陸前高田市で暮らす良さとは?移住のための仕事・住居・支援情報 | 岩手県

この記事では、地方への移住を検討している人に向けて、岩手県陸前高田市(りくぜんたかたし)の特徴や生活情報をご紹介します。

陸前高田市は岩手の沿岸部・最南端に位置しており、海の恵みも山の恵みも豊富です。8町から構成されている自治体で、自分の叶えたい暮らしに応じて住む場所を選べることが特徴です。
参考:高田暮らしの手引き(全体図)

この5年間で約300人以上が移住してきており(令和4年12月現在)移住者を受け入れる風土や市の制度が充実していることは、大きな注目ポイントでしょう。

陸前高田市では多くのコミュニティが活発に活動しているので、移住者同士の繋がりが生まれやすいようです。豊かな自然に囲まれたのどかなまちで、背伸びせず自分らしい生き方を探してみませんか?

それではさっそく、移住する際に役立つ情報を中心に、NPO法人高田暮舎の移住コンシェルジュである多勢さんに伺ったお話をあわせながらお伝えしていきます。

NPO法人高田暮舎の移住コンシェルジュである多勢瞳さん

陸前高田市で暮らす3つの魅力を紹介

岩手県陸前高田市の暮らしの特徴

陸前高田市には、東日本大震災の際のボランティアで繋がりができた人や地域おこし協力隊をきっかけにした人など、多くの移住者が住んでいます。

移住者が住みやすい環境であることに加えて、自然が豊かな点も魅力的です。夏は海水浴にハイキングなどができ、海が好きな人も山が好きな人も楽しめます。

それではさっそく、陸前高田市ならではの特徴について見ていきましょう。

魅力1:移住後に人と人とを繋ぐコミュニティがたくさんある

陸前高田市には、地元の人や移住の先輩と移住者が交流できるコミュニティがたくさんあります。「移住した後地域に馴染めるのか」「友達ができるのか」といった心配がある人も、開催されているコミュニティに参加することで不安を解決できそうですよ!

毎週末、どこかのコミュニティがイベントを開催しているので、自分に合う場所を探して気の合う仲間を見つけてくださいね。心を許せる仲間ができると、移住生活の楽しさが倍増することでしょう。

コミュニティに参加すれば、地元の人しか知らない情報を聞くことができるかもしれません。

いくつかコミュニティを紹介しますので、気になった方はぜひチェックしてください。

概要 リンク
高田暮らし交流会 ・移住者が地域の人や他の移住者と繋がるきっかけを提供
・モルック交流会
・バーベキュー
・移住者はまずこの交流会にきてもらうと繋がりが作りやすい
参考
たかたコンテンツらぼ ・年齢関係なく50人以上が集う同好会
・川遊び、釣り、写真部など多彩な部があり、好きなイベントに参加できる
・会費なし
・地域の魅力を発掘しながら交流できる
公式

この他にも、移住を検討している人同士が繋がれるLINEコミュニティもあります。ここでは移住前の不安な気持ちや心配なことも、ざっくばらんに相談することができますよ。

このLINEグループについては「高田暮らしの手引き」に情報が掲載されています。陸前高田市の暮らしの情報が幅広くぎゅっとまとまった冊子なので、手元においておくと移住前後の情報収集に役立つはずです。

「高田暮らしの手引き」郵送申し込みフォーム

「高田暮らしの手引き」PDF

魅力2:海と山の両方を満喫できる、自然が豊かなまち

陸前高田市の美しい海

陸前高田市は海に面した地域で、美しい海岸風景を見ることができます。波の音に耳を澄ましながら、ゆったりと静かに過ごしたい人にぴったりです。

海水浴をしたい場合には「高田松原海水浴場」があるので、休日には仲間や家族と出かける予定も組めそうですね。

高田松原で植樹に取り組む人々
▲震災前の姿を取り戻すために地元住民が奮闘している高田松原の海岸

市民の生活の一部となり、四季折々の景色を見せていた「名勝 高田松原」。震災で失われた松林を再生するため植樹や保全活動を続けています。

震災前の高田松原
▲7万本もの松林は市民の憩いの場としても親しまれていた

海では泳ぐだけでなく、貝殻を拾ったり砂浜でのんびりくつろいだりと、幅広い年齢の方がそれぞれの楽しみ方を見つけることができます。

また、陸前高田市でできる「フレスコボール」というスポーツは、近年じわじわと盛り上がりをみせているんです。

砂浜でフレスコボールを楽しむ人
▲海で遊ぶ思いやりのスポーツ「フレスコボール」

フレスコボールは、二人ペアで行う競技で、ラリーを続けたりテクニックを競い合ったりすることで点数がつきます。一見簡単なように見えますが、やってみると意外と難しい競技です。二人の息をぴったり合わせて、まずはラリーを長く続けることから始めるといいですよ。

ラケットとボールのレンタルもできますし、大会も開催されているので、移住した際はぜひ気の合う仲間と楽しんでみてはいかがでしょうか。
参考:(公式)陸前高田市観光物産協会(フレスコボールを楽しもう!)

陸前高田市には海だけでなく、ハイキングを楽しめる山や釣りができる川もあります。

陸前高田市の山でハイキングを楽しむ人々
▲休日に仲間とハイキングを楽しめる

四季折々の変化を見ることができる氷上山(ひかみさん)は、ハイキングに最適です。山頂や山のふもとには氷上神社があり、多くの人が訪れる人気のスポットとなっています。

その他にも、箱根山の展望台、鮎釣りができる気仙川、岩手の名水20選の湧き水など、市内には自然とふれあえる場所がたくさんあります。
参考:(公式)高田暮らし(陸前高田について/自然)

魅力3:移住に向けた丁寧なサポートが心強い!

高田暮舎事務所の様子
▲どこよりも親切、丁寧な移住相談を目指しているそうです!

陸前高田市の移住サポートはかなり充実しています。移住前から移住後まで困ったことや不安なことがあれば、いつでも移住コンシェルジュに相談することができます。

  • 陸前高田市の雰囲気はどうなのかな?
  • 移住したいけれど、何から始めればいいかわからない
  • 自分に合ったコミュニティを教えてほしい
  • 休日に出かけられるおすすめのスポットを聞きたい

このように、移住にまつわる心配事から現地に密着した情報まで、陸前高田市に関することなら何でも相談できますよ。

移住コンシェルジュの多勢(たせ)さんも、実は陸前高田市に移住してきたひとり。都会の勤務形態に疑問を感じる中、自分たちの暮らしに誇りを持ち、活き活きと働く人が多い陸前高田の市民を見て移住を決意したそうです。同じ移住者目線で相談にのってもらえるのは嬉しいですね。

移住コンシェルジュ多勢さんと空き家バンク担当者
▲右が多勢さん、左は空き家バンクの担当者さん

多勢さん
多勢さん

移住定住の個別相談、現地の案内は休日問わず行っています。自然が豊かな陸前高田市で、温かい人に囲まれながら、自分らしく生きるお手伝いをさせてください!背伸びせず、ありのままのあなたが輝ける場所がありますよ。

▶(公式)高田暮らし:お問い合わせフォーム

陸前高田市の暮らしに関する情報

ここからは、実際に陸前高田市へ移住し、生活する時に必要なデータを紹介していきます。

気候 8月:平均気温23.7度
1月:平均気温0.4度
雪かきはほぼいらない
参考:気象庁ホームページ
人口 ・約1万8千人(令和4年12月31日現在)
病院 ・病院・クリニック:8か所
・歯科:7か所
学校 ・保育所(公立)3
・保育園(法人)5
・小学校8
・中学校2
・県立高等学校1
文化・芸術 【祭事・催事】
・高田町うごく七夕まつり
・気仙町けんか七夕まつり
・全国太鼓フェスティバル
・三陸花火大会・三陸花火競技大会
食べ物 ・りんご(米崎りんご):三陸の潮風を受けて育ったリンゴ、果物の産地
・北限のゆず
・ヤーコン
・新ブランド米「たかたのゆめ」
・広田湾の養殖漁業(昆布、牡蠣、ホタテ、ワカメ、広田湾産イシカゲ貝)
・マスカットサイダー
交通 【鉄道】
・市内には鉄道路線なし
・鉄道を利用する場合、大船渡線気仙沼駅
あるいは三陸鉄道リアス線盛駅が最寄り駅
【バス】
・BRT(JR東日本)
・路線バス(岩手県交通)
・高速バス
【高速道路】
高規格幹線道路(一般国道自動車専用道路)
・三陸沿岸道路(三陸縦貫自動車道)
娯楽 【主な寺院】
・観音寺、常膳寺、普門寺
【主な史跡】
・玉山金山址
【主な遺跡】
・中沢浜貝塚
【観光スポット】
・奇跡の一本松
・高田松原
・気仙隕石
・黒崎仙峡
【公園】
・高田松原津波復興祈念公園
・まちなか交流広場
近隣都市 岩手県
・大船渡市、気仙郡住田町、一関市
宮城県
・気仙沼市 

東北には雪が多いイメージがあるかもしれませんが、陸前高田市は沿岸にあるため雪があまり積もらず、雪かきがほとんどいりません。寒すぎず、夏は関東よりも涼しいので過ごしやすいです。

海側・山側と住むエリアによって雰囲気や気候の違いがあるので、住む場所を決める時に、どんな暮らしをしたいのか事前に考えておくとスムーズでしょう。

バスはありますが、市内の移動には車があったほうが便利です。広くて見通しのよい道路が多いので、ストレスなく運転することができますよ。雄大な景色を眺めながら、移動時間も楽しめます。

雪が少ないといっても、冬道にはスタッドレスタイヤが必須です。路面が凍結することもあるので、必ず準備しておきましょう。

食料品や日用品の買い物は市内で済ませることができます。大型複合商業施設「アバッセたかた」にはスーパー、衣料品、ドラッグストアがそろっており、一度に買い物が終わるので便利ですよ。

車で約20分の大船渡市・気仙沼市も生活圏に含み、家電量販店やファーストフード店を利用したい時に足を延ばす人が多いです。

病院は、皮膚科・耳鼻科・眼科など専門的な分野になると、すぐに診てもらえるところは限られてくるので、持病がある人は事前に確認することをおすすめします。

また、陸前高田市は海が近いので、美味しい海産物がたくさんとれます。

陸前高田市でとれる豊かな海産物
▲とれたての海の幸は絶品!

繁忙期に漁師さんを手伝い、海産物をおすそ分けしてもらうこともあるそう!都会ではなかなか話す機会のない漁師さんや農家さんと話すことも楽しみのひとつですね。

新ブランド米「たかたのゆめ」は、炊きたてはもちろん、冷めてもおいしい陸前高田市限定のお米です。陸前高田市の農業復興を担った「たかたのゆめ」は、どんなおかずにも合うとも評判なんですよ。ぜひ一度食べてみてくださいね。
参考:(公式)陸前高田だけの米「たかたのゆめ」

たかたのゆめの田んぼの前で記念撮影をする人々
▲「たかたのゆめ」は復興への思いを込めた名前です

陸前高田市は東日本大震災により大きな被害を受けた場所のひとつです。津波に耐え、唯一残った奇跡の一本松をシンボルに、地元の人たちはかつてのまちの姿を取り戻そうと奮闘しています。

陸前高田市の奇跡の一本松
▲津波に耐えて奇跡的に残った一本松

陸前高田市祈念公園の外観
▲津波の被害を後世に伝え、復興への強い意志を示す祈念公園

震災をきっかけにボランティア同士の繋がりができ、この場所に役割を見つけて移住した人も多いそうです。

【仕事】豊富な求人数と、相談できるコンシェルジュの存在が頼もしい

大手求人サイトで検索すると、陸前高田市には約750件の求人がありました。また、市のHPではいくつか会社の紹介があり、陸前高田市での仕事の様子を垣間見ることができます。

その他、ハローワークでも求人が検索可能です。求人数は十分ありますので、希望の職種を見つけやすそうです。
※求人情報の一例
※(公式)高田暮らし(仕事を探す)
※ハローワーク求人情報

インターネット上の情報だけではわかりづらいときは、地元の人に相談することも可能!移住コンシェルジュに相談すると、地域の人と話す場をセッティングしてくれるので、より自分に合った仕事を探しやすいですよ。ぜひ気軽に問い合わせてみてくださいね。

移住コンシェルジュへの相談お問い合わせフォーム

県外からの移住者には3万円の奨励金!他にも求職に役立つ支援が豊富

陸前高田市は、市内に住所を定めた県外からのUターン者に3万円の奨励金を支給しています。その他、仕事で必要な技能講習を受講する場合に必要な経費を補助したり、生活資金等を低利で融資したりするあっせん制度も整っています。

概要 リンク
Uターン奨励金 ・市内に住所を定め、国及び地方公共団体を除く事業所に就職した人に奨励金を支給
・気仙沼市または県内からのUターン者:2万円
・気仙沼市を除く県外からのUターン者:3万円
参考
移住支援金 ・東京圏からの移住者に最大100万円を支給
①移住支援金対象求人に就業した人
②プロフェッショナル人材事業などを利用して専門人材として就業した人
③移住元の業務を引き続きテレワークする人
④起業支援金の交付決定者
⑤市内に就職し以下のいずれかの要件に該当する人
・おためし地域おこし協力隊に参加
・地域おこし協力隊インターンに参加
・お試し高田暮らしに参加
・空き家バンク登録物件への入居者
・佐々木朗希選手を応援する会の会員
・岩手県「遠恋復業」を活用した人
求職者資格取得支援事業費補助金 ・技能講習を受講する場合に要する経費を補助
・技能講習、介護職員初任者研修及び介護職員実務者研修(経費の2分の1に相当する額)
・職業訓練指導員講習(経費の10分の10に相当する額)
・上限1万5千円
公式
勤労者向け各種融資あっせん制度 ・東北労働金庫と提携して生活資金等を低利で融資
・市内に1年以上住所を有し、同一事業所に1年以上勤務している方等が対象
公式

その他に就労支援施設や支援サイトを通じて仕事を探したり、相談したりすることができます。

▼就労支援施設、支援サイト一覧

リンク
ポリテクセンター岩手 公式
ジョブカフェ気仙 公式
シゴトバ クラシバ いわて 公式

【住まい】アパート、空き家バンク、市営住宅。様々な選択肢がある

大手不動産会社を検索すると、陸前高田市の賃貸物件は約20件確認できました。間取りは1LDKから2LDKが多く、家賃相場は3万円~5万円くらいです。
※賃貸物件の例

戸建てに住みたい場合は、空き家バンクから探すのがおすすめ。気に入った物件があれば買い取ってリノベーションを行い、自分好みの家に仕上げるのもワクワクしますね。なお、この後に紹介する支援金を使うことができますよ。

空き家の賃貸は人気があるため、すぐに埋まってしまいますが、こまめに最新情報をチェックしておくと理想の物件が見つかるかもしれません。空き家バンクの情報はこちらからご覧ください。

高田暮らし(家を見つける/一覧)

また、賃貸料の安いビレッジハウスに入居しながら、空き家や空き地を探すという方法もあります。市営住宅も空きがありますので、こちらも検討してみてください。

ビレッジハウス陸前高田

(公式)市営住宅

上限100万円!住宅の建築費、改築費が支援される

陸前高田市は、移住された方に向けて住宅の建築費、購入費、改修費を支援しています。上限100万円まで支援金が出ますので、住宅購入を検討している方はこちらの制度もお見逃しなく!

概要 リンク
移住定住促進事業地域商品券交付 ・陸前高田市へ移住された方の住宅建築費、購入費、改修費を支援
・経費の1/5以内(上限100万円)
・申請者がUターンの場合は上限30万円
・交付方法:商品券
公式

陸前高田市へ移住した人の体験談や感想

岩手県陸前高田市の移住者の声

ここでは、陸前高田市に移住したみなさんの感想や体験談を集めました。実際に生活している方々の声は参考になると思いますので、ぜひご覧ください。
参考:高田暮らし(移住者に聞く)高田暮らしの手引き

陸前高田市へ移住してよかったこと

まずは、陸前高田市へ移住してよかったことを紹介します。

  • 自然が豊か(海も山も両方ある)
  • 移住者を受け入れる風土がある
  • 自分が行った仕事の影響が目に見える
  • 近所の人がよく声をかけてくれる
  • 温かい人付き合いがある

雄大な自然に魅了された人はもちろん多いですが、何より人の温かさに心を動かされて移住してきた人が多いのが特徴的です。何度か陸前高田市に足を運んでいると、地域の人が喜んでくれ、移住する前から馴染める感覚があったという人もいます。

また、都会では自分の仕事の成果が見えづらく、「誰でもできる仕事」という感覚が苦しかった人も、このまちでは「自分にしかできない仕事」「自分だからできる仕事」を見つけることができています。

陸前高田市の暮らしには、静かな田舎暮らしを望む人より、地域の人との交流を楽しみ、自分にできることを積極的に探す人の方が合っていそうです。

陸前高田市へ移住して大変だったこと

次は、陸前高田市へ移住して大変だったことを紹介します。

  • 都会では慣れない寒さ対策が必要
  • 病院の数が限られている
  • 動物と遭遇することがある

東北の中では寒さが厳しくない地域とはいえ、寒さ対策は必要です。例えばスタッドレスタイヤの用意、水道凍結への備えはしっかりしておいたほうがよいでしょう。

また都会と比べ、病院の数が限られていることを不安に思う人がいるかもしれません。持病がある人や専門的な治療を必要とする人は、事前に病院へ確認をとったほうが安心できそうです。

そして、自然豊かな陸前高田市では、車で走っていると鹿やたぬきに会うことがあります。ぶつかってしまうと、動物・車ともに被害が出るので、見通しの悪い道路や夜間は慎重に運転することをおすすめします。

陸前高田市への移住に関する情報・お問い合わせ

ここでは、陸前高田市へ移住を検討する際に役に立つ情報やお問い合わせ先を紹介します。

お試し居住体験をしてみよう

陸前高田市大野団地(お試し居住
▲お試し居住の大野団地には月1万円で住むことができます

「実際に陸前高田市に住んでから移住を決めたい」という人のために、市にはお試し居住制度が用意されています。いきなり移住するのは不安だと感じる人は、まずはこのお試し住宅に住んでみるといいですよ。

きれいな住宅に月1万円の家賃で住むことができます。何よりリアルな陸前高田市の暮らしを実感することができるので、お試し居住で生活をしながら、不安に思っていることを一つひとつ解消できるといいですね。

▼お試し居住の概要(※2022年度の内容です。最新情報はご確認ください)

概要 リンク
大野団地 ・住所:陸前高田市広田町字前花貝地内
・鉄筋コンクリート造3階建て
・2DK・3DK
・家賃1万円
公式
水上団地 ・住所:陸前高田市気仙町字水上地内
・鉄筋コンクリート造3階建て
・2DK・3DK
・家賃1万円
公式

こちらからも制度の詳細をご確認ください。※内容が変わる場合もあるので詳細をお確かめください

陸前高田お試し居住

問い合わせ先

少しでも陸前高田市の移住に興味を持っている方は、お話を聞いてみてくださいね。移住経験者の担当が丁寧に対応してくれますよ。

運営 特定非営利活動法人 高田暮舎
住所 岩手県陸前高田市高田町字荒町104番地7 陸前高田市チャレンジショップC-2
TEL 080-6292-3865
公式リンク https://takatakurashi.jp/takatakurashisya/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック