40歳からの婚活日記を読み返して思うこと

40歳からの婚活日記を読み返して思うこと

はじめまして。kumiです。現在、43歳、実は1年前にマッチングアプリで出会った2歳年下の男性と結婚をしました。

保育士として働きながら、20代後半にはお付き合いしていた男性もいました。ただ相手の事情で彼が田舎に戻ると自然消滅してしまい、それからは出会いがないまま過ぎてしまったんです。

30代も半ばを越えると、お迎えにきた保護者との立ち話で「先生はお子さんは?」などと聞かれることもあり、結婚していないと答えるのが苦痛に感じましたね。

主任になってもお給料もさほど変わらず、独り身の生活に対する不安も次第にふくらんできたのも事実です。

40歳の誕生日をひとりで過ごし「もう今しかない」と、思い切って婚活をスタートしました。

40歳女性の婚活は難しいと言う人もいます。でも、40代女性の婚活は難しいのではなく「婚活の方法」をしっかり選べば、チャンスはまだまだあります。

何かと「40代 婚活 厳しい」などというキーワードを見かけますが、いいえ、探せばきっと出会いは見つかります!

40歳からの婚活とは

40歳からの婚活とは

保育士になった時から続けてきたことのひとつに、毎日、園での出来事などを簡単でもいいので記録してきた「仕事日記」があります。

わたしは婚活をスタートするにあたっても、手帳に毎日、婚活の内容やどんなことがあったかを記録することにしました。

今回の体験記も、この婚活日記を見返しながら書いています。久しぶりに読み返したら、けっこういろいろなことがあったなという感じです。ポイントとなった出会いや婚活方法をまとめてみました。

結婚相談所でくじけた40歳のわたし

結婚相談所でくじけた40歳のわたし

わたしが最初に行ったのは実は結婚相談所なんです。よく調べもせず「結婚したいなら結婚相談所」と思ったので検索して探しました。誰かに見られたらイヤだなと思い、職場と家からは反対方向の少し遠い場所にある結婚相談所を選びました。

いざ予約をとり結婚相談所に行こうという時になってけっこうためらいましたね。

なんか自分がすごくモテない、売れ残りみたいな気持ちになってしまったんです。

婚活日記にも「家をでても電車に乗ってる間もこのままキャンセルしようと思っていた」と書いてあり、口をへの字にした自分の似顔絵(保育士なのでお絵かきは上手なんです!)まで殴り書きしてありました・・・。

結婚相談所ではまず年齢を聞かれた

場所だけで選んだ結婚相談所は、行ってみたらマンションの一室をブースで区切っているだけの小さなところでした。

所長さんだという女性は50代くらいで、ざっくり記入したプロフィールを見たとたんに「あら、40歳かぁ、惜しいわね。たとえ38歳でもいいんだけど30代と40代じゃだいぶ違うのよ」と言ったんですよ。

やっぱりキャンセルすればよかったとわたしは思いつつ、所長さんにすすめられるまま、あれよあれよと契約書にサインしてました。

それだけ婚活に焦っていたし、なにしろ初めての経験だったので、よくわからないまま気づいたら結婚相談所に入会したいたようなイメージです。

ただこの時に刷り込まれた「婚活では30代と40代じゃ違う」という言葉が最後までわたしを悩ませました。

紹介が少なく年上男性ばかりで落胆

入会金がなんだかんだで10万円くらい、他に毎月2〜3万円かかることがわかりました。お金はともかく、この結婚相談所で一番残念だったのは紹介数が少なかったことです。わたしの希望は以下の通りでした。

  • 年下〜同世代
  • 年収は400万以上
  • 都内または都内に近い埼玉、千葉、神奈川在住
  • 行動的な人(スポーツやアウトドア好き)ならなおよい

所長さんには「条件に合う人はいますよ、いますから、紹介書だけ見て断らないで下さいね。会わないとわかりませんからね」と何度も念押しされました。婚活日記には「あんまり何度も言うからイライラした」と書いてあります(笑)

ところが会う以前に、月に2人以上の紹介をしてもらえるという話でしたが、なかなか相手の身上書じたいが届きません。最初の月こそ2名の方のご紹介がありましたが、翌月はひとりでした。

しかも、55歳とか中には60代の方もいて、もちろん年齢に関係なく気が合う方ならいいのでしょうが、そもそも趣味の話とかも合わない人ばかりで困惑しました。

半年ほど活動していましたが、ひとりの方とは2度目のデートにまでは行きました。

バツイチで研究開発をしているというおとなしい男性で誠実そうでしたが、アクティブなわたしとはどうしても話が合わず、お互いに「良い出会いでしたけど、ご縁はなさそうですね」と話して終わりでした。

やはり40代の婚活はムリなのかとあきらめかけていた時、後輩の保育士が「マッチングアプリ」で彼氏を見つけたという話を聞きました。

帰宅してマッチングアプリと検索して調べるうちに婚活にもいろいろな方法があるんだと初めてわかりました。

CHECK
マッチングアプリとは?

恋人や結婚相手を探している人同士を繋げるスマホアプリのこと

>>マッチングアプリの詳しい解説記事はこちら

そこで、わたしはマッチングアプリや婚活イベント、婚活パーティーなど、休日を利用してとにかく何でも試してみることにしたわけです。婚活方法の順番から言ったら、本来、結婚相談所は最後でもよかったと思います。

マッチングアプリ「match」とは

マッチングアプリ「match」とは

わたしが今の夫と出会ったのがマッチングアプリのmatchです。

matchは世界中にユーザーがいるマッチングアプリです。マッチングアプリもいろいろとありますが、わたしがmatchを選んだのは以下の理由からです。

  • 40代ユーザーもそれなりにいること
  • 女性も料金がかかり真剣度が高そうなこと
  • 結婚したカップルの口コミが多かったこと

最初は女性が無料のペアーズとかタップル誕生というアプリを使おうと思っていたのですが、比較的、若い女性が多いようなのでやめておきました。

それと女性も料金がかかるほうが、やはり出会いに対する真剣度が高いはずだと思ったからです。お金がかかるといっても月額にして4,000円たらずですから、結婚相談所と比べると「激安」です!

マッチドットコム

match

マッチドットコム

料金 月額3,490円(税込)〜
マッチコムの詳しい料金解説はこちら
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~40代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
公式サイトへ

matchに登録したらすぐにアプローチされた!

matchの登録は簡単でした。ただプロフィールとかかなり細かいので、すべて埋めようとすると最初だけ少し時間はかかりますね。

でもマッチングアプリは条件や共通点を見つけて相手を探すので、自分の情報はなるべく詳しく書いたほうがうまくいくとなっていたので、頑張りました。

とにかく驚いたのは、登録した直後に男性からいいね!がきたことです。

まさか40歳のわたしにすぐ男性からアプローチがくるとは思っていなかったので、すごく嬉しかった。園からの帰り道に見ると、他に2人からいいね!がきていて、なんだか一気に気分が上がりました。

ちなみにマッチングアプリの体験談とか見ると、1日に100名イイネきた!なんてのもありますが、それはもう若くて可愛い子だけです。

40代にくるイイネ数は落ち着いてます(^^;) それでも、男性からイイネがくるのは嬉しいし、ひさしぶりに「恋愛の予感」があってワクワクしたことを覚えています。

3ヶ月でメッセージ交換をした男性は17人

その頃の婚活日記を見ると、数日おきに「いいね!」がきたとの記録があります。それなりにいいね!がきたので、中にはお断りした男性もいました。

自分に興味を持ってくれた男性でもお断りするってことに、なんか急にモテてるような感じで気分悪くないな

なんて婚活日記に書いてますね(笑)

プロフィールでは、男性の年齢とあとは趣味をよくチェックしていました。わたしはスポーツも好きだし、アウトドア派なので、とにかく行動的な男性には返信をしていましたね。3ヶ月ほどの間に17人の男性とメッセージ交換をしています。

そのうちの3人からは「ふたりで会いませんか」と誘われて、実際に会ったのはふたりです。

初デートはちょっぴり苦い思い出

初デートはちょっぴり苦い思い出

初めてお会いしたのは、2つ年上の塾講師です。

Eさんは野球ファンで草野球チームにも入っていました。わたしも彼もヤクルトファンということで盛り上がったのと、他にもEさんはボルダリングをやっていたり、テニスも得意とかで、体を動かすのが好きなわたしとは話が合ったんですよね。

Eさんとは東京ドーム近くのスポーツバーで初めてお会いしました。

週末の昼をすぎた時間で、デーゲームを大きなスクリーンで見ながらハンバーガーを食べビールを飲みました。

条件はないとは思っていたけど・・・

とても楽しく過ごし、この日はサクっと帰宅しました。

良い印象だったので2回目のデートにもお出かけしました。この時は高級居酒屋みたいなところで、けっこうお酒を飲んだんですね。

そこで彼から打ち明けられたのが、彼に子どもがいるということです。バツイチなのは知っていましたが、お子さんがいることはプロフィールになかったので知りませんでした。

お子さんは前妻のもとで育っているとのことで、まぁ気にならないといえば気になりませんが、多少はひっかかったかな。しかし、それ以上に微妙に思ったのは彼の仕事です。

塾講師というのはどうやら契約社員?で、とにかく正社員ではないこと。塾講師だけではやっていけないので、プロ家庭教師のアルバイトもしているとのことでした。

とはいえわたしは保育士として働くのは好きですから、収入はそれほど大きな問題とは最初は思わなかったんですね。ただ、話のなかで、金欠金欠と冗談ぽく言うのが途中からとても気になりました。

それでデートの最中にも頻繁にスマホを見るので、何してるのかと思ったら、友だちと野球やサッカーの試合にお金を賭けてるんですよ! 

それを普通に「賭け麻雀とかと違うんだよ、試合見るのに盛り上がるからさ〜、軽くね」と言うところで、ダメだなと思いました。

なぜこんな良い人がアプリに登録してるのか不思議

なぜこんな良い人がアプリに登録してるのか不思議

婚活日記を開くと、この時のことをこう書いています。

わたしが賭けてると聞いて嫌な顔つきになったからか、いきなりEさんもなんか不機嫌な感じになった。それで帰り際に「あのさ、君さ、悪い人じゃないと思うけど女性で40代といったらけっこうヤバいわけじゃない? だからあんまり高望みはしないほうがいいと思うけど」とさらっと言ってきた!大きなお世話!

まぁ今考えると、Eさんの発言はキツい言い方ではなく、意地悪というほどでもなかったかなとは思います。彼もうまくいかず、モヤモヤして言ったんでしょうね。

最初の結婚相談所で言われた「30代と40代は違う」加えてEさんの「40代けっこうヤバい」という言葉がけっこうズシンと響きました。

だけど、ここであきらめないでよかったと思います。出会いを探そうと動き出すと、時々、落ち込むようなことはあるけど、いちいちあまり気にしないほうがいいですね。

これで少し落ち込んだのですが、matchではあいかわらず、それなりのペースで男性からいいね!がくるので、アプローチしてくれた男性のプロフィールや写真を夜にじっくり見るのが習慣になっていました。

そして、2つ年下のパックンと出会ったのです。

パックンはこんな人です

  • 2つ年下の38歳(当時)
  • スポーツインストラクター
  • 趣味はスポーツ全般、キャンプ、料理

パックンのプロフィールと写真を見たとき「なぜ、こんな素敵な人が一度も結婚していないのだろう」と思いました。女性も多そうな職場なのに・・・と少し不思議に思いつつ、彼とのメッセージ交換がスタートしました。

いきなり「朝から夜までデート」

最初の1週間くらいは当たり障りのないメッセージのやり取りが続きました。わたしがキャンプに興味があるとメッセージを送ると、ショップに新しいテントを見に行こうと思ってるから一緒に行きませんかと誘われました。

その時、わたしは彼に思い切って尋ねました。「正直あなたがなぜアプリで女性との出会いを探しているのか少々不思議に思ってる」と聞くと、出会いがないからと戻ってきました。

パックンはインストラクターですが、幼児向けのスポーツ教室の講師として働いていました。

さらに休日には、介護施設などでお年寄りに負担のない運動をボランティアで教えており「5歳児と80歳の女性としか出会いがありません(笑)」とメッセージが戻ってきました。

わたしもそうですが異性が少ない職場だと知らず知らずに出会いを逃し、結婚のチャンスも逃しちゃうんだよなぁと思ったものです。

初めて会った日はまずお茶をし、その後、一緒にアウトドアショップめぐりをして帰宅する予定でした。

でもとにかく話がはずんで、キャンプの話も興味深かったので、結局イタリアンでパスタとワインを飲みながら気づいたら朝から夜10時すぎまで過ごしていました。

40歳だから婚活はムリなんてことはない!

40歳だから婚活はムリなんてことはない!

パックンとお付き合いするようになって、しばらくしてから彼にこんなことを言われました。

「kumiさんのことでたったひとつだけ気になることがあるから、直してほしい」

わたしはかなり焦りました。この頃にはもう彼に夢中で、40歳だというのに学生時代のように毎日ドキドキわくわくしていたからです。

パックン「kumiさんは酔っ払うとさ、もう40のオバチャンなのにどうして付き合ってくれるのって聞くでしょ、アレはもうナシにしよう」
わたし「え?」
パックン「たまたまお互いにこれまでいい出会いがなくて、この年齢になったけど、今は楽しく過ごしているんだし、もう年齢とか気にするのはやめようよ

嬉しかったですね。と同時に、いつもどこかで(40すぎたら婚活とかムリ)と思い込んでいて、この楽しいお付き合いもいつまで続くものやらと少し疑っていた自分を恥じました。

この日の婚活日記を見ると、すごく長い文章なんです。これまでの自分を振り返り、年齢ばかりを気にしていたことを改めて思い出しました。

ある意味、結婚相談所でも自分が40歳だということ、紹介される男性が50代だということばかりを気にしていたんですね。

でも年下の素敵な男性と出会えたように、もしかしたらわたしも心を開いて年上の男性と会っていたら、50代60代でも「いいな」と思える人と交際にまでつながったかもしれません。

そりゃ、40歳で20代の男性を探そうなんて思いません。そういう意味では年齢はやはりある程度は影響します。でも年齢だけで「だから良い出会いがあるわけない」と決めつけてはダメなんです。

40歳の婚活は嫌な思いをするかもだけど

婚活日記を最初からずっと読み返しながら思ったのは、そうは言っても女性で40代となると婚活が簡単でないのも事実だということです。というか、大人には大人向けの婚活方法があるってことです。

そもそもマッチングアプリだって、たとえば学生の子や20代そこそこの女の子が大勢利用しているアプリなら、40代女性のマッチングは難しいに決まっています。

結婚相談所も、最初にもっとリサーチして、ミドルエイジ向けのサポートをしてくれるところを選べばよかったのだと思います。

途中で婚活イベントにも参加しているのですが、街コンは若い女の子グループばかりが人気で、やはり40歳女性にはハードルが高いと思いました。

でもこれも、40代限定の婚活パーティーや婚活イベントだったら、楽しく過ごして出会いも見つかったかもしれません。

自分の年齢や状況は冷静に判断して、出会いが見つけやすい婚活方法を選ぶこと。年齢を気にしすぎず「気が合う人がいたらラッキー」くらいに思って、積極的に自分から出会いを探しにいくことが大切なのかなと思います。

世の中にはいろんな男性がいますから、中には去り際に「若くもないくせに」と言うような失礼な人だっているかもしれません。

それなりにお付き合いしていると思ったら、もっと若い子に出会って音信不通(実際にメッセージ交換で一度ありました・・・)という、心が折れそうになることもないとは限りません。

それでも、たかだかマッチングアプリですよ。アプリも出会うためのきっかけのひとつでしかありません。

友だちから紹介されたり、行きつけの店で男性と仲良くなることだってあるかもしれません。何が出会いのきっかけになるかはわかりません。

年齢というより「出会いたいから行動する」ことが大事なのだと思います。

婚活日記の最後に「プロポーズ」の言葉

婚活日記の最後に「プロポーズ」の言葉

わたしはたまたま運が良かったのかなと時々思います。でも運が転がり込んできたのは、わたしが積極的にマッチングアプリを利用していたからです。何もしないで「もう40歳だ、もうムリだ」と家でウダウダしていたら、出会いなんてきっとなかったことでしょう。

わたしの婚活日記は最後のページに星空の写真が貼ってあります。

パックンと初めてふたりでキャンプに行った時「今すぐでなくてもいいんだけど、結婚したいと思ってるんだ」とプロポーズしてもらった日、見上げた夜空をバックにふたりで写真を撮ったんです。

お互い子ども好きなんだけど、わたしの年齢的に出産は厳しいかもしれない、そういう現実的なこともきちんと話し合いました。

でもわたしも彼も、たくさんの子どもに日々囲まれて過ごしているので、子どもがいなくても「子どもに関われる仕事についている喜び」を共有できます。

40歳から始めた婚活でしたが、途中、多少は落胆したり落ち込んだりもしつつ、最後の最後で素敵な人と出会えました。

これを読んでくれて、年齢を気にしている女性の皆さんが「そうか、出会いっていろいろなところにあるんだな」と思って、積極的になってくれたら嬉しいです!

>>match公式アプリへ
>>プロが選ぶ優良マッチングアプリランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック