タップル誕生のマッチング結果

どうも、ヒモ太です。

ヒモになりたくてマッチングアプリでヒモ活をしています。

マッチングアプリでヒモ活を始めた話

タップル誕生でヒモ活を始めて約1週間が経過したので、これまでの成績と、今まで使ったことのあるマッチングアプリ「Omiai」「with」との比較をしていこうと思います。

1週間のタップル成立(マッチング)結果

タップルのタップル成立履歴画面

ヒモ太がタップル誕生を1週間使ってマッチングしたのは…

24人でした!!(いいかも送ったのと貰ったの合わせて)

めちゃめちゃマッチングしやすいです!!

タップル誕生は表示されるプロフィールを、「いいかも」「イマイチ」で振り分けていくだけな、シンプルな操作方法なだけに、他のアプリと比べてもマッチングがしやすいようです。

ちなみにマッチングした女性のタイプもすごく様々で、

年齢層が下は18~上は30前半まで

職業はOLやショップ店員などのアパレル関係、医療・福祉系、学生など

本当に幅広いです。

見た目も、有料会員へ登録してから、質がさがったという話をしましたが、それでも普通に美人な方も居たので、僕がマッチングしている女性は大体美人です。(笑)

Omiai,withとの比較

タップル vs Omiai vs with

さて、タップル誕生がマッチングしやすいと言いましたが、他のアプリとどれくらい違うのか比較してみましょう。

ヒモ太が過去に使用した、Omiaiとwithの1週間のマッチング数を見てみると…

  マッチング / 1週間
Omiai 14人
with 20人
タップル 24人

やっぱりタップルの方が多いですね!

正直Omiaiの場合、マッチングアプリ自体が初めてで、勝手がわからないまま使っていたのである程度少ないのは仕方ないかもしれないです…

それにしてもタップルのマッチング数は驚きですね、この調子でいけば1ヶ月で相当なマッチング数になるかもしれません…(ならないかもしれません)

理想の女性とマッチング出来る?

マッチングアプリで見つけたい理想の女性像

マッチングしやすいのは良い事だけど、タップルが自分の求めている理想の女性とマッチング出来るのかも重要になってきます。

タップル誕生で女性へアプローチする場合、共通の趣味といくつかの条件を指定して女性を「いいかも」「イマイチ」と、選別していきます。

この選別の際に、どちらを選択してもカードが消費されていってしまい、理想の女性にぶつかるまでにカードがなくなってしまうと、女性にいいかもが出来なくなってしまうので、理想の女性とのマッチングは厳しいというところが事実。

僕の場合は、ヒモになりたいので、年収や職業など条件はそこまでこだわらないので良いのですが、検索条件を細かく設定して女性を探したいという方には不向きかもしれません。

女性を細かく探せるOmiaiの検索画面

そうなってくると、細かく条件設定して、その中でも女性を写真を見て吟味していきたいという方は、Omiaiがオススメです!

withでも同じように検索は出来るのですが、会員数で言うと圧倒的にOmiaiの方が多いため、理想の女性とマッチングしやすいアプリだとOmiaiになってくるのです。

マッチング後の女性

マッチングアプリ毎に女性の対応が違う

女性の事でもう一つ気になる事と言えば、内面的にどんな女性が居るのか。

見た目や、職業はプロフィールを観れば一目瞭然ですが、内面を知るには実際にメッセージをしたり、会ってみない事には分かりません。

3つのアプリで女性とメッセージをしてきて気が付いたのですが、Omiai,withの女性とタップルの女性には、メッセージに大きな違いを感じました。

比較的にOmiaiとwithの女性はしっかりと、会話を広げようとしてくれる人が多いイメージ。

こちらが少し長めの文で送っても丁寧に拾ってくれて、向こうからも質問をしてくれる。

タップルの女性は特殊な感じで、基本一言二言で返してくる人が多いイメージです。

こちらが質問したり、会話を続けようとしても、最低限の返信しかなく、逆に返信しづらい感じになる。その割には返信速度が速いんです…

これはアプリの特徴に関係してくるのかなと思うのですが、タップルの場合はマッチングがゲーム感覚になっているので、マッチング後のメッセージも何となくチャット感覚になっているのかもしれないです。

この辺りは好みの問題になってくるかもしれませんが、ヒモ太としては完全にOmiaiやwithの女性陣の方がメッセージしやすかったです。(笑)

マッチングしても自分からメッセージしない女性

また、これはどのアプリでも言えるのですが、例え女性からのいいね,いいかもでマッチングしても、8割の女性はメッセージ待ちです。(笑)

シャイなのか、なんなのかは分かりませんが、大抵の場合男がメッセージを待っていても始まりません。

なので、マッチング後は男性から積極的にメッセージを送るようにしましょう。

マッチングする人としない人の違い

マッチングしても自分からメッセージしない女性

さて「ここまでタップルはマッチングがしやすいアプリだ」と、断言してきたのですが、中には「タップルでも全然マッチングしないんですけど!?(怒)」とプンプンな方もいると思います。

ではマッチング出来る人と出来ない人、何が違うと思います?

「どうせ見た目だろ?」

「金持ってるかでしょ?」

「高学歴高スペックしかモテないんだ!」

たしかに、そう思う気持ちは分かります…。

ですが、恋活アプリでまずマッチングする為に求められる部分はそこではありません。

最大の違いとは…

マッチングの分かれ道はプロフィール写真

プロフィール写真です。

ぶっちゃけ、マッチングアプリを使っていて、異性とマッチングを考える時に、判断基準として一番みられるのは写真なんです。

実はこれ、タップルだけに限った話ではないのですが、タップル誕生の場合は特に、それが顕著に出やすいのです。

というのも、タップル誕生はOmiaiのように自分で好きなように検索が出来ず、プロフィール欄も少ない、選べる趣味も大雑把。

そもそも、タップルの場合は異性にまず表示されるのが、1枚の写真と名前、年齢、居住地そして50文字前後の自己紹介の序文。

この時点で、「良い」「良くない」を判断する材料としては9割が写真なんです。

勿論プロフィール画面まで進めば、自己紹介全文や細かいプロフィール設定までみれるので、そこを見る人だっていると思いますが、女性の場合は「いいかも」の届く量が半端じゃないんです。

いちいちプロフィールを確認してたら、全部見きれないんじゃないか?というレベルで…。

そうなってくるとやはり、まずは写真の印象をみて「この人ならいいかな」といった感じで、顔写真を第一審査対象とするのです。

そうなると「やっぱり顔でしょ?」と思うかもしれませんが、大事なところは写真の撮り方と、選び方なんです。

皆さんはこんな言葉知ってますか?

"雰囲気イケメン"

実際はイケメンじゃない、むしろよく見たら「あれ?ブス?」と思うような人でも、見せ方次第でイケメンになってしまう…。

雰囲気イケメンの芸能人

女の子が使う「可愛いは造れる」と同じ、「イケメンに魅せれる」のようなものです。

ちなみに、雰囲気イケメンは本物のイケメンよりモテるらしいですよ。(真相は謎ですが)

「いやでも、俺写真映り悪いし、どんな撮り方してもブサメンにしかならねぇわ…」と言う方でも大丈夫!

ちょっとした努力とコツさえつかめれば、誰でも雰囲気イケメンにはなれます。

詳しくはこちらのページを読んでみてください→圧倒的に女性にウケる!プロフィール作成のコツ

実はヒモ太もこのページ参考にして、プロフィール作りました。

タップル1週間使って出会えた?

前回withを使った時は、1週間で会えなかったものの、3日でお会いする約束まで取り付けていました!

withでデートの約束決めた話

そんな事もあり、タップルにもそんな期待をしていたのですが、いざ蓋をあけてもそんなことはありませんでした…

まだデートの約束も取り付けられないタップルに焦るヒモ太

先ほども話したのですが、何よりタップルはメッセージ続けるのが難しい!(笑)

色々話を振ってみても、短文で返されてしまうので、話が進まない事山の如くです…。

ひとまずタップルのマッチングに関しては、今のところ不自由していないので、今後はうまくメッセージを返していって、一人でも会う約束をする事を目標に頑張ってみようと思います。

→to be continued

【前の話】タップルの有料会員登録したらヤバい事になった