マッチングアプリのwithで2日連続女の子とデートした話

どうもヒモ太です。

ヒモになりたくてマッチングアプリを始めて、もうすぐ1ヶ月。

遂にwithでマッチングした女性とお会いする約束を、それも2日連続で取り付けることに成功しました!

1日目のアラサー高収入さんとは、初対面ながらに2軒目までハシゴをするという楽しい夜を過ごしてきました。

そして、今回は2日目の年下の都内でOLをしている女性と出会ってきた時の話を書いていきます!

wiithで2日連続のデートが決まって浮かれ気味のヒモ太

withデートDay2「年下OLさん」

前日お会いしたアラサー高収入さんは、かなり積極的な方でしたが、実はこちらの年下OLさんも中々積極的な方でした。

即出会う事が決まったwithで知り合った年下のOLさん

マッチングして数通ほどメッセージ後にノリで「いつ会いましょうか―?」と送ったところ、「今週末なら空いてま―す♪」というまさかのマジレスを受けて、逆にビビらされました。(笑)

そんな軽いノリで大丈夫なの!?と、逆にこちらが不安になるくらい...

with内の自己紹介文と好みを見る限り、音楽とか映画が好きで、趣味が合いそうだし、ルックスもそこそこ良さそう(ココ重要)なので、会ってみようかなという決断に至りました。(笑)

withでもOmiaiでもプロフィールスカスカという女性は結構いました。

その中でも比較的に若い人が多くて、とりあえず登録したけど、全然ヤル気ありませーんみたいな雰囲気がビンビンに伝わってきます...

たぶんそういう女性に限って、超高スペックな男性から足跡でも付いた日には、ものすごい食いつくんでしょうけどね。(゜Д゜)ケッ

まぁ、そんな女性は相手にする必要もありませんが。(相手にもされませんが...)

今回の年下OLさんは会う事に積極的だったので、プロフィールやメッセージで情報を交換するよりも、実際に会って、話してどんな感じなのかを知りたい、というタイプだったのかもしれません。

そう考えると、プロフィールがスカスカでも、ちゃんと出会いに対して積極的なタイプの人もいる、という事ですね。

また一つ賢くなりました。

それはさておき、今回の年下OLさんとはしっかりお昼頃のお茶の約束にしました!初回デートはやはりこれが鉄板です。

デート当日!年下OLさんとの初対面!

待ち合わせ場所へ、約束の5分前に到着して年下OLさんを待ち構えるヒモ太。

今回の待ち合わせ場所は、ひとけが少ないところを指定したのですが、念のためラインの連絡先を聞いておいたので、到着したことをラインで知らせます。

待ち合わせ場所に到着しましたー!

すみません、もうすぐ着きます―!

しばらくして、1人の女性が近づいてきて「ヒモ太さんですか?」と声をかけて来ました。

年下OLさんの登場です!

はい、今回も顔面の点数を付けさせてもらいます!(笑)

年下OLさんの点数はー...3点!!

withで出会った年下のOLさん、顔面評価は合格点!

前回のレビューでも書きましたが、5点満点中の3点なので、普通に付き合えるレベルです!(何様?)

Omiaiで出会った女性の時に点数付けしていませんでしたが、あの方も点数付けるなら3点でしたね。

マッチングアプリで出会って来た人たちの顔はみんな普通に付き合えるレベル!

3人とお会いして、全員普通に付き合えるレベルの女性と出会えるマッチングアプリ、やはり素晴らしい。

まぁ僕がマッチングする時に、ちゃんとプロフィールの写真をくまなくチェックしているっていうのもありますが。(笑)

そして、欲を言えば4点以上の人にお会いしたいところですが。←

そんなゲスい事を考えてるともつゆ知らず「どこいきましょうかー」と笑顔が素敵な年下OLさん。

僕はあらかじめ行こうと決めていたお店があったので「行ってみたいカフェあるんでそこでもいいですか?」と先導していきます。

カフェで年下OLさんとのお茶スタート!

初回デートはやっぱりカフェ

無事にカフェへたどり着き、お互い注文を済ませました。

さて、前述したとおり、年下OLさんとはノリで会う事になったので、ほぼ何を話したら良いか分からない状態です。(笑)

分かっているのは音楽と映画が好きという情報くらい...

とりあえずその二つの情報を頼りに、突破口を探る事にします。

年下OLさん音楽好きなんですよね!どんなの聴くんですか??

J-POPが好きです!エグザエルとか...

あー!そうねんですねー!いいですねよ!(いや、全然聴かねーし、むしろディスライク!(笑))

ヒモ太さんは何が好きですか??

僕はバンプオブチキンとかー、ロック系が好きですねー^^

そうなんですかー!私ロックとかはあまり聴かないので、詳しくなくて...

そうでしたかー、あははははー...

音楽の趣味が合わず苦笑い

...しばらく沈黙

そういえば、映画も好きなんですよね!?

あ、はい好きです!

僕もなんですよー、主に洋画なんですけど、SFとかアクション系とかが好きで^^

私は邦画の恋愛ものが好きですね

そ、そうなんですかー...(邦画全然観ないし!!恋愛系はまじ無理っす!!)

映画の趣味も合わず苦笑い

音楽、映画好きなのは良かったものの、思った以上に趣味が合わないので困り果てるヒモ太...

こちらの会話にはちゃんと応えてくれるので、ちゃんと会話のキャッチボールは成り立つのですが、なにせ趣味の好みが合わない上に、緊張しているのかガチガチの様子で全く会話が弾まない!!(泣)

その後、頑張って話を続けていると、どうやらマッチングアプリで出会うのが僕が初めて、との事でした。

「そりゃ緊張しちゃいますよねー。というか、初めての出会いがこんな感じでごめんなさい!(笑)

何事もなくすんなり解散...

後半の方はだいぶ緊張もほぐれたのか、会話も自然に出来て途切れることも無くなりましたが、特に話が盛り上がる事もなく、疲労感を覚えつつ時計を見ると午後4時頃...

マッチングアプリで知り合った女性と出会ったものの全く会話が盛り上がらず限界を感じる

「そろそろ出ましょうかー」という声をかけお会計を済ませます。

今回は正直、この後の展開は無いだろうなと、見切りをつけたのでしっかり半分出してもらいました。←

この辺りはちゃっかりしているヒモ太です。

お店を出て「帰りは電車ですかー?」と帰り方面を確認します。

本来、まだ話したいなと思ったら、お会計の時点でそのまま「夕食でもどうですか?」となるのですが、僕はもう既に年下OLさんとの会話はお腹いっぱい(というか続かない)だったので、帰りましょー雰囲気を出していきました。(笑)

すると年下OLさんも「はい、JRなのであっちですね!」とすんなり帰り道を提示。

この時に何となく「もう帰ろ」という謎の意思疎通が図れた気がしました。(笑)

そのまま年下OLさんを駅まで送り、何事もなくさようならをして、無事にこの日のデートは終了しました。

withで出会った2人とのその後...

withで出会った二人のうちアラサー高収入さんに狙いを定めたヒモ太

そんなこんなで2Daysのデートを終えたヒモ太。

ぶっちゃけ年下OLさんとは、デートを終えた時点で微妙かなーと思ってました。(笑)

なんだかんだ最後までそこまで話も盛り上がらず、お互い「じゃあ帰りましょうか」という点で意思疎通していたので...

ヒモ太としてはやはり本命は、アラサー高収入さん。ココ一択です。

ヒモ太にまさかの悲劇

ワンチャンこそなかったものの、かなーり良い雰囲気まで行ったアラサー高収入さん。

帰り際に「今度は猫カフェに行きましょうね。」という話になり、デート後の帰宅中にあちらからお礼のラインまで来ていました。

withで出会った女性とのデートの帰りにお礼のラインが入っていて舞い上がりのヒモ太

アラサー高収入さんからのラインはこんな感じでした。

今日はありがとー、とっても楽しかったよ♪猫カフェ行くの楽しみにしてるね^^予定分かったら連絡しまーす

いや、これはもう...ありがとうございます!←

もちろん、僕は速攻で返信しました!!

こちらこそ、楽しかったですー!またお願いしますね^^

ヒモ太、もう完全にウキウキです。

しかし、そんなウキウキなヒモ太とは裏腹に、なぜか翌日になってもアラサー高収入さんからは返事がありませんでした。

「あー、一言二言で返しちゃったのがいけないのかなー。

デート帰りの時は酔っていたこともあり、返信をかなりそっけない感じで返してしまっていたので、アラサー高収入さんもそこから返信がしにくいのかも。

なんて思った僕は追撃でラインを送ってみます。

昨日はありがとうございました!猫カフェ、いつ行きましょうか?^^

よし、これでオーケー。

改めてお礼を言いつつ、また次の約束へ迫る質問を投げかけてみました。

追撃を送ってから2日...3日...待てど暮らせど返信は来ない...。

 「あ、れ?(´;ω;)

なんと、既読マークは付いたものの、その後もアラサー高収入さんから返信が来ることはありませんでした。

【THE END】

...まてまてっ!!(笑)

マッチングアプリは出会ってからが勝負

アラサー高収入さんから、ラインが返ってこなかった(既読スルー)事に、ショックを隠せないヒモ太。

おかしいなー、なんでかなー。゚( ゚^∀^゚)゚。

考えたところで答えは出てこなかったので、またもや先輩へ相談することに。

アラサー高収入さんとのいきさつを、大まかに説明して、先輩から言われた一言が、

なんか、やらかしたんじゃないの?

「いや、なんかってなんやねん!」当然出てくる疑問とツッコミを心の中で抑えつつ「いやー、特にやらかした覚えないんですけどねー。えへへー。」と答えました。

「女ってさー、受け答えとか1つでもミスすると、即NG対象になるらしいからね」

1つでもって...

「ちょ、それ、かなりの無理ゲーじゃないっすか...1つでもって...会うところまで行ってんだから少しはハードル下げてくれても...

「たしかに、出会うところまでいったっていうのは期待度上がってるんだろうけど、まだ見定められてる段階だからね。初回のデートなんて、女性からしたらまだメッセージの延長線上なんだよ。」

そう言われれば確かに、アラサー高収入さんも出会うまでメッセージめっちゃ短かった...

結局、アプリやラインのメッセージだけでは相手の事を判断し切れないから、まずは会ってみて相性がいいのかを判断しているのかもしれません。

たとえ、メッセージでいい感じになってから出会ったとしても「実際会ってみたらイメージと違った」とか「会話で凡ミスをした」という理由で速攻切られる事は「ザラにある」らしいです。

先輩からそんなアドバイスを聞いて、マッチングアプリはマッチングしてからが勝負ではなく、出会ってからが勝負だと気が付くヒモ太

マッチングアプリは出会ってからが勝負だと気が付くヒモ太

ってことはもっと数出会わないとダメ?

マッチングアプリを始めて2ヶ月で、3人としか出会っていない僕は、出会う数が少なすぎるのかもしれません...

「でも逆に考えると、マッチングアプリなら「そこまでの人数に出会えるのは当たりまえ」と考えるべきなのかも...」

謎のプラス思考が働き始め、デートでダメだったはずなのに、「マッチングアプリは出会えるのが普通なんだ」という事実(?)を知ってむしろテンション上がり始めるヒモ太でした。

【前の話】「マッチングアプリでホントに出会える説」アラサー男子がwithを使って検証してみた