マッチングアプリでの婚活で自分に自信を持てた!28歳たぬぽんさん|デアイビトVol.2

マッチングアプリ実践レビューブロガーたぬぽんさんへインタビュー

マッチングアプリ大学編集部

編集部の中本です!

婚活に奮闘するブロガーさんたちに、ブログだけではわからない裏話をお聞きする企画第2回。今回はマッチングアプリの実践レビューブログを運営しているたぬぽんさんにお話を伺いました!

たぬぽんさんってどんな人?

編集部

こんにちは!本日はよろしくお願いします。早速ですが、簡単に自己紹介をお願いします。

たぬぽん

基本プロフイールはこんな感じです。

たぬぽんさんのプロフィール

年齢:28歳
職業:エンジニア
大学:鹿児島大学
年収:400万円
家:長男、1人暮らし

運営ブログ:https://tanuki.futoka.jp/「恋活婚活のすすめ」

それでは、早速たぬぽんさんにお話をお伺いしていきます!

マッチングアプリを始めたきっかけは?

編集部

利用していたマッチングアプリについて教えてください。

たぬぽん

マッチングアプリは5~6年ほど使用していました。Omiai、with、ペアーズ、タップルを使用したことがあります。よろしくお願いします。

たぬぽんさんが利用していたアプリの詳細

編集部

ありがとうございます!では早速ですが、そもそもマッチングアプリを使い始めたきっかけや理由を教えてください。

たぬぽん

大学生の時に、合コンに沢山(2年間で100回以上)参加したのですが、全く彼女が出来ずに悩んでいました。
興味本位で出会い系のアプリ(YYC)の体験談を読んでいるときに、記事下のネット広告で婚活アプリOmiaiの存在を知り無料会員登録してみることにしました。

まずは無料会員の状態で様子を見ていると数人の女性からメッセージが来て驚きました。

合コンでは3回の合コンで1人と連絡が続けば良い方でした。

編集部

3回の合コンで1人だと、1万5千円〜2万円くらいかかりますよね。コスパが悪いですよね。

たぬぽん

そうなんです。それに、そもそも友人に近況報告をしなければならない合コンの雰囲気が苦手でした。

編集部

あーーーわかります!誰を狙うとか誰が可愛いとかそういう話題私も苦手です。興味本位でみられているような感じがして嫌ですね。

約100回の合コンで出来た彼女は0人

編集部

ではでは、実際にマッチングアプリの質問をさせてください!まずは、お気に入りのアプリとその理由教えてください

たぬぽん

お気に入りのアプリはOmiaiです。

編集部

お!私もOmiai派です。理由は?

たぬぽん

自分が初めて実際に女性と出会えた思い出のあるアプリだからです。人気会員にいいね!を送るには沢山のいいね!を消費しなければならずそのやりくりにも魅力を感じます。

編集部

あれはOmiaiの面白い機能ですね。読者さんのために簡単に説明すると、いいねが500の女性には10ポイントが必要で、いいねが50の女性は1ポイントといった仕組みです。Omiaiの狙いとしては、いいねが特定の女性に偏り過ぎないようにという意図みたいです。

たぬぽん

はい。10いいね!を送った相手とマッチングした時の喜びもそうですが、「女性は沢山の男性に言い寄られていて、その中からデートをする相手や付き合う相手を見つけるんだ。」という当たり前のことに気づかせてくれたアプリでした。

アプリ上ではついつい、1対1で対話しているような気持ちになりますが、女性はアプローチの数が多く、メッセージも工夫をしないと返ってこなくなるのが普通だと学びました。

編集部

確かに、女性はもらういいねの数に驚きますね。美人で人気の子だと1000とか余裕で超えますものね〜。

合コンに頻繁に参加していたとのことですが、合コンとマッチングアプリを比較してどうですか?

たぬぽん

大学生の時に合コンに計100回くらい参加していました。幸い、大学周りに女子校の専門学校や短大が多く合コンはいつでも行ける大学生活だったので…。

しかし、約100回の合コンで出来た彼女は0人です。

編集部

え!!100回で0人・・・それはなぜでしょうか?

たぬぽん

そもそも人数合わせで合コンに来ていたり、彼氏が居ても合コンに来ている子が多かったからです。

編集部

あ〜合コンあるあるですね。

たぬぽん

マッチングアプリに比べて真剣に結婚相手や彼氏を探している人と出会う確率は低かったんですよね。
イメージ通りかもしれませんが合コンは顔や見た目が良い人が圧倒的に有利です。

2人で抜け出したり、合コン後のデートに繋がっているのを目の前で何度も見てきましたが間違いないです。まっさらな状態からいきなり対面で出会う合コンは、その後やり取りをしてお互いの事を知っていきますので、より見た目が大切になります。

編集部

特に合コンのような軽いノリだとその傾向が強くなりますよね。

たぬぽん

一方、婚活アプリでは多少お互いの事を知った状態で出会うので、メールの時点で合わないと感じた相手とはそもそもリアルで会わないで良いという効率の良さがあります。

また、女性とのやり取りについても合コンはチームプレイ(複数人で場を盛り上げる)アプリは完全ソロプレイの様なイメージです。

編集部

確かに!合コンだと周りに気を使わなきゃいけないのが面倒ですよね。なんとなく接待に近い感じがして私も苦手です。

アプリの出会いは無駄なんじゃないか?そう悩んでいる人の助けになりたい!

編集部

では、ブログについての話を聞かせてください!たぬぽんさんは沢山の女性と会ってきたレポートを掲載されていますが、一番お気に入りだった子について教えてください。

たぬぽん

実は現在、お付き合いしている方が居て、お互いに結婚を考えています。体験談は今お付き合いしている方と出会うまでの経験を思い出して記事にしていますので、1番お気に入りの方は今の彼女さんです。

編集部

え!!!そうだったんですね、おめでとうございます。

たぬぽん

ありがとうございます。今の彼女さんと出会うまで、何度も「アプリでの出会いは続かないし無駄なんじゃないか」と思っていましたが、今の相手に出会えたので他にも婚活や恋活で悩んでいる方の助けになればと思い、ブログを書いています。

真剣に誠実に恋人を探している気持ちが伝わるたぬぽんさんのブログ

編集部

やっぱり出会ったのはOmiaiですか?

たぬぽん

いえ、実はヤフーパートナーなんです。

編集部

そうなんですね!ヤフーパートナーは年齢層も高めであまりいい評判は聞かないですが(笑)出会いってアプリが作るのではなくて本当に縁なんですよね。ここを勘違いしがちですが、実際は使い方が一番大きいと思います。

参考:ヤフーパートナーの詳細情報

たぬぽん

そうですね。

編集部

ブログで紹介していたテテさんやサキさんはとても良い感じに思えたのですが、その後どうですか?

たぬぽん

テテさんとは次回のデートの約束が1か月後になっていました。しかし、日程が近づき連絡してみると、「転勤が決まって引っ越すことになったのでごめんなさい」と言われてしまい、やりとりは終わりました。

サキさんとはLINEのやり取りが続いて、次のデートの約束の話になったのですが、日程を決めるときに「行きたくない」と思う自分の気持ちに気づいてお断りしました。

編集部

そうだったんですね。こういったら失礼ですが、男性ってチャンスがあればあわよくばで付き合う気が無くてもデートにいったりする方って多いと思うんですよね。でも、たぬぽんさんは相手に向き合い、自分の気持ちに向き合い、真剣に恋人を探しをしているという気持ちが伝わってきていいブログだなと思いましたね。

初デートで好印象をもたれるコツは、相手の女性に対する事前準備

編集部

体験談を見ていると、多くの女性からまたお願いしますと好印象なデートをされているように感じました。会う時の第一印象や、2回目のデートにつなげるためのコツはありますか?

たぬぽん

会う時の第1印象については、自分の見た目や服装のセンスに自信が無いので、出来るだけスーツで行くように心がけています。

スーツであれば、自身が無くても恥ずかしい恰好はしていないという自負もありますし、自分の見た目の事で心配する事が薄れます。

編集部

なるほど!確かにスーツって3割ましでカッコよく見えますね。

たぬぽん

また、待ち合わせ時間の30分以上前に最低でも到着し、待ち合わせ場所からお店までを往復します。


女性の帰りに不便しない様な場所でお店を決めて会うことが多いせいか、初めての駅やお店になるので、事前に地図を見ないでも歩けるようにしています。

2回めのデートにつなげるコツは、食事時間を楽しんでもらうこと!

編集部

事前準備にも力を入れていますね。2回目のデートにつなげるコツはどうでしょうか?

たぬぽん

初対面の食事の時間が楽しかったと思ってもらう事だと考えています。そのために、会うまでの時間で相手の趣味について話題になりそうなことを調べたりします。

トークが得意なわけではないので、相手の趣味についての質問を事前に考えていることもあります。
婚活アプリのプロフィール上に書いてある趣味の中でも、特に相手のテンションが上がるような話題の質問を考えます。

女性が自分で沢山話してくれる場になれば自分も話を聞くのが好きなので楽しいです。今はYoutubeなどもあるので、質問が思いつかない時は動画を一緒に見たりしても距離が縮まります。

顔が一部しか写ってない女性でも綺麗な人は何人もいます

編集部

女性の顔写真の公開率の記事で顔が一部だけでもいいねが多い人がいると言う内容に驚きました。雰囲気が悪くなければマッチングしてみようと感じる男性が多いと言うことだと思いましたが、この現象についてたぬぽんさんが感じたことを教えてください。

たぬぽん

その通りだと思います。男性の婚活アプリ使用者の多くは、いいねの数が多すぎる女性とはマッチングしにくいという経験を持っています。

いいねが多過ぎないけれど、可愛い・綺麗な可能性がある女性にいいねを押してみようとなる気持ちはよくわかります。

実際に、顔が一部しか写っていない女性の方でも綺麗な方は何人もいましたので、そういった事もいいね数の増加につながっているのかと思います。

メシモク女性の見分け方は?相手の真剣度は自分の実力次第

編集部

ドンさんやキンタローさんなど、メシモクな女性が意外といることに驚きました。こういった真剣度が薄い女性の見分け方のコツや特徴などはありますか?

たぬぽん

真剣度が薄かったのか、自分に興味を持ってもらえなかったのかはわかりませんが、自分の経験から言うと、実際にお会いするまでのやり取りで何となくでもうまくいかない方とは2回目に繋がる可能性が低い印象です。

また、結局は自分次第とも思えます。真剣度が低い女性も実際に会った男性が素敵な男性だった場合、真剣になるでしょうし真剣になってもらえないということは、実力不足か相性が合わないのかなという考え方です。

編集部

その他、ブログでは書かれていない裏話があれば教えてください。

たぬぽん

サラリーマンとして働いていると出会いの話になった時に、たまにですが「アプリでも使っちゃえば?」というニュアンスの会話をする方が居ます。

仕方ないのですが、いまだに怪しいイメージや出会い系と婚活アプリの差がわからない方も多いように感じます。また、その逆に男性でもアプリを使っている話をちらほら聞くようになり、喜ばしいです。

編集部

そうですね、実際昔のあの出会い系とは全然違いますが、いまだにネットで出会う=怪しい・怖いというイメージを持つ方が多いですね。

たぬぽん

はい。また、マッチングした女性の中にわずかですが、エッチな電話をしたがる女性が居ます。今まで2人だけですが、マッチング後LINE交換をするとすぐに電話を要求され、電話すると自慰行為をする声を聴かせてくれと言われた経験があります。自分はハマらなかったので残念ながらお断りしました。

編集部

そんな人もいるんですか!というか、そういう人がいるから出会い系のイメージを持たれるのかもしれないですね。それとも、出会い系のイメージを持った人が利用するからこうなるのか…。

「自分に自信が持てない」方へ:婚活アプリほど出会う確率の高い場はない

編集部

最後に、この記事を読みたぬぽんさんのブログに興味を持った方へメッセージがあればお願いします。

たぬぽん

私のブログでは、「自分に自信が持てない」方へ向けての婚活恋活の応援をしています。
私自身、婚活アプリを始める前よりも今の方が自分に自信を持てるようになりましたし、自分への努力不足だったことを知りました。

また、今の相手と会う前はゴールが見えない婚活に嫌気がさしたことが何度もあり、婚活アプリも何度も解約しました。

しかし、婚活アプリほど出会う確率の高い場はなかったので、結局何度も戻ってきて今のお相手と出会うことができ、感謝しています。

休みながらでもいいので、あきらめずに自分に合うお相手を探していただきたいです。

あとがき:編集部の感想

たぬぽんさんのお話を聞き、本当に誠実に婚活アプリで恋活を続けてきたことがよくわかりました。

だからこそ、いまだにマッチングアプリが出会い系の怪しいサイトと間違えられることが余計に悲しいという気持ちがあるのですね。

たぬぽんさん自身出会いがないことに悩み、努力がなかなか報われず、何度も婚活をやめようと思った。

それでも、諦めずに挑戦を繰り返し彼女を作る努力と工夫した結果、ちゃんと成果が出たことを実感できたからこそ、本当に出会いがなくて悩んでいる男性の方々に伝えたいことがたくさんあるのだと感じました。

婚活をしていると、そんな風に行き詰まってしまう人も多いのではないでしょうか。

たぬぽんさんのブログを読むと、自分をよく知り、自分に合う婚活方法を見つけ、どうがんばっていけば良いかが分かるかもしれません!

たぬぽんさんのブログはこちらから読めます。↓

https://tanuki.futoka.jp/

人気ブロガーインタビューシリーズ「デアイビト」

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

編集部 中本

誰よりも詳しく、好奇心旺盛で世の中全てのマッチングアプリを使ってみる!がモットー。主にアプリの調査記事や比較記事、解説記事などを担当。