バツあり必見!再婚専用アプリremarry(リマリー)評価!期待大でも今は残念?

remarry(リマリー)公式イメージ

どもども。全国的にだいぶ暖かくなってまいりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回は「温かい家庭をもう一度」と願う離婚経験者にピッタリ!新アプリ『remarry(リマリー)』をご紹介してみようかと。

ご存知の方もおられるでしょうが、remarryとは再婚を意味する言葉。すなわち、再婚者限定のマッチングアプリなんですよね~

婚活アプリは数あれど、再婚だけに的を絞ったサービスは他にありません。元出会い系運営者の私も、そのニッチさに興味津々でして・・・

いったい、どんなアプリなのか?
本当に再婚相手を見つけることは可能なのか?

こりゃさっそく調査してみんべ~ってんで、プロ目線で厳しく検証&評価!おすすめ度をガチンコで星判定しちゃいました。

結論:remarry(リマリー)は誠実なマッチングアプリ!だけど…

率直にお話しますね。コスパ重視で実直な再婚相手と出会いたい人なら、その第一歩として利用するのも悪くありません。

ただし利用ハードルがちょっと高い&まだまだ人が少なく出会いづらいため評価は5点満点中2点。

利便性 ★★☆☆☆
コスパ ★★★★☆
将来性 ★★★☆☆
出会える度 ★☆☆☆☆
総合評価 ★★☆☆☆

再婚者限定は他にはないコンセプトで良い

再婚したいけど、なんらかの事情で婚活に踏み切れない人っていますよね?remarry(リマリー)は、そんな男女がスマホひとつで理想の再婚相手を見つけられるアプリです。

こんな悩みを抱えている人なら、特に向いていると思いますよ。

  • 普段の生活でバタバタ、婚活に使う時間がない人
  • 離婚経験で消極的になり、一歩が踏み出せない人
  • 婚活パーティー・お見合いのような場が苦手な人
  • 結婚相談所は抵抗がある人(特にコスパ面)

検証の結果、総合評価は星2つ!トータルで言えば誠実感あふれるアプリ。しかも男性コスパは抜群、日本人の再婚率がここ10年35%前後で推移している点からも相応の将来性が見込めます。

じゃあ、なぜ「利用するのも悪くない」と歯切れが悪いのか?星の数も微妙だし・・・(汗)

remarryの残念な点は3つ!

いい話ばかりするつもりはありません。公平を期すべく、remarryの残念な部分もお伝えしておきますね。

評価を抑えた理由は3つ。

  • 本人確認書類は写真付証明書のみ
  • 会員数が少なく、田舎では出会いにくいかも
  • 色々な縛りあり現状ではデメリットの方が大きいかも

証明書は写真アリのみでハードル高め

心理的なハードルが高く、いきなり心が折れる人もいそう。他社アプリだと保険証OKなんてトコも少なくないんですけどね~。

割合としては少数派ですが、顔写真付きの証明書がないって人はわざわざ取りに行かないと入会できないですからね。

そして、リリースから2週間以上経過しても登録者はわずか。なんと、女性側から入ってみるとリストアップされた男性は1名というクライシス。

remarry(リマリー)ログインイメージ

もしかして、本人確認が済んでいないから登録者も見れないのかな〜と思い、ヘルプを見てみると「全てのユーザで利用可能」とのこと。ただし本人確認書類を承認された人のみとのことなので、本人確認をする人が相当少ないか、本人確認自体が滞っているか。

いずれにしても出会えるほど人数がいないのが現状。残念。

会員がかなり少ない

まだリリースしたばかりで2〜3ヶ月は様子見期間ですが、それでもバツ有り限定という縛りもあるし、とりわけ地方での会員増は時間が必要。

社会貢献的な側面もあって将来的には期待大も、今すぐ出会える状況じゃないっていうね。

縛りのデメリットの方が大きい

真剣度はとても高いです。が、メッセージできるのは10日間だけ、いいね(アプローチ)は1日で消えてしまう、アプローチできる人数は常に最大5人。

縛りがあるからこそ真剣な人だけが残るのは大きなメリット何ですが、会員数が少ない時点で縛りを入れると出会いづらさを加速させてしまうのではと不安要素に。

これがメリットと言えるようになるまでにはまだまだ時間がかかりそう。

同じく再婚むきのアプリも同時に使うべし

リマリーの会員が増えていくかこまめにチェックしつつ、直近数ヶ月の活動は別のアプリを使う方が良いのでは?というのが最終判断。

ということで、代替アプリとして紹介したいのがこちら。

⇒平均3ヶ月半でカップル成立中の婚活アプリ『マリッシュ』

remarryと似ているけど、より会員数が多くて本人確認書類も保険証可。初婚or再婚どちらでも大丈夫です。

では、もう少し詳しいリマリーの解説へ進みましょう。

remarry(リマリー)とは

remarry(リマリー)アプリイメージ

remarry(リマリー)とは、離婚経験がある男女の再婚を応援する婚活マッチングアプリ。バツ有り・独身・恋人ナシの三拍子揃っている男女だけが利用可能!再婚者同士の出会い場となっています。

利用方法はシンプル。大まかに言うと、『異性を探す』→『気に入った相手がいたらアプローチ』→『受諾でマッチング成立』→『2人きりでトーク』のマッチングアプリでは一般的な流れ。

とはいえ、さすが離婚経験者限定アプリですよ。他社アプリのような軽さは見受けられません。カップル成立までの効率性より、丁寧な相手選びを優先する仕組みだな~と。

事実、バツ経験のある人間だからこそ「次は失敗したくない」と慎重になるもの。真剣な出会いを求める男女がじっくりと再婚相手を探せるよう、随所に工夫が凝らされているんですよね。

運営いわく、『誠実なパートナー探し』がremarryのコンセプト。同時に「離婚経験はキャリア」「二度目はもっとうまくいく」なんて素敵なコピーも絶賛展開中!

離婚を通して学んだことは、これからの新しいスタートにおいても必ず活きる知識だと説いています。そのキャリアを活かせる場が、このremarryだってことでしょうね。

※アプリの利用環境はAndroid4.4以降、iOS9.0 以降。Web版はなく、スマホ・iPad・iPod touchで利用可能。

remarry(リマリー)5つの特徴

remarryの特徴は大きく分けて5つ!すべては『再婚相手を真剣に探せる環境』を提供すべく用意されたと言っても過言ではありません。

他社アプリだと“マジメな相手探し”と謳いながらも、目的の怪しい人間がバシバシ異性にアプローチできちゃったり。ごっそり集客したくて、ヤリ目ユーザーを黙認するサービスも珍しくないですからね。

remarryの場合、そういう利用者をカットしたい雰囲気アリアリ。たとえば、規約を分かりやすく整備したり、あえて機能的なハードルを設けたりとか。

では、具体的にどんな特徴を持つアプリなのか?その5つを個別に解説していきますね~

1:価値観重視なら『共感マッチング』がおすすめ!

remarryでは、好相性の再婚候補とスピーディーに出会える『共感マッチング』が実装されています。

スタートは毎日の初ログイン時。「あなたはどっち?」という二択質問に答えるだけで、同じ答え&同価値観の異性を自動リストアップ!多忙で婚活に割く時間が無い人にとって、めっちゃありがたい機能です。

想像してみてください。多くの会員の中から、理想の相手を手探りで見つけるのはひと苦労。当たりに辿り着くまでの時間や労力もバカになりませんよね。

でも、共感マッチングなら超カンタン。価値観&嗜好を共有できる異性を手軽に見つけられます。

2:運用力が試される?アプローチは最大5回!

remarryはアプローチメッセージの回数が限られており、その数5回。「1日あたり5件」や「月5件」ではありません。期間関係なく、5回分を同時に利用で限界MAXです。

アプローチメッセージとは、他社アプリの「いいね」みたいなもの。一応、remarryにもいいねは存在します。が、マッチングしたい相手にはアプローチを送る仕様なのですよ。

アプローチメッセージ利用のポイントを整理すると・・・

  • 利用回数は最大(同時)5回まで
  • 送った24時間後に自動消滅→回数復活でまた送れる!

なんだか運用力が明暗を分けそうな予感。回数を限定した理由は、恐らくサービスの根幹にある『誠実なパートナー探し』の実現かと。

マッチングしたさにアピールを乱発するのではなく、しっかり相手を吟味して「これだ!」と思う異性にアプローチして欲しいのでしょう。デーティングアプリのようなナンパ系とは真逆の発想ですね~

再アプローチしたい場合は24時間後以降に可能。復活サイクルを意識して運用すれば延々とアプローチできる仕組み。果たして5回分をどう活用するか?戦略を練る必要がありそうです。

推奨は『お気に入り登録』してから『アプローチ』

アプローチメッセージ運用対策として、『お気に入り登録』を駆使してみるのも良いでしょう。remarryでは、気に入った相手をお気に入り登録でキープしておけます。言い方を変えれば、“一期一会を大事にできる”機能ですね。

もちろん、登録した相手には通知されないから恥ずかしくありません。アプローチは5件しか同時運用できないので『逃したくない異性をガンガンお気に入り』→『しっかり吟味、相手を厳選してアプローチ』がベスト。

ちなみに、お気に入り登録は無料会員状態でも利用OK。無料のうちにお気に入り登録しまくり、気に入った相手が見つかってからの有料加入もアリですね。

3:マッチング後のトークがオンリーユー状態

remarry(リマリー)トークイメージ

remarryは複数の相手とマッチングできません。必然的にマッチング成立後のトーク相手もひとりだけ。複数異性との同時進行NGなのであります。

「なんじゃそりゃあああ~!?」と思いますよね。他社アプリなら何人とでも同時進行できちゃうワケですし。

で、こちらも分かりやすくポイントをまとめてみました。

  • マッチング成立中は他の異性とマッチングできない
  • トークもその相手だけ!制限時間は最大10日間
  • トークは途中終了(クローズ)も可能

これまた『誠実なパートナー探し』と大いに関係が。理由としては、ひとりの相手とじっくり丁寧にコミュニケ―ションして欲しいからだろうな~と。

再婚で失敗しないためには、相手選びも慎重さが求められます。特に内面は重要!初婚時の失敗要因として「相手の内面をよく知らずに結婚してしまい、結果的にそれが影響した」なんて例も多いと聞きます。

同じ過ちを繰り返さぬよう、相手をよく知る時間が必要という考え方ですかね。その制限時間は10日間。別のお相手とマッチング&トークできるのは最長10日後・・・(汗)

とはいえ、時間をムダにする必要はありません。途中終了できる仕様だし、合わないと思ったらサクッと打ち切るべきでしょう。

4:お相手の印象を星評価!

remarryでは会員の評価制度を導入しています。トーク終了後、お互いに星評価するんですね~

その画ヅラがこれ!

remarry(リマリー)星評価イメージ

んで、ポイントは以下の通り。

  • 「ユーモア」「マナー」「コミュニケーション」の3つで相手を評価
  • 評価完了で別の相手とトーク(マッチング)可能に
  • 評価は3か月間表示され、経過したものは消去(リセット)される
  • 評価は常に平均点が表示され、6ヵ月ごとに更新

10日間フルに使って相手を見極めるべきか?それとも頃合いを見て終了させるべきか?悩ましい選択になりそう。同時進行NGだし、他に良さげな相手が見つかったら終了→即評価が既定路線となるのでは。

仕組みを見る限り、リマリーで理想の出会いをみつけるには「良い評価」をもらい続けることが大切なんだろうな~

良い人・安心な人と印象づけることができて、アプローチされやすくなりますモンね。そうなれば“相手を選ぶ余裕”が発生し、より理想を追求しやすくなります。

同時に不安な点も。それはクローズを切り出すのは勇気がいるし、オマケに低評価をつけられる可能性がある件。ヤフオクやメルカリでありがちな恐怖がremarryでも起こり得るんですよ。

評価を変更・修正してもらえる仕様かどうかは不明。うーん、ちょっと気になりますね。有料加入後に悪評価されちゃったら大変!普段の振る舞いを含め、ヘタに誤解されないよう注意が必要かもしれません。

過去にもお相手を評価したりクチコミをかけるマッチングアプリは存在していたんですが、早々にサービス終了の道へ。

もし自分が悪い評価をつけられてガチのダメ出しを食らったら…そりゃ凹むしちょっと怖いですね。

5:remarryは顧問弁護士監修!

remarryでは、顧問弁護士(早稲田リーガルコモンズ法律事務所・朝倉理紗氏)が資格条件や規約部分を監修しています。

きっと、ユーザーの不安をひとつでも多く取り除きたいのでしょう。随所に誠実さを感じさせるポイントがあり、ユーザーが安心して利用できるよう配慮が行き届いている印象です。

弁護士監修で何が違うのか?実際にどんな配慮がなされているのか?気になった部分をご紹介していきますね!

公式サイトがやたらと親切

remarryは公式サイトが誠実で親切!これまでたくさんのマッチングアプリを見てきましたが、こんなに懇切丁寧なランディングページは初めてです。

利用案内を明記したガイドページの文章量が非常に多く、一見「こんな長文、誰が読むんだよ~草生えるわ!」的なウンザリ感を覚える人もおられるかと。

しかし、内容は登録前のためらいをキレイに吹き飛ばす思いやり満載。利用手順、機能説明、料金、有料解約から機種変更の方法まで一連の流れをきめ細かく案内!

利用者が不安に思うであろう点に対し、事前に正しい情報を提供しようとする意志が垣間見えます。

会員規約がわかりやすい

remarryの親切ぶりは会員規約にも。弁護士監修らしく、他社では明文化されていない行為も細かくハッキリ違反指定!かなり分かりやすく明記されています。

面白いのは、第8条の「他の利用者と会う約束した後、これを一方的にキャンセルする行為」なんて一文。

つまり、ドタキャンは規約違反だと。普通、こんなのいちいち書きません。苦情を入れても「ユーザー同士の問題だから運営には関係ありません」的な態度を取られて終了ですよ。

remarryでは運営から警告が来たり、アカウントがBANされそうな気配。うはは、約束はしっかり守るようにね!

あと、外部サイト・アプリへの誘導&マルチ・ネズミへの勧誘はもちろんのこと、なんとヤリ目までもが規約違反とハッキリ認定されるサプライズ。わざわざ明記するってことは、通報で対処してもらえるんだろうな~と。

これなら、不純な目的のユーザーは活動しにくくなりますよね。健全性はググッと向上!マジメな出会いに特化した環境を用意できるってワケです。

remarry(リマリー)の料金がコスパ最強な件

remarryの入会登録は無料です。すべての機能をフル利用するには、男女とも定額プランへの加入が必要。

大注目は男性料金の衝撃的な安さ!一般的なマッチングアプリより超お得でして、採算は大丈夫?なんて心配になります。

料金の前に、まず無料会員と有料会員の境界線をどうぞ。

remarry(リマリー)有料会員と無料会員の比較

料金プランがこちら。

契約月数 男性 女性
1ヵ月 1800円 900円

※金額は税込

ガチで料金プランはこれだけ。複数月プランは存在せず、1ヵ月プランが自動継続される仕組み。プレミアムのような追加費用ナシ、課金アイテム(コイン・ポイントなど)も一切ありません。

んあ~、めちゃめちゃ安いと思いません?マッチングアプリの男性定額相場が3500~4000円/月だから、ほぼ半額!女性も有料とはいえ、月900円ですからね~

ただ、前述した通りアプローチできるのはMAX5人、同時にメッセージできるのは一人だけなど出会いやすさで言えば、リマリーはちょっと劣る印象です。安さを取るべきか、数を打ちたいか、自分の婚活スタイルに合わせて選んでみてください。

男性目線で言えば、女性も有料だから真剣度が高いって話ですよ。女性無料アプリによくいる冷やかし・暇つぶし目的の女性はいないだろうし、真剣な嫁探しが実現しそう。

真剣な男性が集まるってのは、女性側にとっても大きなメリット。丸々1ヵ月間、わずかランチ1回分の料金で“マジメに再婚したい男性”と出会い放題になりますもん。

今はまだ会員数も少ないですが、増加は時間の問題かと。「データから算出するに、離婚経験者は現在900万人いる(運営談)」の通り、比較的ニーズが高いジャンル。コスパ最強と呼ばれる日もそう遠くないのでは。

更に!記事の最後でお伝えしますが、今なら1ヵ月間タダで利用できちゃいます。この先を読み続けてremarryを利用してみたいと思ったら、ぜひキャンペーン期間のうちに入会しておくことをおすすめしたいですね。

remarryとマリッシュを料金比較してみた

再婚ウェルカム系アプリで有名なのがマリッシュ。remarryは再婚専用でマリッシュは初婚・再婚どっちもOK。違いはありますが、共にバツイチの多いアプリ。

じゃあどっちがお得なの?てなことで、料金面を比較してみようかと思います。

remarry マリッシュ
期間 男性 女性 男性 女性
1ヵ月 1,800円 900円 2,980円 無料
3ヵ月 5,400円 2,700円 7,980円(単月2,660円 )
6ヵ月 10,800円 5,400円 13,980円(単月2,330円 )
12ヵ月 21,600円 10,800円 19,980円(単月1,665円)

※remarryは1ヵ月プランしか存在しないので月数分を掛け算

マリッシュは女性無料。女性目線で言えば、バツ関係なくタダで利用できるのはウレシイですよね。ただし、本気度の怪しい女性でも利用できちゃうのは男性にとってデメリットかも。

片や男性はremarryが圧倒的に安くて、1ヵ月で1000円以上の差。マリッシュは12ヵ月プランでようやく逆転、加えてプレミアムプランやポイント課金もあって少々不利。将来的にはremarryへ流れる男性も出てくるでしょうね。

remarryが安い理由は女性も有料だからかな~と。男性1800円+女性900円=2700円でマリッシュの約1ヵ月弱分を確保できますし。会員増で値上げの可能性はあれど、現状はコスパ良好と言えます。

諸事情を踏まえると、バツの有無にこだわらないのであれば両方登録がベター。remarryが優位と見たら、1ヵ月だけ課金して様子を見てもいいんじゃないかと思いますよ。

remarry(リマリー)の安全への取り組みは?

利用者にやたらと親切なremarryですが、やはり気になるのは安全への取り組み。調査結果からお話すると、他社アプリよりやや厳しめかな~なんて気も。

誠実なパートナー探しを掲げる以上、不誠実なユーザーにはできる限り利用してほしくありませんものね。

ここからはremarry運営が公開している安全への施策をご紹介しつつ、プロ目線での見解もお伝えしてまいります。

アカウント公開は本人確認後!

remarryは本人確認を済ませた上でアカウントが公開されます。確認のタイミングは入会登録手続きの直後で、公的な証明書を提出(画像をアップロード)する形です。

カンタンに言うと、remarryのプロフィール公開者はすべて本人確認済って話。他社アプリは身元不明な人でもマッチングまでは可能。なのにremarryは利用すらさせない硬派ぶり。

これなら、他社アプリで見かける“怪しいアカウント”を排除できますよね。ちょっと手堅すぎるようにも見えますが、利用者の不安を取り除きたい意志はヒシヒシ伝わってきます。

remarryスタッフが常時監視!

remarryでは運営スタッフによる有人監視を行っています。本人確認・プロフィール・メッセージでの不適切な言動などを常時チェック!悪質な会員は警告や強制退会となるそうで、健全な環境づくりが期待できそうです。

インターネット異性紹介事業の届出済

remarryはインターネット異性紹介事業の届出もしっかり済ませています。(受理番号:30190015000 警視庁・東京公安委員会)

元出会い屋である私の経験上、届出したから絶対に安心というワケではありません。が、管轄の警察署(恐らく神田警察署 生活安全課)の監視下で営業することにより、無茶なマネはしにくくなります。

アプリ内では匿名!個人情報は暗号化

remarryでは実名表示されません。匿名で利用できて、会員の個人情報は暗号化処理!アプリ内部での情報漏れだけでなく、外部ハッキングから個人情報を守る仕組みを導入しているんですね。

ユーザー通報制度&ブロック機能

他社アプリでおなじみの通報制度。これも当然remarryで導入されております。専用フォーム(理由選択式)が用意されているので、悪質ユーザーを発見したら遠慮なく通報してしまいしょう。

「通報するほどのケースじゃないけど・・・」なんて場合は、ブロックでシャットアウト!あなたの姿は相手から見えなくなり、メッセージも届かなくなって安心です。

remarryの運営会社

remarry(リマリー)運営会社 morrow LLC公式サイト

運営会社もご紹介しておきましょう。調べますと、昔からの出会い屋ではなく他業種からの参入ですね。代表の米田氏は以前、自身で立ち上げた「バイザー株式会社」の経営を軌道に乗せ、バイアウト(会社の売却)を成功させた方。

社会貢献色の強い出会いサービスって、たいてい他業種の企業が運営しているんですよね~。昔ながらの出会い屋さんにもガンバって欲しいところですが。

運営会社 morrow LLC(morrow 合同会社)
設立 2017年4月18日
所在地 東京都千代田区神田小川町1-8-3小川町北ビル3F
代表者 米田昌弘
事業内容 remarry企画・開発・運営/M&Aコンサルティング
顧問弁護士 朝倉理紗(早稲田リーガルコモンズ法律事務所)
取引銀行 三井住友銀行 日比谷支店

remarry(リマリー)の口コミ評判は?

remarryの口コミ評判をリサーチしてみましたが・・・残念ながら現時点で公式な口コミは見当たらず。(涙)

3月29日にリリースしたばかりだし、冒頭の件もあって仕方ないっちゃあ仕方ない。近いうちに評判も出回ると思いますので、出揃い次第あらためてご紹介するつもりです。いましばらくお待ちを~

今ならremarry(リマリー)が30日間タダな件

それでは最後に超お得なお知らせを。remarryって、現在オープニングキャンペーンとして30日間無料サービスを行っているんですよね。

有料定額に加入すると、最初の30日間は無料扱いで31日目から料金発生。1ヵ月分の料金なのに丸々2か月利用できちゃうって仕組み。

キャンペーン終了時期は決まっていないようで、いつまでやるかは分かりません。繰り返し加入するズルもできない模様。(←やるつもりだったんかいw)

なもんで、とりあえずは無料会員に。会員数が増えるのを見計らう→有料加入でキャンペーンゲット!のコンボを推奨。この機会に素敵な再婚相手が見つかるよう、私も心から願っております。

↓バツイチの再婚活に↓

バツイチ向き!再婚サイト&再婚アプリランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

puro

元マッチングアプリ運営者。いわば出会いのプロ。その経験を生かした目線で様々な出会いを紹介します。