六本木の相席屋に行ったら、とんでもない男たちに出会った体験談

六本木の相席屋に行ったら、とんでもない男たちに出会った体験談

ぐりこ

どうも、寝ても覚めてもイケメンに出会いたくてたまらないぐりこです。

イケメンとの出会いを探しまくり、それなりにイケメンとの出会いはあるものの、なかなかイケメンと恋に落ちることができない日々を過ごしております。

性格に難がないイケメンか、性格に難があっても我慢してしまうレベル(菅田将暉級)のイケメンに出会いたい。そんな気持ちで六本木の街へと繰り出したとき、ふと、見覚えのある看板が目に入りました。

私が昔、松坂桃李似のイケメンと出会い、恋に落ちた場所。そう、相席屋の看板です。

松坂桃李似のイケメンと出会い、私がヒステリックを爆発させてフラれた話はこちら↓

今回は、「たまには原点回帰してみるのもいいかもしれない……。女性は無料だし……。最悪、お酒だけたっぷり飲んで帰ろう……」と相席屋へと足を踏み入れた結果、とんでもない男たちに出会った体験談です。

相席屋に興味がある女性や、タダ飯タダ酒を楽しみたい女性。六本木の出会いスポットを探している女性は参考にしてみてくださいね。

相席屋のシステムをおさらい

相席屋についてあまり知らない人のために、相席屋とは何か?を軽くご紹介します。そんなことは知っているから体験談を早く読ませてくれ!という方はこちらから。

>>体験談パートを読む

相席屋はその名の通り、男女が相席できる居酒屋です。

2014年に赤羽店がオープンしてから、相席屋は、東京を中心に爆発的に流行。メディアでも多数取り上げられ、全国に店舗を構えるようになった相席屋は、いまや、その名を知らぬ人はいないほどに知名度の高い出会いスポットです。

出会いを求める男女がこぞって集まる相席屋公式HPキャプチャ

画像出典:https://aiseki-ya.com/

最近では、相席屋以外にも、「男女が出会える飲み屋」として名高いお店が全国各地に存在します。

相席屋よりも古い店舗もあるはずですが、そういったお店が流行りだしたのは、相席屋が普及しはじめてからのような気がします。

出会い居酒屋の火付け役とも言える相席屋に何度も足を運んでいる恋活・婚活女子は、かなり多いはず。

まだ相席屋未開拓の方のためにも、相席屋初心者の方のためにも、相席屋の特徴をおさらいしてみましょう!

  • 女性は無料、男性は30分1,500円〜で食べ飲み放題
  • 入店したら、人数不足のとき以外は必ず異性と相席
  • 相席相手は選べないが、相席相手のチェンジは可能
  • 場を盛り上げるパーティーグッズも多数
  • 公式アプリからは、空席情報や予約が可能
  • VIP席を備えた店舗もある

こうやってざっと並べてみただけでも、「ちょっと一回行ってみたいかも!」と思えるようなサービスが充実していますね。それぞれの特徴について、さらに詳しく解説していきます。

女性無料、男性30分1,500円〜とリーズナブル

相席屋の料金プランは、女性はいつでも無料。男性は、平日は30分1,500円、週末や祝前日は1,800円となっています。

相席屋は食べ飲み放題でありながらもかなり良心的な金額設定

画像出典:https://aiseki-ya.com/

都内だと、普通の居酒屋で食べ飲み放題をするにしても、安いところで90分3000円程度……。食べ飲み放題だけでなく、「異性との出会い」という付加価値があることを考えると、男性の価格設定もかなり良心的です。

「女性無料ってマジ?この飲み物だけは300円です〜とかあるんじゃないの?」と思う女性も多いでしょうが、女性はマジで無料です。

財布を持っていかなくても楽しめるお店です。

メニューのなかには、食べ飲み放題に含まれない食べ物や飲み物もありますが、そういったものを注文した場合には、基本的に男性側の会計に加算されてしまいます。

後々のトラブルを避けるためにも、追加料金が必要な食べ物や飲み物を頼むときには、男性に一言断りを入れるか、自分で支払うことを店員さんに伝えてくださいね。

どんな人でも必ず相席できるシステム

どんなに人見知りでも恥ずかしがり屋でもおブスでも。絶対に異性と相席できることが、相席屋の最大の魅力です。

相席をする相手は選べないため、必ずしも自分の好みの人と相席できるわけではありません。しかし、自分から異性に話しかける手間が省けるほか、異性から声をかけてもらえずに悲しい思いをするようなこともないのです。

店内の男女比に偏りがある場合には、異性と相席ができないこともあるので要注意。

相席待ちをしながら飲食をすることが可能ですので、店内に男性が少ないときには、まったり女子会をしながら相席待ちをすればOKです。

相席相手は選べないけれど、チェンジはできる

異性と相席をしていても、「ほかの人とも喋りたいな」「この人タイプじゃないなあ」なんてこともあるでしょう。

相席屋では、相席相手のチェンジが可能ですので、店員さんにこっそりとチェンジを申し出るか、トイレに設置されている席替えカードを使いましょう。

相席屋では店員に申し出るか席替えカードを用いて相手のチェンジが可能

チェンジの際には、店員さんが、「別のお客様が相席待ちをしているので、席移動をお願いします〜」なんて気の利いた言葉で席移動を促してくれます。

相手に、「こいつ、チェンジしやがったな!」と思われる可能性は低いので、相席屋をフルに楽しむためには、チェンジシステムを上手に使うべきです。

パーティーグッズを使えば、会話に困ることがない

相席屋には、UNOやトランプ、ワニワニパニックなど、パーティーグッズが取り揃えられています。会話だけで場を盛り上げる自信がないときには、パーティーグッズを活用するのがおすすめ。

特に使えるのが、「罰ゲームトランプ」です。

罰ゲームトランプは、カード一枚一枚に、ちょっとした命令が書いてあります。例えば、「あなたの秘密をひとつ暴露してください」「好きな異性のタイプは?」「セクシーポーズを披露して!」などなど。

命令をこなしていくだけでも結構盛り上がるうえに、命令から話題が広がっていくことも多いので、会話に困ることがなくなるはずです。

公式アプリが結構使える

相席屋の公式アプリからは、店舗の混雑状況確認や、来店予約を行うことができます。

相席屋の公式アプリからは混雑状況や予約が行える

「どこの店舗に行くか迷う……」「すぐに相席できるなら行きたい!」なんてときには、アプリから確認をしてみるといいでしょう。

各店舗ごとの入店データも確認できます。

相席屋の公式アプリでは店舗ごとの入店データも確認できる

相手の年齢にこだわりがある人にとっては、かなり嬉しいシステムですよね。

ポイントサービスや相性診断、チャットシステムも備わっているようですので、アプリをダウンロードしておけば、相席屋ライフがさらに充実すること間違いなしです。

店舗によってはVIP席も完備

店舗によっては、男性が追加料金を支払うことで利用できる、個室のVIP席も用意されています。

VIP席は個室なだけでなく、ふかふかのソファ、カラオケやゲームが設置されていますが、女性は自主的にVIP席に入ることができません。なぜならば、VIPな男性を満足させるために、店員さんが良質な女の子を選びぬき、VIP席へと誘導するからです。

VIP席に通される女性には、以下のような特徴がありますので、VIP席を味わってみたい女性は参考にしてみてくださいね。

  • 単純に顔が可愛いor綺麗、もしくは服装やメイクに気を使っている
  • 食事や飲み物にがっついておらず、タダ飯タダ酒目当てじゃなさそう
  • 店員さんへの態度がよく、どんな人とでもきちんと会話しそう

VIP席の男性は、比較的お金に余裕のある方が多いので、相席屋でエグゼクティブ男子に出会いたい女性は、VIP席を狙ってみましょう!

六本木の相席屋に入店!店内綺麗すぎ!

六本木の相席屋に入店すると、驚くほど店内が綺麗でビビる私。

池袋の相席屋は、「ちょっとくたびれた感じの居酒屋の雰囲気」なのですが、六本木の相席屋は、「落ち着きのある小ぎれいな居酒屋の雰囲気」そのものでした。(グーグルマップで何と店内写真が見れます)

六本木の相席屋は小ぎれいな居酒屋という感じでとっても綺麗

ドリンクバーには、ビールや焼酎、ワインだけではなく、リキュールも豊富。ソフトドリンクも種類が多いので、お酒が得意ではない人でも、辛く感じることはないでしょう。

六本木相席屋のドリンクバーはビールや焼酎だけでなくリキュールも豊富

池袋の相席屋は料理が完全オーダー制だったのですが、六本木はビュッフェ形式でした。

六本木相席屋のビュッフェにはおつまみやチョコレートフォンデュが用意されている

料理は、サラダや揚げ物のような簡単なおつまみ類が多め。思わずテンションが上がってしまうような、駄菓子やチョコレートフォンデュも用意されていましたよ!

