうやって会話を続けてたら段々と相手の緊張みたいなものがなくなっていく感覚になりました。

相手も一定のペースで返事をくれるようになり、お互い毎日のメールがお約束みたいになってきました。いい感じです。

ようやくMgさんと仲良くなれるきっかけを発見!!

マッチドットコム(match)を始めて3週間。今まで4人の人とメッセージを交わし、1人の人と長く続く快挙となりました。

ここまで来たからにはどこまで続くのか楽しみになります。まずは友達になりましょう。きっかけが必ずあるはずです。

おはようございます。
ふらっとひとり旅、大人ですね。憧れます。

旅行に行くためのお休みは取れますよ。わたしのお休みはほぼ旅行がらみかもしれません。

ひとり旅の時は旅先でどんなことをするのですか?

ふらっとひとり旅、僕はよく出かけます。Mgさんはあまりひとり旅には出かけないのかな?

週末なのでその旨も会話に含めましょう。

お疲れ様です。ようやく一週間が終わりました。

旅行に行くためのお休みがとれるのはいいですね。

僕は旅先で地元の食べ物屋に行くことが多いです。そこでお話したりしてその土地の事を聞いたりしながら、旅の気分を味わったりします。

旅行に行った時はやっぱり飲みに行ったりしますか?

こうしてメッセージを送って数回。ようやくナボタケ兄貴が言うきっかけを貰うことができました!!

おはようございます。
一人だとしないですね。1人飲みできるのは福岡の一件だけです。

お話ししてると旅行にいきたくなりますね。
今日はお休みですか?ふらり1人旅してたりして?(笑)

そういえば今更ですがなんとお呼びしたらよいでしょうか?

年は離れてますが趣味が合いそうなのでお友達になれたら嬉しいです。

ついにお友達になりたいメール頂きました!!女性相手にお友達はかなり前進したといえるでしょう!!これはひょっとしたらひょっとするかもしれません!!

これからどこまで仲良くなれるのか楽しみです。

ナボタケ兄貴の教えとマッチドットコムを3週間やってみての感想

マッチドットコム体験3週間目の感想

ナボタケ兄貴のアドバイスは非常に効果的でした。

まずは自分の事を書いて、相手の警戒心を無くしました。それにより、相手から自分がどういう人かを理解してもらうことに成功

それから適度に質問を入れることで、話が続くようになりました

その疑問形を入れるだけでここまで会話が盛り上がるなんて思いませんでしたよ。適度な質問は大正解でした。

返信のタイミングも考えるようになりました。そのお陰でいいリズムでメッセージのやり取りができるようになりました。

本当、小さな事かもしれませんが、会話とは相手との言葉のキャッチボールなので、相手の状態を考えるのは大事なんですね。

その甲斐もあってMgさんと友達になることができました!!やったあ!

マッチドットコムのやり方が段々とわかってきたような気がします。確かに癖が強いインターフェースだったり、わかりにくいところも多いですが、出会いの確率ははっきり言って高いです。

とにかくメッセージを送りまくれば返信が必ずありますし、それでテクニックを使えば仲良くなっていくことも可能です。

マッチドットコムは気に入った相手に「最初からメッセージを送ることができるため」、マッチングのテクニックは必要なく、メッセージのテクニックを重視した方が良いでしょう。

(そもそも通常のマッチングサイトでマッチングしたとしてもメッセージのテクニックは必要になります)

メッセージの送り方を覚えると、マッチドットコムでは、よりたくさんの人と出会うことができます。

メッセージの送り方をナボタケ兄貴に教えてもらって、それを実践してみて、実感したのが今回の3週目です。それを踏まえるとマッチドットコムは非常に強力な出会いのツールです

>>match(マッチドットコム)に登録

これからどうなって行くのか。次回をお楽しみに!

↓↓婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング↓↓

婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

千石慎一郎

ブサメン39歳。気づけば40代間近、焦り始めて婚活を始めるもうまくいかず…。ナボタケ兄貴にアドバイスをもらいながら奮闘中。