「子育てするなら長泉」と人気の静岡県長泉町へ移住!子育て支援・仕事・住宅情報を解説

この記事では、地方への移住を検討している人に向けて「静岡県長泉町(ながいずみちょう)」の魅力や特徴をご紹介します。

長泉町は、県内屈指の高い人口増加率や出生率を誇るなど、確実な発展を続けている小さな町です。また、生活・交通の利便性の高さや行政サービスの良さから、静岡県内でも「住み心地が良いまち(※)」として知られており、特に子育て世帯からの人気が高いと言います。
(※)参考:大東建託「街の住みここち&住みたい街ランキング2023<静岡県版>

今回は、長泉町企画財政課の古屋さんへのインタビュー内容を中心に、長泉町の暮らしの特徴や仕事・住宅などの情報を解説していきます。

本日お話を伺った方
長泉町企画財政課・企画調整チームの古屋海斗さん

長泉町 企画財政課 企画調整チーム

古屋 海斗さん

長泉町の3つの特徴

長泉町の暮らしの特徴のタイトル画像

長泉町は静岡県の東部に位置しており、町の中心部にはコンパクトな市街地が、北部には森林やキャンプ場といった自然が広がっています。

長泉町の駿河平自然公園にある吊橋
▲暮らしやすい市街地と自然環境のバランスの良さが魅力

また、三島駅北口に隣接しており、三島駅から東京駅まで新幹線で最短42分、また車でも東京まで約1時間30分というアクセスの良さから、都内へ通勤する人も少なくありません。

大東建託による「街の住みここち&住みたい街ランキング2023<静岡県版>」では、5年連続となる1位を獲得しており、生活利便性、交通利便性、行政サービス、親しみやすさといった項目で高く評価されています。そのほか「街の幸福度ランキング2023<静岡県版>」では、2位を獲得しています。

参考:大東建託「街の住みここち&住みたい街ランキング2023<静岡県版>
参考:大東建託「街の幸福度&住み続けたい街ランキング2023<静岡県板>

そんな長泉町の特徴としては、以下の点が挙げられます。

  • 先進的な子育て支援が充実
  • 質の高い教育環境
  • 温かく、明るい雰囲気のまち。子育て世帯が多く在住

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

県内でも先進的な子育て支援が続々と!

長泉町の健康公園で遊ぶ子どもたち

長泉町ではこれまでに、18歳までの医療費が無料となる「こども医療費助成事業」や「第3子以降保育料無料化」、その後「第2子保育料半額化」など、先駆的な施策を打ち出してきました。充実した子育て政策は「長泉方式」と呼ばれ、県内各市町に導入が進みました。

2023年度は、子育て支援策をさらに充実させるため、県内初の「第2子以降保育料無料化」を実施しました。また、出生児、3歳児、6歳児に1人1万円分のこども商品券を支給する「未来っこ0・3・6歳児応援事業」も実施しました。

長泉町にあるこども交流センター「パルながいずみ」
▲こども交流センター「パルながいずみ」は、子育て世帯に大人気!

官民連携事業として、民間商業施設内に設置した「パルながいずみ」は、子育て支援センターと児童館の機能を併せ持つ施設です。こどもたちの遊びや体験の場、保護者の交流の場として町外から来られる方もいるほど人気の施設もあります。

このほか、妊産婦を対象に初乗り運賃20回分の助成を受けられる「妊産婦応援タクシー利用助成事業」など、さまざまな取り組みを進めています。各種の子育て支援の詳細については、長泉町ホームページをご覧ください。

公式:長泉町(ホームページ

長泉町企画財政課・企画調整チームの古屋海斗さん
古屋さん

「子育て環境が充実している」という声をよくいただきます。

また屋外の遊び場としては、噴水もあって広々とした「健康公園」や、キャンプ・バーベキュー・川遊びもできる「桃沢野外活動センター」などが人気だそうです。

さらに、ユネスコ世界ジオパークの「伊豆半島ジオパーク 北伊豆エリア」のジオサイトに認定されている「鮎壺の滝」や、鮎壺の滝に隣接する「鮎壺公園」のリニューアルが進められるなど、おすすめスポットがたくさんあります。

滝壺の滝と隣接している「鮎壺公園」の様子
▲滝壺の滝と隣接している「鮎壺公園」など、自然とふれあえる遊び場が充実

まさに、子育て世帯におすすめのエリアだと言えるでしょう。

町独自の特色ある取り組みと助成による質の高い教育環境

長泉町が実施している未来人定住応援事業の様子

長泉町では、教育分野でも町独自の特色のある取り組みが進められています。

町は、長泉町の未来を担う人材(学生)のことを「未来人(みらいびと)」と呼び、長泉町で育った若者が大学・専門学校等を卒業後もこの町を愛し、町の未来を担う人材として定住することを応援しています。

長泉未来人定住応援事業として、大学等入学時にエントリーした学生が、卒業後長泉町に住みながら5年間正規雇用された場合、最大30万円を交付する「長泉未来人定住応援事業奨励金」、新幹線を利用し大学等へ通学する際に新幹線定期券購入費用の一部(月最大2万円)を補助する「定住のための新幹線通学支援補助金」があり、学生に対する支援制度が充実しています。

公式:長泉町(長泉未来人定住応援事業

また、教育の質の向上を目指すことを目的として、教員が行う授業以外の事務を担う事務補助員を各学校に1名ずつ配置しています。これにより教育がきめ細かくなり、全国学力調査でも平均点以上をキープしていると言います。

さらに、各小中学校の外国語活動にもALTを配置して、英語の楽しさを伝えたり、郷土教育を行ったりと、さまざまな取り組みを進めています。

温かく、明るい雰囲気のまち。子育て世帯が多く在住

長泉町のわくわく祭りの様子

古屋さんによると、長泉町では「人の温かさ」も魅力なのだと言います。さらに、人口や面積がコンパクトなまちであるため、役場の対応も丁寧で素早いのだそうです。

こうした町民性、また子育て世帯や若者が多いこともあって、街には活気があふれており、明るい雰囲気があります。

また、まちの健全さを表す「財政力指数」でも県内一位(2023年時点)を誇っており、新規事業の検討が進められています。

長泉町は現在暮らしやすいだけでなく、今後もさらに暮らしやすくなることが期待できるまちだと言えるでしょう。

長泉町の暮らしに関する情報

長泉町の市街地の様子

それでは次に、長泉町の暮らしに関するデータを見ていきましょう。

気候 1月:平均気温5.9℃
8月:平均気温27.3℃
※参考:気象庁(三島)
人口 約43,620人
(2024年5月1日時点)
病院 病院:2、クリニック:26、歯科:21
学校 小学校:3、中学校:2、高校(私立):1
交通 【鉄道】
・JR御殿場線「長泉なめり駅」「下土狩駅」
・東海道新幹線「三島駅」(三島市)

【高速道路】
・新東名高速道路「長泉沼津IC」
・東名高速道路「沼津IC」(沼津市)

【バス】
・町自主運行バス(南北線、循環線A、循環線B、長泉北小学校~桃沢郷線)
・富士急シティバス
・伊豆箱根バス

【タクシー】
デマンド乗合タクシー「ももタク」
アクセス 【公共交通】
東京駅から三島駅まで「こだま」で53分(「ひかり」で42分)

【車】
東京ICから新東名高速道路で、長泉沼津ICまで約1時間10分
近隣都市 沼津市、三島市、裾野市、富士市、清水町

長泉町では、町内で日常に必要な買い物を十分に済ませることができます。また、隣接の清水町に大規模な商業施設があり、よく利用されているようです。

なお、長泉町を含めて、静岡県の東部では車がメインの移動手段になっています。バスやシェアサイクルなど、車がない人へのサポートもあるものの、やはり車がないと不便を感じることは多くなりそうです。

長泉町企画財政課・企画調整チームの古屋海斗さん
古屋さん

高齢者向けのタクシー利用助成など、交通面での新しい支援策も打ち出しています。

長泉町のタクシー利用助成事業のイメージ画像
▲マイナンバーカードを活用したタクシー利用助成事業が進められている

仕事:静岡東部エリアで十分な求人あり。東京への通勤・テレワークも

長泉町の人々に活用されている新幹線

大手の求人情報サイトで長泉町の正社員求人を探したところ、約1,000件の求人情報が見つかりました。事務職やSEなど、オフィス系の仕事が目立ちます。(2023年11月時点)
※参考:求人情報の一例(長泉町のみ

一方、車で約30分程度の通勤エリア(25キロ圏内)まで広げると、約3万件の求人がありました。周辺に大きなまちが多く、求める条件に合った仕事を見つけやすいエリアだと言えるでしょう。(2023年11月時点)
※参考:求人情報の一例(長泉町から25キロ以内

また、東京へのアクセスが良いため、都内へ通勤する人やテレワークと出勤を組み合わせている人もいるようです。

長泉町企画財政課・企画調整チームの古屋海斗さん
古屋さん

静岡県の東部は一つの大きな生活圏となっているため、近隣の三島市や沼津市へ通勤している方も多いです。

また、長泉町で起業する場合には、最大で200万円の「起業・創業支援事業費補助金」を受けられる可能性があります。詳しい条件については、下記の公式サイトをご確認ください。

公式:長泉町(起業・創業支援事業費補助金

住まい:十分な賃貸物件あり。新築分譲マンションも増加中

大手の住宅情報サイトで長泉町の賃貸物件を探したところ、約2,000件が見つかりました。人口が増加していることもあり、十分な物件数があるようです。(2023年11月時点)
※参考:物件情報の一例

なかには高級マンションもあって、一定のニーズがあるのだと言います。

一方で、その人気から土地の価格が上がってきており、一戸建てを建てる場合には、ある程度の予算が求められるようです。

なお、空き家バンクは運用が始まったばかりで、まだ登録件数が少なく、これから物件の掘り起こしを進めていく予定とのことです。

参考:長泉町(空き家

長泉町へ移住した人の感想や口コミ

長泉町への移住者の声のタイトル画像

それではここで、実際に長泉町へ移住した人の感想や口コミを見てみましょう。

  • 近くに山があるので、空気は山の香りがして心地よい。
  • 首都圏から移住する人がとても多いと感じる。
  • 首都圏へ通勤する人も多く、東京行きのバスも発着している。
  • 子育て世帯向けのお店が増えてきており、うれしい。
  • 街中の道が整備されている。きれいでオシャレな景観が気に入っている。
  • 役場との距離感が近くて、小さなことでも言えばすぐに対処してもらえる。

長泉町へ移住した人は、市街地と自然のバランスの良さを感じているようです。どのコメントからも、暮らしやすいまちという印象を受けました。

また、交通アクセスが良いことから、首都圏への通勤者も一定数いるようです。

長泉町への移住に関するお問い合わせ

長泉町の桃沢川で遊ぶ子どもたち

長泉町への移住については、企画財政課・企画調整チームまでお問い合わせください。

担当課 企画財政課・企画調整チーム
住所 〒411-8668
静岡県駿東郡長泉町中土狩828
電話番号 055-989-5504
公式サイト https://www.town.nagaizumi.lg.jp/
長泉町企画財政課・企画調整チームの古屋海斗さん
古屋さん

オンライン相談や現地の案内にも対応させていただきます。まずは一度、ご相談ください。