池袋の相席屋は若いイモメンが多い

私が何度か足を運んだことのある池袋の相席屋は、正直、若イモメン(若くて垢抜けていない芋っぽいメンズ)が多いです。

池袋の相席屋には垢抜けない学生や新卒生が多い

池袋に行ったことのある人ならご存知かと思いますが、池袋は、都外在住の若者が多く生息しているのです。千葉や埼玉からアクセスしやすい立地、大学や専門学校が多いことから、千葉や埼玉住みの学生、新卒生が集まるのでしょう。

垢抜けていない分、汚れを知らない純粋で優しげなメンズが多いのですが、私が好きなのは垢抜けたイケメンだけなので、池袋の相席屋では恋愛対象の人に出会えませんでした。

年下ボーイを可愛がりたいガール、優しい男性と穏やかな恋をしたい女性であれば、池袋の相席屋もおすすめです。

VIPルームに通されそうになるも拒否

私と友人が入店したとき、相席屋の店内は、女性の人数が圧倒的に多く、何組もの女性が相席待ちをしていました。

私たちも相席待ちとなり、チョコレートフォンデュや駄菓子に喜びながら女子会を楽しんでいたところ、店員さんが近づいて来て「いまからVIPルームに男性をご案内するんですが、ご移動お願いできますか?」と囁きました。

VIPルームとは、先ほど説明した通り、男性が追加料金を支払うことで入れる個室席。

VIPな男性のために、店員さんが、見た目のいい子やコミュニケーション能力が高そうな女性をチョイスし、VIPルームへと誘導するシステムです。

店員さんに対しては異様なまでに愛想がいいと定評のある私と友人は、コミュニケーション能力が高そうであると判断され、VIPルームへのお声がかかったのでしょう。ありがたいことです。

ありがたいことですが、「今日はVIP席はなしでお願いします!」ときっぱり拒否。

VIP席には、エグゼクティブな男性が集まりやすいメリットがあります。

居心地のいい個室であることから、キャバクラ感覚で利用する男性や、お財布の紐が緩んでいる酔っ払いの男性も多いのです。

エグゼクティブな男性よりも、貧乏でもイケメンのほうが好きな私にとって、相席屋のVIP席はそんなに魅力的ではありませんので、店員さんには申し訳ないですが、お断りしました。

店内の男性は仕事帰りのサラリーマン多、女性はいろいろ

店内を見渡してみると、スーツに身を包んだ20〜30代、仕事帰りのサラリーマンと思われる男性の姿が多数見受けられました。

一人ひとりの顔をじっくり見たわけではありませんが、遠目で見る限り、とんでもねえブスはいない様子です。

相席をしているテーブルからは、キャピキャピとした女の子の笑い声が聞こえてきているので、ある程度の顔とコミュニケーション能力を持ち合わせた男性がいることが予想されます。

対して女性は、黒髪で化粧っ気もない地味目な女の子もいれば、ゴテゴテのネイルにがっつり巻き髪のギャル。確実にこのまま六本木のクラブに移動するであろう、ピタピタで露出の多い服を着ている女の子。さらには、アラフィフくらいの主婦のような女性まで。さまざまな女性がいました。

1組目:証券マン二人組と相席

入店から30分ほど経ったころ、ようやく1組目の相席相手が登場。

私の目の前に現れたのは、若ハゲの証券マン2人でした。片方はやつれた感じのハゲ、もう片方は小太りのハゲ。この組み合わせは、まるでリアルトレンディエンジェル。

六本木の相席屋で相席したのはトレンディエンジェルのようなハゲ2人組だった

画像出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/

あまりのハゲ上がり具合に、てっきりふたりともアラフォーだと思ったのですが、痩せハゲは29歳、デブハゲは25歳。

私と同い年の25歳とは思えないハゲっぷりに、私は言葉を失いました。

なんとか、「あ!同い年なんですね〜!落ち着いてるから、年上かと思いました〜!」と最大限に優しい言葉を振り絞るものの「あ〜。なんかそれよく言われるわ〜」と、まるで自分のハゲに気づいていないかのような言葉に、二度目の絶句。

トレンディエンジェルのようにハゲをネタにしてくれれば笑えるのに、ハゲをネタにしようもんなら、本気で怒鳴り散らされそうな雰囲気です。

ハゲには触れず、当たり障りのない話にシフトチェンジしましたが、気づけば、「俺は仕事ができるからさ〜」みたいな自慢話に。自慢話を20分程度聞かされたところで、私の友達がトイレに立ち、席替えカードを店員に提出してくれたため、無事にハゲ地獄から解放されました。

2組目:銀行マン二人組と相席

偽トレンディエンジェルと会話しているうちに、気づけば店内はかなりの賑わいに。つい数十分前までは男性が足りていなかったのが嘘のように、相席待ちをしている男性であふれていました。

偽トレンディエンジェルが去った我々の元にも、偽トレンディエンジェルの悪口を言う暇もないほどのスピードで、2組目の相席相手が登場。

相席相手を見た私は、自分の目を疑いました。なんと、2組目のお相手も、バリバリにハゲた2人組だったのです。

銀フレームでレンズが分厚い眼鏡をかけていて、一昔前の秋葉原にいそうな感じの彼らは、どうやら銀行マンの様子。「銀行に勤めてるんだよね〜。まあ、そこそこ大手かな?不動産投資に関する融資とかやってて〜……」と、自慢げに語ってきます。

投資用不動産を扱う業者に勤めていた経験を持つ私には、ハゲ銀行マンの自慢話はそんなに心に刺さらず。「すごーい!」なんて感情は皆無だったので「大手だったら、支店は違えども、たぶん仕事で関わってますね〜」と返すと、静まり返るハゲふたり……。

大手というのが嘘だったのか、仕事で関わりがあるのが嫌だったのか。はたまた、私の言葉が不愉快だったのかはわかりません。ひとつ分かるのは、そこから彼らが仕事の話を避けるようになり、ギクシャクとした空気が流れ出したこと。

全然会話が盛り上がらないまま30分が経ったところで、ハゲ銀行マンは去って行きました。

3組目:エグゼクティブ二人組と相席

イマイチなハゲ2連発で意気消沈している私たちに、「どうですか〜?楽しめてますか〜?」と笑顔で話しかけてくる店員さん。

次はハゲ以外でお願いします!!!どうか!!!なんとしてでも!!!!!!」と懇願したところ、店員さんはめちゃくちゃに笑いながら、「わかりました!」といい返事をしてくれました。

数分後、「ハゲてない、とっておきの人を連れてきました!」といって登場した3組目の男性は、松崎しげるのような中年のガングロ男。

六本木の相席屋で松崎しげるのようなガングロ男と出会う

画像出典:https://walker21.com/

もう一人は、ごく普通のハゲ。

六本木の相席屋でごく普通のハゲ男性と出会う

あれだけハゲはやめてくれと頼んだのに……。

ただ、このふたりはいままでのハゲとは違い、トークが上手でとてもいい人たちでした。ごく普通のハゲさんも、ハゲを自分でネタにしているような人で、かなり好印象。

とはいえ、明らかにアラフィフくらいの彼らは、完全に私の恋愛対象外でしたので、何事もなく相席は終了しました。

六本木の相席屋にハゲが多いわけではない


六本木の相席屋にハゲが多いわけではない

私が六本木の相席屋で相席したのは、3組の男性。そのほとんどはハゲており、唯一ハゲていない男性は、松崎しげるでした。

「今日はハゲしかいないの?」と何度も店内を見てみましたが、私の相席相手以外にハゲは見当たらなかったので、かなり不思議です。

ハゲた男性と相席するよりも、普通のサラリーマンと相席する確率のほうが格段に高いので、「ハゲた男性は恋愛対象外なんだよなあ……」と感じる女性も安心してください。ハゲに当たりまくるのは相当レアな体験です。

奇跡的にハゲに当たりまくったら、それを次の相席屋でネタにするくらいの強さを持ちましょう。

相席屋はコスパよく出会いを探したい女性におすすめ

相席屋は、相席する相手を選ぶことができません。

私のように、チェンジをしたり、店員さんに要望を伝えたとしても、自分の希望が確実に通るとは限らないものです。

真面目に婚活をしている男性は少なく、「いい女の子と出会えたらいいな〜」「女の子と会話したいな〜」くらいの、軽い感じの人が多め。

ただ、出会い居酒屋にくるくらいですから、異性との出会いをまったく求めていないわけではないでしょう。結婚を前提にしたお付き合いなどは考えていなくとも、「相性がいい人がいたら、恋人になるのもアリ!」くらいの気持ちは抱いているかと思います。

相席屋でいい人と出会えるかは、かなり運任せなところがありますが、無料で食べ飲み放題というコストパフォーマンスの高さは、ほかにはない魅力です。

婚活をしていると、婚活パーティーの参加費やマッチングアプリへの課金、飲食費に交通費といった金銭的負担が生じることが多くなります。

出会いはほしいけれど、あまりお金をかけたくないときもありますよね。そんなときには、相席屋のシステムがかなりありがたく感じます。

別のスポットに行く前の時間つぶしなどにもおすすめですので、相席屋は、ほかの恋活・婚活ツールと組み合わせて活用していきましょう!

ぐりこの出会い探しシリーズ

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ぐりこ

男は顔が命!3度の飯よりイケメンが大好きなぐりこがイケメンと出会うためにマッチングアプリを使っています。