島根県立三瓶自然館サヒメルで地球と宇宙の神秘を感じるデートプラン|大田市

今回紹介するのは、「島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル」を中心にしたデートプランです。

島根県立三瓶自然館サヒメルは、島根県のほぼ中央部に位置する三瓶山の自然環境から、宇宙の神秘までを扱う自然史博物館となっています。縄文時代の巨木の幹や根株の実物や、島根県の大地の歴史を物語る化石や岩石の標本など、見応えたっぷりですよ。

またプラネタリウム上映や天体観測会も行われているので、地球の歴史と宇宙の神秘を同時に学び、感じることができるでしょう。

学ぶって楽しい!と知る喜びで満たされる一日をカップルで過ごせますから、ぜひ次のデートの参考にしてみてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代〜50代
おすすめカップル:知的好奇心を満たしたいカップル、自然科学に興味があるカップル
どんなデート?:地球の歴史、宇宙の神秘、島根県の自然
目安時間:半日
目安予算:2人で5,000円

概要:自然の中で知的好奇心も満たされるデートプラン

サヒメルにあるブナ林ジオラマ展示

今回メインとなるデートスポット「島根県立三瓶自然館サヒメル」は、三瓶山について深く知ることができるのが特徴です。

まずは三瓶山を実際に間近で感じるべく、三瓶山の麓にあるレストハウスでティータイムを過ごしましょう。その後はサヒメルで地球の歴史や宇宙の神秘に触れてから、美しい夕景を期待しつつ琴ヶ浜へと向かいます。夕暮れ時の広大な海と空を二人で眺めながら、歩を進めるたびにキュッキュッを鳴る砂浜の音を楽しむひと時は、忘れられない思い出になってくれそうです。

※夕陽が見られるのは日没前後の30分ほどです。日没時刻は時期によって変わります。

14:00 山の駅さんべに到着
14:00〜14:40 山の駅さんべでティータイム
14:40〜14:50 島根県立三瓶自然館サヒメルに移動
14:50〜16:30 島根県立三瓶自然館サヒメルを見学
16:30〜17:10 琴ヶ浜に移動
17:10〜17:30

琴ヶ浜を散策

17:30~18:50

ドライブを楽しみつつ島根県立三瓶自然館サヒメルに戻る

19:00〜19:45 天体観測会に参加

二人で夕陽に包まれてロマンチックなひと時を過ごした後は、再びサヒメルへと向かいます。毎週土曜日19:00から開催される天体観測会に参加するのが目的です(19:00の回があるのは毎年9月〜3月)。季節によって天体観測会の開催時刻は異なりますので、忘れずにあらかじめ確認しましょう。

大人をワクワクさせる博物館「三瓶自然館サヒメル」

サヒメルにある恐竜の骨格復元模型

「島根県立三瓶自然館サヒメル」は、2020年6月にリニューアルオープンしています。リニューアルで一新されたのは、「ふしぎの森であそぼう!」の本館1階と、「三瓶山と大地の成り立ち」の本館2階、「環日本海地域の生い立ち」などの新館4階で、自然科学博物館としての魅力が一段とアップしました。

動植物や化石などの標本展示だけでなく、音と映像が迫力満点の火山時空シアターや、クイズ形式で三瓶の自然を学べるコーナーなど、大人でも興味をそそられる工夫がそこかしこにされています。眺めるだけにとどまらない体験型コンテンツが充実しており、デートで館内を巡っている間はワクワク感が止まらないことでしょう。

サヒメルの火山時空シアター
▲大迫力の火山時空シアターは一見の価値あり!

さらに施設内には天文台も設置されていて、毎週土曜日に開催されている天体観測会に参加すれば、大型望遠鏡を覗いて、季節ごとに美しく輝く星々を観測することもできます。専門家の解説付きなので、星にまつわる神秘的なストーリーを知る楽しみも広がるでしょう。

街明かりが少ないロケーションだからこそ、サヒメルでは普段なかなか見られない満天の星を堪能できます。二人で宇宙について学んだ経験は、デート後も夜空を見上げるたびに幸せな気持ちを呼び起こしてくれるのではないでしょうか。

今回は、「島根県立三瓶自然館サヒメル」で企画・広報担当を務める田中さんに、同博物館の魅力について詳しく伺ってみました。

地球や宇宙のダイナミズムを体感できる展示物

サヒメルにある天文展示

編集部

田中さん、本日はよろしくお願い致します。まずサヒメルの展示物について教えてくださいますか。

田中さん

メインの展示は、三瓶山を中心にした島根県内に生息する動植物や化石などの標本です。三瓶山の自然環境から宇宙までを幅広く網羅している博物館です。プラネタリウムを始めとした、視覚的な展示も用意しています。

※プラネタリウムは、2021年11月25日(木)~2022年3月11日(金)は改修工事のため休止中

私たちを取り巻く自然環境は、人間の暮らしを含めて地域固有の自然史と結びついています。その自然史は、世界的な気候変化や火山噴火のような突発的な出来事、文明や文化交流などさまざまな要素と関わり、さらには太陽活動や月の動きなど宇宙とも関係しているものです。私たちが暮らす環境の意味や、貴重性を感じていただけたら嬉しいです。

また当館は、大山隠岐国立公園の三瓶山地区に位置しており、一歩外へ出ると本物の大自然を体感できることも大きな魅力です。三瓶山は、早春の芽吹きに始まり、新緑と草原の草いきれ、紅葉、そして時には積雪1mを超える厳しい冬と、季節ごとにさまざまな顔を見せてくれます。館内からも、その風景を眺めることが可能です。

自然の中で疑問に感じたことや、興味を抱いたことを展示で調べるのはもちろんのこと、スタッフにも気軽に尋ねてみてください。

編集部

施設名の「サヒメル」は、三瓶山の古称「佐比売山(さひめやま)」に由来しているのだそうですね。三瓶山は、最後に噴火したのは約4,000年前とのことですが、その際に地中に埋もれつつも奇跡的に立った状態で保存された太古の木々が現存すると聞き、とても興味を引かれています。自然科学に少しでも興味があるカップルならば、非常に魅力的な博物館だと感じました。

プラネタリウムや天文台もある!カップルで星空観測を楽しむ

編集部

本館・新館・別館にまたがって充実した展示がなされていますが、サヒメルならではと言える特徴は何でしょうか。

田中さん

プラネタリウムと天文台があることは、当館の大きな特徴だと思います。プラネタリウムは毎日投影しておりまして、スタッフのライブ解説が来館される皆さんに好評です。

サヒメルにあるプラネタリウム

天文台では、毎週土曜日に天体観察会を開催しており、公開天文台としてトップクラスの観測条件に恵まれた三瓶山の夜空をお楽しみいただけます

また年3回開催している企画展では、昆虫・動物・植物・岩石・化石・天体など様々なテーマを設けており、写真展や収蔵標本の展示などを行っていることもサヒメルの特徴ですね。2022年度は、春に「外来生物」、夏には「恐竜」をテーマにした展示を計画していますよ。

そして広く大きな窓越しに、水場で水浴びをする野鳥を観察できる「野外観察コーナー」にも、ぜひご注目ください。双眼鏡やカメラを持参して、ゆったりと過ごすことができます。

編集部

プラネタリウムは、時間と曜日で異なるテーマの投影をされているそうですね。とりわけ「プラネタリウム生解説 季節の星座案内」などは、デート中のカップルが参加しても面白そうだと感じます。星たちを眺めながら、季節ごとの夜空などについて語ってくださるようですね。

また天体観察会は、個人向けのものは毎週土曜日に開催という案内を拝見しました。大型天体望遠鏡で星を観測できるなんて、一生に何度もある経験ではありませんから、心ときめくひと時になるはずです。それに巨大な屋根が開くスライディングルーフ観察室では、二人で寝転がりながら満天の星を眺めることもできるとのことで、まさにサヒメルだからこそ叶う体験になりますね。

階段吹き抜け部分に展示された火山灰の実物標本にも注目!

編集部

ちなみに田中さんが特にお好きな展示はどちらでしょうか。

田中さん

火山としての三瓶山の歴史を物語る、火山灰の実物標本ですね。火山噴火のスケール感が感じられることに加え、噴火様式の研究試料としても貴重なものなんです。2階から4階までの階段吹き抜け部分に展示されています。

編集部

実物の標本とは、これまたリアリティがありますね。各階を移動する際にも貴重な展示物が眺められるとなると、館内見学の間はずっと目が離せないです。

4,000年前の巨木と対面!二人で本物の存在感に圧倒されるサヒメルにある三瓶小豆原埋没林

編集部

他にもサヒメルならではの魅力がありましたら、ぜひお話ください。

田中さん

サヒメル近隣には、巨木が地下に立ち並ぶ縄文時代の森を実物展示する施設「さんべ縄文の森ミュージアム」があります。地下に下りて4,000年前の森を歩く体験ができる場所は、世界でも「さんべ縄文の森ミュージアム」にしかありません。そちらから移設した縄文時代の本物の巨木を当館でも展示しているんですよ。

また4~11月の毎週土曜日には、30分間ほどの「北の原お散歩ツアー」を開催しており、三瓶山北の原草原周辺で季節の花や昆虫などを紹介しています。土・日・祝日には、大型天体望遠鏡で太陽観測を行う「天文ミニガイド」も開催中です。他にも各種イベントを開催しておりますので、公式HPでご確認いただければと思います。

※北の原お散歩ツアーは、12~3月を除く毎週土曜日に開催されています。

編集部

縄文時代の森に生息していた巨木の幹と根株の実物を目の前にすると、圧倒的な存在感に思わず言葉を失います。これぞ心奪われる体験と言えるのでしょうね。4,000年の時を経て目にする巨木の存在感は、今ここに二人が立っていることにすらも感動を覚えてしまいます。

また高い専門知識を持ったサヒメルの皆さんの解説付きイベントに参加しても、とても魅力的な体験ができそうですね。自然科学に関心があるカップルならば、満足度の高いデートになると思います。

オリジナル商品が人気のミュージアムショップ「ひめのが」

編集部

サヒメルには、ミュージアムショップ「ひめのが」がありますが、ご説明いただけますでしょうか。

田中さん

ミュージアムショップ「ひめのが」では、自然科学に関連するアイテムを販売しています。当館のマスコットキャラクター「テンピー」のぬいぐるみはオリジナル商品で、来館された皆さんに人気が高いですね。

ミュージアムショップ「ひめのが」のカウンターとテンピーのぬいぐるみ
▲三瓶山に生息するイタチ科の動物・テンをモデルにしたテンピーは、ゆるキャラとしても人気!

編集部

「ひめのが」では、島根県の絶滅危惧種を紹介するレッドデータブックも販売されていると伺っています。ほかでは入手できないアイテムが充実しているようで、カップルで個性的なデートの記念品を探すのも楽しそうですね。

「島根県立三瓶自然館サヒメル」の評価・口コミをチェック!

サヒメルにあるクイズコーナー

編集部

サヒメルに来館される皆さんからは、どのような声を聞かれることが多いでしょうか。

田中さん

展示を通じて、「身近な自然の面白さに興味を持った!」という声のほか、「展示に施されたさまざまな仕掛けが楽しかった!」という子供さんの声もよく耳にしています。

編集部

子供から大人まで、サヒメルの展示物に魅了されていることが伝わってきますね。五感を使って体感できる展示の工夫があることも、大人のカップルが訪れても楽しめる理由なのでしょう。

知的好奇心を刺激されたことが窺える口コミも多数!

編集部でも、GoogleやSNS上の評価・口コミをチェックしてみました。サヒメルの充実した展示物に満足している声が多く見られます。

アイコン
展示方法が凝っていて、体験型の仕掛けも多いことが魅力。
アイコン
盛りだくさんの内容で、大人もワクワクが止まらない!
アイコン
学ぶって楽しい!ということに気づかせてくれる施設。

知的好奇心を刺激されている皆さんも多いようで、デートがマンネリ気味のカップルでも、サヒメルでのひと時には満足するのではないでしょうか。

「島根県立三瓶自然館サヒメル」からカップルへのメッセージ

サヒメルにある岩石展示

編集部

最後になりますが、デートでサヒメルに来館することを検討しているカップルへ、一言メッセージをお願い致します。

田中さん

プラネタリウムをご覧になったり、草原でランチを広げてゆったりした時間を過ごしたり、思い思いの楽しみ方ができると思います。三瓶山を一周する道は、デートのドライブコースとしてもおすすめです。

編集部

大人がデートで訪れて、知的好奇心を満たせるスポットというのは、実はとても貴重な存在ではないかと思います。

田中さん、本日はお忙しいところにお話を聞かせていただきまして、大変有難うございました。

「島根県立三瓶自然館サヒメル」の基本情報

<

住所 〒694-0003
島根県大田市三瓶町多根1121-8
アクセス 【車】
吉田掛合ICより40分、三次ICより90分、出雲市駅より70分、大田市駅より30分
【公共交通機関】
JR「大田市駅」より路線バス
※1日2~3便なので注意してください。
営業時間 9:30〜17:00(最終入館16:30)
休館日 ・火曜日(休祝日の場合は翌平日に休館)
・年末年始
※年4回、5日間ずつのメンテナンス休館があります。
※夏休み期間は無休です。
駐車場 乗用車180台分(無料)
料金・予算 ・大人:400円
・小・中・高校生:200円
・幼児:無料
※企画展開催時は料金の変動があります。
比較的空いている日 平日(夏休み・初夏と秋の遠足シーズンを除く)
公式サイト http://nature-sanbe.jp/sahimel/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

「三瓶自然館サヒメル」と一緒に訪れるデートスポット

サヒメルでの滞在時間の目安は、天文観測に参加した場合でも2時間程度です。まだまだデートを楽しみたい、三瓶エリアの魅力を満喫したい、というカップルにおすすめのスポットを紹介しましょう。

おすすめのデートスポット

二人で歩くたびに砂が鳴る「琴ヶ浜」

歩くとキュッキュッと琴の音のように砂が鳴ることで有名な海岸であり、通称「鳴き砂」です。その正体は、美しい微小貝を含んだ砂粒となります。遥か昔、地元の娘・お小夜が戻らぬ恋人の若き船乗り・重蔵のことを思って泣いたとの逸話から、「泣き砂」と呼ばれるようになったというエピソードが残る場所です。

夕暮れの美しい時間帯に訪れると、広大な日本海への落日をを眺めることができます。二人で肩を寄せ合って、ロマンティックなひと時を過ごしてみてください。サヒメルからは、車で45分ほどの道のりです。

しまね観光ナビ:https://www.kankou-shimane.com/destination/20516

地元産品が集まるログハウス風の休憩所「山の駅さんべ」

三瓶山を眺めながら、カップルでくつろげるログハウス風の休憩所です。「さんべ育ちの美味しいもの」をコンセプトにしたカフェスペースもあり、三瓶のお米や牛乳、高原野菜などの地場食材をふんだんに使った定食やスイーツをいただけます。天気がよい日にテラス席に座れば、爽快なひと時を過ごせること請け合いです。

三瓶エリアのレジャー情報が得られる観光案内所も設置されています。地元特産品も多く扱われていますから、デートのお土産探しにもぴったりのスポットです。サヒメルからは、車で10分程度の場所にあります。

山の駅さんべ:https://yamanoekisanbe.net/

その他のおすすめスポット

まとめ:知的好奇心を満たすと心も元気になれる!

「島根県立三瓶自然館サヒメル」は、地元島根県の動植物を中心に展示しながらも、地球や宇宙のダイナミズム・神秘にも触れることができるスポットです。

大人になって知識が増えると、子どもの頃のようにワクワクする機会もめっきり減ってしまいますよね。それでもデートでサヒメルを訪れると、この世界にはまだ知らないことがたくさんあるんだ、ということに改めて気づけるのではないでしょうか。知的好奇心が満たされると、きっと心の栄養にもなってくれるはずです。

サヒメルでたくさんの未知に出会って、二人の心の中をワクワクで満たしてみませんか。島根県太田市方面でのデートを検討中のカップルは、ぜひ今回のプランを参考にしてみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック