知らなきゃ損する?ハッシュマッチの評価・評判が残念すぎる理由

どのくらい出会える?ハッシュマッチ徹底調査

さて、今回ご紹介するマッチングアプリは『ハッシュマッチ』。

プロモーションでは「新しい男女の関係を築ける」「希望の条件で出会える」なーんて、興味深いフレーズを推しまくっている当アプリ。

そのネーミングも相まって、SNS世代をターゲットにした新たな出会いツールとして期待する人も多いことでしょう。

てなワケで、元出会い系運営者の私がプロならではの視点で大解剖!ガチ評価&星判定していきたいと思います。業界裏話もチョチョイ書いちゃっておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ~

結論:ハッシュマッチは不自然に料金が高い!

ハッシュマッチ(Hash Match)メイン広告イメージ

いきなり残念なお知らせです。正直にお話しますと・・・ハッシュマッチはおすすめできません。

詳しい理由はこの後お伝えするとして、ざっくりまとめると『コストに見合っていないアプリ』だから。なんといっても料金が1カ月9800円。そのほかのマッチングアプリの2倍以上もの月額料金です。

ちなみに一番安いマッチングアプリでいうと、マリッシュの2980円が最安。(マリッシュに興味を持った方はこちらから

ただし、「以前から気になっていてどーしても使いたい!」「ハッシュマッチじゃなきゃヤダヤダ!」的な鋼のメンタルを持つ人は別。

そんな方のために強いて言うなら、こういう人には向いているかもしれません。

  • 暇つぶし方法を探している男女
  • 趣味が合う異性との出会いを期待したい男女
  • 運営元が怪しくても平気な男女
  • 高コストでメッセージ交換を楽しみたいリッチ男性

他にもいくつか問題を抱えていて、とにかく課金するようなアプリじゃないよ~ってのが率直な見解。わざわざハッシュマッチにお金と労力を使うより、もっと優良なアプリに投資すべきです。

ハッシュマッチよりおすすめのアプリは?

「それならハッシュマッチよりイイの教えてよ!」って声が聞こえてきそうな予感。

うむむ、おっしゃる通り。早くもネタバレしてしまうと、ハッシュマッチは趣味や価値観で相手を探せるのが最大のセールスポイント。

だったら話は早い!同じく趣味系コミュニティがあって、信頼と実績で上回るこの2アプリが断然おすすめって話なのであります。

「20~30代の恋人が欲しい!理想の条件を持つお相手を見つけたい」⇒ペアーズ

「20代の遊び相手をゲットしたい!サクサク気軽に使えれば最高」⇒タップル誕生

あと、「恋活じゃなくて婚活したいんだあああ~」というアラサー男女にはこちらを推奨。他社アプリ以上に素敵なパートナーを見つけやすいハズですよ。

「真剣に結婚相手を探したい!同世代希望で基本は見た目重視」⇒Omiai

ハッシュマッチの特徴は?


ハッシュマッチ(Hash Match)利用イメージ


ではでは、アプリの特徴からお話していきましょう。

ハッシュマッチ(Hash Match)とは、「気になるハッシュタグをタップするだけで、共通の趣味や目的を持つ異性とカンタンに出会えちゃうアプリ」です。

基本的な利用の流れは、

1. 表示されたハッシュタグの中から興味のあるタグを選択
2. ピックアップされた異性をチェックしつつ、「いいね」でアピール
3. 相手が応じたらマッチング成立!チャットへ移行

趣味・嗜好で異性を探せる仕様は他社アプリでもおなじみ。例えばコミュニティから探すとかね。ハッシュマッチはその部分をハッシュタグというスタイルで提供している・・・ってワケ。

自分の趣味や目的をハッシュタグ化したり、されたり。そうすることで同じ価値観を持つ会員同士がつながれて、話題も共有しやすくなるという一石二鳥的な利便性が売りモノ。

ちなみに、異性を検索する方法は他に2つ。

  • 通常の条件検索
  • 近場検索

どちらもプロフィールに記載された情報をアテに絞り込む方法です。条件検索は他社と比べて詳細さが足りませんし、近場検索は居住エリア付近の都道府県に登録する異性を提案されるだけ。正直、どちらも普通すぎる印象。

総合的に見ても、ハッシュタグからのお相手探しに特化したアプリと言えますね。

ハッシュタグを効果的に利用するコツは?

