結婚相談所

結婚相談所「最短結婚ナビ」はベテラン婚活ライターの豊富なノウハウが魅力!サポートの特徴を紹介

最短結婚ナビは、東京・銀座にオフィスを構える結婚相談所です。有名雑誌のオンライン媒体で婚活記事を連載している鎌田れいさんが代表カウンセラーを務めており、雑誌の記事から興味を持った会員が多いことが特徴です。

また、婚活ライターと結婚相談所で培った豊富な経験をまとめた婚活テキストを提供しており、さらに各種の連載が広告代わりとなることから、リーズナブルな料金プランを実現しています。

今回は、最短結婚ナビの代表・鎌田れいさんにインタビューを行い、サービスの特徴や魅力について語っていただきました。

代表・鎌田れいさんのプロフィール

鎌田さんはライターとして、20代の頃から『JUNON』『週刊女性』などで恋愛や婚活に関する記事、またタレントさんのインタビュー記事を執筆してきました。

さらに自身の婚活や妊活、再婚の経験を経て、2016年に結婚相談所「最短結婚ナビ」を設立します。

所属する協会日本ブライダル連盟からは、2017年より「成婚優秀賞」を毎年受賞。また日本仲人連盟からは、2017年より「成婚優秀賞」「社長賞」「特別貢献書」を毎年受賞しています。

現在は、ライターとしての分野を婚活に特化しており、『仲人はミタ』(東洋経済オンライン)、『仲人白書』(週刊女性prime)、オトナンサー、現代ビジネス等のオンライン媒体で、婚活記事を連載しています(2023年12月時点)。

最短結婚ナビの特徴

最短結婚ナビのオフィスが入っている銀座のビル
▲最短結婚ナビのオフィスが入っている銀座のビル

最短結婚ナビは、次のような特徴がある結婚相談所です。

▼特徴

  • 経験豊富な婚活ライターがノウハウを惜しみなく提供
  • 「選ぶ婚活」ではなく「選ばれる婚活」を推奨
  • 会員の心にしっかり寄り添い、メンタルをサポート
  • 多数の連盟に登録しており、幅広い選択肢あり
  • 婚活ライターとの相乗効果で費用もリーズナブルに

これらの特徴について、鎌田さんに伺った話をもとに、詳しく紹介します。

最短結婚ナビの代表カウンセラー・鎌田れいさんにインタビュー

最短結婚ナビの代表カウンセラー・鎌田れいさん

個人経営の結婚相談所では、特にカウンセラーとの相性は重要です。ここからは鎌田さんへのインタビューを通して、サービスに込める思いや特徴について見ていきましょう。

婚活ライターを続けながら結婚相談所を起業

編集部

まずは、結婚相談所を始めたきっかけを教えてください。

鎌田さん

元々は、雑誌や書籍のライターでした。21歳の頃より執筆活動を開始し、20代後半では芸能雑誌『JUNON』や女性週刊誌『週刊女性』等で、芸能インタビュー記事やドキュメント取材記事、恋愛記事を書いていました。

36歳の時、婚活パーティーで出会った夫から14日後にプロポーズをされて結婚。40歳で双子の母となり、子育てをしながらライターの仕事を続けていた時、「婚活」という言葉を社会学者の山田昌弘さんが提唱したことで、日本が婚活ブームとなりました。

そこから、たくさんの婚活記事を執筆したり、取材で数々の素敵な仲人さんたちに出会ったりする中で、仲人という仕事に興味を持ちました。そこで私も「仲人の仕事がしてみたい」と一念発起。自分が“最短”で“結婚”をした経験を生かして、結婚相談所「最短結婚ナビ」を開業しました。

また、結婚相談所に興味を持った別の理由に、現場を知るライターとして婚活記事を発信できると思ったこともあります。ちなみに、最初の結婚は24年で終焉し、今は婚活パーティで出会った男性と再婚しています。

「自分が選ぶ婚活」から「選ばれる婚活」へ

最短結婚ナビの面談場所の一つ

編集部

会員様の相談に乗る際には、どのようなポイントを大切にしていますか?

鎌田さん

私は、基本的にどこで婚活をされても、その方が結婚できれば良いと思っています。そんな中で、「最短結婚ナビ」が打ち出しているのは、自己責任で活動する婚活や担当者替えのある大手の結婚情報センター様とは違い、鎌田が最初から最後まで会員様に寄り添い、キメ細やかなお世話をするということです。

婚活が初めての方は、「本当に結婚できるのか?」という不安があるかと思いますが、その不安を取り除き、婚活の道筋を引き、結婚へと導いていきます。

また、これまでの婚活ライター歴を活かして、どうしたら婚活がうまくいくかという、鎌田が作ったオリジナルの婚活テキストも各種ご用意しています。

婚活に苦戦している方というのは、婚活の主人公が“自分”で、“選ぶ婚活”をしています。お相手を見る目が自分の物差しなので、それに合わなければ結婚相手から除外していきます。

一方で結婚できる人というのは、“選ばれる婚活”をしています。いかにお相手に気に入って頂けるか、お相手のライフスタイルに自分が順応できるかを考えています。

意欲の高い人が集まる結婚相談所が結婚への最短ルート

最短結婚ナビのセミナー室

編集部

最短結婚ナビへの入会に向いているのは、どのようなタイプの人でしょうか。

鎌田さん

結婚相談所が他の婚活方法と一線を画しているのは、公的書類(※)を提出しなければ入会できないというところです。
(※)独身証明書、身分証明書、男性の場合は収入証明書、資格を有する職業の場合は資格証明書など

経歴に嘘偽りがないので、安全地帯での婚活ができます。また、結婚相談所に登録をしているのは「結婚したい」という気持ちの方であり、恋人や遊び相手を見つけたい方ではありません。

そうした環境の中で、最短ルートで結婚したいという方に、寄り添ったアドバイスをさせていただいています。

コンセプトは「結婚したい方に寄り添う」こと

編集部

最短結婚ナビのコンセプトについて教えてください。

鎌田さん

コンセプトは「結婚したい方に寄り添う」ということです。個人経営の小さな相談所ですので、担当替えもありませんし、最初から最後まで、鎌田が会員様に寄り添います。

100人いれば100通りの婚活があると思います。これまでの恋愛経験や婚活経験を踏まえつつ、その方がどんな結婚をしたいのかを丁寧にヒヤリングし、その方の結婚観を私が受け入れて、そこからどんな婚活をしたら最短で結果が出せるのかを導き出します。

相談回数は無制限。多数の協会から幅広く異性を探せる

編集部

最短結婚ナビでは、具体的にどのようなサポートを実施されていますか?

鎌田さん

ご入会時には心理カードでの性格分析を行い、ご入会後は写真撮影への同行やプロフィール制作のお手伝いをしています。PRコメントは一緒に考えて、最終的には弊社で代行登録をします。

希望者には、ファション、メイクの専門家をご紹介することも可能です(別料金)。ご入会後のメール、電話、LINE、Zoomでの相談回数に、制限はありません。

また、大手相談所協会(IBJ、TMS、BIU、NNR)に所属しており、コネクトシップとも提携していますので、より多くのお相手の中から検索していただけます。

執筆記事が広告になるため、料金プランはリーズナブル

最短結婚ナビのオフィスが入っているビル

編集部

一般的な相場と比べて、最短結婚ナビの料金はリーズナブルだと思います。料金を安く設定できるのはなぜなのでしょうか?

鎌田さん

個人の相談所ですので、まずは結果を出していただきたいという思いがあるからです。

また弊社は、従業員がいないので経費がかかりません。さらに、ライターとして毎月執筆している連載記事が広告になっていますので、広告費用が0円というのも理由です。

成婚に欠かせない「諦めない」気持ちをサポート

編集部

最短結婚ナビが、高い成婚率をあげられている理由についてお聞かせください。

鎌田さん

きめ細かいお世話で寄り添うからだと思います。基本的に結婚できる方というのは、「結婚すること」に執着をして、最後まで諦めなかった方です。

そのため、会員様のお気持ちが疲弊しないように寄り添っていけば、自然と成婚率も上がります。

何よりも、結果が出なければ結婚相談所を運営する意味はないと思っています。無料の婚活方法ではなく、月会費を払う有料の結婚相談所を選んでいただいたのですから、結果を出すことに注力するのは当然です。

あるエリート男性のエピソード

編集部

これまでの会員様の中で、印象に残っている成婚エピソードがあればご紹介ください。

鎌田さん

中高と日本で1、2位を争うトップ校、大学は日本最高峰の国立大学を卒業なさり、国関係のお仕事に従事する男性様が、以前、ご入会し、成婚なさっていきました。

彼は、29歳の頃から大手の結婚情報センター様で活動をしていたのですが、なかなか成婚できずに11年、そちらで活動していました。そして、40歳の時に、弊社を訪ねて来られました。きっかけは、私の東洋経済の連載を読んだからでした。

高学歴、高年収でしたので、お見合いは組めるのですが、その後の交際がなかなかうまく進みませんでした。その度にアドバイスをさせていただいたのですが、プライドが高く、なかなか耳を傾けてくださいませんでした。

ただ彼は、漫画『スラムダンク』に出てくる「あきらめたら試合終了」という言葉を座右の銘にしていたので、「その通りですよ」と、そこは同調し、毎回、「自分本位ではなく、お相手の気持ちを汲み取りながら婚活してください」とアドバイスしていました。

そうしたなか、2年後に成婚退会していく時に「活動している間は、鎌田さんが言っている言葉の意味がわからなかったけれど、今になったら、よくわかります」とおっしゃってくださいました。それがとても印象に残っています。

結婚相談所「最短結婚ナビ」から読者へのメッセージ

最短結婚ナビの代表カウンセラー・鎌田れいさん

編集部

最後にあらためて、婚活に関心の高い読者の方へメッセージをお願いします。

鎌田さん

最短結婚ナビの料金プランには、3か月のトライアルと、1年コースの二つをご用意しています。3か月のトライアルを設けているのは、まずはその期間に、最短結婚ナビのサービスを体験し、弊社を評価していただきたいからです。

サービスの体験を通して、きっと興味を持っていただけると考えていますので、少しでも気になった方はぜひ一度ご連絡ください。

最短結婚ナビで出会える会員について

ここからは、最短結婚ナビで出会える会員について、具体的なデータを見ていきましょう。

男女比 男性:40%
女性:60%
主な年齢層 20代:10%
30代:30%
40代:30%
50代:20%
60代:10%
主な年収帯 400万円~:20%
500万円~700万円:60%
700万円~900万円:10%
900万円〜:10%
男性会員の特徴 【職業・年収】
職業は多様。東洋経済オンラインの連載を読んで入会するケースが98%であり、高学歴、高年収が多い。

【性格の傾向】
これまで、恋愛する機会と時間がなかった人が多い。
女性会員の特徴 【職業・年収】
高学歴で、年収は平均以上が多い。

【性格の傾向】
アラフォー女性は、出産を視野に入れている。40代後半以上の女性は、生涯のパートナーを求めている。
加盟している団体 ・日本結婚相談所連盟(IBJ)
・全日本結婚相談事業者連盟(TMS)
・日本仲人連盟(NNR)
・日本ブライダル連盟(BIU)
・コネクトシップ
成婚率 40%
(2022年実績)
成婚までの平均期間 10カ月
成婚までの平均お見合い人数 15回
最短結婚ナビの鎌田さん
鎌田さん

高学歴・高年収の条件がそろっている男性は、ぜひ諦めずに婚活を続けてくださいね。

最短結婚ナビの評価・口コミ

最短結婚ナビの面談場所

次に、実際に最短結婚ナビを利用した人の評価や口コミを見てみましょう。

男性会員のイメージ画像

鎌田さんの連載コラムを読むうちに、家庭を築きたいと思うようになり、登録しました。

女性会員のイメージ画像

悩んだときにはLINEや電話でたくさん話を聞いてもらい、支えていただきました。

男性会員のイメージ画像

友人から紹介されて登録しました。利用してみて、とても効率的なシステムだと思いました。

女性会員のイメージ画像

アラフォーでも結婚できました。本当に諦めないで良かった。

鎌田さんの連載コラムを読んで婚活に興味を持ち、最短結婚ナビに登録する人が多いようです。

鎌田さんからアドバイスを受け、悩んだ時には支えてもらいながら、努力して成婚した人が多いと感じました。

最短結婚ナビの料金プラン

最短結婚ナビの料金プランには「スタンダードコース」と、お試し用の「トライアルコース」があります。

このほか、オプションコースとして、ファッションやメイク、異性の気持ちの掴み方などを学ぶセミナーも用意されています。

最短結婚を目指す「スタンダードコース」

活動期間 1年
入会金 33,000円
登録料 33,000円
活動サポート費(1年分) 154,000円
設定期間を超えて活動する場合の月会費 14,300円
お見合い料 なし
成婚報酬料 330,000円

まずは3カ月お試しの「トライアルコース」

活動期間 3カ月
入会金 33,000円
登録料 33,000円
活動サポート費(3カ月分) 41,800円
設定期間を超えて活動する場合の月会費 14,300円
お見合い料 なし
成婚報酬料 330,000円

最短結婚ナビの詳細情報

最短結婚ナビの特徴や料金プランを見てきて、入会に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

最後に、実際の婚活の流れや入会条件などの細かい点についても見てみましょう。

申し込みから出会いまでの流れ

最短結婚ナビの申し込みから出会いまでの流れは、以下のようになります。

【入会面談時に性格分析】
心理カードによる性格分析を行いつつ、過去の恋愛や婚活経験を丁寧にヒヤリング。これまでの失敗や欠点を掘り下げながら、どうしたら婚活がうまくいくのかアドバイスを受けます。心が決まったら、あらためて契約を行います。

最短結婚ナビの鎌田さん
鎌田さん

月2回の無料面談デーを設けています(HPで随時お知らせ)。その他の日程の場合は有料(50分、5,500円)です。ご入会後の面談料はもちろん不要です。

【お見合い写真撮影同行】
お見合い写真は、より多くのお見合いを組むための呼び水です。ベストショットを撮るため、洋服の提案を受けたり、カメラマンと三者で打ち合わせをしたりします。

【ファッション&メイクのオプションサービス】
専属のファッションスタイリストが『お見合い用』と『デート用』の服をアレンジしてくれます。また、婚活とウェディングに特化したメイクアップアーティストを紹介してもらえます。(※別途料金が必要)

【オリジナルの婚活テキストをプレゼント】
相談所の仲人として多くの成婚者を出してきた実績と、大手マスメディアで婚活記事を書いてきた経験とから独自制作した、豊富な婚活テキストあり。入会者には、PDF形式でプレゼントされます。

【お見合い】
条件に合う方をサイトで検索し、お見合いを申し込みます。あるいは申し込まれたお見合いで、会ってみたいお相手がいたら受諾します。スケジュール調整は相談室間で実施。男性はスーツ、女性は清楚でキチンと感のある服装が基本です。

【仮交際】
仮交際とは、お見合いの後に入る交際のことです。人柄を見る期間なので、複数の方と仮交際をすることも可能です。状況を定期的に鎌田さんに共有しつつ、LINE、電話、Zoomや対面でのサポートを受けられます。

【真剣交際】
仮交際を経て「この方となら結婚に進める」というお互いの意思確認ができる方が現れたら、真剣交際に進みます。複数と仮交際していた場合は他の方をお断りし、お一人と向き合います。

【プロポーズ】
お互いの心が決まったらプロポーズとなりますが、事前に相談室間で意思確認をしてもらえるので、プロポーズをしたが受けてもらえないということはありません。記念に残るプロポーズのやり方、場所などについて相談しましょう。

【成婚】
プロポーズが成功したら、いよいよ成婚退会です。最短結婚ナビでは、成婚のプレゼントも用意しているようです。また、お相手様をお呼びして、成婚のお祝い会も開催されます。

入会条件・対象地域

最短結婚ナビの入会資格は「20歳以上の男女」となっています。

対象地域は全国ですが、入会面談は基本的に対面で行います。

最短結婚ナビの鎌田さん
鎌田さん

以前、沖縄から飛行機に乗って面談に来られた男性がいらっしゃいました。2年後、見事に成婚されました。

入会に必要な書類

最短結婚ナビに入会する際には、下記の書類が必要です。

  • 独身証明書原本(3カ月以内) 
  • 住民票、健康保険証、免許証、旅券、年金手帳、いずれかの写しを1通(3カ月以内のもの)
  • 源泉徴収票(男性のみ、直近の年度のもの)
  • 資格を要する職業に従事している場合、その資格を証する書類の写し
  • 卒業証明書の写し(短大卒以上の場合)

最短結婚ナビの基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒104-0061
東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階
アクセス・最寄駅 東京メトロ「東銀座駅」から徒歩4分
電話番号 090-8770-5244
対応可能時間 10:00〜19:00
定休日 水曜日
駐車場 なし
公式サイト https://www.saitankekkon.jp

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。