ガチ婚活中28歳の「マミ」へインタビュー

インタビュアー:
こんにちは。今日は現在彼氏探しをしているマミさんに来ていただきました。よろしくお願いします。
マミ:
よろしくお願いします。
インタビュアー:
じゃあ簡単に年齢など自己紹介をお願いします。
マミ:
今28歳です。後数ヶ月で29歳の30代手前です。
インタビュアー:
まさにアラサーって感じですね。
マミ:
アラサー世代です。

アラサーは親からプレッシャーがかかる

マッチングアプリで婚活中28歳「マミ」へ婚活の本音をインタビュー
インタビュアー:
じゃあ結構結婚とかも意識するような年齢ですよね?
マミ:
そうですね。親に実家に帰るたびに孫はまだか?いつお嫁にいくのか?と、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん全員から総攻撃されています。
インタビュアー:
今は28~9歳っていうと結婚してなくてもおかしくないですけど、その世代の人から見ると結婚適齢期とうに過ぎている年齢ですもんね。
マミ:
親世代がちょうど今の私くらいの28歳で私を産んでいるので、そろそろ焦りなっていうのをビシビシ感じています。
インタビュアー:
じゃあ、つい最近GWでしたけど言われました?
マミ:
孫はまだか?と言われました(笑)
インタビュアー:
結構しんどいですね、それは。
マミ:
そうですね。早く孫産まないと面倒見てあげられなくなるからみたいな、切ない事を言われて(笑)
インタビュアー:
でも実際どうですか?ご両親はおいくつくらいですか?
マミ:
うちは60手前の50代後半で、ちょっと腰が痛いとか膝が痛いとか言い始めている年です。
インタビュアー:
現実問題やっぱり孫の面倒を見るには年齢制限ありますもんね。
マミ:
そうだと思います。やっぱ60代後半とかになってくるとキツイものがあるんじゃないかな。
インタビュアー:
親の事を考えても自分の事を考えても、ある程度子供の世話をして欲しいと思うんだったら早めの結婚の方が楽ではありますよね。
マミ:
そうですよね。
インタビュアー:
じゃあ割と切羽詰まる面もあったり。
マミ:
あと2~3年のうちには親を安心させたいなっていう気持ちはありますね。
インタビュアー:
では彼氏は結婚を意識できるような彼氏が欲しい。
マミ:
もう付き合う前から結婚前提でって言いたいくらい。
インタビュアー:
なるほど、結婚前提で付き合えるような人を探したいっていう事ですよね。
マミ:
そうです。

マミさんの趣味って?

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「マミさんの趣味は?」
インタビュアー:
ちなみに何か趣味とかあるんですか?
マミ:
趣味は一般的なんですけど音楽とか映画とか、あとグルメとか漫画とかも好きです。あんまりスポーツとかはやらないのでインドアな趣味が多いですね。
インタビュアー:
そういう趣味で繋がる出逢いとかないんですか?
マミ:
なかなか…ライブとか行ってその辺の人を引っ張って来れたら良いんですけど、ちょっと人見知りなので難しくて。
インタビュアー:
さすがにライブで飲み会とかないですもんね。
マミ:
そのまま会場でだべってる人達がいるくらいですね。
インタビュアー:
漫画とかもないんですか?ちょっとサークル的な。
マミ:
あったら良いですけどね、どうなんですかね?オタク婚活は行った事ありますけど(笑)
インタビュアー:
どうでした?
マミ:
そこそこ話は合いましたけど、私漫画とかゲーム好きですけどオタクっていうレベルではなくて。ライトオタクというかちょっとぬるい感じなのでガチな声優とかアニメのファンの人達とは話が合わなくて、逆にちょっと中途半端だなって思いました。
インタビュアー:
そこまで濃くなくて良い。
マミ:
そうです、そうです(笑)

彼氏いない歴は?

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「彼氏いない歴は?」
インタビュアー:
彼氏がいないのってどれくらいなんですか?
マミ:
今1年ちょっとくらいですね。
インタビュアー:
ちょっとぶっちゃけた話聞きますけど、モテるタイプではないですか?
マミ:
残念ながらモテないです。
インタビュアー:
そうなんですか?
マミ:
学生時代は男性の友達すらいない感じで、地味な女子3人くらいで固まっているようなタイプだったので。そうですね、モテないですね。
インタビュアー:
なんか私モテるわみたいなのはあんまり?普通の人はよっぽどじゃないとそんな事あんまり感じないでしょうけどね。
マミ:
でも婚活パーティーとか行ってみて、自分のモテなさを実感してウワァって凹む経験をしてきているので、やっぱりモテる方ではないんだなって実感はしています。
インタビュアー:
婚活パーティーとかではあんまりカップルになる事はなかったですか?
マミ:
運良くなれるか1人くらいから「いいね」されて、しょうがなくその人指名してカップルになるみたいな感じでしたね。
インタビュアー:
それだとちょっと行く度に傷つきますね。
マミ:
そうなんですよ。辛すぎて心が折れました。
インタビュアー:
それはちょっと分かる気がしますね。ちなみに芸能人とか、キャラクターとかでも良いんですけど、似てるとか言われた事あります?
マミ:
芸能人はなくて、友達によくいるよねみたいな(笑)友達に似てるって言われる事が多いです。
インタビュアー:
それ微妙ですね(笑)
マミ:
微妙ですよ。
インタビュアー:
反応しにくいですしね。
マミ:
母親いわくペコちゃんみたいだねって言われる(笑)
インタビュアー:
ペコちゃん可愛いですけどね(笑)なんだろう?モテるかモテないかって言われたら、ちょっとそういう次元じゃないですね。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
お母さんにとって可愛いんだろうなっていうのが凄く伝わりますね(笑)
マミ:
母親フィルターがかかってペコちゃんですね(笑)

今までに付き合ってきた人たち

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「今までに付き合ってきた人たちは?」
インタビュアー:
ちなみに今まで男性とお付き合いされた事はあるんですよね?
マミ:
あります。
インタビュアー:
何人くらい付き合ってこられました?
マミ:
一応4人くらいいたんですけど。
インタビュアー:
結構いらっしゃいますよね。
マミ:
多分並みというか、一般的な人数だと思います。
インタビュアー:
どんな方々?
マミ:
それがですね、記事にも書いたんですけどダメンズ率が高くて。
インタビュアー:
ダメンズ?
マミ:
はい、1番はじめに付き合った人がヤンキーでギャンブル好き(笑)
インタビュアー:
なかなかいないですね。
マミ:
次がちょっと短気でよく怒るタイプで、DV一歩手前みたいな感じになって別れて。
インタビュアー:
実際に殴られるまではしなかったんですか?
マミ:
自分には危害はなかったんですけど、自分の大切にしている物とかにあたる感じだったので。
インタビュアー:
壊されたりとか投げられりとか?
マミ:
そうです。もうちょっといくとこれは私に来るなって思ってササッと別れました。
インタビュアー:
結構怖いですね、それは。
マミ:
怖いです。あとはちょっとメンヘラっぽい(笑)
インタビュアー:
メンヘラ、今流行ですかね。
マミ:
メンヘラ男子。何か病んでる感じの人で、向こうは同棲したいとか言ってたんですけどちょっと無理だなって。
あと最近まで付き合ってた人は年下だったんですけど、ワガママが多くて束縛がきつくてお別れしました。
インタビュアー:
束縛結構きついですよね。
マミ:
会えないとなると凄い機嫌が悪くなったりとか、LINEでスタンプを100個くらい押してきたりとか(笑)
インタビュアー:
気持ち悪いですね(笑)
マミ:
ヒエェ~ってなるような事が多くて。
インタビュアー:
それはヒエェ~ってなりますね。でも一応皆好きではあったんですよね?
マミ:
はじめは好きだったんですかね?っていうか全員告白されて、私も(あぁ私の事を好きになってくれるんだ)って思って付き合っちゃったんですよ。
多分これはモテない女子は共感してくれると思うんですけど。
インタビュアー:
いやぁ分かりますよ、凄く。何か言われると好きになっちゃいますよね。
マミ:
そうなんですよ。言われると好きになっちゃうタイプなんですよ。押されるとコロッといっちゃう(笑)
インタビュアー:
この人達とはどういう出逢いが多かったんですか?
マミ:
友達の友達とか、あとは友達同士呼んで集まる飲み会とかそういうところが多かったですね。
インタビュアー:
なるほど、合コン的な。
マミ:
そうですね、合コンになるんですかね。
インタビュアー:
今は友達同士とか、飲み会だったりとか、そういう出逢いってないんですか?
マミ:
学生の頃はそういうのが結構多かったんですけど、社会人になって数年経って、しかもみんな結婚して疎遠になり始めて、今は全然なくなってしまいました。
インタビュアー:
なるほど、やっぱリ社会人になるとグッと出逢いの可能性が低くなるというか、出逢える事がなくなりますもんね。
マミ:
そうですね、やっぱり予定合わせて遊ぶとかも難しくなってくるので。
インタビュアー:
特に実家が近かったりとかすれば良いんでしょうけど、実家が遠かったりすると学生時代の友達とかも遠かったりとかしてなかなか難しくなりますよね。
マミ:
私何回か引っ越しをしてしまっているので、同窓会の連絡とかも届かないという。
同窓会とか行けば出逢いがあるのかな?と思ってたんですけど、誘われもしない(笑)
インタビュアー:
そしたら本当普通に生活していたら出逢いって全くない感じ?
マミ:
ないですね。
インタビュアー:
職場でもないんですか?
マミ:
職場もほぼほぼ人が動かないので新しい人がまず入って来ないという感じです。そもそも仕事から恋愛感情が生まれるという感情があまり分からないので、仕事は仕事っていう感じで仕事モードになっちゃいますね。
インタビュアー:
社内恋愛って多いんですけどね。
マミ:
人数が少なくて同期もいないので、やっぱり上司や後輩とかと恋愛って難しいのかな?と思っちゃいます。
インタビュアー:
同じ年代の人が少ない感じですね。
マミ:
そうです、年上か年下ですね。
インタビュアー:
上司も特に惹かれる人はいない?
マミ:
そうですね。そういう風に2人でご飯とかに行く機会がないので、恋愛に発展するチャンスはまずないですね。

好きな男性のタイプ

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「好きな男性のタイプは?」
インタビュアー:
好きな男性のタイプは?
マミ:
顔とかルックスから言うと岡田准一がすごく好きで。
インタビュアー:
かっこ良いですね。
マミ:
小学生の頃から大好きなんですけど(笑)ちょっと猿顔なんですかね?
インタビュアー:
猿顔かなぁ?メチャメチャ整った顔していますよね。
マミ:
そうです、そうです。
もう綺麗で見とれちゃいますね。
インタビュアー:
非の打ち所のないルックスですよね(笑)
マミ:
でも中身とか性格内面はちょっと心が広そうな、TOKIOの城島茂とか(笑)
インタビュアー:
なかなかタイプの男性で出てこないですよね、城島君は(笑)
マミ:
関根さんとか。
インタビュアー:
関根勤さんですか?
マミ:
はい、関根勤。
あとよゐこの有野。
インタビュアー:
ないですね(笑)初めて聞きました。
マミ:
なんかあぁいうニコニコしててホワホワしてそうな人が好きかな。
インタビュアー:
濱口は好きですけどね。でも有野はあんまり聞いた事ないです。
マミ:
本当ですか?少数派。
インタビュアー:
多分少数派。しかも有野の性格が分からないですね(笑)
なるほど、でも良い人そうな感じの人?
マミ:
そうです、そうです。
THE良い人みたいな感じ。
インタビュアー:
確かに顔に出てる感じしますよ。
マミ:
そういう優しそうな人が好きです。
インタビュアー:
ルックスと内面だとかなりかけ離れてますね、芸能人のタイプで言うと。
マミ:
イケメンで性格もイケメンな人って、ちょっと自分とつり合わないんじゃないか?って不安になっちゃうんですよ。
インタビュアー:
分からないですね、それ。
マミ:
自分よりももっと良い女性のところに行ってしまうんでないかという心配がいつも出てきちゃうので、浮気しなさそうな人が良いです。
インタビュアー:
浮気しなさそうな人(笑)例えばブサイクでも?
マミ:
全然良いです。
ブサイク、デブ、オタク、ハゲ、チビ(笑)草食系、全員カモン。
インタビュアー:
それは世の中の男性に希望を与えますね。
マミ:
本当ですか(笑)性格が良ければ全く問題ないです。生理的に受け付けないレベルだとちょっと厳しいですけど、最低限清潔感があれば。
インタビュアー:
清潔感は必要ですね。
じゃあ清潔であればデブでもハゲでもチビでもOKと。
マミ:
OKです!
インタビュアー:
自分より背が低くても大丈夫ですか?
マミ:
150㎝とか病気が原因でとかだと考えますけど(笑)
インタビュアー:
いないでしょうね、なかなか。
インタビュアー:
160cmくらいからでしょうね、普通にいらっしゃるってなると。
マミ:
だったら健康であれば。
インタビュアー:
健康であればOK?なるほど、良いですね。
あとは何かこれは絶対に外せないなっていう、男性に求める条件とかありますか?
マミ:
怒らないというか穏やかな性格の人が良いですね。
後はメンヘラで苦労したのでメンヘラじゃない人。精神的に安定している人が良いかなって思います。
インタビュアー:
見極めるの難しそうですね。
マミ:
付き合ってみないと分からないですもんね。
インタビュアー:
数多くの男性と出逢い付き合うっていうのが必要そうですね。
マミ:
あとは家族に優しくできる人って多分優しい人が多いんじゃないかなって思うので、そういう質問とかをして家族への態度を見たいなと思います。
インタビュアー:
家族と仲が良いですか?とか。
マミ:
そうですね。マザコン引く率も上がりますけど。
インタビュアー:
前付き合った4人とは、これがダメでとかこういう理由で別れたとかあったんですか?
マミ:
さっきも言った通りちょっと短気な人が多いというか、メンヘラだったりちょっとヤンキーだったりというところで、結婚生活を考えた時にこの人と結婚して幸せになれるのかな?って思って。

やっぱり付き合って1年くらい経って相手の本性が見えて来て、この先の結婚を考えて無理だと思って別れることが多かったです。
インタビュアー:
じゃあみんな1年くらいは付き合ったって事ですね。
マミ:
1年くらい我慢しました。
インタビュアー:
よく頑張りました(笑)
マミ:
はい。
インタビュアー:
先が見えない男性というか、結婚生活を想像した時にちょっと難しいなっていう事だったんですね。

いつまでに彼氏が欲しい?

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「いつまでに彼氏が欲しい?」
インタビュアー:
じゃあ結婚は結構意識しているという事で、いつまでに彼氏が欲しいとかありますか?
マミ:
欲を言うとすぐ、今すぐ(笑)
インタビュアー:
今日でも明日でも。
マミ:
なんですけど実際は半年くらいかけてじっくり探しながら、何人か同時にデートしながら見つけたいかなっていう気持ちです。
インタビュアー:
半年っていうと結構短いですよね?
マミ:
そうですね、短いと思います。
30歳くらいまでには結婚できるかどうかを見極めて、先の事を考えたいなっていうのがあるので。
インタビュアー:
今から半年だとちょうど2017年の年末くらいまでに見つけて、29歳の1年間で付き合って結婚まで固める。
マミ:
はい。
インタビュアー:
それまで半年だと、半年の間に何人も会わなきゃならないですね。
マミ:
そうですね。月何人かとか週1ペースとかですかね。
インタビュアー:
週1ペースで会って6ヶ月だと24人。一生のうちに24人と付き合うって結構な数ですよね。
でも24人じゃないか、会う回数だから実際はもっと減りますね。
何回くらいで決めるか分からないですけど、4回で決めたとしても6人ですか。結構頑張らないといけないですね。
マミ:
2回目いける人が見つかるまでが結構大変な気がしますね。
インタビュアー:
あぁ~あるほどね、そうかそうか。
マミ:
でも今までの人生を考えると今までデートしてきた人数が10人とか15人くらいだと思うんですよ。
そう考えると半年でそれを超えられる気がしてるんで、まぁいけるでしょうっていう(笑)
インタビュアー:
凄いですね、28年かけて来た事を6ヶ月で(笑)
ちなみに彼氏ができたらこんな事したいなとかあります?

彼氏ができたら温泉旅行いきたい!

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「彼氏ができたら温泉旅行いきたい!」
マミ:
妄想なんですけど、一緒に温泉旅行に行きたいです。
インタビュアー:
良いですね。
マミ:
それで家族風呂みたいな部屋についている露天風呂に入って、星空を眺めながらお互いの夢を語るみたいな(笑)
インタビュアー:
あぁ~、家族風呂って良いですよね。
なんかカップルで入れて、良いなぁ~。
マミ:
楽しそうだなって思って。
インタビュアー:
理想のカップル像とか結婚像とかあるんですか?
マミ:
仲良し夫婦に憧れていて、おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いで歩いている人とか見ると良いなぁ~って思います。
インタビュアー:
林家ぺー・パー子みたいな?(笑)
マミ:
うーん(笑)ペーパーはちょっと周りから見るとあれですけど、多分本人達は凄く幸せなのかなって。
インタビュアー:
そうですね、確かに。
マミ:
でもそれくらいで、それ以上は彼氏がいないとちょっと想像がつかないというか。
インタビュアー:
でもホンワカした感じですね。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
いったら普通なんでしょうけど、それが難しい時代ですからね。
マミ:
自分の親が喧嘩してるのを見てきたので、喧嘩したくないなっていう気持ちがあります。
インタビュアー:
喧嘩か…確かに。
そういう彼氏を探したい。
マミ:
はい。

今やっている恋活や婚活について

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「今やっている恋活や婚活について」
インタビュアー:
この恋活というか婚活というか、始めて期間はどのくらいですか?
マミ:
今3ヶ月くらいなんですけど、ガママ元彼と付き合う前にちょっと婚活してました。
インタビュアー:
その婚活時代にさっきおっしゃってた婚活パーティーに出てたんですか?
マミ:
そうです。
インタビュアー:
その時は婚活パーティーだけ?
マミ:
その時はそうですね、婚活パーティーばっかり。
ばっかりと言っても5~6回くらい行って心が折れたっていう感じなんですけど(笑)
インタビュアー:
なるほど(笑)ちなみにどういった業者というか会社というか。
マミ:
パーティーパーティーっていう会社があるんですけどそこに2~3回行って、あとオタク婚活のアイムシングルっていうところ。あとシャンクレールとかエクシオとかホワイトキーとかクラブチャティオにも1回ずつ行きましたね。
インタビュアー:
結構行ってますね。
マミ:
あれ、意外と行ってましたね(笑)無料で行けるところが多かったんで、友達誘って何回か行ってました。
インタビュアー:
婚活パーティーってお金かかりますよね?
マミ:
普通はかかりますよね。
女性は割と500円とか0円とか、凄いところだと500円の図書券もらえるとか(笑)
インタビュアー:
逆にもらっちゃうみたいな?へぇ~。
でも収穫はない?
マミ:
連絡先交換してカップリングになって明るいところで顔を見た時にちょっとイメージと違ったとか(笑)
インタビュアー:
結構暗いんですか?
マミ:
会場、結構暗いんですよ。
インタビュアー:
そうなんだ。
マミ:
だから明るい所いったら鼻毛出てるとか(笑)
インタビュアー:
それは幻滅しますね。
マミ:
ちょっと厳しかった思い出があります。
インタビュアー:
なるほど、そこで付き合うまでは至らなかったって事ですよね?
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
今は何かされていますか?

マッチングアプリ始めました

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「マッチングアプリ始めました」
マミ:
今はマッチングアプリでOmiaiを中心に活動していて、つい最近ペアーズとウィズに手を出しはじめて3つ同時進行しています。
インタビュアー:
凄いですね、結構やる時はやるタイプですね。
マミ:
ガチです!
インタビュアー:
じゃあ3つ同時進行で、それで料金ってそれくらいかかるものですか?
マミ:
なんとですね、0円なんですよ。
インタビュアー:
3つやっても0円?
マミ:
男性は有料なんですけど女性は無料でできるものが多くて、何個やっても0円っていう良い時代になりました。
インタビュアー:
凄いですね、何人会っても0円。
マミ:
そうです。
インタビュアー:
やらない理由がないですね。
マミ:
そうですね、やらない理由はないです。
インタビュアー:
実際どうですか?やってみてどんな人と出逢ったとかあります?
マミ:
凄いなと思ったのが、私今28歳ですけど70歳とかから「いいね」きたりして。下は18歳上は70代まで色んな年齢の人と出逢えて面白いなと思いました。
インタビュアー:
凄い!その70代のおじいさんも28歳にアプローチをかけてくるって、なかなかやりますね!
マミ:
やりますよね(笑)
インタビュアー:
やっぱり男性はいくつになっても若い女性が良いんですね。
マミ:
なんか凄いほのぼのしてましたよ、70代とメール。
インタビュアー:
マッチングしたんですか?
マミ:
興味本位でマッチングしました(笑)
インタビュアー:
え?何目的なのかな?
マミ:
なんですかね?プロフィールにはパートナーを探していますって書いてあったんですけど、孫の話とかして。
インタビュアー:
へぇ~、凄いな。
でも18歳70歳とかはレアな方ですよね?
マミ:
レアです。
インタビュアー:
ですよね(笑) アプローチくる人の主要な年代ってどれくらいですか?
マミ:
1番多いのは30代前半ですね。だいたい同年代から30代前半で、30代後半もちょいちょい、40代もちょいちょい。
インタビュアー:
そしたら自分の好きな年代を絞って選んでって事もできそうですね。
マミ:
そうなんですよ。ただあまりにも多く「いいね」がきてしまって、本当に良さそうな人を逃しそうだなっていうのが難しいところですね。
インタビュアー:
でもたくさん「いいね」がくるって良いじゃないですか。
マミ:
まぁそうですね。
インタビュアー:
今まさにモテ期なんじゃないですか?
マミ:
モテ期ですね、そう考えると。
インタビュアー:
具体的な数字で言うとどれくらい貰うんですか?
マミ:
1日に1つのアプリで3~4人とかが多いです。ただレビューでも書いているんですけどユーブライドとかYahoo!パートナーとか30代後半が多いところに登録すると、やっぱり20代後半の女性っていうのはそれだけでモテるらしくて、1日に50とか100とかきたりして。
インタビュアー:
凄い!
マミ:
アプリによりますけどそうですね。
もう100とか200とかは余裕で稼げます。
インタビュアー:
えぇ~、確かにそれは見きれませんね。
マミ:
見きれません、本当に。
もっと可愛い美人な女性だと1000とかも普通にいっちゃうので。
インタビュアー:
本当に凄いな。
マミ:
凄いと思いますよ。
インタビュアー:
へぇ~、多分婚活とかだとどちらかというと女性の方が多いじゃないですか。
マミ:
パーティーとかですか?結婚相談所とか。
インタビュアー:
結婚相談所とか多いのかどうかは分からないですけど、女性の方が頑張ってるイメージありますよね?
マミ:
頑張ってるイメージあります。
インタビュアー:
マッチングアプリは結構男性の方が頑張ってる感じ?
マミ:
アプリは男性から動くのが当たり前みたいな空気感はありますね。
インタビュアー:
じゃあ女性は割と待ってる感じ?
マミ:
そうですね。ナンパみたいな感じで「いいね」「いいね」「いいね」っていってつながった人に連絡をとるみたいな感じです。
インタビュアー:
じゃあ結構良いですよね。婚活で心折れた人とか。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
凄い気分が良くなるというか(笑)変な言い方ですけど楽だしお金もかからないし、たくさん「いいね」が貰えてちょっとモテ期を味わえて、選べる立場みたいな。
マミ:
そうですね、自分の上の女性を見なければ(笑)幸せになれますよ。
インタビュアー:
でも女性は同じ女性って見れないんですよね?
マミ:
見れないです。
見れないので、ネットで調べたら人気女性は1000いいね貰ってるよみたいなのを知ってしまって。え、私50しかないけど…みたいな。そういうの知らなければこんなにいっぱい連絡きて嬉しいっていうのはあると思います。
インタビュアー:
結構良さそうですね。
今3つされてるって事ですけど、他にもアプリされた経験があるっていう事ですよね?

マッチングアプリ17個使った女

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「マッチングアプリ17個使いました」
マミ:
そうです。興味が湧いて色んなのを使ってレビューしてみようっていう感じでやってみたんですけど、数えたら17個あったんですよ(笑)
インタビュアー:
17個!?凄い。
マミ:
OmiaiペアーズティンダークロスミーキュンミーYahoo!パートナーミミメグリーマッチブックゼクシーウィズタップルマッチアラームスマッチポイボーイワイワイシーユーブライド
インタビュアー:
凄い!そんなにあるんだなっていうのも驚きですけど。
マミ:
私もビックリしました。
インタビュアー:
ティンダーとかは結構有名ですよね。
海外の…。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
私が知ってるのはOmiaiとペアーズとティンダーと、マッチドットコムも結構有名だから聞いた事ありますね。
その中でもぶっちゃけこれクソだなとか、逆にこれはオススメだなとかってありますか?
マミ:
クソアプリにも2パターンあって、本当に人がいなさ過ぎて出逢えないクソアプリと出会い系として使われているクソアプリがあると思うんですよ。
インタビュアー:
なるほど。
マミ:
これクソっていう感じではないんですけど、人がいないっていう理由で出逢えないのはメグリーとマッチアラームですね。
インタビュアー:
まだ始まったばっかりとかなのかな?
マミ:
いやぁ、そうでもないと思います。
1年2年はやってると思います。
あとスマッチとかキュンミーとかミミも人が少なかったです。
インタビュアー:
人が少ないと出逢える確率は低くなりますからね。
マミ:
そうですね。スマッチとかは人が少ないっていうレベルじゃなく「いない」ですね(笑)
インタビュアー:
いない(笑)
マミ:
100人とか200人とかしかいないです。
インタビュアー:
それはちょっと厳しいですね、さすがに。
出会い系はちょっと目的が違う感じがしますよね。
マミ:
出会い系は、ワイワイシーとか同じ系列だとピーシーマックスとかワクワクメールとかJメールとか、そっち系は一応公式的には出逢いの恋人探しとか言ってるんですけど、中身は結構出会い系の色が強くて。愛人になりませんか?とか(笑)ヤリ目通り越してセフレ募集のような感じとか。
インタビュアー:
じゃあ既婚者もたくさんいるって感じですね。
マミ:
そうですね、あとサクラも多かったですし。
インタビュアー:
結構分かりますか?サクラ。
マミ:
分かりますね。
美人の人妻が「癒してあげる」とかってちょっと怪しくないですか?
インタビュアー:
癒してあげる(笑)
マミ:
ワイワイシーとかは掲示板が女性も男性も見れるんですけど、そこの掲示板に美人人妻がいっぱいいて、癒されたいとか家事の合間に会いたいなとか。
インタビュアー:
凄いですね(笑)
確かにそれはちょっとアダルト色が強そうですね。
マミ:
あとはポイント制なのでメッセージ1通何円とかプロフィール見るのに何円とかなので、ちょっとなんか…。
インタビュアー:
お金が結構かかってくる感じって事ですね。
マミ:
ケチな男性はすぐLINE交換しようみたいな感じです。
インタビュアー:
ちょっとそれも抵抗がありますよね。
マミ:
そうですね。ポイント制のアプリは使わない方が良いです。

出会いに繋がりそうなアプリは?

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「出会いに繋がりそうなアプリは?」
インタビュアー:
良さそうっていうか出逢いに繋がりそうなアプリってありました?
マミ:
人が多くて真面目な人も多いなって思ったのがOmiaiでしたね。
あとは「いいね」が凄い大量にきたのがクロスミーっていうサイバーエージェント系のアプリです。近所の人と出逢えるっていうコンセプトなんですけど、1週間で600いいねとかきて。
インタビュアー:
えぇ?そんなに近所にいるんですか?
マミ:
すれ違いと検索機能が両方あって、8割は検索機能できた人なんですけど。
インタビュアー:
じゃあ普通に検索してる人ですね。
マミ:
多分無料で選べるみたいなのが結構あって、そういうので「いいね」押しまくってるんだと思います。
インタビュアー:
なるほど、そうすると結構くるっていう事ですね。
でも人が来る方が良いですね。
マミ:
出逢いの母数は増えますね。
インタビュアー:
自分から「いいね」する事もあるんですか?
マミ:
あります、年収1000万のお金持ち(笑)
インタビュアー:
希望がハッキリしてて良いですね(笑)
マミ:
高収入男性は自分からいかないと出逢えないと思って。
インタビュアー:
年収1000万以上って結構いますか?
マミ:
いますね。数万人。思ったより多かったです。
インタビュアー:
なかなかリアルには出逢えないじゃないですか?
マミ:
絶対に出逢えないですね。
インタビュアー:
感覚値で良いんですけど何%くらいとか。
マミ:
10人送って3人返ってくる。
インタビュアー:
「いいね」から送って、でも結構返ってきますね。
マミ:
結構返ってくると思います。
まぁ年収1000万の中でもちょっとデブ、ハゲ、チビ狙い。
インタビュアー:
モテない層を狙っての(笑)
マミ:
「いいね」が少ない人を狙って「いいね」をポチポチ押して、そうすると結構返ってくるんですよ(笑)
インタビュアー:
なるほど、それでも別に問題ないんだったら確率高いほうが良いですもんね。
マミ:
良いと思います。
インタビュアー:
年収以外に絞る条件はないんですか?
マミ:
私はタバコ吸わない人が良いですね。
インタビュアー:
タバコ吸わない人ね。
マミ:
あとはギャンブルしない人。
インタビュアー:
ギャンブルしない人。
マミ:
あとは年齢とかそれくらいですかね。
インタビュアー:
年齢はちなみにどれくらい?
マミ:
私は年下よりも年上派なので、27、8歳くらいから30後半40歳くらいまでに広げて。
インタビュアー:
じゃあ10歳上くらいまでは。
マミ:
一応許容範囲。
インタビュアー:
許容範囲って感じですね。
マミ:
もしかしたら年収3000万くらいの人がいるかもしれないと思って(笑)
インタビュアー:
確かに。職業とかも絞れるんですか?
マミ:
絞れます。医者とかいけます。
インタビュアー:
良いですね。医者の奥さんになりたいっていう人結構いますよね。
マミ:
いますね、良いと思います。
インタビュアー:
年収1000万で絞って検索した時にどれくらいいるんですか?
マミ:
人数だと万いきます。何万人とか。
インタビュアー:
何万人!?
マミ:
ペアーズで確か4万人くらいいたんですよ。
インタビュアー:
それ全国でですか?
マミ:
全国です。
インタビュアー:
全国でね。
マミ:
自分の条件にすると多分千何人とかになるので、そこから選んで。
インタビュアー:
それでも1000人ですもんね。
30%返ってきたとしても300人、選び放題じゃないですか。
マミ:
選び放題ですよ。
インタビュアー:
そこからブサイクを狙って「いいね」していくみたいな感じで。
年収に限らず何人くらいの人とマッチングしたか覚えていますか?
マミ:
マッチングは始めの頃くる「いいね」の全部に答えたりしてちょっと分からないんですけど、最近は10人に1人くらいとマッチングして連絡して同時進行が10人以下になるように。
インタビュアー:
でも10人いればね、常に10人でしょ?
マミ:
そうですね、だいたい10人くらいでだんだん減ったり増えたり。
インタビュアー:
入れ替わりがありつつ。
マミ:
補充したり切ったり(笑)
インタビュアー:
切ったりする時っていうのは自然消滅的な?
マミ:
だいたい私は自然消滅にしちゃいます。
インタビュアー:
でもそこに別に大きく気負わなくても問題ないですよね。
マミ:
そうですね。候補がいっぱいいるので多分男性も女性もそうだと思います。
すぐ次に次にっていけるので。人が少ないアプリでメグリーとかスマッチだと、人が少ないだけあってその人に連絡が欲しいっていう思いが強いのか、毎日毎日連絡してきます。
インタビュアー:
切っても?
マミ:
切っても連絡きます。
インタビュアー:
ちょっと面倒臭いですね。
マミ:
だからそういう場合はお断りしなきゃと思います。
インタビュアー:
それか退会しちゃうか。
マミ:
それしかないですね。

実際に合った男性って何人?

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「実際に合った男性って何人?」
インタビュアー:
実際に会った男性っていますか?
マミ:
今はまだ2人だけですね。
インタビュアー:
でも2人どうでした?
マミ:
まぁ悪くないのでキープ(笑)
インタビュアー:
次の約束はまだしてない感じ?
マミ:
そうですね、なんとなくちょっと…。
1人は私に興味がなさそうな感じだったので、お互いにいいかなっていう雰囲気になって。
インタビュアー:
自然消滅的な。
マミ:
もう1人はもう1回会いたいって言ってくれてるけど、私がそこまでタイプじゃないっていう。
インタビュアー:
それはなに?顔?じゃなくて性格?
マミ:
顔もありますし。あと凄く連絡をしてくれるタイプで落ち着かないというか。
インタビュアー:
なるほどね、せわしない感じ。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
スペック的には?
マミ:
1番初めに会った自然消滅しちゃった人は年収1000万以上だったんですけど、今もう1回会おうか悩んでる人は年収が確か500万~600万くらいで、海外で働いていた経験がある人なので結構英語もできる人。
インタビュアー:
かっこ良いですね。
マミ:
ちょっとかっこ良いなって思いました。
インタビュアー:
でもちょっとせわしない。
マミ:
そうですね、かまちょ系です(笑)
インタビュアー:
かまちょかぁ。
マミ:
寂しがり屋。
インタビュアー:
仕事忙しそうなのに。
マミ:
結構かまちょです。
インタビュアー:
逆になんかこれはないなって思った男性っています?今まで出逢った男性で。
マミ:
Yahoo!パートナーとか多いんですけど、写真が下手くそすぎる(笑)
顔のドアップとか、間違って押しちゃったんじゃない?っていう写真とかが多くて、思わずキャプチャを撮ってしまったんですけど。
インタビュアー:
あまりのなささに(笑)?
マミ:
こういう…。(画面をみせる)
インタビュアー:
結構なおじいちゃんですね、これまた。
マミ:
これも65歳ですね。
インタビュアー:
なんかカメラのフィルターじゃないあれを覗き込んで撮ってるような感じですね。
マミ:
そうです、そうです。
写ってるのかな?みたいな感じで撮ってる人が多かったです。
インタビュアー:
スマホの扱い。
マミ:
あとはこういうタンスの前で撮るとか(笑)
生活感が凄いとか。
インタビュアー:
ちょっと斜めからの角度なだけに惜しいですね。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
しかもちょっと古臭い感じで、割と年代を感じました。
マミ:
写真下手な人ってそれだけで服のセンスとかもイマイチなのかなとか、そういう事を考えちゃって。
インタビュアー:
男性ってそういう写真とかに拘ってなさそうですね。
とりあえず登録する時に写真が必要だからパチって撮りましたみたいな。
マミ:
そういう人が多いです、本当に。
インタビュアー:
他にはいますか?写真以外で。
マミ:
あとはメッセージをしていて私28歳で、「女性としてピークですね」って言われた事があって。
インタビュアー:
酷い(笑)それは言う必要があったのかな?
マミ:
なんか一言多いなって思って、2通目でもう切りました。
インタビュアー:
そういう人は多分ずっとそうでしょうね。
聞くには面白いですけどね。
マミ:
あと名前を間違えて送ってくる人。
インタビュアー:
複数の人とやり取りしてて間違っちゃった系ですか。
マミ:
あとマッチングアプリ何個かやってて、全部に「いいね」をくれる。
インタビュアー:
全部に?
マミ:
全部のアプリから「いいね」をくれるっていう。
インタビュアー:
凄いですね、それも。
マミ:
でも本人気付いてないので、毎回初めまして、ありがとうございますで終わるんです。
インタビュアー:
え?写真は違うんですか?
マミ:
私は写真違うんですけど向こうは同じ写真で。
インタビュアー:
なるほどね、でもタイプなんでしょうね。
マミ:
何なんでしょうね?そうなんですかね?
インタビュアー:
多分そうなんでしょうね。
マミ:
…それはそれでありな気がしてきました。
インタビュアー:
それ凄いですけどね。良いんじゃないですか?マッチングしても(笑)
マミ:
マッチングはするんですけど話が盛り上がらなくて、3回自然消滅しました。
インタビュアー:
3回マッチングして3回自然消滅(笑)
結果的にはその人は縁がないんでしょうね。
マミ:
はい。

マッチングアプリで付き合いたいと思った人は?

マッチングアプリで婚活中女性へ本音をインタビュー「マッチングアプリで付き合いたいと思った人は?」
インタビュアー:
今までマッチングした人の中で付き合いたいと思った人います?
マミ:
本当に興味本位なんですけど、岡田准一に似てるイケメンがいた時。
インタビュアー:
へぇ~、それはかなりのイケメンですよね。
マミ:
相当イケメンでしたよ。
私の人生の中でナンバー1くらいに入るイケメンで、ある意味一目惚れみたいな。
でも「いいね」したんですけど返ってこないので。
インタビュアー:
結構「いいね」が多い男性でした?
マミ:
いや、100とか200なんで男性では上位ですけど超っていうレベルではなかったと思います。
インタビュアー:
そうなんだ。
マミ:
あとお金持ちはそれだけで魅力的ですね。
インタビュアー:
年収1000万以上、なるほどね。
でもそういう男性ともマッチングした事はあるんですよね?さっきリアルに会われた方も。
マミ:
はい、そうです。
インタビュアー:
今マッチングした人の平均年収ってどれくらいですか?
マミ:
でもぶっちゃけ400万以下とはマッチングしないっていう自分ルールを決めてしまっているので。
インタビュアー:
凄い(笑)
マミ:
だいたい600万以上が平均だと思います。
インタビュアー:
凄いですね。600万以上だと結構そこそこですよね。
マミ:
そこそこ良い会社。
インタビュアー:
良い会社ですよね。
マミ:
大手とか上場企業とかじゃないかなと思います。
インタビュアー:
リアルで600万以上の人ってそんなに出逢わないですもんね。
マミ:
そうなんですよ、でもOmiaiって600万以上が凄く多くて。
インタビュアー:
逆に不思議ですね。
マミ:
不思議ですね。そういうハイステータス男性の中で流行ってるのかもしれないですね。
インタビュアー:
なるほどね、他のアプリだとそこまでではないんですか?
マミ:
他だと400万円代が1番多くて、あとは緩やかに減っていく感じです。
インタビュアー:
じゃあやっぱりそれが市場っていうか、一般的な男性の年収と変わらないですね。
マミ:
そうですね、平均に沿ってる感じです。
インタビュアー:
じゃあ高収入の男性と出逢いたいんだったらOmiaiが良さそうですね。
マミ:
そう思います。
インタビュアー:
なかなか面白いですね。
マミ:
それぞれ特色があって面白いですよ、アプリ。

面白いマッチングアプリってある?

インタビュアー:
なんかこのアプリって面白いわってあります?他に。
マミ:
マッチアラームは毎日1人紹介してくれるんですよ。
インタビュアー:
ランダムで?
マミ:
ちょっと運命を感じられるいうか、面白いなって思いました。
あとはクロスミーとかだと本当に家の近所の人と出逢えて、歩いて5分圏内の家の人と連絡とれたりして怖いです。
インタビュアー:
まぁ善し悪しですけど良い場合もありますよね。面白い。
マミ:
あとOmiaiとかウィズはコミュニティみたいな感じで、なんとかが好きな人みたいな感じの何て言うんですかね?mixiのコミュニティっぽいところに入れて同じ趣味の人を見つけられるっていうのがあります。
インタビュアー:
それも良いですね。同じ趣味の人と出逢えると仲良くなりやすそうですもんね。
マミ:
もう本当にピンポイントに水曜どうでしょうが好きな人とか、そこからあの回面白いよねって話とかができたりして(笑)
インタビュアー:
メッチャ濃いですね。
マミ:
濃いです、濃いです。
インタビュアー:
年収とかに拘りがなければそういう趣味から出逢っていくっていうのもありですね。
マミ:
見たい映画1人で行けない人とかはそこで見つけると良いと思います。
インタビュアー:
なるほど。今まで使ってみて実際に本当に恋愛に繋がりそうだなって思ったような出逢いってありました?
マミ:
私全然モテなかったので、使う前は本当に出逢えるのかな?って思ってたんですよ。
きても勧誘だったりとか変な人からの連絡が多いんじゃないかな?って思ってたんですけど、実際に使ってみたらOmiai始めて1週間で3人からお茶の誘いがきて、本当に会おうと思えば何人でも会えるなって思ったんですよね。
インタビュアー:
それは凄いですね。
マミ:
凄いと思います、本当に。やっぱり男性は結構苦労していると思うんですよね、色んな人に「いいね」してマッチングしてみたいな。

でも女性は待ってるだけで色んな人が寄ってくるんで、そこから選んで会いにいけば良いだけっていうのが凄い世界だなって思います。
インタビュアー:
しかも失礼ですけどモテないタイプの人に関して言えば、今まで自分に好感を持ってくれる人を探すのって結構大変じゃないですか?
マミ:
大変です、大変です。
インタビュアー:
それが結構たくさんくるわけだから、自分に好感を持ってくれてるんだったらあとは自分が好感を持てるかどうかだけで良いんですもんね?
マミ:
本当にそうです。
インタビュアー:
障壁低いですよね。
マミ:
ただやっぱり写真だけで判断されているので、写真ってやっぱりちょっと可愛く写ってるの登録するじゃないですか(笑)
インタビュアー:
確かに(笑)
マミ:
なのでそこが実際に会った時に怖いなって思っているので、なるべく2週間くらいガッツリメールして、中身を知ってもらってから会おうかなっていうのはあります。
インタビュアー:
でも実際に会った2人中1人は結構好感触だったっていう事だから。
マミ:
そうですよね、向こうの好きなタイプに私が当てはまっていたらしくてラッキーみたいな(笑)
インタビュアー:
2分の1でそうなわけだからもっと出逢えればね?そういう人にたくさん出逢える可能性もありますよね。
マミ:
そうですね。
インタビュアー:
そうか、凄いな。
今もうほとんど使い倒しているのかもしれないけど、他に気になっているアプリってあるんですか?
マミ:
唯一手を出していないのが女性が有料のアプリなんですけど。それがブライダルネットとマッチドットコムなんです。

ブライダルネットは昔行っていたパーティーパーティーの婚活パーティーをやっている会社の婚活サイトなので、パーティパーティーって結構収入が多い人が参加しているんですよ。

結構年収800万以上の人が多くて、つまりブライダルネットもそういう人が多いんじゃないか?って思っていて、ちょっと使ってみたいなって思っています。
インタビュアー:
へぇ、ブライダルネットとマッチドットコム。
マミ:
はい。
インタビュアー:
でも年収800万だったとしてもその旦那さんを捕まえるって考えたら、月に何千円かなんて安いもんですよね(笑)
マミ:
安いと思います、本当に。
月3000円くらいなんですけど。
インタビュアー:
3000円くらいでしょ?半年使ったら18000円でしょ?
18000円で年収1000万だから。
マミ:
未来への投資みたいな(笑)
インタビュアー:
未来への投資としては悪くないですよね。
マミ:
はい、全然悪くないと思います。
インタビュアー:
だって結婚相談所とか行ったら1月で15000円とかですよね。
マミ:
それで成功料で20万とかですもんね。
インタビュアー:
断然安いですよね。
マミ:
安いです、本当に。
インタビュアー:
いやぁ、マッチングアプリって凄いな。
マミ:
本当彼氏欲しいとか彼女欲しいって言ってる人は何でやらないんだろう?って思ってますよ。
インタビュアー:
なんでなんでしょうね?
マミ:
やっぱりイメージがいまいちなんでしょうかね?
インタビュアー:
出会い系っていうイメージがやっぱり強いのかな?怪しい怖いみたいな。
でもサクラとかもそんなにいないんですよね?
マミ:
そうですね、やっぱり有名どころのOmiaiとかペアーズとかウィズとか、あとサイバーエージェントやmixiがやってるやつはいないです。

無料系の広告がいっぱい載っているような無料のマッチングアプリだと、ちょっとそういうのが増えてきますね。
インタビュアー:
例えばどんなところですか?
マミ:
ちょっと名前忘れちゃったんですけど、恋結びチャットとかベリーとか多分暇潰し系のチャットアプリです。そういうのだと時給の良いバイトあるよとか。
インタビュアー:
副業系とか。
マミ:
あとは新しいビジネスに興味ないですか?とか、そういうのはきてましたね。
インタビュアー:
有料だとなかなかそういう業者とかも使いにくいですもんね。
マミ:
やっぱりお金払ってまでやるんだったら無料でいっぱい流そうみたいな感じなんでしょうね。
インタビュアー:
じゃあ結構安全に使えるってところもあるってわけですね。
マミ:
はい。
インタビュアー:
なるほど、分かりました。
ありがとうございます。
マミ:
ありがとうございました。
インタビュアー:
じゃあ半年後には彼氏ができている事を祈っています。
マミ:
はい、作ります!彼氏。
インタビュアー:
今日はありがとうございました。
マミ:
ありがとうございました。