鹿児島県阿久根市で暮らす良さとは?移住のための仕事・住居・支援情報

この記事では、地方移住を検討している方に向けて鹿児島県阿久根市の魅力をご紹介します。

阿久根市は、鹿児島県の北西部に位置するまちです。海も山もある自然豊かなエリアでありながら、大型スーパーや薬局なども機能しているため、生活しやすいと思いますよ。また、新鮮な海の幸を日常的に味わえるのでグルメ通にもおすすめの移住地です。

そして、阿久根市は子育て支援にも力を入れているため、ファミリーでの移住にも適しています

今回は、阿久根市役所の根比さんにお話を伺った内容をもとに阿久根市の特徴や暮らしの情報についてご紹介していきます!

阿久根市役所企画調整課の根比さん

阿久根市での暮らし:3つの特徴

鹿児島県阿久根市の暮らしの特徴

阿久根市は、美しい海や豊かな山々を有した自然豊かなまちです。映画のロケ地になることもあり、中でも2018年に公開された有村架純さん主演の映画「かぞくいろRAILWAYS わたしたちの出発」には、阿久根市の穏やかなまちの風景がたくさん映し出されています。

阿久根市での暮らしは、下記のような方にぴったりです。

  • 海の近くに住んで波音に癒されたい
  • 田舎暮らしと言えど利便性は保ちたい
  • 自然環境のなかでのびのびと子育てをしたい
  • 新鮮でおいしい食材に囲まれて暮らしたい

なぜこのような方におすすめしたいのか、阿久根市の特徴をあげながら解説していきます。

特徴1:海が魅力のまち!美しい海岸線が臨める

阿久根市の脇本海水浴場の風景

天気が良い日の阿久根市の海水浴場
▲「脇本海水浴場」白砂清松を表した美しい海岸。ウミガメも上陸するほどの綺麗な水質を有している

阿久根市といえばやはり「海」。東シナ海に面した海岸線は、訪れる人を魅了する美しさです。阿久根市の海では、夏場は海水浴、一年を通してSUPやシーカヤックなどのマリンスポーツが楽しめます

「脇本海水浴場」はサーフスポットとして人気で、とくに冬場はサーフィンに適した季節風が吹くため、多くのサーファーが集まるのだとか。

船で約10分ほどの距離には無人島「阿久根大島」があります。アウトドアのメッカであり、野生の鹿に触れ合える阿久根市で大人気の観光スポットです。

ご紹介した「脇本海水浴場」と「阿久根大島海水浴場」は、環境省が発表する「快水浴場百選」にも選定されていますよ。

>>鹿児島県庁ホームぺージ/快水浴場百選

ほかにも阿久根市には、穏やかな入り江が特徴の「大川島海水浴場」や、県指定の名勝に選ばれた「牛之浜海岸」などの美しいビーチが点在しています。

阿久根市にある牛之浜海岸で撮影した夕日の写真
▲「牛之浜海岸」海の向こうに甑島を臨み、奇岩や岩礁の多い美しい海岸。夕日の眺望は必見!

阿久根市は、生活のすぐそばに海があるので、波音を聞きながら朝の散歩をしたり、海辺で夕日を眺めたり、都会ではなかなかできない贅沢な暮らしができるでしょう。

特徴2:子育て世帯にやさしい!妊娠中から子育て期まで細やかなサポートを実施

阿久根市の海岸で遊ぶ子供たちの写真

阿久根市では、妊娠期から子育て期において、途切れのないサポートを実施しています。

たとえば、「子育て支援コンシェルジュ事業」では、妊娠中から乳幼児期の保護者の悩みに応じています。相談者ひとりひとりに担当者が付くため、その場限りではない長期的なお付き合いができます。移住して、まわりに家族や友達がいない方にとって、コンシェルジュの存在はとても心強いですよね。

妊婦さんには、授乳ケープや保湿ボディケアクリームなどから好きなアイテムを選べる「子育て応援BOX」のプレゼントもあるそうですよ。そのほか、子育て支援カフェの開催、産後ケアの日を設けるなど、育児に関する細やかなサポートがあります。支援の詳細は下記URLからご確認ください。

公式URL:阿久根市:子育て支援

また、18歳までの子どもがいる家庭(ひとり親家庭は20歳まで)には医療費を全額助成する支援も行っています。

子育て世帯での移住には支援補助金が出る

市外から移住する子育て世帯には「阿久根市子育て世帯移住支援補助金」が支給されます。

18歳未満の子どもがいる世帯につき10万円、さらに子ども1人につき阿久根商工会議所が発行する商品券2万円分がもらえます。

移住にかかる引っ越しなどの初期費用を軽減できる大助かりな支援ですよね。申請する家庭も多い人気の制度です。

公式URL:阿久根市子育て世帯移住支援補助金

特徴3:食の宝庫!人気のグルメイベントもある

阿久根市は「アクネ うまいネ 自然だネ」のキャッチコピーを掲げており、新鮮な農水産物や加工食品などを全国各地に卸しています。

鹿児島県阿久根市の特産品のボンタン
▲ボンタンの名産地でもある阿久根市。全国的に評価が高い自慢の逸品

海が魅力の港町であるため、阿久根市の漁港にはたくさんの海の幸が水揚げされます。採れたての魚は道の駅阿久根や、市内の飲食店などでも味わえますよ。

毎年4月~5月には「阿久根うに丼祭り」、9〜10月には「阿久根伊勢えびまつり」を開催しています。地元民だけでなく県外からも多くの方が訪れる人気のイベントです。

令和5年2月には華鶴和牛(はなつるわぎゅう)を使用した料理が市内飲食店で楽しめる「華の牛肉まつりAKUNE」が開催されます。

阿久根市のご当地グルメのうに丼
▲阿久根うに丼祭りは2022年に第16回を迎えた。阿久根の濃厚なウニが堪能できる

阿久根市が開催している伊勢海老祭りで提供される伊勢海老料理
▲ぷりっぷりの伊勢海老のお祭りは9~10月に開催。各店舗の趣向を凝らした伊勢海老料理に舌鼓

阿久根市は、「おいしい食材に囲まれて生活したい!」という方にぴったりの移住地ではないでしょうか。

阿久根市での暮らし

阿久根市と長島市にかかる黒之瀬戸大橋とうずしおの様子
▲阿久根市と長島町を結ぶ「黒之瀬戸大橋」日本最大急潮のひとつである“うずしお”が見られる

ここからは、阿久根市での暮らしに役立つ情報をご紹介していきます。

天候 ・8月:平均気温27.4度
※参考:気象庁ホームページ8月のデータ
・1月:平均気温7.9度
※参考:気象庁ホームページ1月のデータ
人口特徴 人口:18962人(世帯数:9841)
※令和4年10月末日現在
病院 医療センター、クリニック、歯科などを含め21の医療機関
学校 ・保育所・こども園:8所
・小学校:9校
・中学校:3校
・高校:1校
・専門学校:1校
文化・芸術

・神舞(かんめ)(8年おきの旧暦7月28日に開催・鹿児島県指定無形文化財)
・阿久根みどこい夏祭り(毎年7月下旬~8月上旬)、秋祭り花火大会(毎年10月上旬)
・阿久根洋画展(毎年8月開催)
・華の50歳組(毎年10月開催)
・ぼんたんロードレース(毎年12月上旬開催)

遊ぶところ 脇本海水浴場、大川島海水浴場、阿久根大島、番所丘公園、笠山観光農園、阿久根市総合運動公園、にぎわい交流館阿久根駅
近隣都市 ・陸上で隣接:薩摩川内市、出水市
・海上で隣接:出水郡長島町
交通 【鉄道路線】
・肥薩おれんじ鉄道
・折口駅-阿久根駅-牛ノ浜駅-薩摩大川駅
【高速道路】
・南九州西回り自動車(南九州自動車道)
・阿久根北IC-阿久根IC
アクセス 【飛行機】
■鹿児島空港までの所要時間
・東京:1時間30分~35分
・名古屋:1時間15分
・福岡:50分
鹿児島空港から阿久根市までは約2時間
※リムジンバス利用(出水・阿久根行き)の場合
【鉄道(JR・おれんじ鉄道)】
■阿久根駅までの所要時間
・大阪:4時間25分
・博多:1時間45分
・熊本:1時間10分
・鹿児島:55分
※新幹線を利用した場合の時間
【車】
■阿久根ICまでの所要時間
・福岡:約3時間40分
・熊本:約2時間20分
・長崎:約4時間40分
・宮崎:2時間50分
・鹿児島:約1時間25分
※自動車専用道路を利用した場合の時間

阿久根市には、医療センターや内科、小児科、歯科など医療機関も多数あり、保育所や小中高と教育施設も整っているので、暮らしやすい環境だといえます。

阿久根市にある24時間営業の大型スーパーには近隣市町村からも多くの人が訪れるほど品ぞろえが豊富なため、便利な生活ができます。

車で1時間半ほど走れば、大型商業施設のある鹿児島市に到着します。週末にドライブがてらショッピングに出かけるのも楽しそうですよね。

海をバッグに肥薩おれんじ鉄道を電車が走る風景
▲熊本県八代駅と鹿児島県薩摩川内駅間を走る「肥薩おれんじ鉄道」窓の外には絶景が広がる

【仕事】求人数は多め!移住者には家賃補助や支援金制度がある

大手求人情報サイトで阿久根市の求人を調べると約1700件がヒットしました。ハローワークでも300件ほど登録があったので、よほどのこだわりがない限り「仕事がなくて困る」という状況はなさそうです。

(※2022年11月時点、縁結び大学調べ)

※参考:求人情報の一例

阿久根市内で勤務する方と同じ割合で、隣接している出水市や薩摩川内で勤務する方もいるそうです。出水市までは高速道路の利用もできます。薩摩川内までは車で約40分と少し距離がありますが、プライベートな空間で通勤できることや、帰り道に好きな場所に立ち寄れるというメリットが生まれます。

近隣市での求人も視野にいれると、仕事の幅もグッと広がるかもしれませんね。

市外から移住&阿久根市の企業就職者へのサポート内容

阿久根市では、市外から移住をし、地元企業に就労した40歳以下の方を対象に家賃補助を行っています。

補助金の上限は月額2万円で、3年間にわたって支給されます。詳細は下記URLよりご確認ください。

公式URL:地元企業就労者賃貸住宅家賃支援補助金

東京圏からの移住者は「移住支援金制度」を活用しよう

東京圏に住んでいた方が阿久根市に移住し、鹿児島県が運営しているマッチングサイトを通して就業した場合、補助金が支給されます。

補助金額は下記のとおりです。

単身の場合 60万円
世帯の場合 100万円

東京圏にお住まいで、阿久根市への移住を検討している方は、要件を確認してお得に移住しましょう。

また18歳未満の方が同一世帯にいる場合は30万円の加算措置があります。

公式URL:鹿児島県移住支援事業・マッチング支援事業

【住まい】空き家バンクがおすすめ!空き家活用の支援もある

阿久根市で賃貸物件を検索してみると、ヒットしたのは5件※ほどでした。阿久根市で賃貸物件を探している方は、こまめに物件をチェックする必要がありそうです。

(2022年11月時点、縁結び大学調べ)

「賃貸ではなくマイホームがほしい!」という方は、空き家バンクの利用がおすすめです。

現在、掲載中の空き家バンクの物件情報はありませんが、新規物件の登録があり次第随時更新していきます。

阿久根市の空き家バンクは以下のURLからチェックしてみてくださいね。

公式URL:阿久根市空き家バンク

阿久根市へ移住した先輩たちの声

鹿児島県阿久根市への移住体験談

阿久根市へ実際に移住した先輩の声を紹介します。

  • きれいな海と波音に毎日癒される
  • ウニや野菜、魚介類のおすそ分けをしてもらえるのが嬉しい
  • 東シナ海に沈む夕日が素晴らしい
  • さまざまな特技を持つ魅力的な人が多い

きれいな海や新鮮な魚介類についてなど、海のまちならでは魅力に触れる声が目立ちました!また、阿久根市の人々の温かさに心地よさを感じる方も多かったですよ。

阿久根市への移住に関するお問い合わせ

阿久根市への移住に関する相談は、下記の窓口へお問い合わせください。

小さなことでも、まずは相談してみることで、移住への第一歩が踏み出せるでしょう。

担当課 阿久根市役所
企画調整課・企画調整係
住所 〒899‐1696
鹿児島県阿久根市鶴見町200番地
電話 0996‐73‐1214(直通)
公式サイト https://www.city.akune.lg.jp

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック