駒ヶ根シルクミュージアムで蚕の不思議と自然に癒されるデート|長野県の博物館

この記事では、長野県にある「駒ヶ根シルクミュージアム」を中心に、駒ケ根市の自然を満喫するデートプランを紹介します。

駒ヶ根シルクミュージアムは、絹や養蚕、そして蚕について学べる博物館です。歴史や産業について学ぶだけでなく、実際の絹製品を見たり、製糸の機械などを見たりもできますよ。

ミュージアム見学のあとは、中央アルプスの中にある千畳敷カールや、国の名勝にも指定されている光前寺で自然に触れ、癒されてくださいね。

今回はそんな、博物館見学や絶景スポットを巡って癒されるデートをご紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20代~
おすすめカップル:博物館好きのカップル、手作り体験をしたいカップル
どんなデート?:知的好奇心を満たした後は自然に癒されるデート

概要:絹について学び、絶景に心洗われるデート

駒ヶ根シルクミュージアム周辺には、自然豊かな場所がたくさんあります。そこで、駒ヶ根シルクミュージアムの見学後、自然に癒されるデートプランを考えました。

今回のデートのメイン
駒ヶ根シルクミュージアム
周辺のデートスポット
・千畳敷カール
・光前寺
ランチにおすすめのお店
・バイキングレストラン菜々ちゃん(駒ヶ根シルクミュージアム2階)

まずは、駒ヶ根シルクミュージアムで養蚕や製糸、そして絹の歴史を学びます。絹を使った手作り体験もできるため、体験を希望するカップルは事前に予約してくださいね。

ミュージアムの見学が終わったら、建物の2階にある「バイキングレストラン菜々ちゃん」でランチをとりましょう。地元食材を使った素朴なお料理がいただけるため、「おばあちゃんの家に帰ってきたみたいで落ち着く」といった声も多いんですよ。

駒ヶ根シルクミュージアムを出たら、ロープウェイに乗って千畳敷カールへ向かいます。中央アルプスの雄大で美しい自然が見られ、ハイキングもできますよ。

千畳敷カールから降りてきたら、霊犬伝説でも有名な光前寺に立ち寄ります。お庭は国指定の名勝で、四季折々の美しい景色が見られて静かなため、大人のカップルにピッタリな場所です。

それでは、今回のメインとなる「駒ヶ根シルクミュージアム」について詳しくご紹介します。

見て触って理解が深まる「駒ヶ根シルクミュージアム」

駒ヶ根シルクミュージアムのエントランス

駒ヶ根シルクミュージアムのある駒ヶ根市は、長野県の上伊那地区にあります。上伊那地区は養蚕業を発展させた組合製糸「龍水社」発祥の地で、駒ヶ根シルクミュージアムでも龍水社の歴史遺産である機械類を見ることができます。

展示は養蚕の歴史的なものだけでなく、蚕の生態や絹の織り物、絹の新しい技術まで幅広く学ぶことができるんです。また、展示を見るだけではなく、実際に蚕の繭や絹の素となる生糸などを使って体験できるメニューも豊富にあります。見て触って作って、絹の魅力をたくさん感じてくださいね。

ミュージアム内には、地元食材を使ったお料理がいただけるバイキングレストラン、絹製品が売られているミュージアムショップ、地場野菜や加工品が販売されている直売所もあります。展示を見たあとは館内でゆっくりと食事をして、お土産まで買えるため、時間に余裕をもって訪問するといいですよ。

今回は駒ヶ根シルクミュージアム館長の中垣さんに、ミュージアムの展示内容や見どころについて、お話しを伺いました。

蚕・養蚕・歴史まで幅広く学べる展示がある

編集部

駒ヶ根シルクミュージアムは、養蚕の歴史が学べるほか、絹を使った体験メニューも豊富にあるそうですね。まさに養蚕や蚕という生物、絹について総合的に学べるミュージアムとのことですが、中垣さんが思う施設の魅力、見どころについて最初に教えていただけますか?

中垣さん

当館では蚕の不思議、養蚕・製糸の歴史から最新の蚕の研究まで、幅広く展示しております。蚕の不思議についての展示は、日本国内でもおそらく当館が一番だと思います。ミニシアターでは映画「蚕の不思議」なども鑑賞できるんですよ。

ミニシアターで上映されている映画「蚕の不思議」
▲ミニシアターでは蚕や絹に関する映像のほか、皇室のご養蚕や駒ケ根の観光案内なども鑑賞できます

編集部

産業に使われる蚕がわかるだけでなく、蚕の体や研究内容までわかるミュージアムなんですね。日本国内には、ほかにもシルクに関する展示館はあるかと思いますが、駒ヶ根シルクミュージアムならではといえる点はありますか?

中垣さん

日本国内には、蚕やシルクについて学べる博物館があまり多くないのですが、当館では蚕の不思議、養蚕・製糸の歴史から最新の蚕の研究まで幅広く展示してあります。また地域に貢献した組合製糸「龍水社」や、蚕糸貿易などで財を築いた駒ヶ根生まれの富豪「田中平八」の資料なども分かりやすく展示してあるんですよ。

編集部

シルクの博物館といえば、絹製品が展示されているイメージがあったのですが、こちらでは蚕について深く学べて、さらに地元ゆかりの人物や歴史まで学べるんですね。貴重な博物館だと思います!

駒ヶ根シルクミュージアムの見学に来たカップルには、特にどのようなことを学んでほしいと思いますか?

中垣さん

蚕は、野外で自力で生きていくことができない生き物です。絹製造マシーンのような蚕という生き物の不思議を知っていただきたいと思います。また、蚕の繭から絹糸を作るための民具の歴史や、製糸会社で絹糸を大量生産していた自動繰糸機も知っていただきたいですね。

常設展示室で見ることができる自動繰糸機
▲館内では自動繰糸機などの大きな機械をはじめ、民具も展示されています

絹織物の素となる生糸は、横浜開港から昭和の初めに至るまで大きな利益をもたらした輸出商品で、外貨獲得にも貢献しました。蚕を育て、輸出商品である絹を作り続けた先人の努力を感じとってほしいです。

編集部

自生できない蚕を大切に育て、産業になるまで養蚕を発展させた苦労は、大変なものだったのだろうと思いますが、学校では学べない部分でもありますよね。大人のカップルには発見も多いと思います。ぜひゆっくりと展示を見たいです。

数ある展示品のなかでも、蚕の大きな精密模型がおすすめ

編集部

それでは、駒ヶ根シルクミュージアムの展示内容について詳しく教えてください。

中垣さん

当館では次のようなものを展示しています。

1 日本の代表的伝統織物(伝統工芸品)の反物20点ほど
(山形の紅花紬、新潟の小千谷縮、石川の牛首紬、茨城・栃木の結城紬、鹿児島の大島紬、沖縄の久米島紬など)
2 伊那谷の昭和初期の養蚕農家の復元
3 古い機織り機や桑籠、蚕棚、蚕箔、蔟、毛羽取り機などの養蚕道具
4 江戸時代の養蚕技術書「養蚕秘録」、そのフランス語訳「YO-SAN-FI-ROK」など
5 皇室の御養蚕所のご様子紹介パネル
6 駒ヶ根市出身の偉人「天下の糸平」こと糸屋の田中平八の衣装・自筆の手紙・硯など
7 身体に優しいシルクの衣料としての特性や、衣料以外の分野への利用の紹介、世界の民族衣装
8 蚕の生活環が一目でわかるような、孵化幼虫から成虫までの各発育ステージの拡大精密模型
9 明治・大正期の糸繰りに関連した道具や機械
(手回しの座繰り器、足踏み式繰糸器、撚糸器、絹ガラ紡績糸を作るガラ紡機など)
10 組合製糸龍水社・上伊那社の創設・発展を紹介する歴史資料、廃業時に稼働していた自動繰糸機、セリプレーン検査機、括造り機、蚕種製造に関わる道具など

日本の代表的伝統織物の反物、復元された養蚕農家、大きな蚕の精密模型は記念撮影スポットとしても人気があります。日本一大きな蚕の精密模型は圧巻ですよ。養蚕技術書「養蚕秘録」や「YO-SAN-FI-ROK」は、日本に数冊しかない貴重本です。

展示室内に復元された養蚕農家
▲復元された養蚕農家は、日本昔ばなしに出てきそうな雰囲気です

「天下の糸平」こと田中平八は、明治時代に横浜で活躍した財界人で、生糸・為替・米の相場などで財をなした人物です。

また、龍水社は農家の人たちが立ち上げた製糸組合で、「組合製糸龍水社」の成功は、農業協同組合など協同組合運動の源流となり、農村救済に大きな功績を残した輝かしい歴史があります。

編集部

農協の礎となった組織が、駒ケ根の近辺で誕生したんですね!現代では当たり前のようにある農協が、この地で誕生したのかと思うと、とても興味深いです。たくさんある展示のなかで、中垣さんイチオシのものがあれば教えてください。

中垣さん

蚕の精密拡大模型です。拡大されていて、生きた蚕では見過ごしてしまう、蚕の体の細かな作りがよく分かります。来館者の方からも模型の一部分の構造に気がつき、指をさして「これ、何をしている部分ですか?」などの質問を受けます。

展示室に飾られている蚕の精密拡大模型
▲蚕の模型がこれだけ大きいと、体の様子がじっくり観察できますね

編集部

蚕は成虫なら大人の指くらいの大きさかと思いますが、動かなければ体の全体を見ることができませんよね。大きな模型があれば、全容がじっくりと見られていいですね。質問に答えていただけるなら、カップルでたくさん観察して、スタッフの方に疑問点を聞いて解決できると感じました。

特別展は春・夏・秋と毎年3回も開催される

編集部

駒ヶ根シルクミュージアムでは、企画展なども行っていますか?

中垣さん

蚕糸に関連した特別展は毎年春・夏・秋の年3回実施しています。春と秋には恒例の特別展として「まゆクラフト公募展」と「現代手織物クラフト公募展」を開催しています。

まゆクラフト公募展の様子
▲まゆクラフト公募展には色鮮やかな作品が並びます

夏にはさまざまな企画展を開催していて、過去には「天下の糸平と呼ばれた男、田中平八」「進化し続ける最先端繊維」「世界の様々な国のカイコと繭」「皇室の御養蚕と信州」「信州を紡ぎ・信州を織る信州紬」などを開催してきました。

毎回特別展の図録を作成していて、関係者や関係機関に配布するとともに、希望者には300円から1,000円程度で頒布も行っています。

編集部

公募展があるなら、クラフト好きのカップルは応募してみるのもよさそうですね。夏の企画展は、養蚕の歴史がわかるものから最新の技術まで学べるものまで幅が広く、興味深い内容のものばかりですね!

手作り体験は30分から60分程度で気軽に挑戦できる

体験工房でコサージュ作りをする様子

編集部

駒ヶ根シルクミュージアムには体験工房も併設されているそうですが、工房で体験できるメニューを教えていただけますか?

中垣さん

体験工房では、繭人形・繭花飾り(コサージュ)などを作る「まゆクラフト体験」、ハンカチや巾着を染める「染色体験」、座繰り器を使う「糸繰り体験」や「飾り紐体験」、コースターやランチョンマットを織る「機織り体験」などができます。

いずれも専任講師の丁寧な指導により、30分から60分程度で作品が完成するんですよ。体験は、大人から子供まで気軽に挑戦できて楽しめますし、材料代は300円から1,000円程度で、作品はお持ち帰りいただけます。

小学生がクラフト体験をする様子
▲クラフト体験は小学生でもできるので、気軽に挑戦してみましょう!

また「伊那紬の着物着付け体験」ができて、着物で散歩することもできます。着付け体験の料金は2,500円で、夕方まで着ておくこともできるんですよ。

編集部

30分で体験できるメニューがあるなら、手軽に挑戦できますね。デートの思い出作りができそうです。着付け体験も、普段と違うデートができて面白そうです!

普段から開催されている体験教室のほかに、ワークショップなどは開催されていますか?

中垣さん

毎月、草木染めなどのワークショップを実施しています。詳しくは当館のホームページでご確認ください。

編集部

光沢があって美しい絹を草木染めすると、どのように変化するのかぜひ見てみたいです!

館内は全エリア撮影可能!ベランダからの眺めも美しい

駒ヶ根シルクミュージアムの中垣館長と中央アルプス
▲中垣館長と中央アルプスの共演です!

編集部

駒ヶ根シルクミュージアムからは眺めも素晴らしいと口コミで見かけましたが、どのような景色が見られますか?

中垣さん

当館のベランダから見える中央アルプスは最高です。駒ヶ岳ロープウェイで登る千畳敷カールでは、雲上の絶景を臨めるのですが、ロープウェイ乗り場行きバス停と同じ駒ヶ根市内にある当館は、雨天も楽しめるテーマパークと言えるでしょう。

編集部

ベランダは2階のレストラン横にあるんですね。雄大な中央アルプスを眺めていると、時間が経つのも忘れてしまいそうな気がします。撮影するのにもよさそうだと思いますが、駒ヶ根シルクミュージアムおすすめの撮影スポットはありますか?

中垣さん

館内は全てのエリアで写真撮影可能です。当館のベランダから、中央アルプスを背景に撮るのもいいですが、ほかには展示室入り口の反物ディスプレーを背景に、日本一大きな蚕の精密模型を背景に、復元養蚕農家を背景になどなど、おすすめの撮影スポットはたくさんあります。

編集部

館内全て写真撮影が可能であれば、美しい反物の前での記念撮影はもちろん、ミュージアムでお勉強した内容を覚えておくためにも、たくさんの展示を撮影しておきたいですね!

2階には地元食材が多く使われたバイキングレストランがある

バイキングレストランで提供されているお料理

編集部

館内2階にあるレストランについて教えていただけますか?

中垣さん

併設レストランでは、バイキングスタイルで地元食材をふんだんに取り入れた優しい昼食メニューが楽しめます。大人おひとりにつき1,380円です。コーヒーなどの飲み物、アイスクリームなどもおかわり自由で、中央アルプスを眺めながらゆっくり語り合うことができ、とても人気があります。

編集部

リーズナブルなのに、飲み物やデザートまで自由におかわりできるのはうれしいです!カップルでも、ゆっくりと地元食材を堪能してほしいと思います。

2階にはミュージアムショップや直売所もあるようですが、どのようなものを販売されているんですか?

中垣さん

併設ショップでは、シルク製品・オリジナルの繭細工や染織品のほか地元の新鮮な野菜・加工食品などを販売しています。運がよければ、商品入替のための割引商品を手にすることもできます。

編集部

ミュージアムのなかで、地元食材を買うことができるのは珍しいですね!道の駅などに寄らなくてもお土産が手軽に買えるのは、カップルにも喜ばれると思います。シルク製品は高価なものが多いので、商品入替で割引商品が買えると、普段手が出ないようなものが買えるかもしれませんね。

カップル来館率は高く、手作り体験をするカップルも多い

駒ヶ根シルクミュージアムで生糸を使った体験をする様子

編集部

続いてデートでの利用についてお伺いします。カップルでの来館率はどのくらいでしょうか?

中垣さん

正確な割合は調査しておりませんが、カップルで来館される方は、ファミリーでの来館者の次に多いです。フラワー・人形作りなど、繭クラフト体験を楽しまれるカップルもいらっしゃいます。

編集部

カップルで来館される方が多いなら、デートで利用しやすいですね。館内をゆっくりと見学したいカップルも多いと思いますが、空いている時間帯があれば教えてください。

中垣さん

比較的どの時間も空いています。体験利用とレストラン利用は、事前連絡していただきたいですが、空きがあれば、当日受付も可能です。

事前連絡いただく電話番号は次の通りです。

  • 体験:0265-82-8381
  • レストラン:0265-81-8750

編集部

体験メニューも豊富にあるので、デートの計画を立てる際に調べて、早めに電話予約しておくといいですね。デートで利用するカップルの滞在時間はどのくらいですか?

中垣さん

見学は30分ほど、体験で45分から90分、お食事は多くのカップルが60分程度利用されています。

編集部

見学・体験・食事とすべて利用したいカップルは、朝から展示を見て体験に参加し、ランチを食べて午前中いっぱいはみておくといいですね。

駒ヶ根シルクミュージアムの口コミや評価

駒ケ根シルクミュージアムで飼われている蚕

編集部

駒ヶ根シルクミュージアムを訪問されたお客様からは、どのような声をいただきますか?

中垣さん

たくさんのお声をいただいているため、まずは絹や展示についての感想をご紹介します。

アイコン
建物の中が綺麗なのはもちろん、テラスからの眺めも良いですよ。絹の展示は充実していて、たくさん勉強できました。
アイコン
生きた蚕が展示されていて、蚕の体や育て方などもわかりますし、生糸の作り方や機械なども詳しく展示されています。興味のある方は、生糸を使った体験をしてもいいと思います。シルクについて知りたいなら、ここがおすすめです!
アイコン
蚕の模型は大迫力で驚きましたし、まゆの種類の多さも見ごたえがあって面白かったです。意外と知られていない蚕の謎は、興味深かったです。
アイコン
蚕や絹、生糸の利用などが多角的に捉えられた展示となっていて、見応えがあります。
アイコン
全国各地の紬のオブジェが入り口近くに丁寧に飾られていて、紬好きにもおすすめしたい博物館です。
アイコン
絹だけでなく、蚕やシルクロードについて、そして染色について、あらゆる展示があり、驚きと発見の連続で、とても勉強になりました。生きた蚕の幼虫もたくさん展示されていて、なかなか動かない幼虫に魅入ってしまいました。最初は偽物だと思ったほど動かなかったです。
アイコン
以前、富岡製糸場を見学したことがあり、製糸場とシルクミュージアムの知識がリンクしました。館長さんの解説がとても熱く、勉強になりました

続いて、併設レストランの感想です。

アイコン
2階にある食事処も素晴らしかったです!バイキングは田舎のおばあちゃんの料理が出てきた感じがして、なぜかほっとしました。
アイコン
バイキングのお料理はおいしかったですし、きれいな景色にも癒されました!
アイコン
ランチバイキングはおいしくて、地元の食材が多く使われていました。

編集部

展示内容からレストランまで、幅広い感想が寄せられていますね!絹や養蚕についてだけではなく、シルクロードやシルクの歴史まで、幅広く学べるところがみなさん喜ばれているんですね。館内でおいしいご飯も食べられて、のんびりゆっくりと過ごせそうだと思いました。

養蚕から製糸までの工程が学べ、絹の歴史も学べるミュージアム

それでは、編集部でお調べした口コミもご紹介します。

アイコン
養蚕から製糸までの流れがよくわかりました。なぜか懐かしい気持ちになれました。
アイコン
明治の文明開化以降、日本の絹の輸出はとても有名だったんですね。シルクの新技術が学べたのもよかったです。
アイコン
体験中、職員の方と楽しくお話しができてよかったです。また行きたいと思います。

カップルやご夫婦で訪問しているケースも多く、養蚕や絹の歴史が学べて興味深かったといった声が大変多くありました。また、歴史だけではなく、絹の新しい技術が紹介されている点も好評のようです。ぜひお2人で訪問して、絹の歴史から最新技術まで学んでくださいね!

駒ヶ根シルクミュージアムからカップルへのメッセージ

編集部

最後に、駒ヶ根シルクミュージアムへ行ってみようと考えているカップルへ、メッセージをお願いします。

中垣さん

駒ヶ根シルクミュージアムは、知的好奇心を満たしたいカップルなら、きっと楽しめる施設です。お2人でもの作り体験をすれば、より素敵な時間を過ごしていただけると思います。

編集部

口コミでも、大人のカップルにこそおすすめといった声がたくさんありました。博物館の見学が好きなカップルから、手作り体験が好きなカップルまで満足できる駒ヶ根シルクミュージアム、ぜひデートで訪問してほしいと思います。

今日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました!

駒ヶ根シルクミュージアムの基本情報

住所 〒399-4321
長野県駒ヶ根市東伊那482番地
電話番号 ・体験:0265-82-8381
・レストラン:0265-81-8750
アクセス 【車】
中央自動車道駒ヶ根ICから約20分
【電車】
JR飯田線駒ヶ根駅からタクシー利用約20分
開館時間 【12月~3月】
9:00~16:30
(展示室最終受付16:00)
【4月~11月】
9:00~17:00
(展示室最終受付16:30)
休館日 ・水曜日(祝日の場合は翌日)
・年末年始
駐車場 ・普通車40台
・大型3台
ミュージアム
利用料金
【見学料金】
・一般(高校生以上)300円
※バイキングレストラン利用者は200円
・小中学生100円
※バイキングレストラン利用者は50円
【体験料金】
・材料費300〜1,500円
※体験のみの方は見学料金は不要で、作品はお持ち帰りできます。
レストラン
利用料金
【バイキングレストラン菜々ちゃん】
・大人(中学生以上)1,380円
・小人(小学生)880円
・幼児(3歳以上)550円
公式サイト https://komagane-silk.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

「駒ヶ根シルクミュージアム」周辺のデートスポット

駒ヶ根シルクミュージアムの近くには、ブライダルスポットとして県内外から人気を誇る、千畳敷カールがあります。ぜひ駒ヶ岳ロープウェイで行ってみてください。また、霊犬早太郎伝説がつたわる光前寺や、早太郎温泉郷も付近にあります。

ほかに全国的にも知名度の高い「養命酒」「かんてんぱぱ」の工場も近くにあるため、工場見学が好きなカップルは行ってみるといいですよ。

さらに駒ヶ根市内には、駒ヶ根ソースカツ丼や信州そばをいただける食堂が複数あるため、バイキングではなく地元名物料理を食べたいカップルは、食堂巡りをするのもいいと思います。

おすすめのデートスポット

幻想的な景色で挙式もできる観光スポット「千畳敷カール」

千畳敷カールは、中央アルプス宝剣岳の直下に広がる氷河地形で、お椀のような窪みになっています。畳を広げると千枚分の大きさがあることから、千畳敷カールと名前が付けられました。冬には一面の真っ白な冬景色、夏には高山植物が咲き誇る様が見られ、季節ごとに美しい景色が楽しめます。

マイカーの乗り入れ規制があるため、「菅の台バスセンター駐車場」に車を停めて、バスに乗り換えてロープウェイ駅を目指してください。ロープウェイの乗車時間は約7分半あり、ゆっくりと山の景色を眺めながら上がれるんですよ。降車駅の千畳敷駅は標高2,612mで、日本最高所駅でもあります。

※日本最高所駅標高2,612mの千畳敷駅:一般社団法人駒ヶ根観光協会

千畳敷カールは、結婚式が挙げられるスポットでもあります。真っ白い雪の中に特設されたチャペルで行われる結婚式は、幻想的でとても美しいです。興味のあるカップルは、下見として行ってみるのもおすすめですよ。

公式URL:https://www.chuo-alps.com/

国指定の名勝となっている美しい庭園が見られる「光前寺」

光前寺は、長野県では善光寺に次ぐ大きな規模の寺院です。田畑を荒らす妖怪を倒した霊犬・早太郎が飼われていたことでも有名なお寺で、早太郎のお墓もあります。不動明王が祀られているため、厄除けのほか立身出世や健康祈願などでお参りするといいですよ。

光前寺の庭園は、国の名勝に指定されています。桜や紅葉が美しいことで有名ですが、夏はひんやりとしていて苔が美しく、雪の季節は静かで厳かな雰囲気となります。ぜひお2人ゆっくりとお庭の景色も眺めてくださいね。

公式URL:http://www.kozenji.or.jp/

ほかにもある!おすすめのデートスポット

まとめ:駒ケ根の歴史や自然に触れるデートをしよう

「駒ヶ根シルクミュージアム」では、上伊那地区で盛んだった養蚕について学ぶことができます。また、歴史だけではなく、蚕の生態や絹の最新技術なども紹介されているため、カップルで語り合いながらゆっくりと見学してください。

絹や生糸、繭を使った体験もできるため、ミュージアムへ行ってみようと思ったカップルは、早めにホームページを見て体験メニューを予約してくださいね。ぜひお2人だけの思い出の品を作ってほしいと思います。

ミュージアムの見学が終わったら、中央アルプスやその周辺の自然にたくさん触れ、駒ヶ根市の自然に癒されてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック