ついに本命とマッチング!?ヒモになれる日も見えたか!

Omiaiでマッチングした、年収1000万円越えの超高収入女性

どうも、彼女はいないが夢はある、アラサーヒモ希望のヒモ太です。

遂にヒモになる事を決意したものの、そもそも出会いすらないので、まずは出会いを求めてマッチングアプリの「Omiai」を始めてから、4日目になります。

そう、全ては僕がヒモになるため...

そんなわけで今、僕がOmiaiを使って狙っている女性は...

Omiaiで設定している年収の検索条件

  • 年収500万円〜
  • キレイ系
  • 26歳〜40歳(ただし35歳以上は美人に限る)
  • 子供の有無は問わない(ただし別居必須)

こんなところを条件にして、Omiaiの中でヒモにしてくれる女性を探しています!実際にOmiaiの検索もこんな条件で設定してます。笑

やっぱ、ヒモになるからには年収は必須ですね←

Omiaiは、30歳以上からが女性でも有料になってくるので、年齢設定を高めにしているのがミソですね。

だって、金払ってでも男と出会いたいっていうハングリーさを持っている女性なんて、狙い所でしょ?(ゲス顔)

そんな感じで、Omiaiで検索をかけて昨日までにいいねを押していった女性の数は約30人。まぁ、一日10人に送っている計算ですね。

その内でもマッチング出来たのが、4〜5人。(こちらから送ったいいねに対して)

この数字が良いのか悪いのかは、僕にはわかりませんが、しかーし!!

マッチングした女性達は、みんな年収高くありません...

だいたい年収が300万円未満、もしくは未回答...

「あれ?さっき堂々と掲げていた条件と違くない?」と思うじゃないですか?

実は相手から足跡を付けてもらった女性で、かわいいなーとか思った女性に対しても、いいねしてるんですよ、僕。(てへぺろ)

そんなわけで、未だにヒモになれそうな女性とマッチング出来ていないんです...

勿論、ちゃんとターゲットにしている、高収入女性達にもガンガンといいねを送ってはいるんですが、「ヒモにしてもらおう」という僕の心の声が聞こえてしまっているのか、高収入女性達とマッチング出来ない悲しい状況に...

アラサー超高収入女性とマッチング!

「ターゲットが全く引っかからない!!」と、嘆いている矢先に転機が!

Omiaiから【○○さんとマッチングが成立しました。】

とのメッセージが届くも、「あー、はいはい、どうせ金無しの小物でしょう

とここまでの流れのせいで、すっかり捻くれてしまった僕は(ほんとはいい子なんですよ!たぶん!)、気だるくメッセージ画面を開いて、新規にマッチングした女性を探す...

いたいた、この人か...んーっと、同い年で東京住みかー、この写真だと顔が分からないな...

とりあえずプロフィールを表示して写真チェック...うん、タイプではないな!^^←

まぁ、顔がタイプではなくとも、一応プロフィールは最後まで見おきましょうか(何様...)

しかしこの人、自己紹介文がめっちゃ長い...全部読むのがダルイので飛ばす!!←

かろうじて好きなモノの中に「猫」という単語は読み取れました。(筆者は無類のネコ好きである)

詳細プロフィールの項目に行き着いて、とある文字に目が釘付けに...

年収 1000万円〜1200万円未満

「勝った...」

謎の勝利宣言をした僕は、もう一度自己紹介文からプロフィールを見直すことに。

この超高収入女性はヒモが欲しいのかな??^^

ヒモ男をガッチリ捕まえる女性のイメージ

よくよくプロフィールを読んでいくと、何だかヒモが欲しいと言っているようにしか見えてこないのは、僕の頭がおめでたいからでしょうか?

自己紹介文の中で、注目したのが、

「人を癒すのが得意」「人の役に立つこと、応援することが好き」「夢に向かって頑張ってる人が好き」

ここに「ダメンズへ投資するのが好き」と書いていないだけで、たぶん本人は思っているはず!(ないない...)

ここまでパーフェクトな自己紹介を見て、これは運命ですか?と勘違いするのは僕のせいじゃないと思いますよ、先生。

ちなみに、前にテレビで見た事あるんですが、ダメンズに引っかかる女性は頑張ってる人を応援したがりがちだと...

完全に自分の都合の良いように解釈しているように見えますが、そんなことは無いですよ?←

もう完全に攻めるしかないじゃないですか。

本命女子からのメッセージにビビる僕

勝手に運命を感じ取った僕は、このパーフェクトヒモ女にメッセージを送ろうとしたのですが、何せここ数年まともに女性とメールなんてしてない僕ですから、本命を狙いに行くのに最初のメッセージはどうしよう...となるわけです(情けなすぎる...)

そんなこんなで、攻めあぐねていたら、【○○さんからメッセージが届きました】

はい、パーフェクトヒモ女からメッセージ来ました

「勝った...」

2度目の謎の勝利宣言をかました僕は、速攻でメッセージを開く...

パーフェクトヒモ女「はじめまして、○○と言います。マッチングありがとうございます、嬉しいです♪私のどこにいいねくださったんですか?

わたしのどこにいいね!?な、なんて強気なメッセージを送ってくるんだ...そこにしびれr(ry

さて、「どこにいいね」と言われましても、完全に年収なんですよね。

なんて思っていても、さすがにクズな僕でも、初球からそんなストレートは投げられません。笑

ここはちゃんと内容を考えて「こちらこそ、ありがとうございます!○○さんとはお互いを高めあえる関係になれそうなので、いいねさせてもらいました!」的な、無難な内容にして返信!!

これならいけるだろう!と、これまた謎の手ごたえを感じて返信を待つことに...

パーフェクトヒモ女からの返信を待ちながらも次を探す

さて、パーフェクトヒモ女とのマッチング〜メッセージまでに成功した僕は、更なる高収入女性とのマッチングを目指して作戦を練ります。

おいおい、もう既にパーフェクトヒモ女とメッセージまでいってるじゃねーか、と思うかもしれませんが。

ヒモにしてくれる女性なんて何人いたっていいでしょう?

と、これまた安定のクズ持論を展開する僕。(もちろんゲス顔)

実際、まだこのパーフェクトヒモ女との出会いが確定したわけでもないので、保険はいくらでもかけておきたいものです。

それにしても高収入女性からのマッチングが少ない...

一応、それ以外の女性とはちゃっかりマッチングしてメッセージ交換までしているんですけどね。笑

Omiaiへの有料会員登録を決意させられた、例のショートカットさんともちゃんとメッセージ続けています!

と言っても平日の日中は仕事してるんで、朝,夜で1〜2通くらいになってしまいますが。なかなかいい雰囲気でメッセージ出来ていると思います!

マッチング率を上げるために

そんなわけで、狙っている高収入女性とのマッチングが出来ない僕は、どうしたら相手からマッチングが返ってくるのか、ここで同性人気会員のプロフィールを腹立たせながら思い返してみる...やつらと僕とで何が違うのか。

スペックが大違いだ!!というツッコミは完全スルーします。

すると思いついたことが、写真だ!

そういえばみんな、腹立たしいほどにさわやか笑顔な写真を載せていたな...

よーし、顔なら僕もそこそこ自信があるから、サブ写真を追加してみよう!

プロフィールのサブ写真を追加!

Omiaiのサブ写真を1枚追加した僕のプロフィール

サブ写真をするのはいいけども、そんなさわやか笑顔のイケメン風味な写真なんて、持ってないぞ!?なんて頭を抱えていたのですが...

「いや待てよ、そういえば前に職場の求人広告用に撮られた写真があったな...しかもあれ結構いい映りだったような...」

確認の為に以前データを貰っていたので、掘り起こして確認、いい感じだったのでそのまま使用することに。

自分で言うのもなんですが、結構会心の写真だと思っています。横顔だけどちゃんと雰囲気が分かる感じ。さわやか笑顔じゃなくて真剣な横顔だったけど、高収入女性って出来るメンズの方が好きそうでしょ?

そう、まるで僕とは真逆のね(あれ?目から汗が...)

結構映りもいい写真だったので、こっちの写真をメインにしてもいいレベルかなー、とも思ったのですが、今のメイン写真は他の男性と差別化出来て、目立てそうなので、ひとまずこのままでいくことに

さて、装備はそろった。

改めて女性の検索をして、いい女性が居るかをチェック、この日はサブ写真を替えてマッチングがされやすくなるだろうと、期待を込めて少し多めの15人程にいいねを押していきました。

もちろんいいねをする条件は、年収500万円超えの高収入女性のみ!

メッセージはこまめに返す

いいねを押した後は、マッチング済みの女性から来ているメッセージに返信!しっかりメッセージ続いていますよ!

Omiaiでマッチングした女性とのメッセージ画面

ショートカット女子とのメッセージが一番多くて、趣味の話題で盛り上がっています!

ただ、2人目にマッチングしたハーフっぽい方や、他にもマッチングしている女性達ともメッセージのやり取りしていますが、内容がとっても当たり障りのない感じ...

なかなか、次のステップというか、一つ踏み込んだ感じの仲になるには、時間がかかりそう...。

まぁ、現段階では各女性2〜3通、多くても5通程のやり取りだけなので当たり前なんですが、実際に出会うっていう目的を果たすまでに、結構メッセージのテクみたいなのが必要になってきそうな感じです。

マッチング成立したらしたで、その後のメッセージやり取りも頭を使わないといけないのかぁ...

マッチングアプリって意外とやる事多いなー。

若干の面倒くささも感じつつ、ヒモになるために頑張るんだ!と、自分を励ましながらOmiaiを閉じるヒモ太でした。

→to be continued

【前の話】美人でタイプの女性と開始3日でマッチング♪