30代オタク男性が秋葉原でオタク女子にナンパを試してみた体験談を激白!

オタクでも彼女が欲しい…。もっとイケメンだったらナンパでもするのに…。

こんにちは、オタクで婚活中の安藤です。

前回、オタクの婚活方法をいくつか紹介しました。その中で語った「ナンパ」について体験談をまとめました。

実は、もともと路上ナンパに興味がありました。リア充女子はダメでもオタク女子ならなんとかなるんじゃないか?そんな淡い期待を抱いていたのです。

今回は、そんな30代オタク男性の筆者が友人にそそのかされて、秋葉原でオタク女子を相手に路上ナンパしてみた体験談をお伝えします。

オタクに路上ナンパは向かないと思う

オタクに路上ナンパは向いていないと感じました…。

全然ダメでした…。

そりゃそうですよね。筆者はなんてことない中肉中背の普通のオタクなんですから…。

筆者みたいな、何か良く分からないオタクおじさんに声をかけられてホイホイついていく女子がいたら、「こいつ頭おかしいんじゃないか?」とか疑うレベルですw

メンタルにも結構くるものがあるので、結論から言えばあんまり路上ナンパはおススメできません。

ただ、ナンパを試みたことで得たものはいくつかありました。

実際に路上ナンパした時の体験談を順番にお伝えしていきますね。

僕のスペック

僕は30代の独身彼女なし大卒男性です。

僕のスペックは

  • 30代の独身彼女なし大卒社会人男性
  • 平日は仕事、土日はオタク活動にいそしむ
  • 年収は500~600万程度
  • 関東圏在住
  • 婚活や恋活よりもオタク活動の方が楽しいが、結婚に興味はあり

正直、土日はネトゲやソシャゲばかりしているオタクです。オフ会でたまに外出することはあるが、参加者は基本男ばかりなので、当然ですが出会いはありません。

しかし、ある日の友達の会話から、ほんの出来心でナンパをしてみようと考え着いたんですよね。

渋谷や六本木でナンパをするのは生粋のイケメンやチャラ男にしかできないが、秋葉原でオタク相手なら何とかいけるのでは、と。

今考えると現実をなめ過ぎていましたね…。

ナンパしようと思ったきっかけ

ナンパのきっかけはある日のオフ会にありました。

ある日、いつもの男だらけのオフ会の中で何気なく

「彼女欲しいなぁ…。」

と僕がつぶやきました。

オフ会のメンバーも彼女がいない人ばかりでしたので、次々と同意の声が。

僕たちはいつもソシャゲの話ばかりだったので、どうしたら彼女ができるかをみんなで考えることにしました。

男性アイコン

マッチングアプリに登録してみたらいいんじゃない?

男性アイコン

いやでも俺たちの見た目じゃ誰もひっかかるわけないよ。

男性アイコン

世の中顔かお金なのよ…。

男性アイコン

そんな回文あったねww

男性アイコン

婚活パーティだと高いお金を払って好みでもない女の子と話さなきゃいけない場合もあるよね。

男性アイコン

まぁでも女の子側も話す人が我々じゃあかわいそうな気がする…。

男性アイコン

わかる。

男性アイコン

ナンパはどうかな…?

男性アイコン

いやいやいやいや、ないでしょ。

男性アイコン

ナンパってアレでしょ、六本木や渋谷でイケメンがやるやつ。

男性アイコン

無理でしょ。無理無理。

男性アイコン

でもさ…秋葉原だったらどうなのかな。オタク相手だったら分があるかも

男性アイコン

いやいやオタク相手でもないよ…w

男性アイコン

いや、分からないよ。何でもやってみないと。

男性アイコン

そうだね、実際やるかは別として、いろいろ策を考えてみようか。

男性アイコン

考えるだけならタダだもんな。面白いかも。

男性アイコン

そうだな、ソシャゲの話よりは生産的かもなw

オフ会メンバーEと僕に引っ張られ、他のメンバーも半ば大学生のようなノリでナンパについての相談を始めました…笑

まず身だしなみを整えることにした

オフ会メンバーはいかにもなオタクで見た目がダサい!

僕を含めたオフ会メンバー一同、言うまでもないですが見た目がダサい!

いや、年相応といえばそうなのかもしれませんが、ナンパをするにはあまりにも心もとない。ドラゴンボールで言えば、戦闘力2のゴミです…笑

そこで、何とか見た目を改善すべく動いてみることにしました。

オシャレ雑誌で勉強

服に興味の無かったオフ会メンバー一同は、今ファッションで何がはやっているのか、もちろん全然知りませんでした。

そのため、まずそれぞれでファッション雑誌を買ってみることに

みんな思い思いのファッション雑誌を購入しました。私は今回は「UOMO」を購入。

そして帰宅し、意気揚々とUOMOを開いて思いました。

服の値段が高い…

薄々わかっていたけど高い。

これ10連ガチャ何回回せるんだよ…

そしてUOMOのモデルさんがイケメンすぎて全然参考にならない…。

これ絶対自分が着たら変に見えるやつだな…。

レベルの違いを嘆いても仕方がないので、今度無難に丸井にでも行ってみて、並んでいる服を見て決めようということにしました。

原宿のサロンで髪を切る

服はとりあえず置いといて、次は髪型だ…!

髪の毛は一応サロンと呼ばれるところで切っていましたが、いつも特にこだわりがないためスタイリストさん任せで、おっさんらしい髪型にしかされませんでした。

そこで今回は、UOMOにのっていた「TONY & GUY 原宿神宮前店」とかいうところに勇気を出して行ってみることにしました。

なぜ原宿神宮前か?

オシャレと言えば原宿だから(安直

こんなんだからモテないのかも…笑

しかしカット代金が高い…8000円…なんでこんなに高いのだ…。

10連ガチャ何回(ry

でも世の中のオシャレメンズがここで切っているなら、ここは払わねばなるまい。

お店までの道のり

地図で調べたところ、TONY & GUY 原宿神宮前店までは原宿駅竹下通り口から徒歩5分とのこと。

良かった。原宿なんてオシャレな街を闊歩することはオタクの自分には荷が重すぎる…。

当日、実際に原宿駅の竹下通り口に出ると

違う

秋葉原とは何もかも違う(当然

そびえたつGAPのビル、道を行きかう異次元の服装の人たち(失礼

目が…目がアあぁぁぁぁぁぁぁ…

もはやそこにいたくなかったのですが、何とか我慢してお店へ向かいます。

お店に到着

何とかTONY & GUY 原宿神宮前店の前に到着…。

お店はビルの3Fにあったので、エレベーターで上がります。

3Fに到着し、扉が開くとそこには真っ白なオシャレ過ぎる空間が…。

店内はこんな感じでめちゃめちゃオシャレ…。

目が…目がアあぁぁぁぁぁぁぁ…(二回目

レセプションの人が出迎えてくれる、超美人です…。

「ご予約ですか?」「はっ…はい…」

声めっちゃどもった…。

こんなところには来てはいけなかったのではないかと後悔の念がよぎり、帰ろうかと後ずさりしそうになりました…。

しかしナンパをするには必ず通らなければならない道…意を決して店の奥へ進みます。

スタイリストさん登場

席に着く、もう内装がオシャレ過ぎて緊張しっぱなしである。

程なくして、めっちゃ笑顔のスタイリストさんが登場。

こんにちはー!本日は宜しくお願いします!

美人だけど、めっちゃ明るい、そして優しそうである。良かった…。

今日はどのような感じにいたしますかー?

さすがにナンパ目的と言うわけにもいかず

婚活パーティーに行くことになりまして

お!それでは気合いを入れた方が良いですね。ツーブロックとかにしてみますか?

ツーブロックという言葉がまぶしい…。笑

しかしここで踏み込まなくてはナンパの入り口にも立てない。

お願いします…

スタイリストさんと「今日は天気いいですねー!」的なテンプレの会話をこなし、筆者の緊張もほぐれてきたので、そしてスタイリストさんが良い人そうだったので、ナンパについて相談してみようと決意。

あの、実は友人とナンパをしてみようという話が出てるんですけど…。

スタイリストさん爆笑wwwwww

まあ笑いますよね…。

普段ナンパとかはされてるんですか?

してません…正直ナンパってどう思いますか?

いやー、私も渋谷とかでされますけど、婚活目的ならあんまおススメはしないですね…

ですよねー。

しかし、髪型はしっかりかっこよく決まりました!なんかちょっとだけUOMOのモデルさんに近づいた気がします。

たまたまスタイリストさんがいい人だったのかもしれないですが、間違いなく8000円以上の価値はありました。また勝負時には来ようと思います。

服を買う

髪型が決まったので、次はいよいよナンパの勝負服をそろえていきます。

僕は普段からなるべくオタクに見えないような服装を心がけてはいたものの、着るものはほぼユニクロかGUでそろえていたので、結局オタクっぽい見た目になってしまっていました。

今まではこれでも良かったのですが、ナンパするならこれではだめ

いくら自分でもわかります。

TONY & GUY でお金を払えばそれなりにスタイルが決まる事に気が付いた僕は、ここでもある程度の出費を覚悟してマルイに向かいます。

マルイに到着

向かう場所はマルイ渋谷店。

なぜ渋谷か?

オシャレと言えば渋谷だから(安直(二回目

チャラい街の総本山(と勝手に僕が思っている)渋谷ならば、それなりのナンパに適した服が売っているだろうと思っての行動でした。

というわけで渋谷の駅に降り立ちましたが、原宿の街を歩いたせいか帰りたくなるほどのプレッシャーはありませんでした。

しかし人が多すぎで長居はあまりしたくない…。

僕は足早にマルイに向かいました。

マルイのメンズフロアを見て回る

マルイに着いたらメンズフロアへ一直線。こういうファッションビルは自分の居場所ではない気がして本当に居づらいんですよね…。

そしてメンズフロアに到着。お店を一通り見て歩いてみましたが、どこも店員がチャラい…そして怖い…w

内心ビクつきながら周っていると、あるお店でチャラいが優しそうな男性店員さんが話しかけてきました。

イメチェンしたいが、どういう服を着れば良いか分からないと素直に相談したところ、かなり親身になって相談にのってくれました。(まあ仕事の一環なのだと思いますが…)

正直どのお店も同じような服しか売ってないように見えたので、このお店で選んでみようと思いました。

お店の名前は「NICOLE CLUB FOR MEN」

相談してくれた店員さんもこんな感じの人でした。

ここでもいきなり「ナンパをしたい」と言うわけにはいかなくて、「婚活目的」という事を話して、買う服を相談します。

どの服もそれなりに高い…、が背に腹は代えられません。幸いUOMOに載っていた服の半額以下のものしかありません。UOMOに掲載されているような服は逆にどこで買えるのか気になりますね…笑

相談の中でソシャゲが趣味である事を言うと、「もしかして最近はやってるアレですかね。僕もかなりやってますよw」と店員さん。

何やら親しみやすい空気を感じていたのだが、店員さんもまあまあのオタクだったからかw

色々話がはずみ、実は…ということで「友人とナンパをしてみようと言っている」ことを告げました。

店員さん大爆笑wwwでも、バカにすることなく相当親身に相談にのってもらう。いい人…。

「チャラめの服がいいかもですね」

「話しかける時は、斜め後ろからがいいですよ」

「まずは軽い言葉で声をかける」

「しばらく我慢して一緒に歩く」

「ダメでも最後はお礼を言う」

色々とアドバイスを頂けました。

周囲の店員さんも話を聞きつけて集まってきました。

「下ネタは絶対ダメ」

「渋谷だとノリがいいだろうけど秋葉原だとどうかな…」

「座ったりして暇そうにしている人に声をかけるといいんだけど、秋葉原にそういう人いるかな…」

色々とナンパのコツを伝授してもらいました。

結局それなりの額の服をお買い上げ。でも何かナンパに自信がついたものでしたw

実際にナンパしてみた

実際にオタクがナンパをしてみましたが…。

さて、勝負服を身にまとい、髪の毛をセットし、意気揚々と秋葉原の駅に降り立った僕とオフ会メンバー一同、早速電気街口近くでナンパを試みます。

しかし、僕以外のメンバー一同ここにきてビビるwwなんでやねん…。

服にも髪型にもそれなりに課金してしまって後にひけない僕は、仕方ないので一人でやることにしました。

電気街口でナンパ

まずは改札を出てすぐの電気街口でナンパを試みました。

オタクっぽくない渋谷系のギャル

誰をナンパしようか物色していると、いましたいました。

しゃがんで暇そうにしている、オタクっぽくなくかわいい渋谷系のギャル。

僕はこういう人が好み、そしてナンパにも応じてもらえそう。

声をかけてみることにしましたが、めちゃめちゃ緊張しました…。

こんにちは!今ひっ…ひっ…ヒマ?

声が緊張でどもります。

あの、友達と待ち合わせしてるんで…

ですよねー…ありがとう

すごすごと退散…。でも渋谷の店員さんに教えてもらった「ダメでもお礼は言う」は一応守れたぞ。

背が低めのかわいい女の子

そうだよね、駅前にいる人って大体待ち合わせだもんね…。そう考えた僕は、もう少し町中に行って一人で行動している女の子を狙うことにしました。

ビルの日陰で座って休んでいる背が低めのかわいい女の子に話しかけます。

こんにちは!今ヒm

彼女がいきなり立ち上がりスタスタと立ち去ろうとします!

僕もしばらくついていこうとする、しかし彼女ダッシュ!町の中へ消えていきました。

まあそりゃそうだよな…こんなキモいオタクが突然話しかけてきたら怖いわ…汗

この時点でもう既に僕のメンタルはボロボロでした。相手の女の子に嫌な思いをさせているだけのような気もしてきました…。

アニメイト前に移動

正直もう心が折れそうでした…笑

だがしかし、我々には有力な情報がありました。それは「アニメイトでのナンパ」。

同じジャンルを好きな女の子なら仲良くなれるかも!とのことでとあるWebサイトから情報を得ていました。

何か共通点があるなら話しかけやすそうだったので、アニメイトで同じジャンルを好きな女の子に声をかけてみることに。

同じジャンルが好きな美人の女の子

ソシャゲアニメのコーナーにいくと、いましたいました美人の女の子。

早速声をかけてみます。

こんにちは!お姉さんもコレ好きなんですか?

声をかけると、すごい形相でにらまれ、立ち去られました…。

さすがに店内なので、歩いてついていくのは止めておきましたが、もうホントきついですねナンパ。

渋谷や六本木にいるナンパ師をちょっと尊敬した瞬間でした。

同じジャンルが好きな明らかにオタクの女の子

あまり連続で女の子に声をかけていると不審者扱いされそうなので、しばらく他の場所も見てから、再びソシャゲアニメのコーナーに戻ってきました。

すると、明らかにオタクだけどもかわいい感じの女の子がいました。

試しに声をかけてみます。

こんにちは!お姉さんもコレ好きなんですか?

あー、まあ好きなんですけど、お兄さんナンパですか?

え?はいまあ…

止めといた方がいいですよ。最悪店員に通報されますよ。

と言い残してスタスタと別のコーナーへ消えていきました。

まあ…ですよね…そりゃ不審者扱いされるのも分かる気がします…。

アニメイトでのナンパも散々なものでした。

お店の前でグッズを配っているコスプレお姉さんをナンパ

最後、本当にダメ元で某電気店の前でグッズを配っていたコスプレお姉さんをナンパしてみました

お姉さんもこのコスプレのキャラ好きなんですか?

え、ええ、はいまあ(迷惑そう)

速攻で店員さんが飛んできて間に入られ、

本当にやめてください。通報しますよ。

こっぴどく怒られました…。

さすがにここで折れて帰宅しました。

ちなみに他のオフ会メンバーたちは途中で飽きてカフェで適当にお茶してたそうです。

この裏切りものがァァァァァァぁぁぁぁぁぁ!!!!

結局オタクにナンパは向かないが、得る物はあった

オタクはナンパには向かないが、自分の見た目は改善できました!

オタクは基本的に話がうまくないし、メンタルも弱い人が多いと思われるので、ナンパは不向きです。まあまあイケメンで断られてもどんどん次にいける鉄のメンタルがあれば話は別ですが…。

今思い返せば、本当にアホだったなと思います。正直女の子に嫌な思いをさせただけだったような気がしました…。

しかし、見た目はこのナンパをきっかけにある程度改善できました。何事もチャレンジしてみるものですね。

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓
計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

安藤隼人

出会いの無いアラサー男。いろいろなマッチングアプリや婚活にチャレンジします。