ハッシュタグを画像で解説しましょう。ページ下のメニューにある「#(ハッシュタグ)」をタップすると、ズラリとタグ一覧が表示されます。

見てください!「ラーメン好き」みたいな小池さん的タグから、「カラオケ行きませんか」のようなお誘い系までいろいろありますね~。すでに誰かがハッシュタグ化し、たくさん用意されている状態です。

ハッシュマッチ(Hash Match)ハッシュタグイメージ

既存タグの種類を大きく分類すると、だいたいこの3層。

  • 趣味・嗜好系
  • お誘い系
  • 雑談系

マッチングしやすくなるコツは、競争率が低そうなテーマを狙ってみること。ライバルが少ない漁場を狙うのは出会いにおける鉄則ですからね~

相手とマッチングした後、これらのネタを突破口にどれだけ仲良くなれるかがカギ。ジワジワ攻めるなら趣味・嗜好or雑談系、短期決戦狙いならお誘い系を攻めるのがベターでしょう。

自分でハッシュタグを作成してみよう

もちろん、自分でハッシュタグを作るのもアリ。こちらのコツはトガったテーマより共感を呼べるテーマをタグ化すること。既存タグ攻略と逆の発想です。

そのほうがより多くの異性から反応を得やすいし、マッチングにつなげやすくなります。ニッチすぎると引かれるので、意味不明なワードやエロい表現は避けましょうね。

ハッシュマッチの会員層は?

詳細な分布データは公表されておりません。が、公式アナウンスによるとハッシュマッチの会員層は「20~35歳の独身が多数登録」だそう。

“ハッシュタグ”という今ドキ感も利用者層に大きく影響しているのでしょう。実際に登録してみると、確かに10代後半~20代の女性が目立ちます。

それだけに、結婚したい人の出会いには向いていないかな~とも。ジャンルとしては、気軽でライトな出会いを求める男女に向いた『恋活アプリ』と考えて間違いなさそう。

もし婚活目的でハッシュマッチ利用を検討していた人なら、狙いを変更すべき。冒頭でご紹介したOmiai、他にはゼクシィ縁結びマリッシュのほうが理想の相手と出会いやすいと思いますよ。

ハッシュマッチの利用環境

現状、対応OSはiOSのみ。(iPhone5以上/iOS 9.0以上)昨年12月リリースにも関わらず、まだAndroid非対応なのであります。

てゆーか、対応予定と言い続けてはや1年。技術的な問題なのか、それとも単に開発をあきらめちゃったのかは謎。まあまあ不安になる要素かも。(苦笑)

ネガティブな事情でもない限り、両OSに対応させたくなるのが業者心理。Google playストアに登録できないと集客力に大きく影響しますし、売上も段違いなんですけどね。

ハッシュマッチの登録方法

ハッシュマッチの登録方法は3通りです。

  • Facebook認証
  • Twitter認証
  • ゲスト登録

FacebookとTwitterはいわゆる「SNS認証」と呼ばれる例のヤツ。自分の持つSNSアカウントと連携させてアプリの登録作業をスタートします。

ありがたいことに“友人○人以上”のような縛りはありません。とりあえずアカウントさえ持っていれば登録を進められます。当然、各SNSに利用情報が流れる心配は無いのでご安心を。

3つの中でイチバン気になるのは『ゲスト登録』ですよね。言い方を変えると・・・手ぶら登録みたいなモンでしょうか。担保になりそうなブツを何ひとつ持っていなくてもサクッと登録させてくれます。

いずれにせよ、アプリをフル利用するには公的身分証の提出が必要。気軽に登録してみて、気に入ったら提出→利用継続の段取りでイイと思いますよ。

登録の流れは?

登録は結構アッサリ。他社でありがちなプロフィールを超ガッツリ埋める作業もナシ。項目のほとんどは選択肢のチョイスでスイスイ進めます。

方法をカンタンに解説しておきましょう。3つの認証いずれかで開始した後、アプリの誘導に沿ってプロフィール設定作業をスタート!

ハッシュマッチ(Hash Match)登録方法_1

最初は居住地・性別・生年月日・ニックネームなどを設定。更に詳しいプロフィールとして身長・職種・結婚歴・子供の有無・嗜好品関連までバシバシ選択。これらはすべて検索結果に影響するため、ちゃんと埋めておくのが吉。

ハッシュマッチ(Hash Match)登録方法_2

尚、登録完了でログインボーナスがもらえます。

ハッシュマッチ(Hash Match)ログインボーナスイメージ

ハートマークは「無料いいね」でして、毎日ログインのたびに付与。コツコツ溜めてお得に利用しましょう!

ハッシュマッチの料金

男女とも入会登録無料のハッシュマッチ。女性は利用も無料ですが、男性は月額有料会員になることでメッセージ機能がフル開放されます。

肝心の月額料金ですが・・・これが中々のクセ者。どうやら、ほんの数か月前に改訂されたようでして。(汗)

説明の前に、まずは新旧料金プランを比較してみましょう。

期間 旧料金 新料金(2018/11/24現在)
1ヵ月 4,100円 9,800円
3ヵ月 11,800円 24,800円
6ヵ月 18,800円 42,800円
12ヵ月 29,800円 64,800円

完全に草不可避。マッチングアプリの相場を考えると、旧料金でもやや高めの部類。しかしかし!膨張フードの帝王「増えるワカメちゃん」でさえ、ここまで一気に激増してくれません。

いつ、どのタイミングで改訂されたかは不明。2018年4月時点では旧プランだったとの報告もありますし、たぶん最近かと思われます。

ハッシュマッチと有名他社アプリを料金比較 

じゃあ相場とどれぐらい違うの?って話。ひと目で分かるように、ハッシュマッチと有名他社アプリを料金比較してみました。

ハッシュマッチ ペアーズ Omiai
期間 月額料金 月額料金 月額料金
1ヵ月 9,800円 3,480円 3,980円
3ヵ月

24,800円
(8,267円/月)

6,840円

(2,280円/月)

9,960円

(3,320円/月)

6ヵ月 42,800円
(7,133円/月)
10,680円

(1,780円/月)

11,940円
(1,990円/月)

12ヵ月 64,800円
(5,400円/月)
15,360円

(1,280円/月)

23,400円

(1,950円/月)

※小数点以下は四捨五入

参考までに月単価をあわせて表示。圧倒的に違いますよね!3ヵ月以内で見るとOmiai比較で約2.5倍、ペアーズ比較で2.8~3.6倍という高額ぶり。

機能は他社並み、会員数は明らかに有力他社以下、なのに料金は倍以上の怪現象。(汗)

こういう料金設定にする場合、本来なら「高ステイタス限定」のように特殊な付加価値を提供しないとビジネスが成立しないハズ。

視力2.0が自慢の私ではありますが、この月額に見合う付加価値が用意されているようにはとても見えません。ドウシテコウナッタ・・・?

>>さらに詳しい料金比較はこちら

月額料金以外の有料アイテム 

ハッシュマッチには男性有料会員プラン以外に『有料アイテム』が存在します。アイテムは女性も有料ですけど、多用するのは男性側でしょう。

月額料金と違い、こちらは2017年12月のリリースから2018年11月24日現在まで価格変更ナシ。ここからはアイテム別に価格を見てみましょう。

「いいね」は割高

説明するまでもなく、気に入った異性にアピールするためのアイテム。ログボやプロフィールの充実で無料付与されるも、足りなくなったら購入する必要があります。

販売単位 料金 単価
10個 1,200円 120円
21個 2,400円 114円
33個 3,600円 109円
55個 5,000円 91円
80個 6,800円 85円
120個 9,800円 82円


※小数点以下は四捨五入

基本単価は120円でして、決済金額が上がるとおまけが乗って割安に。だとしても他社アプリ比較でやや高め。引き合いに出すなら、ペアーズは事実上100円で1いいね購入できちゃいます。(決済方法によって変動有)

単価が単価だけに、最初から無理して購入する必要はナシ。なんせ、ハッシュマッチには『いいね!し放題タイム』があるのですから。

ハッシュマッチ(Hash Match)いいね!し放題タイムイメージ

1時間限定のタイムサービス。このタイミングを狙えば、ガッツリお得に利用できちゃいます。実は出現条件が不明(初回登録時の出現は確認済)でして、詳細が判明しだいお知らせしたいと思います。

「スーパーいいね」は3倍の効果?

「スーパーいいね」とは、いいねした人の中で一番上に表示される効果を持つアイテム。

通常、いいね表示順って相手側から見ると時間の早い順ですよね?スーパーいいねを使えば“いつでも先頭に表示されるから目立てる”ワケで、アピール力を高めることができます。

販売単位 料金 単価
1個 360円
5個 1,600円 320円
10個 3,000円 300円
30個 8,400円 280円

いいね単価が120円なのでちょうど3倍ですね。決済額が上がれば割安と言いつつも、そんなシャア並みの効果があるのかどうか。

プロフィール写真や自己紹介文をブラッシュアップしてみて、それでも効果が薄かったら購入してみるのもいいかもしれません。


「ブースト」は検索結果で優位に

ブーストとは検索結果に上位表示してくれるサービス。その制限時間は60分となります。

販売単位 料金 単価
1個 600円
5個 2.900円 580円
10個 5,600円 560円

うーむ、1回600円ですか~(遠い目)

大量の会員でにぎわっているアプリなら有効かも。検索表示順が後ろになればなるほど不利ってのは本当ですから。されど、ハッシュマッチでどの程度の効果を生むかは全くの不明ッス。

もしアイテム購入の優先順位を付けるとするなら、いいね>>>スーパーいいね>>越えられない壁>>ブーストって感じですね。

突然の料金大幅値上げ、その理由は?

驚愕の謎値上げを元運営者の視点でお話しましょう。この手のサービスで料金改定する場合、その理由は大きく分けて2通り考えられます。

1. 立ち上げから一定の会員数を確保できたので値上げ
2. 運営方針の転換

ハッシュマッチは恐らく後者かな~と。広告物に「上質な出会い」「ワンランク上」とプレミア感をつけ出したのは、料金改定がきっかけと思われます。

とはいえ、前述の通り料金に見合う付加価値が提供されている気配はナシ。ワンランク上とされる根拠もナシ。仕様も他社並みだし、割高感ばかりが絶賛先行中ってトコです。

リリースから1年経っても採算の取れる見込みがなく、客単価を引き上げて戦略を変えた・・・のかな?あくまで私見ですけどね。


ハッシュマッチは安心?安全性を検証

安全性は最も気になる要素のひとつ。世の中、良心的なアプリと悪徳アプリが混在していますからね~。ぜひ精査しておきたい部分です。

んで、ハッシュマッチの公式リリースによると、

  • 24時間365日、厳重な不正監視体制
  • 通報制度で悪質ユーザーは強制退会
  • ユーザーの身分証確認(年齢確認)あり

他には、インターネット異性紹介業届出時の受理番号(30170088000)も公表。一応、他社アプリ並みの安全宣言はひと通り出している様子。

いつもなら「これなら安心ですね」と言う場面なのですが、今回に限っては疑問も。なぜなら、運営会社の実態が見えないからです。

私自身、所轄の警察署にインターネット異性紹介業の届出をした経験があります。実際のところ、警察はサービスの中身までチェックしないんですよね。書類がルール通りに埋められていれば受理してくれますし。

業界の裏側をバラしてしまうと、本当は「受理番号のあるアプリ=優良アプリ」では無いのですよ。警察は中身や品質にノータッチなのですから。

そんなこともあって、念のため運営実態を調査!すると予想外の事態に・・・(汗)


ハッシュマッチの運営会社は?

ハッシュマッチの運営会社は『株式会社マッチングゲート』さん。

ためしに追跡すると、公表されている住所にあるのは一般の民家。ストリートビューでも確認もしましたが、よくある下町の一般的な家屋です。

自宅を会社住所として登記する例は珍しくありません。けれど、その佇まいを見る限りアプリを開発・提供する企業にはとても見えないな~と。

そのような事情もあって、前述の安全宣言は信ぴょう性に欠けるってのが正直な感想。運営アプリはハッシュマッチのみらしく、実績から安心度を判断することすら不可能な状況なんス。

これじゃあ、いくらなんでも信頼できる運営元とは言えません。機会があれば運営会社の登記簿を確認してみたいとさえ思う今日この頃です。

ハッシュマッチの退会方法

ハッシュマッチの退会方法はちょっとだけ面倒です。画像を使って少し流れをご紹介しておきますね。

まずはマイページに移動し、右上の歯車型アイコンをタップ。

ハッシュマッチ(Hash Match)退会方法_マイページ

各種設定ページに飛ぶので、『ヘルプ』→『解約・退会について』を次々タップ。すると、まもなくこのページに到着します。

ハッシュマッチ(Hash Match)退会方法_アンケートフォーム

左下にある『退会手続き』をタップしたら『退会アンケート』ページに。ここで必要事項を入力、最後に『退会する』をタップで退会完了。アンケート書かないと退会させないゾ!って面倒なヤツです。

あとはアプリからアンインストールで永遠のサヨナラ。中でも要注意は有料会員や有料アイテムを持っている人!

有料会員は自動継続でして、退会前に更新ストップの手続きが不可欠。その上、一度退会しちゃうとアイテムは戻って来ません。グッと腹を決めてからの退会作業をおすすめします。


ハッシュマッチにサクラはいる?

近年、「マッチングアプリはサクラを使いにくい。だって月額制だもん」が定説状態。1人あたり月4000円程度の課金をさせるため、わざわざサクラを雇うのはコストに見合わないって話です。

ところが!ハッシュマッチの情報を集めてみると、拾い写真を使ったダミーアカウントの存在が続々と報告されているのであります。

あらら、急に月額料金を引き上げたのはこれが理由かな?なーんて勘繰りも。客単価を高額にし、事務所スタッフ数人でちょこちょこサクラ活動・・・とかね。

状況から推察するに、現状は「限りなく黒に近いアプリ」と言えます。女性は月額無料なので一般人も登録しているでしょうけど、サクラ開花予報発令中と思っておくべきでしょう。

同じく、風俗業者や誘導目的など迷惑ユーザーとの遭遇にも注意。なにせゲスト登録はノーハードルの無風状態。怪しい人たちが利用しやすい環境だってことをお忘なく。


ハッシュマッチの口コミ・評判

ハッシュマッチの評判を探してみると、公式の口コミは意外に少ないんですよね。リリースから1年近く経過しているのに不自然なぐらい少ないのです。

調べを進めると大量にあったAppストアの口コミがガンガン削除されている模様。てなことで、わずかに残っている口コミをご紹介してみます。

良い口コミ

簡単に出来る
同じ趣味の人も見つけやすいし
いい感じ☆
(2017/12/27)

悪い口コミ

サクラだらけの詐欺アプリ

1万円の利用料はドブに捨てる様な物。
複数のアプリの利用経験がある為、一週間程確認して、明らかに異常であれば消費者センターや関係各所へ被害相談を行います。

泣き寝入りしている皆さん、詐欺で被害届を出せば民事では無いので裁判費用はかかりません。
被害届を受理させる為にも、他の方の有意義なコメント等を保存する事をお勧めします。
(2018/11/10)

削除された口コミ・評判を発見!

後の検証で、Appストアから消されたであろう口コミ履歴の発見にも成功しました。なぜか投稿はリリース直後の2017年12月末~2018年1月23日までの範囲に集中。みんな気味悪いぐらい褒めちぎっていて、星5つだらけ。

自演ベタ夫かよ~とツッコミ要素満載。それ以降は一転して星1レベルの悪評ズラリ。どちらを信じるかはあなたしだい・・・ですかね。


おまけ:ハッシュマッチの広告モデルは誰?

「ハッシュマッチの広告に出てる女の子は誰なの?モデルさん?」的な話題もありまして、ついでに調査しちゃいました。

で、衝撃の結論ざます。公式サイトでデカデカと使われている女性モデルは、著作権フリー素材で提供されているアジア系女性と判明!同様に、広告素材として利用されている赤枠の女の子もフリー素材でした。

ハッシュマッチ(Hash Match)広告モデル

いやはや、まさか公式サイトのメイン画像がフリー素材だったとは・・・

アプリ内イメージとして使われている他の子もフリー素材っぽいですね。拾い画像を使ったサクラ疑惑もあるだけに、ちょっと不用意な印象を受けます。

広告モデルの女の子、日本人は3名?

で、それとは別に判明している広告モデルさんがこちらの3名。

百瀬ゆい

ハッシュマッチ(Hash Match)広告モデル 百瀬ゆい

出典:Twitter

水樹あみ

ハッシュマッチ(Hash Match)広告モデル 水樹あみ

出典:Twitter


望月まこと

ハッシュマッチ(Hash Match)広告モデル 望月まこと

出典:Twitter

他に数名いる気配も、氏名とお顔が一致した方だけ掲載しました。めっちゃ素敵な女の子ばかりですね~

ハッシュマッチの評価は? 

それでは最後にまとめ。ハッシュマッチを星判定で評価!星の数が多いほど“プロのおすすめアプリ”となります。

利便性 ★★☆☆☆
コスパ ☆☆☆☆☆
将来性 ★☆☆☆☆
出会える度 ★☆☆☆☆
総合評価 ★☆☆☆☆

ハッシュタグ的な仕組みは他社で導入済みですし、他社有力アプリとの差別化になっていないのが実情。利便性で優位とは言いにくいな~と。

逆価格破壊レベルの値上げをしたものの、見合った付加価値や金額の根拠に乏しくコスパは星ゼロ。更に運営会社も怪しさ満点、ひいき目に見ても将来性は星ひとつでしょう。

会員数は少ないようでサクラの香りもプンプン。残念ながら、出会える雰囲気を感じ取ることができませんでした。ただ、さすがにサクラ純度100%では無いだろうってんで星ひとつプレゼント。

冒頭の結論でお話した通り、何かとおすすめしにくいアプリです。よって、総合評価はゼロに近い星ひとつ。今後なんらかの改善があれば評価を改めたいとは思っております。運営の透明性向上&料金プラン適正化してくれると利用しやすくなるんですけどね~

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓
計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 nextlevel inc

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック