小矢部市で歴史と絶景を巡る映えスポットデート|富山県|縁結び大学

今回ご紹介するデートプランは、小矢部市観光協会の大谷さんにお尋ねした情報を元に作成した、小矢部市の撮影スポットをめぐる、“映え”デートプランです。

小矢部市は自然豊かで、歴史的に貴重な遺産がたくさん残っているまちです。自然の絶景スポットや歴史が好きなカップルのデートにはピッタリですよ。

地元の食材にこだわっている“映え”グルメスポットや、“映え”写真が撮れるおすすめスポットも紹介していきます。

小矢部市の映えスポット巡りおすすめルート

小矢部市は東西に走る北陸自動車道と、南から上がってくる東海北陸自動車道の合流地点になっており、岐阜や金沢、富山市など、各方面からのアクセスが良好な街です。

ドライブで小矢部市に立ち寄る人も多いので、今回は車を使った小矢部市の映えスポットを巡るデートプランを紹介します。

まずは、小矢部市のランドマーク「クロスランドタワー」にのぼって市内を一望してみてください。クロスランドタワーには地上100mの展望フロアがあり、北陸新幹線や三井アウトレットパーク北陸小矢部の観覧車など、市内の観光スポットを見渡すことができます。

小矢部市には「メルヘン建築」といって、世界の有名建築を模して建てられた公共施設が30ヶ所ほど点在しています。展望フロアからメルヘン建築を探してみるのも盛り上がりますよ。

クロスランドタワーの足元には、カップルや家族連れでいつも賑わっている憩いの場「芝生広場」があります。二人乗り自転車などの様々な形のおもしろ自転車でサイクリングを楽しむこともできます。

パートナーと遊んで盛り上がった後は、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」で食事をして、ゆっくりショッピングを楽しみましょう。デートにピッタリの観覧車もありますよ。

最後に稲葉山宮島峡県定公園で豊かな自然を満喫してください。宮島峡では、美しい滝めぐりを楽しめます。稲葉山では散居村(※さんきょそん)の景色を眺めて、1日のデートを振り返るのもいいですね。
(※)広大な土地に民家が点在している集落

歴史好きなカップルには、「倶利伽羅(くりから)古戦場」や「埴生(はにゅう)護国八幡宮」もおすすめです。

倶利伽羅古戦場は現在、「倶利伽羅県定公園」となり、小矢部市の桜や紅葉の名所として、多くの方に親しまれています。

おすすめ“映え”スポット1「クロスランドおやべ」

小矢部市のクロスランドおやべ

クロスランドおやべには小矢部市のランドマーク、高さ118mの「クロスランドタワー」があります。クロスランドタワーは恋人の聖地に認定されており、多くのカップルが訪れています。
参考:恋人の聖地プロジェクト(クロスランドタワー)

タワーの麓にある池にはハート形の小島「ハートアイランド」があり、その島のハート形のモニュメントには「恋鐘」と呼ばれる鐘がついています。ぜひパートナーと一緒に鳴らしてみてください。きっといい思い出になりますよ。

売店には「恋鍵」という特別な南京錠が販売されています。タワーの展望台には恋鍵をかけられるハート型のフェンスがあります。2人で永遠の愛を約束しながら鍵をかけてくださいね。

縁結び大学では、クロスランドおやべをメインにしたデートプランも紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

11月中旬から始まる「おやべイルミ」で映え写真を撮ろう!

インスタグラムに掲載されたクロスランドおやべの写真
▲インスタグラムではイルミネーションの画像が多数上がっています。(引用:インスタグラム

クロスランドおやべでは、毎年11月半ばからイルミネーションイベント「おやべイルミ」が行われています。おやべイルミでは毎年多くのカップルが訪れており、映える写真がたくさん撮れますよ。

クロスランドおやべ周辺の観光スポット

クロスランドおやべを中心に楽しみたい方は、以下のスポットを参考にしてみてください。

クロスランドおやべで食事するなら本場イタリアンの「フィレンツェクラブ」

クロスランドおやべの敷地内には、本格イタリアンが楽しめる「フィレンツェクラブ」があります。イタリア人のシェフが作る、本場イタリアから取り寄せた食材を使ったこだわりのイタリアンは絶品です。

「フィレンツェクラブ」でお食事をしながら、イルミネーションを楽しむ贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

公式:フィレンツェクラブ

イギリスのアンティーク家具を扱う雑貨屋「トライフルワース アンティークス」

クロスランドタワーから車で7分ほどのところに、「トライフルワース アンティークス」というアンティークショップがあります。

店内にはイギリスで買い付けた古い家具や雑貨が所狭しと並び、アンティークファンにはたまらない雰囲気です。2人の住まいで使う家具や雑貨を見て回ると楽しいですよ。

店内の雰囲気もオシャレで、眺めているだけでも異国気分を味わえるお店です。

公式:トライフルワース アンティークス

クロスランドおやべの基本情報(アクセス)

住所 〒932-0821
富山県小矢部市鷲島10
電話番号 0766-68-0932
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
定休日 水曜日
公式サイト https://www.cross-oyabe.jp/

おすすめ“映え”スポット2「稲葉山宮島峡県定公園」

稲葉山宮島峡県定公園は標高346.9mの稲葉山と、美しい滝が連なる宮島峡からなる広大な自然が豊かな公園です。

稲葉山の山頂には牧場や小さなふれあい動物園、巨大な風車などがあります。晴れた日の展望台からは砺波(となみ)平野の美しい散居村や、遠くにそびえる雄大な立山連峰を一望できますよ。

また、宮島峡にはいくつもの滝が点在しています。川幅いっぱいに流れ落ちる滝の姿から「小さなナイアガラ」と呼ばれており、水音と鳥のさえずりだけが聞こえる癒しの空間です。

数日晴れが続いた日が撮影の狙い目!

インスタグラムに投稿された宮島峡の写真
▲宮島峡の自然環境と滝の美しさがよくわかります。(引用:インスタグラム

インスタグラムでは多くの宮島峡の画像が上がっています。雨の日や前日に雨が降った日は川の水が濁りやすいので、天気の良い日が数日続いている日が狙い目。水の澄んだ綺麗な写真を撮ることができますよ。

夏の天気の良い日は空の青さが濃く、草木の緑がよく映えるので、より綺麗な写真が撮れます。

稲葉山山頂にある「稲葉山カフェレストラン」

稲葉山の山頂には、「稲葉山カフェレストラン」があります。ここでは1日限定10食で、小矢部市のブランド牛「稲葉メルヘン牛」を使った特製ハンバーグ定食が提供されています。

「稲葉メルヘン牛」の特徴である柔らかい肉質と、程よい脂身の絶妙なバランスが口の中に広がる一押しの品です。

稲葉山宮島峡県定公園の基本情報(アクセス)

住所 【稲葉山】
〒932-0021
富山県小矢部市田川
【宮島峡】
〒932-0007
富山県小矢部市名ケ滝
電話番号 0766-30-2266
(小矢部市観光協会)
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
公式サイト https://www.oyabe.info/archives/area/inabamiyajima/

おすすめ“映え”スポット3「三井アウトレットパーク北陸小矢部」

三井アウトレットパークは全国でも有名なデートスポットの定番ですよね。北陸小矢部の三井アウトレットパークに遊びにきたら、ぜひ敷地内にある大観覧車「ナナイロホイール」で小矢部市の絶景を体感してみてください。大観覧車からは、散居村と山々が広がる自然豊かな景色を望むことができます。

また、観覧車のゆりかごの床は一部がガラスで下が見えるようになっており、下をのぞくと少しドキドキします。吊橋効果でさらにパートナーとの距離感が縮まるかもしれませんよ。

ゆりかごの中には音楽プレーヤーを繋げるステレオ端子が用意されており、好きな音楽をかけて観覧車からの景色を楽しむことも可能。2人の思い出の曲をかけてプロポーズをしたら、相手の心を鷲掴みにできるかもしれません。

買い物の後は「ナナイロホイール」で映え写真を撮ろう!

インスタグラムに投稿されたナナイロホイールの写真
▲「ナナイロホイール」の名のとおり、夜間に七色に光る様子が幻想的です。(引用:インスタグラム

夜間のナナイロホイールも素敵ですが、北陸小矢部だからこその、山々や散居村を背景に佇む観覧車の姿も乙なものです。

乗ってよし、眺めてよし、撮ってよしのナナイロホイールをぜひ体験してみましょう。

三井アウトレットパーク北陸小矢部の基本情報(アクセス)

住所 〒932-0035
富山県小矢部市西中野972−1
電話番号 0766-78-3100
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
営業時間  ショップ
10:00~20:00
レストラン
11:00~21:00
フードコート
10:30~20:00
公式サイト https://mitsui-shopping-park.com/mop/oyabe/

おすすめ“映え”スポット4「倶利伽羅県定公園」

倶利伽羅県定公園は約840年前の源平合戦の舞台になったところで、現在は毎年4月下旬に6000本の八重桜が咲く花の名所です。秋には紅葉を楽しむことができ、多くの人が訪れます。

季節限定の御朱印や花々が映える「倶利迦羅不動寺」

インスタグラムに投稿された倶利迦羅不動寺の写真
▲インスタグラムには多くの倶利迦羅不動寺の写真が上げられています。(引用:インスタグラム

倶利伽羅県定公園の敷地内には、日本三大不動の一つに数えられる倶利迦羅不動寺があり、季節によって手水などに美しい花々がいけられています。SNSにも多くの写真が投稿されていますよ。

倶利迦羅不動寺の御朱印は季節によってデザインが変わり、非常に人気があります。ぜひカップルで御朱印をいただいてくださいね。

境内のお手洗いは新しく建て替えられており、窓がハート型にデザインされています。そこから見える緑の木々が非常に映えるので、写真を一枚撮っておきましょう。

ちなみに倶利迦羅不動寺の境内には、売店と食事処があり、名物の「くりからそば」を食べることができます。

倶利伽羅県定公園の基本情報(アクセス)

住所 〒932-0836
富山県小矢部市埴生
電話番号 0766-30-2266
(小矢部市観光協会)
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
公式サイト https://www.oyabe.info/archives/area/kurikara/

おすすめ“映え”スポット5「埴生護国八幡宮」

埴生護国八幡宮は源氏の武将木曾義仲が戦勝祈願したことで有名な場所です。江戸時代に建造された社殿は、国指定重要文化財に指定されており、歴史を感じることができます。

義仲が戦勝祈願した際に奉納したといわれる祈願文や鏑矢といった貴重な宝物が収蔵されている展示施設や、戦の際に兵士や馬が喉の渇きを癒したとされている名水「鳩清水」など、歴史好きのカップルにおすすめの場所です。

日本最大級の源義仲騎馬像や重要文化財の社殿の写真を撮ろう!

インスタグラムに投稿されている埴生護国八幡宮の写真
▲インスタグラムには源義仲騎馬像の写真も多く上げられています。(引用:インスタグラム

埴生護国八幡宮には、馬上の人物像としては日本最大級の源義仲騎馬像が建立されています。この迫力のある源義仲騎馬像や、神秘的な雰囲気で佇む様子の埴生護国八幡宮の社殿の様子を収めると、映える写真が撮れますよ。

埴生護国八幡宮の基本情報(アクセス)

住所 〒932-0836
富山県小矢部市埴生2992
電話番号 0766-67-1220
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
公式サイト https://hanyu.main.jp/

食べる“映え”スポット6「カフェバッシュワーバリー」

「カフェバッシュワーバリー」は古民家を改装した隠れ家のような店内で、風の音や小鳥のさえずりを聞きながら料理をいただくことができます。

カフェバッシュワーバリーの料理は地元の食材にこだわっているものが多く、なかでも小矢部市の「稲葉メルヘン牛」が使われている「手作りデミトマソースの"熱々"煮込みハンバーグランチ」はおすすめです。

熱々のスキレットで出されるデミグラスソースのハンバーグと、彩豊かなサラダは写真映えしますよ。

夏季限定オープン!自家製無添加シロップのかき氷専門店「北黒坂」

夏場の約1ヶ月限定で、敷地内にかき氷専門店「北黒坂」がオープンします。「北黒坂」のかき氷は自家製無添加にこだわったかき氷シロップが使用されており、どれも絶品!

夏に小矢部市へ行く際はぜひ「北黒坂」のかき氷を食べてみてください。

公式:かき氷専門店”北黒坂”(インスタグラム)

カフェバッシュワーバリーの基本情報(アクセス)

住所 〒932-0062
富山県小矢部市安楽寺1120番地
電話番号 050-3612-8285
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
営業時間  不定休
公式サイト https://www.konohanosato.com/cafe

食べる“映え”スポット7「おやべの小さなビストロ Marcassin」

国道471号線から50mほど入ったところにひっそりと佇む「おやべの小さなビストロ Marcassin(マルカッサン)」は、フレンチ料理が楽しめる隠れ家のようなレストランです。

台湾や京都で修行した女性シェフが、その日のおすすめ食材を使って作る、気軽なフレンチが魅力。小矢部市の地元食材を使ったワンプレートランチがイチ押しですよ。

「おやべの小さなビストロ Marcassin」の基本情報(アクセス)

住所 〒932-0053
富山県小矢部市石動町5-31
電話番号 0766-67-0114
最寄り駅 あいの風とやま鉄道「石動駅」
定休日 月曜日
公式サイト https://www.facebook.com/oyabe.petite/

取材協力:小矢部市観光協会(https://www.oyabe.info/