家を出たい!マッチコムで婚約相手を見つけてスピード結婚した女性

過保護な親から解放されたい!そんな理由から22歳で婚活を始めた女性。マッチングアプリを始めた途端に男性からのアプローチが止まらない~!

そんな入れ食い状態の中、見事理想の男性を見つけ交際7か月で結婚することに!そんな女性に婚活成功の理由などを教えてもらいました。

なぜ若干22歳で婚活を…!?

本日は結婚相手をマッチ・ドットコムで見つけて、現在ご妊娠中のユミさんにお話をお伺いしていきたいと思います。最初にプロフィールを教えて頂けますか?

27歳女性、現在は専業主婦です。群馬県で主人と二人暮らしです。

ご主人と出会われる前も群馬にいらっしゃったんですか?

私群馬から1回も出たことがないんです。

ご主人は群馬の方だったんですか?

そうです。結婚相手を探す際も、群馬県内かその付近がいいなと思っていたので、近いところで探せた感じです。

そもそもマッチングアプリを始めたきっかけは?

結婚したいなというのは早い時期から思っていました。

友達からの紹介で長期間付き合って相手を見極めめるよりも、淡々と付き合って結婚したかったので、「だったら婚活したほうがよくない?」と思って22歳の時にマッチングアプリを使って婚活を始めました。

実際そのとき自分の売りは若さしかなかったから、若ければ見つかるんじゃないかなという安易な考えでマッチングアプリに登録してみました。

22歳というと、婚活にはちょっと早いですよね。

そうですね。周りからも言われました。「え?婚活?」って。

恋愛よりも結婚を意識されてたんですよね。それは子どもが欲しいという思いが強かったんですか?それとも早く身を固めたいという思いが強かったんですか?

結婚したいと思ったのは、早く実家を出たかったからなんです。

実家がだいぶ過保護なところがあって、本当は就職したら家を出るつもりだったんですけど、押しとどめられて。

もう結婚するしかない」「自分の家庭が欲しい」と思って、そこから派生して「子どもも欲しいな」ってなりました。

かなり明確な理由があったんですね。

計画的犯行なんですよね(笑)

マッチングアプリと出会い系って何が違うの~?

そういう過程があって結婚を強く意識していたということですね。マッチ・ドットコム、ネットの出会い、マッチングアプリの出会いの存在自体は知ってたんですか?

1つ上の先輩で、実際にYahoo!パートナーで知り合って結婚した人がいたんです。

最初は「マッチングアプリで婚活なんて、出会い系みたいじゃん」って思ってたんですけど、「ちゃんと相手を見極められる目さえあれば大丈夫なんじゃない?」って思ってYahoo!パートナーに登録したんです。

それ1つだけじゃダメかなって思って他のマッチングアプリも検索してみたら、マッチ・ドットコムは1カ月無料だったので「1カ月まずはお試し」って思って登録しました。

マッチ・ドットコムは最初に無料で始められるというのが結構大きかったということですね。ヤフーパートナーもそんなに高額ではないですよね?

Yahoo!パートナーは有料までいかなかったんですよ。マッチ・ドットコムのほうを有料で登録したら、えげつない量のアプローチが来ちゃって。

すごい人気だったわけですね(笑)

登録した途端に人気者!仕分け作業の日々…

「ネットの出会いってこんなにいろんな人と出会えるんだ」みたいな、驚きはありましたか?

自分の写真載せるのが怖くて、結局最後まで写真を載せてないんです。やり取りしてる中で「写真が見たい」と言われたら個別で送ってたんですけど。

にも関わらず、150~200件もアピールが来たので「年齢で見てるだけでしょ!」と思いました。

若さが売りだったけどこんなにくるものなのかとビックリしました。

衝撃的なスタートだったわけですね。

2、3日はパソコンに張り付いて「連絡取る、取らない、取る、取らない」って仕分け作業を黙々とやっていました。

書類選考みたいな感じですね(笑)

そんな感じです。「採用、不採用、採用、不採用、」みたいな。

こっそり婚活するにはマッチングアプリ!

マッチ・ドットコム自体のスタートは順調だったということですが、ほかに婚活はやってなかったですか?例えば結婚相談所、婚活パーティー、街コン、合コンはどうですか?。

色恋にガツガツしてるイメージを出したくなかったし、友達関係も薄かったので、合コンは行かなかったです。

あと婚活を始めたことは親に内緒にしていたので、結婚相談所は親にバレるかもしれないと思って行かなかったです(笑)

そこにも親が絡んできそうな雰囲気があったからこっそり婚活したんですね。

ネットで出会ったら「知人の紹介なんです」とか適当なことを言っておけば大丈夫だけど、結婚相談所と言ったら難色を示すだろうなと思って。

「あなたそんなにモテないの?」みたいなことを言われるのが億劫だったので、とにかくネットで探してどうしても駄目だったら結婚相談所かなと思ってました。

条件は妥協しない!

でも結局、結婚相談所に行く必要はなかったんですね。たくさん来た男性の採用・不採用の仕分けはどういう基準で行ってたんですか?年齢、年収などの条件は決まってましたか?

条件はできる限り妥協しなかったですね。若さ目当てなんだから、多少こっちが条件を釣り上げてもいけるって思ったんです。

それで駄目だったら条件を下げていこうと思いました。年齢は同い年から10歳上まで。身長は気にしないけど、太ってる人は外しました。

太ってる人が嫌いというわけではなくて、もし10歳上の人と結婚して、太って病気になって早死にされても寂しくなっちゃうなと思ったからです。

好みというよりは将来を考えてということですね。

そうですね。あと年収は400万円以上と決めてました。自分も働くのは嫌じゃなかったし、むしろ働きたかったので、共働きでもOKと思ってました。

ただ正社員というところはこだわりました。「この人と結婚する」と言った際に親に拒否されるのも面倒くさいし、とにかく結婚相手には安定性を求めてました。

あと離婚歴も子どももなしの人というのは絶対条件でした。

漠然とし婚活や恋活をやられてる人もいますけど、ユミさんは結婚したい理由も相手に求める条件も明確だったんですね。

なあなあで登録してお金取られて長期でウダウダやってるのが嫌だったので、サイトに登録するのは短期間と決めて譲れない条件はちゃんと挙げておきました。

なるほど。ダラダラやるのではなくて期間を決めてやろうと決めていたということですね?

そうですね。今ここでいい人に出会わないんだったら、神様が「今じゃない」って言ってるんだろうと思って。

ダメだったら休めばいいやみたいな。

いいですね。理由付けして自分にプレッシャーもかけつつ、見つからなかったら見つからなかったでしょうがないっていうように意識していたということですよね。

そうですね。諦めも肝心というやつですよね(笑)

大量の候補者を精査…メッセージは5人とだけ

結果的に成功したわけですけど、メッセージはどのくらいの人としました?最初はアピールが向こうから来て、こちらもそれに対して返信したときにメッセージができるんですよね?

「あなたに興味ありますよ」みたいなボタンを押すと相手のプロフィールが見られて、よさそうと思ったらこっちからメッセージを送ることができるシステムでした。

短いメッセージを送るくらいだったら10人くらいいましたけど、ちゃんとメッセージのやり取りをしたのは5人くらいだったと思います。

それは条件にちゃんと当てはまっている人ですね。写真は皆さん載せていましたか?

載せてる人と載せてない人半々くらいでした。今の夫も載せてなかったんですよ。

やり取りをしている中で「写真を見せっこしない?」となって送り合いました。

ご主人を含めて実際に会ってデートした人は何人いました?

3人です。

ある程度メッセージが続いて話が合う人と会っていった感じですか?

私が土日休みだったので、土日に会える人とお会いしました。

会った人は近場だったんですか?

そうですね。同じ群馬県で高崎、前橋あたりのまあまあ近いところにいたんですよ。

会うのは怖いけど…走って逃げればどうにかなるでしょ!

実際会うときは車で行くんですか?

全員「食事でもしましょう」という話になって、お互いの中間地点のお店で相手がお店を決めてくれました。

会った男性はみんなしっかりされてますか?

選んだ人全員いい人だったんですよね。

いい人を精査していたということですね。

支払いのときに自分も財布は出したんですけど「財布下げて」って全員おごってくれました。

当時の22歳の私からすると「大人の男というのはこういうふうにスマートな対応ができるのか」とちょっと感心しちゃいました。

そのあたり男性はすごく参考にしたいところですね。場所を決めるときもちょっと女性寄りにしたり、最初のデートは男性が最低でも多めに払ったり、その辺は女性にとっては印象がいいところですよね。

そうですね。

会った方のお話を聞いていきたいんですけど、最初マッチ・ドットコムをやり始めるときに少し抵抗があったというお話がありましたけど、会うときは怖かったり緊張したりしました?

緊張はしてましたけど、もしいざ変なことになったとしたら、最悪車も近くに停まってるし、何かあっても走って逃げようと思って。

最悪の場面を想定しても「大丈夫だ」という感じだったんですね。

唯一思ったのは、支払いを全部私にされたら困るから、お金だけは多めに隠して持って行こうかみたいな(笑)

別の封筒に2、3万隠しておきました。でも結局みんないい人でした。

緊張して喋りまくる(笑)

3人お会いしてお話は盛り上がりましたか?

私、緊張するとすごいしゃべるんですよ。慣れると静かになるんですけど。

最初は私のほうからガンガンに質問したりキャッキャしてたので、多分会った人全員に「騒がしい子」「面白い子」って思われたんじゃないかな。

後々「何で会ったときあんなに騒がしかったの」って言われました(笑)

一生懸命頑張らなくても、女性がしゃべってくれるというのは男性としてはありがたいですね。

もともと職場に女性が少なくて、男性とばかりしゃべるような生活をしていたので、当たり障りのない話もできるんです。

そういうところのコミュニケーションは得意だったということですね。3人目に会ったのが旦那さんだったんですか?

そうです。旦那が3人目だったので、初対面の人との会話も慣れてました(笑)

3回もやってると慣れるんですね。

家族構成、飼ってるペットの話、通ってた高校、部活の話とかをしました。

ダメだったら次!悩んでる時間はない!

旦那さん以外の人とは1回会って終わってしまったんですか?

ここがダメ!っていう決定打はないものの、「何かこの人じゃないかも」と思ったから1回会って終わりました。

「もう1回会ってみれば分かるかも」とズルズルやってるほうが相手にも迷惑かなと思ったので、「逃がした魚は大きいかもしれないけど、大丈夫、次を釣る」という気持ちで次の人を探しました。

考え方がすごくいいですよね。ダメだったら次!って感じですね。

次へ次へというふうに思っていたほうが、いい条件の人が見つかったんですよ

メッセージも1人目より2人目、2人目より3人目が良かったし、スペックも結局最後に会った主人が一番良かったんですよ(笑)

私の求めた安定性というものに関しては、主人が一番よかったです。

ご主人には「結婚を意識できそうな人だな」という印象を持ちましたか?

年が10歳離れてるから、結婚をズルズル先延ばしすることはまずなさそうだったし、3人兄弟の末っ子で家を出て長いというし、安定ある仕事だし、ブサイクではないし(笑)

特に嫌悪感もなく結婚に突き進みました。

その流れ、なかなかいいですね。会って話してもイメージが崩れることがなかったんですもんね。

今思えば主人もだいぶ猫かぶってましたけどね(笑)

最初はそうですよね。

結婚までこぎつけたもん勝ちですよね、結局。「お互いがお互いにだまされたところはあるよね」と2人で笑ってますけど。

出会って7か月で結婚!トントン拍子でした

結婚まではトントン拍子に進んだんですか?

早かったですよ。

8月の半ばにマッチ・ドットコムに登録して、1か月後には主人と付き合う話になって、年明けのお正月には「本当に結婚する気があるんだったら、初詣がてら私の実家に来てくれない?」って言ったら本当に来ちゃったんですよ。

軽く両親とも顔合わせして5月にはプロポーズされたので、出会ってから7カ月くらいで結婚しました

えー!なかなかスピーディーですね!すごい!

婚活としては満点と言えば満点かな。

だいぶ満点ですよー!

「うまくやったね~」とは言われました(笑)

大成功でしたね。

>>マッチドットコムの公式サイト

もうちょっと比べてみても良かったかも…

マッチングアプリ、ユミさんの場合だとマッチ・ドットコムを使って婚活してみて、総合的に評価はいかがでしたか?

婚活するにあたって、焦らないことも重要だと思いました。

私も結局3人だけ会って「この人と結婚しよう」と決めましたけど、正直もう少し何人か比べても良かったんだろうなとは思いました。

3人同時進行でもっと長くやり取りをしてもよかったのかなと思います。

相手の性格は付き合ってるうちに分かっていくけど、切っちゃえばもうその場で終わるので、もうちょっと様子を見てもよかったんだろうなとは思いました。

あとマッチ・ドットコムは登録してる人がたくさんいて会える数も多いから、すごいなあと思ってました。

今はほぼみんな写真を載せているので、これから婚活をする人にとっては更によい条件になってるんじゃないかと思います。

いいですね。顔が全てじゃないけど、どうしても印象に残るから顔写真を見て選べるというのはいいですよね。

写真を載せてなかった私が言うのもなんですけど(笑)

やっぱり時代と共にいろんなアプリも出てきて利用人口も増えていますね。ユミさんがやられていた2012年くらいは、多分出会い系サイトのほうが主流だったと思うので、写真を載せるのが怖いというのは普通だったと思います。その中でちゃんと結婚相手を見つけたのはすごいと思います。

一言でいうと本当に運がよかったんだなとは思います。

参考になることをいっぱい聞けたので、よかったです。

ありがとうございます。

まとめ

22歳という若さで婚活を始めたユミさん。

たくさんの男性からアプローチを受ける中で、相手に求める条件を妥協することなく現在の旦那様に出会えたのは、

・婚活を短期間と決めて行動したこと

・小さいことに捉われず「ダメだったら次!」と前向きに行動したこと

・条件を明確にしていたこと

などが理由だったのではないでしょうか。

とってもタメになるお話が聞けました!

関連ページ

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓

計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング