アラフォーは出会いがねぇ

はじめまして、ダニエルです。

ついに一昨年で見事アラフォーになった独身男です。

マッチングアプリ ダニエル プロフィール

この年になって結婚していない男とはどこか変わっていて、重大な欠陥があるのでは!?と世の中に思われる年齢に十分になってしまいました。

間違ってはいないと思うんですが、実際に自分ではそこまでひどい男だとは思っていません。

接客してたんで、結構コミュ力はあるほうだと思うし、毎週、筋トレしてるし...

髪の毛だってまだまだフサフサです!!

理想が高いといわれると、全否定はできないんですが、ストライクゾーンが人と少し違うっていう表現のほうがあっている気がしています。

というか、問題はそれ以前に、

全然出会いがねぇ・・・・」

ってことです。

だって、彼女ができる確率って

出会いの数×モテ度

でしょ。冷静に考えて!

無人島にイケメンがいても彼女はできないですよ。
僕はイケメンじゃないですけど。

「出会い厨」 思いつく出会いはすべてチャレンジした

実は出会いの数が重要なことに気づいていたのは結構まえからのことで、それなりに出会いの数を増やすために一般的に言われる婚活・恋活ってやつに取り組んできました

  • あらゆるつてをたどって友達に合コンのオファーをしたり
  • 居酒屋でかわいい子がいれば声をかけ
  • カフェの定員と仲良くなってみたり
  • 流行りの相席屋とかも行ったかなぁ
  • 理想の人を求めて、婚活パーティーに1か月で10回以上で出ていたほどです

パーティーに関しては、全国トップレベルの参加ペースです、たぶん。

すごい行動力!というか必死さでしょ?(笑)

それはもう思いつく出会いはすべてチャレンジしたといっても過言ではありません。

チキンなんで、どうしてもナンパだけはできませんでした、ごめんなさい(笑)

定員さんに声かけるのも、ある意味ナンパみたいなものですけどね...

こんな感じでいろんな婚活・恋活をしてみて結果はどうだったか!?というと...

まぁ、それなりに出会えました。いろんな女性と。

とくに婚活パーティーはもっとも効率的で一回行ったら10人くらいの恋愛対象になりえる女性と出会えます。

あぁいう場所に来るってことは、かなり勇気もいることなので向こうも真剣です。

そういう「結婚したい」「彼氏欲しい」っていう意識の高い人と毎回出会えるわけですから、とても効率的な出会いの場と言えます。

実際、30中盤のおっさんが20代前半の女性とカップリングして一緒にお茶とかご飯とか行きましたからね。

でも、やっぱりかわいい子に遭遇する確率は低めなんです、どうしても!

だから、「もう数で勝負するしかない!」と毎週休みになるたびに通ってました。

これは相当の熱い思いと、ある程度のお金が必要になってくるんでなかなか真似できる人いないと思います。

※男性は1回参加するのに大体5000円 〜7000円くらいかかります。5000円だとしても月に10回参加した僕は5万以上使ってますね。結婚相談所いけって話ですよね(笑)

正直、心が折れそうになったこともあります。

でも、

理想の彼女がほしい

それだけが僕を動かしていた気が...します。

マッチングアプリとの出会い

そんな出会い中毒者の僕ですが、半年前に上記の出会いをぱったりやめています。

それは、

マッチングアプリをはじめたから

です

え...うまくいかない恋活に嫌気がさし、ついに出会い系ですか...

と思うかもしれませんが違います!

また詳しく書きますが、マッチングアプリはFacebookなどと連動すること、年齢認証、ユーザ通報機能により出会い系でよくいわれる、サクラなどの怪しいユーザは一掃されています

僕自身こうみえて出会い系とかめちゃくちゃ警戒していたほうの人間なんですが、それでもはじめようと思ったのは、後輩が狂ったようにマッチングアプリにはまっていたのがきっかけです。

その後輩は電車に乗ってる時も、飯食べてる時も暇さえあればアプリをいじってました。

いやいや、どんだけ楽しいんだよそれ!って思っていろいろ聞いてみることにしたんです。

話を聞くと、後輩は自慢げにアプリでマッチングした女性のリストを僕に見せてきました。

そのなかには...想像していた、 出会い系にあるプリクラや、盛られまくった詐欺写メなどではなく、本当に普通の女性たちがそこにはいました。

2か月で後輩が出会っていた女性の人数とは!?

聞くところによると後輩はOmiaiというマッチングアプリを使っているらしく、開始して2か月ほどで、すでに10人の女性と会っているとか!

2か月で10人って、週に1回くらい新しい子とデートしるってこと!?

スゲー!!

彼はものすごく背の低い小さい女性がタイプらしく身長でソートして検索し、小さい子のみに「いいね」をおしているのだとか...。

正直、気持ち悪い!!!

行為自体は気持ち悪いけど、自分のタイプの女性を全国で探せていることはすごい!

ぶっちゃけた話、後輩のマッチングした履歴にはかわいいこはさほどいませんでした。後輩は30歳なので、主に2、3歳差くらいの同年代の女性で本当にその辺の街を歩いてそうな人たちです。

それが逆にリアルで、僕をやる気にさせたのを覚えています。

Omiaiに登録したら...かわいい子たちだらけ!!

持ち前の行動力を生かし、早速、Omiaiに登録しました。

後輩よりモテるでしょ!

だってボク気持ち悪くないし!

Facebookのアカウントはもっていたので登録はすぐに完了。特に躓くところもなかったです。

そんなことより、僕が気になっていたのは「婚活パーティーよりもかわいい子にであえるのか?」この1点のみでした。

まだ、だれともマッチングしていないのにもかかわらず速攻で有料会員とプレミアム会員に申し込み。(2つ合わせて月7000〜8000円くらい)

なぜならばプレミアム会員だと 女性を人気順(いいね数の多い順)で検索できるからです。参入市場を熟知しておくことは重要ですからね!

早速いいね数の多い順で検索すると

そこには....

かわいい子たちだらけでした!!

( ̄□ ̄;

これにはもうテンションあがって、その日は寝る間を惜しんで、どんな女性いるか探してました。

とりあえずアプローチしまくってみた

一通りどんな子がいるか見尽くしたところでいよいよ自分のプロフィールを整え、気に入った女性に 「いいね」を押していくことにしました。

まずは、プロフィール写真ですが普段写真なんか撮らないので 全然ない!仕方ないのでFacebookで使用していた腰から上の写真をメイン写真へ。

サブ写真は1年前くらいに友達と旅行に行った時の集合写真を、自分のところをアップ気味にし、全身が映るようにして載せました。

サブ写真の2枚目には笑っている写真。ちょっと会社でふざけているとこを撮ったもの。

自己PR文はありきたりですが、仕事や趣味のことなどを文字数ぎりぎりまでで、なるべく自分の人柄がわかるように注意して書いていきました。

結構時間をかけてプロフィールを仕上げたので、登録時、有料会員特典で配られた「無料いいねポイント」を使用し

とにかくいいと思った女性に「いいね」を送ってきました。

返ってきた「いいね」ゼロ!! 惨敗しました...

1か月〜2か月くらいやったでしょうか、もう記憶も定かではありません。

自分から「いいね」はかなり送りましたが、相手から「いいね」が返ってきたことは、なんと一度もなく...

惨敗しました...

マッチングしたのは1人だけ

未だに理由は謎なんですが、なぜか23歳の関西に住んでいる女性が「いいね」くれました。

大体、僕がもらえていた「いいね」は年上ばかりだったので、その中で彼女はひときわ輝いて見えたのは覚えています(笑)

マッチングしてメッセージが返ってきたときはテンションあがりまくりましたが、それもつかの間、5通くらい頑張りましたが、途中で途切れました...

そのあとは語るのも無残、「いいね」どころか「足跡」も減ってきてもう最後のほうはログインすらしなくなりましたね!!

自分:アラフォー
後輩:29歳

・・・・・原因これ?

マッチングアプリって便利で誰でも全国のあらゆる年代の人にアプローチすることができます。しかし、それゆえ競争は激化し、モテる人はさらにモテ、モテない人はさらにモテなくなる・・・

残酷な世界です。

それを知った2か月でした ...

恋活は就活と一緒 !あきらめない!

とはいえ、こんなところであきらめるなら、マッチングアプリ始める前にすでに諦めています。

こっちはもっときつい思いしてきてんだぞ!婚活・恋活は就活と一緒。苦しい時もありますよきっと。

ちょっとアプリでピコピコ画面操作して、結果が出なかったくらいで、この出会いのドル箱を逃すことはしません。

ここからアプリをさらに2つはじめて「後輩と自分のなにが違ったのか?」を仮説を立て、検証していきました。

仮説1:年とりすぎ

いうまでもなく人気の指標にはなっているはず

自分:アラフォー
後輩:29歳

差がつくのは当たり前。でも、男性は女性ほどの比重はないはずなんですけどね。20代ばかりに「いいね」していたわけではなく、きちんと同年代の30代にもアプローチしていたので、ここの重要度はそこまでじゃなさそう。

そして決定的なのは年齢を変えることはできない。(マッチングアプリは偽れないし)
考えるだけ無駄説が浮上。

仮説2:顔が悪い

自分:フツメン
後輩:イケメン

これも顔は変えることができない。写真を盛るくらい?
ひとまず写真をいろいろ変えてみることに。

仮説3:プロフィールが悪い

自分:一生懸命文字数いっぱいに書いている
後輩:せいぜい半分くらい

気合入りすぎなのか、それとも内容が悪いのか...

後輩のも見せてもらったが普通...
むしろ文章はうまくない感じでした。

考えてるだけじゃ答えは出ないのでひとまず変えられるところを変えてみようと、

・写真
・プロフィール

これを頻繁に変えて検証して行くことにしました

10日後、26歳700いいねの子とマッチング!!

Omiaiに加えて、マッチングアプリの中では有名なペアーズとウィズもはじめ、それぞれに違う写真とプロフィールを載せ、足跡や「いいね」の様子を見ていきました。

すると10日くらいたって「Omiai 」に変化があらわれてきました...

24歳からいいねが...

といってもそこまでタイプじゃないなー、なんて贅沢なことを考えていたら、

26歳とマッチング...

おー!! はじめて自分からの「いいね」でマッチングした!!!!

しかも、なんとその子は「700いいね」の人気会員でした。

なんで!???よくわからず混乱したのを鮮明に覚えています。

人気女性とマッチングしまくった

これを皮切りに僕はこのあと約3か月で30人の女性とマッチングし、10人の女性と実際に会っています。

しかも、マッチングした8割〜9割くらいの女性が「200いいね以上」の女性です!

最高で「2700いいね」の女性とマッチング

最高で「2700いいね」の人とマッチングしています

いいね数=かわいい

と一概には言えませんが、写真を見せることができないので参考にしてください

もはや犯罪!?22歳ともマッチング

22歳ともマッチングしています

(ちなみに、この女性は1日で300ぐらいいいねが増えていました)

マッチングしたほぼ大半の女性が20代です!

若い!!

実際に僕が会った女性たちの年齢

マッチングした女性よりも、問題はそのなかからどんな人と出会えたかが重要ですよね!

僕が実際に会った女性の年齢です

  • 23歳→1人
  • 24歳→3人
  • 26歳→2人
  • 27歳→2人
  • 28歳→2人

30代が一人もいません。アラフォーのおっさんが3か月でこれだけ20代の女性に会っているって、かなりすごいとですよね!!!

最年少は23歳ですが、ひとまわり以上離れてるんで普通に生きていたら絶対に出会えない!

アラフォーでも20代と出会えてしまうマッチングアプリ

そんなわけでOmiaiをやってみての感想は...

スゲー!!!

の一言です

最初の2か月は惨敗でしたが、コツをつかんでからは別世界!普通に生きていたら「絶対に出会えない年齢の女性」と、普通に生きていたら「絶対に出会えない人数」に出会えました。

実質3か月で10人の20代女性と会ってるわけです。どんな女性たちだったかは今後書いていこうと思います。(いいね数でわかると思いますが、みんなかわいいです)

あと、最初の惨敗から何が変わったのか?

Omiaiでの経験を生かし、他のアプリ(ペアーズ)の体験談なども書いていこうと思います。

 

次回→ペアーズ開始後いきなり【1000いいねの女性】とマッチング!アラフォー男の体験談